任意保険のシュミレーションってどうすればいいの?オススメサイトはある?

車には非常に多くの「維持費」というものがかかってしまいますが、その中身は「車検費用」や「各種税金」など、非常に多くのお金が必要になります。

中でも車に乗るためには必ず必要になる「任意保険」は、条件によっては年間で20万円以上も必要になる場合もあり、「先にある程度のシュミレーションをして、どの程度のお金が必要になるのか確認しておきたい」と思ったことでしょう。

たしかに「車の維持費は多くかかる」とはいうものの、先にある程度の金額を把握しておくことで、今後に備えたいと思うことは当然のことです。

しかし実際に任意保険のシュミレーションをしようと思った場合でも、

  • そもそも任意保険のシュミレーションができるサイトを知らないから、教えてほしい
  • シュミレーションサイトがあるなら、使い方を教えてほしい
  • 本当にお得な任意保険に加入する方法があれば、知っておきたい

と思ってしまうため、なかなか具体的な行動を起こすことができないのではないでしょうか。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、任意保険のシュミレーションができるサイトの紹介や使い方、そして簡単に最もお得な自動車保険を探し出す方法について、詳しく解説していきましょう。

内容は任意保険に関することになりますが、本当に簡単で分かりやすく解説していきますし、最後までスラスラと読み進めることができますから安心してくださいね。

読み終わる頃には「任意保険のシュミレーションをすることで、ある程度の保険料が分かってよかった」「この方法であれば、間違いなく簡単にお得な任意保険を探し出すことができる」と思うこと間違いなしですよ!

先に結論をお伝えするとチューリッヒの見積もり試算サービスが一番オススメできます。

リューリッヒの見積もり試算

1.任意保険の簡易シュミレーションができるサイト4選!

あなたは自分がどのような任意保険に加入して、どの程度の保険料を支払う必要があるのか分かっていますか?

おそらく「高い場合で20万円以上も支払わなければならない」という情報以外には、それほど詳しく知らないのではないでしょうか。

たしかに任意保険の年間保険料はあまりにも分からないことが多いため、なかなか自分で保険料を調べることは難しいでしょう。

そこで本章では、任意保険の簡易シュミレーションができるサイトを4つご紹介していきますので、下記の箇条書きをご覧ください。

それぞれのサイトの特徴について、分けて簡単に説明していきます。

アクサダイレクトの「保険料スピード診断」

アクサダイレクトでは、簡易的な見積もりシュミレーションとして「保険料スピード診断」を行っています。

そして申し込みに関しては、実は

  • 保険種類(自動車保険か、バイク保険か)の選択
  • 条件の入力(年齢や免許証の色など)

をするだけで、概算の保険料を試算してくれます。

もちろん「概算の結果」であり正確性には欠けてしまいますが、筆者が申し込みをした感覚では専門的な知識を必要とする項目はありませんでしたので、「非常に簡単かつ短時間でおおよその保険料を知ることができる」といえるのです。

そんぽ24の「保険料スピードチェック」

そんぽ24でも、実はアクサと同様に概算の保険料を調べるサービスがあるのです。

そして利用方法に関しても非常に簡単で

  • 免許証の色
  • 運転者の範囲(運転者限定条件)
  • 最若年運転者の年齢(運転者の年齢条件)
  • 現在の等級
  • 車の排気量

を入力するだけですから、実はアクサダイレクトと同様に「保険料の決定に大きな影響がある要因の入力をするだけ」ということができるのです。

そのため「非常にお手軽な申し込みをするだけで、おおよその保険料を知ることができる」と覚えておきましょう。

ただしここまでの2サービスについては「あくまで概算の保険料」を知ることができるだけのサービスです。

つまり、「より正確な保険料はきちんとした保険会社の見積もりを作成する必要がある」ということになります。

そこで残りの2サービスについては、通販型と代理店型、大きく分けて2種類ある任意保険の大手の見積もり作成サービスをピックアップしましたので、引き続きご覧ください。

チューリッヒの「スーパー自動車保険 お見積もり・お申し込み」

チューリッヒの任意保険は一般的に「通販型」と呼ばれている自動車保険になります。

そしてここで念のため、通販型の任意保険についての特徴について説明しておきますが、

  1. 代理店を持たずにインターネット上で営業している任意保険
  2. 店舗を持たず人員も最低限で済むため、その分保険料が大幅に安くなる

という、大きな特徴があるのです。

突然ですが想像してください。 車に乗っているあなたがもし事故にあったとします。 そんなとき、あなたはこれからどのような行動をしますか...
あなたは車に乗っていますか?そして自動車保険に加入していますか? おそらく車に乗っている場合は「加入している」、これから車を購入しようと思...

そのためチューリッヒの任意保険で保険料を試算すると「安くて正確性の高い保険料が提示される」ということができます。

また保険見積もりの作成方法については、先程の簡易計算サイトよりも少しだけ詳細になってしまいますが、簡単に説明すると

  • 現在加入している任意保険の等級
  • 保険契約期間中の事故の回数(事故有係数、保険使用の回数)
  • 車両保険の有無
  • 運転者限定
  • 運転者の年齢条件
  • 加入予定の車種の型式
  • 免許証の色
  • 主な使用目的
  • 年間走行距離

という、より正確に保険見積もりを作成するために必要となる情報の入力をする必要があります。

そのため初めて見積もり作成をする場合には、10分程度の時間がかかってしまうかもしれませんが、「標準プラン」「おすすめプラン」「充実・安心プラン」の3つの保険見積もりを提示されるため、「通販型の任意保険の保険料がどの程度なのか」をしっかりと把握することができますよ!

東京海上日動の「自動車保険 インターネットお見積もりサービス」

東京海上日動の任意保険は、「代理店型」と呼ばれている自動車保険です。

そして代理店型の任意保険の特徴としては、

  • 全国にいくつもの店舗を構えており、代理店のスタッフが直接接客する
  • 店舗を構えているためスタッフや店舗維持費などが多くかかり、結果的に保険料も大幅に高くなってしまう

という、大きな特徴があるのです。

車を持つ前、免許証を取得するためにあなたが自動車教習所へ通っていた頃に「車に乗るときは任意保険には必ず加入すべき」と言われたことはありませんか?...
自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

とはいえこれまで一般的に「保険屋」と呼ばれて親しまれていたのはコチラの任意保険であるため、未だに「代理店型の任意保険で加入したい」と思う方も多くいます。

そんな代理店型の任意保険を象徴している、大手保険会社の「東京海上日動」から提供されている見積もりサービスに申し込むためには、やはり正確な保険料を試算することができるため

  • 車に関する情報
  • 主な使用目的
  • 免許証の色
  • 運転者の限定条件
  • 運転者の年齢条件
  • 車両保険の有無

という情報を入力する必要があるのです。

また提示される保険見積もりは「Aプラン」と「Bプラン」の2種類があり、「大手の代理店型任意保険の保険料が、どの程度の金額になるのか」を正確に把握することができます。

そのため「代理店型の任意保険の年間保険料を、より正確に知りたい」と思った場合には、東京海上日動のインターネット見積もりサービスの利用がオススメですよ!


以上で各任意保険のシュミレーションサイトに関する特徴の説明と、利用方法に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

ご覧になると「意外と簡単に申し込みや利用ができそうだ」と感じたことでしょう。

そこで一度まとめておきますが、先にご紹介した2サイトのサービスに関しては

  • あくまで簡易的な保険料を調べることができるというだけで、正確に「どの程度の保険料になるのか」を調べることはできない
  • 保険料試算に大きな影響を与える条件をいくつか入力するだけで、ある程度の保険料を試算する必要がある

ということをしっかりと覚えておき、次にご紹介した2サイトは

  • 通販型と代理店型、それぞれの「より正確な保険料」をしっかりと把握することができる
  • 見積もり作成には簡易シュミレーションができるサイトと比較すると、具体的な車種などの情報を少しだけ詳細に入力する必要がある

ということを覚えておきましょう。

それだけを覚えておけば、あなたが今必要としている任意保険の保険料に関して、きちんとシュミレーションをすることができますよ!

しかし、実際に利用するには「まだどのサイトを利用すればいいのか分からない」と思ってしまいますよね。

そこで次章では自動車保険のプロである筆者が、今ご紹介した4サイトの中から「最もオススメの任意保険シュミレーションサイト」について、結論を述べていきましょう。

2.自動車保険のプロがオススメするサイトはどれ?

前章の解説では任意保険のシュミレーションができるサイトについて、4サイトをピックアップしてご紹介してきましたが、「実際にどのサイトを使えば良いのか分からない」と思っているのではないでしょうか。

たしかにそれぞれのサイトに大きな特徴があるため、どのサイトを利用すればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで本章では、自動車保険のプロである筆者が、4サイトの内どのサイトを利用すればいいのか結論付けていきましょう。

早速、結論を述べていきますが、筆者がオススメするサイトはチューリッヒの見積もり試算サービスです。

リューリッヒの見積もり試算

なぜならチューリッヒの任意保険は通販型ではありますが、通販型の任意保険は「直接顔を合わせて接客することはないものの、必ず電話口の担当者は自動車保険のプロである」ということができるため、結果的に「保険料が安くてサービス自体も最高である」といえるからです。

そしてチューリッヒの任意保険は補償内容、特に万が一のレッカーサービス等が保険業界の中でもトップクラスであるため、チューリッヒで任意保険の見積もりを作成すれば「通販型の保険料としては正確性の高い結果を知ることができる」といえます。


以上のことから、ご紹介した4サイトの中では「チューリッヒがオススメ」ということは分かったかと思いますが、実際のところ「保険料のシュミレーションだけではなく、最もお得な任意保険を確実に探したい」と思っていませんか。

実際、シュミレーションだけではなく、本当にお得な任意保険が分かればあなたの悩みはすべて解決するのではないでしょうか。

そこで次章ではシュミレーションでは分からない「本当にお得な任意保険」を探すことができるサービスとして、「自動車保険一括見積もり」というサービスをご紹介していきましょう。

3.自動車保険に加入するなら「自動車保険一括見積もり」の利用がオススメ!

前章までの解説をご覧になるとよく理解できたかと思いますが、任意保険のシュミレーションサイトは「簡易的なもの」と「正確性の高いもの」の2種類があります。

とはいえ実際には「最も安い保険料の任意保険に加入したい」と思うのは当然ですから、その方法について詳しく知りたいと思いますよね。

そこで本章では、最もお得な任意保険を探す方法として「自動車保険一括見積もり」をご紹介していきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同様の条件で保険見積もりを依頼することができます。

つまり一度の申し込みをするだけで、最もお得な任意保険がどれなのか、一気に探し出すことができるのです。

また申し込み方法は非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に申し込みを完了させることができるのです。

以上のことから、自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な任意保険を探し出すことができるサービス」ということができると覚えておきましょう。

しかし実際に利用するには「自分の個人情報を入力することが不安だ」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」ということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記しており、あなたの個人情報が不正に使用されることはないのです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社に関しても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性はありません。

さらに申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示またはお得なプレゼントキャンペーンなどの案内がされるだけですから、あなたに迷惑がかかることはないといえます。

とはいえ仮にお得なキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信の停止依頼をすることができますから、安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な任意保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することができるサービスということもできるのです。

申し込みは本当に誰でもできるほど簡単ですし、間違いなく最もお得な任意保険を探し出すことができますから、ぜひ一度シュミレーションだけではなく自動車保険一括見積もりに関してもお試しくださいね。

必ずあなたに必要な任意保険がどれなのか、見つけることができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で任意保険のシュミレーションに関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「任意保険のシュミレーションは意外と簡単に利用でき、ある程度の保険料を把握することはできそうだ」「実際に加入するときは簡単に、最もお得な任意保険を探し出せそうだ」ということが分かったでしょう。

その感覚は正しくて、お得な任意保険を探し出すことは簡単ですから、安心してくださいね。

最後にまとめると、

  • 任意保険のシュミレーションには「簡易的なサイト」と「正確性が高いもの」の2種類がある
  • シュミレーションサイトは「チューリッヒ」がオススメである
  • 実際に加入する場合には「自動車保険一括見積もり」を利用することで、最もお得な任意保険を簡単に探し出すことができる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な申し込みをするだけで最もお得な任意保険を確実に探し出すことができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示されますし、シュミレーションサイトよりも正確な保険見積もりを一気に比較することで、間違いなく満足することができますよ!

リューリッヒの見積もり試算

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何か裏があるんじゃないの?安い自動車保険のデメリットまとめ

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?

自動車保険に年間12万円って高い?高くなる理由や安くする方法をご紹介!

自動車保険の名義変更に必要な書類は?6つの条件別の手続き方法と注意点

自動車保険の代理店型の料金相場が高いのは本当?実際に計算してみた

車の保険は「本人のみ(本人限定)」が良いの?どれぐらいの割引率になる?