元保険担当が解説!交通事故時の担当者は代理店型と通販型によって違うの?

突然ですが想像してください。

車に乗っているあなたがもし事故にあったとします。

そんなとき、あなたはこれからどのような行動をしますか?

事故をした相手に無事の確認をする?それともまずは警察を呼ぶ?どれも正解ですが、実際にはこんなことを思い浮かべ、行動するでしょう。

そう、「自動車保険の担当者に事故の連絡をする」です。

実は自動車保険に加入しているあなたが事故をした場合、自分自身でその場を解決することは非常に危険なため、プロである保険の担当者と連絡を取るでしょう。

しかし実は保険の担当者による対応は保険会社や代理店によって違うケースが多く、結果的に

  • 自分の保険担当者はどんな対応をするのだろうか
  • 事故が起こったときに本当に対応の良い保険会社はどこなのか
  • 安心して任せられて、さらにお得な保険料で自動車保険に加入する方法はあるのか

とさまざまなことを思い浮かべてしまいますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の担当による対応の違いや、本当に安心できる自動車保険について詳しく解説していきましょう。

そして当記事は「保険」と名の付くものの解説になるため難しいイメージをしているかもしれませんが、実際には「対応の違い」を説明するだけですから内容は簡単です。

そのため最後まで気楽にスラスラと読み進めることができますよ!

また読み終わる頃には「こんな保険会社なら安心して担当してもらうことができるのか!」と、あなたの心のモヤモヤがスッキリすること間違いなしですよ。

1.事故のとき、保険の担当者によって対応は変わるの?

あなたが事故をしてしまった場合、示談交渉が済むまで、つまり事故によって起こった問題がすべて解決するまでは自動車保険の担当者に助けてもらわねばなりません。

なぜなら自動車保険の担当者は保険商品に関するプロであると同時に、事故解決のスペシャリストである場合が多いからです。

特に事故を起こしてしまったタイミングではあなた自身は、冷静な判断をすることが難しくなるためその場を大変心細い思いをしてしまいますから、結果的に保険担当者の対応によって心が救われる場合があるのです。

そのためあなたが加入している自動車保険の担当者による対応というものは、保険加入をする上で非常に重要な要素となり、同時に保険加入の決め手ともいえるポイントと言っても過言ではありません。

そこで本章では事故を起こしてしまったときの保険担当者による対応の違いを、ご紹介していきましょう。

また日本で展開されている保険会社を2種類に分けると「代理店型」と「通販型」がありますから、それぞれの対応について引き続き解説していきます。

代理店型の自動車保険の担当者はどんな感じ?どんな人?

代理店の自動車保険の担当者は、基本的に「代理店のあなたを担当している営業マン」になります。

実は代理店型の自動車保険では、事故を起こした際に

あなた→代理店の担当営業マン→保険会社の事故担当

という順に伝達されていくのですが、基本的にすべての窓口はあなたを担当している営業マンになります。

そのため代理店型の自動車保険に加入している場合は、担当営業マンの対応力にすべてがかかっているのです。

つまりネガティブに考えた場合には「担当者がダメ営業マンである場合、事故の際に不安な気持ちを大きく残してしまう」ということになってしまいます。

特に事故時はお金の問題や補償に関する問題など、繊細な問題が山積みになりますから担当営業マンの対応力は非常に重要なのです。

また仮に担当営業マンがその場を対応できない場合には、保険会社の事故対応を専門的に行っている部署が対応をしてくれるのですが、その場合には

あなた→保険会社

という、保険会社との直接的なやり取りとなってしまいますから、「顔見知りの代理店営業マンに助けを求められる」という、代理店型の自動車保険特有の「うまみ」は感じることができないのです。

以上のことから代理店型の自動車保険の担当者は、「基本的にあなたの担当営業マンであるが不安な要素が残ってしまう場合があり、場合によっては保険会社との直接的なやり取りになるためうまみを感じられない可能性がある」と覚えておきましょう。

次にもうひとつの自動車保険である、通販型の自動車保険の担当者による対応について述べていきます。

通販型の自動車保険の担当者はどんな感じ?どんな人?

通販型の自動車保険の担当者は、基本的に保険会社の事故対応専門部署の担当者になります。

そして事故が起きた場合の流れとしては

あなた→保険会社の事故対応専門部署の担当者

となるのです。

そのため感覚的には「知らない人に最初から連絡するのは不安」と思ってしまいますよね。

その気持ちは分からなくもないのですが、実は最初から保険会社の担当者があなたの事故を担当することによって、その後不安を抱えなくて済む場合が多いのです。

一体どういうことでしょうか。

実は通販型の自動車保険では店舗を構えていないため、お客様からの問い合わせや事故対応などはすべてコールセンターが担当しています。

その結果24時間365日、保険会社の誰かには必ず担当してもらうことが可能であり、代理店型の自動車保険とは違って「いついかなる時も連絡が付く」といえます。

また代理店型の自動車保険では、担当営業マンの知識量や経験値によって対応が依存してしまう部分があるのですが、通販型の自動車保険でコールセンターに立っている担当者は間違いがあってはならないため、全員がプロ中のプロなのです。

以上のことから通販型の自動車保険では、「安定的に質の高い対応をしてくれる」ということができるといえるのです。

そして同時に「顔を知らないため不安ではあるが、最初から最後までプロに対応してもらうことが可能である」ともいえるのです。

以上が「代理店型」と「通販型」という2種類の自動車保険の担当者による対応の違いでしたが、いかがでしたか?

おそらくもう予想できているかと思いますが、次章にて「どちらがオススメなのか」をご紹介していきます。

事故のときの保険担当者は、どっちがオススメなの?

前章では事故のときの保険担当者の違いについて説明してきました。

そのためどちらの方が良さそうか、何となく分かったかと思います。

しかし本章では再度、保険担当者による対応についてきちんと比較することで「結論としてどちらがオススメなのか」を述べていきましょう。

早速ですが、次にどちらの方がオススメか分かりやすく比較していますのでご覧ください。

代理店型と通販型、担当者の対応はどっちがオススメ?

代理店型と通販型の自動車保険では、自動車保険の担当者によって対応が違うことが分かったかと思います。

そのため「こっちの方が良い気がする」と思ったことでしょう。

そこでより双方の特徴が分かりやすくなるよう、比較表をご用意しましたのでご覧ください。

保険の種類 事故時に対応する人 対応の良さ 備考
代理店型 基本的に代理店の営業マン 良い時もあるが悪い時もある ・対応の良し悪しが営業マンに依存しているため、ある意味「ギャンブル」といえる
・営業マンと連絡が付かない場合は、結局のところ保険会社とのやり取りになる
通販型 保険会社の自己対応部署 安定的に高いレベルの対応 ・対応は保険のプロが電話にてしてくれるため安心できる
・見知らぬ人と話すことが苦手な場合はデメリットになる

これらの特徴を見ると、「通販型の自動車保険の方が絶対に良い」と思ってしまいますよね。

先程も少し触れているためある程度理解しているかと思いますが、一般的に対応が良いとされている代理店型の自動車保険では、事故時の対応を含めたすべての顧客対応の際に「知識不足や経験知不足が原因で、間違った案内をすることがある」ため、あまり信頼できない部分があるのです。

もちろんすべての営業マンに当てはまるわけではないのですが、実際に筆者が勤めていた保険代理店では「素人営業マン」が堂々と顧客対応をしており間違った案内をしていたことで、お客様に多大なる損失を受けさせたことがありました。

その点、通販型の自動車保険では事故時の対応を含めたすべての顧客対応において、電話やメールではありますが「担当部署に所属するプロが的確な指示をしてくれる」ため、あなたにとって確実にベストな答えに導いてくれるのです。

以上のことから、保険の担当者から判断するオススメの自動車保険は「通販型」ということができるでしょう。

とはいえ代理店型の自動車保険である場合、お客様のことを第一に考えている優秀な営業マンはいますから

  • いついかなる時でも電話に出て保険の相談に乗ってくれる
  • あなたにとって損をさせない「賢い選択肢」を与えてくれる
  • 事故対応の際に保険会社に丸投げせず、最後まで自分の責任で窓口になってくれる

という人があなたの担当営業マンである場合は、通販型の自動車保険にせずとも十分に満足できるでしょうから、無理に通販型の自動車保険をオススメはしません。

あくまで「代理店型の営業マンが特別に優秀でない場合は、通販型の方がオススメ」という程度に考えておきましょう。

最後に筆者の見解として、保険代理店に勤めていた経験から「事故の際の対応」について述べていきますので参考にしてくださいね。

筆者の見解:通販型の保険をオススメ

筆者が保険代理店に勤めていた際、実はあまり優秀な営業マンではありませんでした。

人並み以上に契約を取ることはできましたし知識や経験も申し分なかったのですが、「お客様のために」という気持ちをなかなか持つことができなかったのです。

そして筆者の同期社員も同じような感覚で仕事をしていたため、「代理店としては良い営業マンを揃えられていない」という状態だったのです。

その結果、お客様からの事故報告があった際は「正直に言って面倒くさい」という気持ちの元、すぐに保険会社に案件を丸投げしていました。

そのためお客様としてはプロが対応することになるため事故解決をスムーズにすることはできるのですが、気持ちとしては「結局担当営業マンが親身に対応してくれない」と感じることが多かったのです。

結果的に事故を起こしたお客様は「あんたの対応が悪いから、CMで満足度の高いと言っている通販型に変える」と言われたことも一度や二度ではなく、お客様をないがしろにしていた部分が露呈してしまいました。

以上のことからも分かるかと思いますが、保険代理店の担当営業マンは「全員がお客様のために働いていない」ということであり、逆に通販型の自動車保険では「無機質なイメージがあるけど、中身は非常に安心できる」という側面があります。

そのためできる限り通販型の自動車保険に加入することをオススメしますし、代理店型の自動車保険では「危険な場合がある」とお伝えしているのです。

以上、代理店型と通販型の担当者による対応の違いを解説してきましたがいかがでしたか?

意外にも代理店型の担当営業マンは「あまり良くない場合がある」ということに気が付いたかと思います。

そのため通販型の自動車保険を強くオススメしているのですが、実はオススメする理由はそれだけではありません。

通販型の自動車保険は、代理店型の自動車保険の保険料と比較すると「半分以下」になる場合もあり、まさに「質の高い対応と安い保険料が魅力」といえるのです。

とはいえ今「通販型にするべき」と言われても、どの通販型の自動車保険であれば安く加入できるのか分かりませんよね。

そこで次章では「対応が安心できる通販型でさらに保険料を抑える方法」を詳しくご消化していきましょう。

今あなたが代理店型の自動車保険に加入している場合は「えっ、こんなに安くなるの?」と思いますし、もし通販型の自動車保険に加入している場合でも「まだまだ安くなるの?」と驚くこと間違いなしですよ!

3.担当者が安心の通販型で安く保険加入するなら、自動車保険一括見積もりを利用しよう!

安心できる通販型の自動車保険に最も安い保険料で加入する方法とは、ズバリ「自動車保険一括見積もり」を利用することです。

このサービスを利用することで様々な自動車保険の保険料を比較することができますし、安い通販型の自動車保険の中でさらに安い保険料の保険会社を探すことができます。

しかし自動車保険一括見積もりの仕組みについては、あまりよく知りませんよね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりがどのようなものか、利用方法やお得になるメカニズムを徹底的に解説していきましょう!

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括してほとんど同条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは提示された見積もりを一気に比較することができるため、確実にどの保険会社が最もお得かを知ることができるのです。

また利用方法は非常にシンプルで

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなた自身に関する情報

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも10分あれば完了してしまいます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間の内に最もお得な保険料の自動車保険を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「個人上の入力は正直に言うと不安」「申し込み後にしつこい電話勧誘が来るのではないか心配」という、ネガティブなイメージを少なからず抱いているでしょう。

そこで次に自動車保険一括見積もりは安心して利用できるのか、きちんと説明していきますので引き続きご覧くださいね。

安心して利用できるの?

ズバリ言いますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます!

とはいえ個人情報の入力や申し込み後の勧誘に対して不安な気持ちは分かりますから、しっかり説明していきましょう。

まず個人情報に関してですが、当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりのサイトはすべて大手企業が運営しており、「個人情報保護方針」がしっかりと明記されていますから、あなたの個人情報を不正に扱われることはありません。

そして自動車保険一括見積もりサイトに登録している保険会社に関しても、あなたが耳にしたことがあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の保護に関しては十分に守られているのです。

また自動車保険一括見積もりに申し込んだ後の勧誘については、申し込み後に電話による勧誘は一切ないので安心してください。

実は自動車保険一括見積もりに申し込んだ後は、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示とお得情報の案内だけですから、しつこい勧誘というものはないのです。

仮に電話がかかってくるのだとしたら、あなたの申し込み内容に不備が合ったときですから、その際は修正してお得な保険見積もりを再依頼することをオススメします。

以上のことから、自動車保険一括見積もりはあなたにとって安心して利用できるサービスであり、同時に最もお得になるサービスと言っても過言ではありませんので、ぜひ一度ご利用くださいね。

あなたの予想を超えた金額が必ず提示されますから、満足のいく保険加入に繋がりますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で事故時の保険担当者による対応についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外と通販型の自動車保険って、対応が良いんだ」と感心したことでしょう。

最後にまとめると

  • 代理店型よりも通販型の自動車保険の方が「安定して質の高い対応」をしてくれる
  • 事故の担当という側面で見ると、やはり代理店型よりも通販型の方がオススメである
  • お得な保険料で通販型の自動車保険に加入するのであれば、自動車保険一括見積もりを利用する

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単に最短時間で最もお得になることができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ず満足のいく保険料で、通販型の自動車保険に加入することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軽自動車の車保険には保険料の目安はある?実際に試算した結果を大公開!

事故によって等級はいくつ下がる?自動車保険の等級について徹底解説!

結局いくらにすればいいの?「人身傷害保険」の基礎知識と補償金額の決め方

自動車保険の更新時に受けられる特典比較【※特典だけで選ぶのは危険】

ゴールド免許ドライバーだけが受けられる!車保険のゴールド免許割引率を徹底検証

自動車保険の代理店型の料金相場が高いのは本当?実際に計算してみた