ソニー損保の自動車保険の評判は?実際の生の声を元に評判を徹底解説!

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車に乗っているあなたであればよく分かっているかと思いますが、車にかかる維持費って本当に高いですよね。

車検代や整備費用、そして各種税金など、これでもかというほどにあなたの生活費を圧迫していることでしょう。

そんな車の維持費の中でもトップクラスにお金がかかるものって何か分かりますか?

そうです、「自動車保険の年間保険料」です。

あなた自身も体験したことがあるかもしれませんが、自動車保険の年間保険料は非常に高く、条件によっては年間で20万円以上も支払わなければならなくなるため、負担が非常に重くのしかかってしまいます。

そのため「なんとかして保険料を安くしたい…」と考えていたところに「ソニー損保なら、保険料がお得!」などというテレビCMなどをご覧になり、「ソニー損保で自動車保険の加入を一回検討してみようかな」と思ったことでしょう。

しかし

  • ソニー損保の自動車保険はなぜ年間保険料が安いのか
  • ソニー損保の自動車保険に加入している人が、実際にどう思っているのか知りたい
  • ソニー損保に限らず、安心してお得な自動車保険に加入する方法があれば知りたい

などの想いから、具体的に保険会社を乗り換えようとしていないかと思います。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤めていた筆者が、ソニー損保の自動車保険の特徴や、お得に自動車保険に加入する方法について詳しくご紹介していきましょう。

「自動車保険は難しい」と思っているかもしれませんが、この記事の内容は非常に簡単で、分かりやすい説明をしていますから、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には、ソニー損保の自動車保険はどのようなものなのか、そしてお得な自動車保険に加入するためにはどうすればいいのか、すべて理解することができていますよ!

1.ソニー損保の自動車保険の特徴はどんなもの?

一度耳にしたら離れない、そんなCMソングってありますよね。

ソニー損保の自動車保険のCMでも「ソニ~損保っ、フゥ~♪」という歌が有名で、一度聞いてしまったが最後、頭の中で何回も再生され続けてしまうという方もいるでしょう。(ちなみに筆者もその一人です笑)

そんなソニー損保では「保険料が安くなる」などといって大々的に広告を展開しているのですが、あなたも一度は見たこと、聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのとき、実際に安くなるのかもしれないと感じる物の、「ちょっと怪しいのではないか」と感じませんでしたか?

そこで本章ではソニー損保がどのような保険会社なのか、そしてソニー損保では保険料が本当に安くなるのかといったことについて、詳しくご紹介していきましょう。

早速、次に「ソニー損保が安い理由」について述べていきますからご覧くださいね。

ソニー損保の自動車保険は「通販型」だから安い

先に結論を述べておきますが、ソニー損保の自動車保険は「本当に年間保険料が安い」という特徴を持っています。

とはいえ保険会社は各社が「できるだけお得に自動車保険を提供したい」としのぎを削っている中、なぜソニー損保の自動車保険が安いのか気になりますよね。

その理由は「ソニー損保の自動車保険が通販型だから」です。

実は自動車保険を提供している保険会社には「代理店型」と呼ばれるものと「通販型」と呼ばれるものの2種類があるのですが、ソニー損保の自動車保険は「通販型」に分類されています。

とはいえ、「そもそも代理店型と通販型の違いが分からない」と感じているかと思いますので、分けてそれぞれの特徴を解説していきましょう。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険とは、その名の通り「保険代理店を全国各地に持って、保険商品の営業活動をしているタイプ」の自動車保険のことで、筆者は代理店型の自動車保険の営業マンをしていました。

そのため基本的に保険会社は営業活動全般を保険代理店に任せており、簡単に分けると

  • 保険会社…保険商品を作る部門
  • 保険代理店…顧客に対して、直接的に営業活動を行う部門

となるのです。

そのため「顧客に対して丁寧な対応をすることができる」と一般的に考えられているのですが、実はそうでもないと言わざるを得ないのです。

なぜなら筆者が勤めていた保険代理店で実際に起こった出来事なのですが、「実は保険に詳しくない」という、いわば「素人保険営業マン」が顧客担当をする場合があり、その営業マンによってお客様は必要のない補償に加入させられていたために年間で数千円の損をさせられていたのです。

もちろん中には非常に優秀な営業マンもいますから、ここまでは「顧客対応に関しては当たり外れがある」と覚えておきましょう。

そして肝心の保険料については、「非常に高い」という傾向にあります。

なぜなら代理店型の自動車保険は、先程も述べたように「全国各地の保険代理店運営費用」や「多くの保険営業マンに対する人件費」がかかっているため、その分が保険料に上乗せされているからです。

つまり代理店型の自動車保険は

  • 顧客対応…良い時もあるが悪い時もある
  • 年間保険料…保険代理店の運営コストが多くかかるため、非常に高くなってしまう

ということを覚えておきましょう。

自動車保険に加入することは、もはや一種の「義務」のようになっており、自動車教習所でも「必ず加入することをオススメします~」などと言われています。...
車に乗る上でかかる維持費は数多く、「ガソリン代」「各種税金」「車検代」「整備代」など本当にお金がかかってしまいますよね。 そんな車にかかる...

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険とは、基本的にインターネット上や電話にて顧客対応をして契約するタイプの自動車保険のことをいい、基本的に店舗を持って営業活動をしていません。

そのため大きな特徴として「店舗を持たずにインターネット上で運営しているため、運営コストがかからず保険料が安い」という点が挙げられます。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

そしてソニー損保の自動車保険は、この通販型の自動車保険に該当していますから「保険料が安い!」とCM上でも述べているのです。

しかし気になるのは「顧客対応は良いのかどうか」という点でしょう。

そこで次に、ソニー損保は通販型で保険料が安いということは分かったものの、「対応は安いなりなのではないか」といった疑問点について説明していきますので、ご覧ください。

ソニー損保は通販型だけど、「安かろう悪かろう」ってことはないの?

先に結論を述べておきますが、筆者としては「通販型の自動車保険の方が顧客対応は安心できる」と考えています。

なぜなら先程述べた代理店型の自動車保険の特徴の中にもありましたが、代理店型の自動車保険では「顧客対応は営業マンによるため、当たり外れがある」という、ギャンブル的な要素があるからです。

この点に関しては筆者の元同僚が何度もお客様にご迷惑をおかけしていたため、「代理店型では知識量が無い営業マンがいる場合があるため、危険な部分もある」と言わざるを得ないと言えます。

逆にソニー損保をはじめとする通販型の自動車保険では、基本的に顧客対応を行うのは「保険会社のコールセンターの人」であり、それらの人は全国のお客様に間違った案内をしないように「自動車保険のプロ」が担当しています。

そのためあなたに対して間違った知識を披露することは無く、必ず正しい案内をしてくれるのです。

つまり「対応は電話やインターネットを介して行うが、安定的に高いレベルの対応をしてもらえる」と言えます。

突然ですがそこのあなた! 自動車保険って年間保険料が非常に高いと思いませんか? 特に「車の維持費」という観点で見ると、車検代や整備費...

以上のことから、通販型の自動車保険は

  • 代理店型の自動車保険と比較すると運営コストが低く、保険料は大幅に安くなる
  • 顧客対応は「安定的にレベルの高いプロ」が対応してくれるため、安心できる

ということができるのです。

とはいえ「実際にソニー損保の自動車保険に加入している人はどう思っているかを聞きたい!」と思いますよね。

そこで次章では実際にソニー損保の自動車保険に加入した方が、どのような感想を持っているかをご紹介していきましょう。

2.ソニー損保の自動車保険で実際に加入した人の声を見てみよう!

ソニー損保の自動車保険は「通販型であり、保険料が安く、顧客対応に関しても安定的に高いレベルである」ということが分かったかと思いますが、「一般論に過ぎず、本当のところはどうなのか分からない」と思ってしまいますよね。

そこで本章では、実際にソニー損保の自動車保険に加入している方の声をご紹介して、「実際のところ」について解説していきましょう。

早速次に「良い評判」をご紹介していきますので、ご覧くださいね。

ソニー損保の良い評判

まずは下記にいくつかピックアップした、「良い評判」からご覧ください。

車の購入に合わせて急いで手続きがしたかったためにインターネットで契約でき評価も高かったこちらを選びました。クチコミ通り迅速な対応でわからないことにも適切に対応していただきました。無料でロードサービスもついるのですが、無料なので対応が悪かったりしないか心配でしたが、2度のエンストにも迅速丁寧に対応していただきました。事故の時も全てお任せして処理していただきましたし、車両保険に入っていたので費用も全くかからずに助かりました。対応がいいので継続して入ってます。

子供の習い事のお迎えで、ついハザードをつけたままエンジンを切って車を離れてしまいました。家に帰ろうとエンジンをかけようとしても、バッテリーがあがってしまいかけれません。ソニー損保のロードサービスのことを思い出し、すぐに電話しました。エンジンがかからないので、夜でどんどん冷え込む季節でも暖房がつけれません。受付の女性も、子供もいて寒さも厳しい状況をわかってくれて、すぐに対応すると言ってくれ安心しました。車まで担当者が駆けつけてくれるまでは30分くらいでしたが、とても寒く寂しく長い時間に感じました。駆けつけてくれた方のそっと渡してくれたカイロが心にも染みてほっとしたことを覚えています。

バッテリー交換しないといけなくて予定外の出費にもショックでしたが、後になって他のカー用品店で比べてみると、安く提供してくれたことにありがたく思いました。対応も丁寧で安心でき、入っててよかったと思った出来事でした。

以前は違う自動車保険に加入していましたが、走行距離もそれほど多くは走らずネット申し込みで割引もありましのでソニー損害保険に切り替えました。

深夜仲のいい友人4人でドライブ中に私が運転中ガードレールに接触して自損事故を起こし友人達にケガはありませんでしたが私だけバックミラーの角で側頭部を9針縫うケガをしました。

私は一晩入院を余儀なくされましたので、翌日私の両親がソニー損害保険に連絡し道路わきに破損して止めてあったままの事故車をレッカー移動してもらったり入院費や退院後のアフターケアも全てやってくれました。

勝手なイメージで最寄の自動車損害保険の方が近くて安心できると思い込んでいましたが、ダイレクト型自動車保険の方がお客様に対する接し方も良く保険料も安く済みましたので事故対応には満足していますし、現在もソニー損害保険を継続して利用しています。

自分が気を付けていても貰い事故に遭う可能性もありますので、自動車保険は大切ですよね。

※出典元:みんなの評価ランキング「ソニー損害保険の口コミ・評判」より

ご覧になっていかがですか?

おそらく「予想以上に良さそうな評価だ」と感じたことでしょう。

実際にこの口コミは無作為に選んだものですので、これが一般的な評判と言っても過言ではないといえます。

また保険料の安さというよりも実際に保険を使用しなくてはならない状況、つまり「事故が起こったときの状況」に関して、対応が良い点が評価されていることが分かります。

そのため先程ご紹介した「通販型の自動車保険は安定的にレベルの高い対応をしてくれる」と思っても間違いないでしょう。

とはいえ「悪い評判」があることも事実です。

そこで次は実際にソニー損保の自動車保険に加入している方の「悪い評判」についてご紹介していきましょう。

ソニー損保の悪い評判

ソニー損保の自動車保険に加入している方が実際に述べている「悪い評判」についてもいくつかピックアップしましたのでご覧ください。

息子がオカマをふってしまった時のことです。家の車の傷を見ると、一円玉くらいの擦り傷で、物損ですぐ終わると思ってました、ソニー損保の方もそう思ったのでしょう、担当が若い女性の方でした。所が、どう言う会話をしたのか?相手側を電話で、おこらしてしまい、今から病院行ったらーってキレてしまい、結果、人身事故あつかいになり、当時息子が、未成年だったので、家庭裁判所に行かなければならないハメになりました。担当が相手を怒らすなんて、ありえないでしょう? もちろんすぐに別の保険会社にかえました。値段が安いだけで、いざ事故処理で対応できない会社は、どんなもんですかね?

車同士の交通事故で、こちらが優先道路走行中の被害者にも関わらず、相手の保険会社の言いなりのような比率を、提示され納得いかず、頸椎症の治療の最中にも、関わらずもう治療費は払えない。と連絡がありました。損害賠償の比率も、未だに揉めているのに治療終わらせろってふざけるな。

昨年1月に接触事故を起こし、私は直進、相手は右折(左から私の方に曲がって来た)その後接触したのですが、接触箇所が、私後方バンパー部分20センチくらい、相手はボディ中央部分数センチでした。

納得できないのは、私の後方部はつぼんでいてすれ違いでは接触しない部分にも関わらす過失があると判断したこの保険会社です。素人でもわかる後方部分の傷に対して、どちらがよってきてぶつかったか解らないと言ってました。こんな保険会社は初めてです。現在弁護士委託中でどのようになるか解りませんが引き続き抗議していこうと思います。

※出典元:みんなの評価ランキング「ソニー損害保険の口コミ・評判」より

ご覧になると「皆さん、本当によく怒っているな…」と思いますよね。

そして同時に「過失割合の比率」についてもめているということが分かるかと思います。

実はこの問題に関して、多くの方が勘違いしていることがあるのです。

それは「過失割合の比率に関しては、基本的に判例(過去の裁判の例)にならって決定する」というものです。

つまり、例えば「どう見てもこっちの方が悪くないのに、なんで5:5なの!?」という意見などに関しては、「裁判所が決めた過去の判例ではこうだから」としか言いようがないのです。

そして裁判所で認められている事例であるということは、日本の法律上は「これ以外あり得ない」という判断を下されたということと同義であるため、結果的に「どこの保険会社に加入していても同様の判断をされる」と思って間違いないのです。

つまりピックアップして上記した評判のほとんどは、「どこの保険会社に加入していても同じであるため、仕方がない」と言うほかないのです。


以上が実際にソニー損保の自動車保険に加入している方が述べている評判でしたが、いかがでしたか?

おそらく「意外と良いことも書いてあり、悪いことについては仕方がないものばかり」という印象を持ったのではないでしょうか。

筆者としてもその通りだと思っており、保険会社の仕組みや法律上仕方のないことは多くあるため、その中でソニー損保の自動車保険は最善の結果を出していると思っています。

そのため「保険料も安く、対応も悪くない保険会社である」という結論に至るのですが、ここまで来ると「それならソニー損保の自動車保険に加入しようかな」と思ってしまいますよね。

そこで次章では、ソニー損保の自動車保険に加入しておけば間違いないのか、もっとお得に自動車保険に加入する方法はあるのかという点について解説していきましょう。

3.結論、ソニー損保の自動車保険に加入すれば間違いない?

前章までの解説でソニー損保の自動車保険がいかに良い保険会社であるか、そして実際に加入している方からの評判も比較的良いものばかりであるということは分かったかと思いますが、「もうソニー損保の自動車保険にしておけば間違いないだろう」と思ったかと思います。

しかし、その考えは間違いなのです。

なぜなら通販型の自動車保険ではソニー損保の自動車保険のように「対応が良く、さらに保険料も安い」という保険会社が多くあるからです。

そのため「本当にお得になるのであれば、すべての保険会社を比較すべき」だといえるのですが、実際に複数の保険会社で保険見積もりを作成して比較する時間はありませんよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

このサービスを利用することで、一度の申し込みで複数の自動車保険を比較することができますから、「最もお得な保険会社はどこか」を簡単に調べることができるのです。

早速、次に自動車保険一括見積もりの詳細をご紹介していきますから、引き続きご覧くださいね。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している複数の保険会社に一括して、ほとんど同様の内容で保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みで複数の自動車保険を比較することができるため、「一気に最もお得な自動車保険を調べられる」といえるのです。

また申し込み方法は非常にシンプルで

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分あれば十分申し込みを完了させることができます。

そのため、まさに「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力するのは不安」「申し込み後にしつこい電話勧誘が無いか心配」だと思ってしまいますよね。

そこで次に「安心して利用することができるのか」という点について述べていきましょう。

安心して利用することができるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべてが大手企業によって運営されており「個人情報保護方針」が明記されているからです。

そして自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、あなたの個人情報が不正に使用されることはありません。

また申し込み後のしつこい勧誘については、全く無いので安心してください。

というのも、自動車保険一括見積もりを利用した後は電話による勧誘は一切なく、ハガキ(DM)やメールにて見積もり提示やお得なプレゼントなどのキャンペーンの案内が来るのみですから、基本的に「うっとうしい勧誘は無い」と思っても大丈夫なのです。

もちろんプレゼントのキャンペーンの案内などを嫌だと思った場合には、簡単に配信の停止依頼をすることができますから安心してくださいね。

そしてもちろん、自動車保険一括見積もりに登録している保険会社はソニー損保と同様に、「安定して高いレベルの顧客対応をしてくれる」保険会社ばかりですから、純粋に最終的な保険料を比較して保険会社を選んでも大丈夫ですよ!

以上のことから、自動車保険一括見積もりを利用することで「安心して利用でき、最短時間で最もお得になることができる」と覚えておきましょう。

本当に誰でも簡単に利用でき、お得になりますからぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた価格が提示され、満足のいく自動車保険に加入することができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上でソニー損保の自動車保険に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「最初の予想とは異なり、意外と良さそうだ」「ソニー損保に限らず、通販型で狙ってみよう」と思ったことでしょう。

最後にまとめると

  • ソニー損保の自動車保険は通販型であり、保険料が非常に安い
  • 実際にソニー損保の自動車保険に加入している方の評判は、基本的に良い
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、ソニー損保以外のお得な自動車保険が見つかる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単に利用でき、さらに最もお得になる方法ですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、最もお得な自動車保険に加入することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セゾンの4つの特徴と実際の評判を自動車保険のプロが徹底解説!

自動車保険と自動車共済って何が違うの!?自動車保険のプロが徹底解説!

AIUの自動車保険の評判は?実際の声を元に評判を徹底解説!

農協の車保険「JAの自動車共済」って何?特徴や仕組みを保険のプロが大公開!

三井ダイレクトが提供している自動車保険の評判は?3つの特徴を基に徹底解説!

アクサダイレクトの自動車保険の評判は?実際の声を元に評判を徹底解説!