任意自動車保険の加入率は74%?任意自動車保険には加入しなくてもいい?

車に乗っている方のほとんどが加入していると言われている「自動車保険」。

しかし自分の感覚的には

  • 本当にみんな加入しているの?
  • どうせ事故なんて起こらないのだから、加入しなくてもいいのではないか

と思っている方も多く、あなた自身もそう考えてしまったことがあるのではないでしょうか。

そのため「加入しなくても良いということはないが、仕方なく高い保険料を支払っている」と感じていることでしょう。

そして結果的に「なんとかして保険料を抑えたい」と思っていますよね。

とはいえ

  • 実際に任意自動車保険に加入している人の割合はどのくらいなのか
  • 任意自動車保険に加入しておらず事故を起こした場合、どうなってしまうのか
  • 少しでも保険料を抑える方法はないのか

などと様々な悩みを持っているため、なかなか任意自動車保険に加入することについてモヤモヤした気持ちを抱えてしまっているでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンである筆者が、任意自動車保険はなぜ必要なのか、どのようにすれば保険料を安く抑えることができるのかを詳しくご紹介していきます。

内容は非常に簡単に説明していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

また読み終わる頃には「保険料を安くする方法」についてしっかりと理解することができますから、必ずあなたの任意自動車保険の保険料はお得になりますよ!

1.任意自動車保険の加入率はどのくらいなの?

「みんな本当に加入しているの?」「事故なんて今までにあったことないけど、本当に加入しなければならないの?」など、任意自動車保険に加入している、またはこれから加入を検討しているあなたは思っているでしょう。

しかし先に結論を述べると、万が一の事故に備えるためにも任意自動車保険への加入は必須といえるのです。

とはいえ本当に誰もが加入しているか、気になってしまいますよね。

そこで本章では任意自動車保険に加入している方の割合についてご紹介していきましょう。

任意自動車保険の加入率は高いって聞くけど、実際はどのくらい?

「みんなが加入していないのであれば私も加入したくない」そう思ってしまうのは当然のことですよね。

そのため実際に任意自動車保険に加入している人がどの程度いるのかということは、あなたにとって非常に重要な問題のひとつといえるでしょう。

そこで早速任意自動車保険に加入している人の割合について、ご紹介していきます。

まずはこちらの表をご覧ください。

自動車保険普及率

自動車保険普及率

参考出典元:損害保険料算出機構「2015(平成27)年度 損害保険料算出機構統計集」の統計表より

こちらの表は2年前、つまり2015年の統計データであるため比較的信ぴょう性の高いものになりますが、最下部にある「合計」と書かれている部分に注目してください。

この最下部の合計の中で「74.1」「74.2」という部分があるのですが、それぞれ「対人賠償」と「対物賠償」の自動車保険に加入している車両の割合を示したものになります。

そのため「おおむね全体で自動車保険に加入している人の割合」といえるのです。

そして結果としては全体で約74%という加入率となっていることが分かったでしょう。

この結果を受けてあなた自身どう感じましたか?

おそらく「思ったよりも少ない」と感じたことでしょう。

実は筆者もあなたと同様に感じており、最前線で営業活動をしていた際の感覚では「95%以上は加入しているのではないか」と感じているほどでした。

なぜなら新規飛び込み営業をしていた際のお客様はすべて「どこかの自動車保険には加入している」という状況だったからです。

とはいえ車の中には構内車として私道や私有地のみを走る車や、行政機関が保有している車など、「自動車保険に加入しなくてもあまりリスクが高くならない」という車も一定数いますから、多少は加入率に影響をしているといえるでしょう。

しかし74%という数字は4台中3台が加入しているということになりますので、「ほとんどの車が加入している」と言っても過言ではありません。

あなたの周りを見渡すと加入している人がほとんどでしょうから、やはり感覚的にも統計的にも「みんな加入している」と考えても問題はないでしょう。

とはいえ「加入率が高いから、あなたも加入すべき」というのは、あまりにも乱暴な説明になってしまいますよね。

そこで次に加入率の高さを抜きにして、なぜ任意自動車保険に加入すべきなのかをご消化しいていきましょう。

加入率の高さは分かったけど、加入しなければならないの?

前述した説明で加入率が非常に高いということは分かったかと思いますが、「加入率がいくら高くても加入しなければならない理由にはならない」と思うでしょう。

その通りです。

加入すべき理由を明確にできない限り、やはり加入しなければならないと述べることはできないのです。

そこで加入しなければならない理由について述べていきますが、その理由とはズバリ「万が一の事故が起こった際に、高額の賠償金が補償されるから」です。

つまり損害賠償責任という最大のリスクを回避するために、必要だと覚えておきましょう。

しかしあなたは「自賠責保険」という、自動車を持つ者すべてに加入義務のある保険についてご存知でしょう。

そして自動車学校でうっすらと「賠償責任が発生した際に補償される」と聞いたことがあるでしょう。

そのためやはり任意自動車保険には加入する必要はないのではないか、と考えてしまいますよね。

そこで次章にて、自賠責保険と任意自動車保険の比較と、結局のところ任意自動車保険は必要なのかをご紹介していきましょう。

自賠責だけで大丈夫?それとも任意自動車保険には加入すべき?

あなたは自賠責保険の存在を知っていますか?

自動車運転免許証を持っているのであれば、名前ぐらいは聞いたことがありますよね。

そして自動車学校で「強制的に加入しなければならない保険」だということを、何となく聞いたことがあるでしょう。

そのため「同じ保険という名前が付くから、万が一の事故の際は大丈夫」と勘違いしている方がいるのです。

そこで本章では自賠責保険と任意自動車保険について解説するとともに比較し、本当に任意自動車保険は必要なのか、結論付けていきましょう。

自賠責と任意自動車保険の比較

まず自賠責保険と任意自動車保険の違いについて、あなたは詳細をご存知ですか?

なんとなく知っているものの詳細までは分からないかと思いますので、ここで簡単な比較表をご覧ください。

保険の種類 強制or任意 保障内容 保険料
自賠責保険 全ての車は強制 傷害…最大120万円
後遺障害…最大4000万円
死亡…最大3000万円
車のクラスによって異なる
任意保険 任意だが万が一の事故のために
ほとんど全ての方が加入
物損、傷害などの保障内容は
「全て任意で選択可能」
車の料率クラスや等級
によって異なる

この表をご覧になるとよく分かるかと思いますが、自賠責保険は「補償内容の自由度が低い」といえます。

そして気が付いたかもしれませんが、実は自賠責保険では退陣に対する賠償のみを補償しているため、物損事故に関しては補償されることがありません。

逆に任意自動車保険では補償範囲をあなた自身の任意で、比較的自由度が高く選択することができますから、補償を充実させた場合には「どんな事故が起きても補償に関しては安心できる」という状況を作り出すことができます。

しかしその反面、保険料がどうしても高くなってしまうという傾向があるのです。

とはいえ実は自賠責だけに加入していることで、物損以外にも困ってしまう場合があります。

それは「高額賠償」をしなければならないときです。

そこで次に実際にあった高額賠償の例を元に、自賠責だけでは困るのかどうかをご紹介していきましょう。

自賠責だけでは高額賠償のときに困る?

自賠責保険に加入していれば、よほどのことがない限り大丈夫だと思っていませんか?

実はその考えは大きな間違いなのです。

そこでここでは間違いである理由について、2つの実例をもとに解説していきましょう。

【例1】物損事故による数千万円の損害賠償

これは実際に筆者の元同僚が担当していたお客様のAさんに起こった事故です。

Aさんは出張で全国各地を車で移動することが多く、そのためよく高速道路を走行していました。事故はそんな出張のタイミングで起こったのです。

Aさんが高速道路を走行中、不注意から前方を走っていたとある小型トラックに追突してしまいました。

そして物損に対する損害賠償として「2,000万円」を請求されたのです。一体なぜでしょうか。

実はAさんがぶつかってしまった小型トラックは「光ファイバーケーブル」など、高額でありながら小さな商品を運ぶトラックであり、積み荷の多くを損傷してしまったのです。

そのため任意保険で「対人賠償無制限」の補償を付けていたため事なきを得たのですが、仮に自賠責だけの加入であった場合には、2,000万円という高額賠償をしなければならなかったのです。

【例2】後遺障害による億越えの損害賠償

実は大学生に後遺障害が残ってしまった事故の判例として、損保ジャパン日本興亜が紹介している事例では、最高額が「約3億9,700万円」の賠償命令が出たようです。

そのため仮に自賠責保険だけに加入している場合は、先程ご紹介した比較表の結果から

  • 3億9,700万円-4,000万円=3億5,700万円

という驚愕の損害賠償をしなければならないのです。私やあなた自身を含めて、支払い能力のある方はごくごく少数でしょう。

そのため自賠責保険だけでは賄うことができないと考えるべきなのです。とはいえ「これほどまでの高額賠償は自分には起こらない」と考えてしまいますよね。

しかし「億越えの賠償命令」をされることは珍しくないのです。実は死亡事故や後遺障害がある場合には、大まかな計算にはなりますが「残りの生涯賃金や慰謝料」を合算した金額の賠償命令がされます。

そのため大卒の生涯賃金が2億円などと言われている現代では、新卒の社会人に後遺障害を与えた場合には莫大な賠償額となることが容易に予想されるでしょう。

また医大生などの「将来的に稼ぐ能力が高い」とされる人に対して後遺障害や、死亡事故を起こしてしまった場合にも同様に、超高額賠償の対象になることがあるため、任意自動車保険による「対人無制限」などの充実した補償を付けておく必要があるのです。

以上、自賠責保険だけに加入していて高額賠償の対象となった場合に、どれだけあなたが困ってしまうかを解説してきました。

そしてもう予想できているかと思いますが、結論としては「任意自動車保険には加入するべき」ということになります。

次に詳しく「なぜ必要なのか」を解説していきますから、続けてご覧くださいね。

【結論】任意自動車保険には加入すべき

先程ご紹介した超高額賠償の例をご覧になって、任意自動車保険の必要性が分かったかと思います。

そのためあなた自身、「任意自動車保険は必要だ」ということがよく分かったでしょう。

実際に任意自動車保険に加入せずに車に乗っている方は、少数ですがいます。

しかし仮に事故が起きてしまった際に自分の力で超高額の損害賠償を行うことができない限り、「無責任な大人」だといえるのです。

そして事故が起こってしまってから自分自身はもちろんのこと、自分の家族や友人にも迷惑をかけることになります。

さらに被害者の家族に対しては、一生をかけて償っていかなければならなくなるかもしれないのです。

そのため必ず任意自動車保険には加入し、万が一の事故で自賠責保険の補償範囲を超えた場合には、確実に相手に賠償できる準備をしておきましょう。

とはいえやはり気になるのは「任意自動車保険の高い保険料」ですよね。

たしかに「安く加入できるのであれば加入しておいた方が良い」と思うのは当然です。

そこで次章では任意自動車保険に安く加入するために必要な方法として、「自動車保険一括見積もり」というサービスをご紹介していきましょう。

必ずお得に自動車保険に加入することができる最も確実な方法といえますので、ぜひ引き続きご覧くださいね。

任意自動車保険に安く加入するためには、自動車保険一括見積もりがオススメ

前章までの解説で「自賠責保険だけでは危険で、任意自動車保険には加入すべき」ということがよく分かったかと思います。

しかし同時に「責任があるのは分かるけど、任意自動車保険の保険料が高すぎて困っている」と、あなた自身思っているでしょう。

そこで本章では必ず任意自動車保険を安くする方法として、自動車保険一括見積もりというサービスを利用していきます。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している保険会社すべてに一括して任意自動車保険の見積もり依頼をすることができます。

そのため一気にすべての保険会社の保険料を比較することができるため、一目でお得な保険会社を見つけることができるのです。

また申し込み方法に関しては非常に単純で、

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなた自身に関する情報

を入力するだけですから早い人で2分、遅い人でも10分あれば十分に完了させることができます。

以上のことから、まさに「短時間の内で確実に、最も安い任意自動車保険に加入することができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「個人情報を入力することは少し不安」「申し込み後にしつこい勧誘がないか心配」という、ネガティブなイメージが湧いてきたかと思います。

そこで次に個人情報や勧誘について、安心して利用できるのかを詳しくご紹介していきましょう。

安心して利用できるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されているからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社に関しても、あなたが耳にしたことがあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の保護に関しては抜群の安心感があるといえるのです。

そして申し込み後の勧誘に関して、実は自動車保険一括見積もりでは電話による勧誘は行っておらず、ハガキ(DM)またはメールによって見積もり提示やお得情報のお知らせをするだけですから、余計なストレスを感じずに済むのです。

以上のことから、自動車保険一括見積もりを利用することで「安心して利用でき、さらに最もお得な保険料で任意自動車保険に加入することができる」といえます。

申し込みは本当に簡単ですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

あなたの予想を超えた保険料に必ずビックリしますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、任意自動車保険の加入率と必要性に関する解説でしたが、いかがでしたか?

おそらく「こんなにも任意自動車保険が重要だとは思わなかった」「私でも安い保険料で任意自動車保険に加入できそうだ」と思ったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 任意自動車保険にはほとんどの人が加入している
  • 自賠責保険だけでは万が一の事故の際、非常に危険である
  • 任意自動車保険の保険料を安くするのであれば、自動車保険一括見積もりを利用する

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、誰もが簡単に短時間で利用することができ、確実に最も安い保険料の任意自動車保険を見つけられますから本当にオススメなのです。

そのためぜひ一度利用して、そのお得度を体感してくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料を目の当たりにして、満足のいく任意自動車保険に加入することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車の保険を当日加入したい!オススメの保険会社と必要な書類一式

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?

自動車保険の更新手続きはいつからできる?いつまでにしなければならないの?

本当は教えたくない!自動車保険のプロによる10個の節約方法を大暴露

軽から普通車に乗り換える人は必見!自動車保険を見直すべき3つの理由

車保険のロードサービスとは?加入した方がいいの?