車購入

大学生でも車買うことは可能!必要なお金・節約方法・オススメ10車種

大学生になるころ、多くの人が車の免許を取得します。

そして行動範囲が広がるとともに、大学生でも車を買いたくなってくるんですよね。

筆者自身もそうでしたが、やはり自分の車を持っているのは特別です。

しかし大学生で車買う場合、下記のようなことが心配ですよね。

  • そもそも車の維持費は何種類あって、どの程度必要になるのか
  • 大学生で車買う場合に、何か有効な節約方法はあるのか
  • 大学生で車買うなら、無理なく維持できるオススメ車種を抑えておきたい
  • 大学生で車買うときに、確実に予算内に合わせられる車の探し方が知りたい

そこで今回は、元ディーラー営業マンである筆者が、大学生で車買う場合の維持費や節約方法、購入方法について詳しく解説していきましょう。

筆者がそうであったように、大学生で車買うことは十分可能ですが、正しく節約方法などを知っておかなければ「車のためだけにバイトする」という羽目になりかねません。

そのためぜひ最後までご覧になることをオススメします。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.車にかかる費用は4種類

大学生が車買うとき、車の維持に必要となる費用は下記に挙げた4種類が主となります。

  1. 購入費用
  2. ガソリン代
  3. 車検・整備代
  4. 自動車保険料

詳細な費用については後述していきますので、まずは費用の内訳と大まかな金額だけ説明していきましょう。

種類1.購入費用

購入費用購入費用

車買う場合に切っても切り離せないのが「車そのものの購入費用」です。

親御さんに購入してもらう場合は関係ないのですが、自分で購入する場合にはシビアに考えなければなりません。

また大学4年間、もしくは在学途中での購入をする場合には2年間程度を想定した時には、バイト代から賄える100万円以内を想定しておくのがオススメです。

種類2.ガソリン代

ガソリン代ガソリン代

ガソリン代は車を動かすのに必要な金額になります。

毎日乗るのか、通学だけなのか、遊びにも使うのか…など使用目的は様々です。

また燃費も車種によって様々ですが、一般的な大学生が車買うことを考えると「月々1万円程度」を想定しておくのがオススメです。

種類3.車検・整備代

車検代車検代

2年以上車に乗り続ける場合には、最低でも1回は車検を受けなければなりません。

また1年に1度くらいはオイル交換をはじめとする軽微なメンテナンスを受けることで、不安なく走行し続けることができるようになります。

そのため車検・整備代の予算としては、年間で5~10万円程度を想定しておくのがオススメです。

種類4.自動車保険料

自動車保険料自動車保険料

車に乗るということは、事故のリスクがつきものです。

そのため自動車保険=任意保険には必ず加入しなければなりません。

その時、大学生の年齢で補償を充実させた場合には、年間で15~30万円程度の保険料を想定しておきましょう。

以上が大学生が車買うときに必要な費用の内訳でしたが、ご覧いただいて分かる通り「意外とお金がかかりそう」というのが本音でしたよね。

ただし詳細な金額は算出していませんから、次章にて詳しく算出し、モデルケースを紹介していきます。

2.大学生で車買うなら「6.5万円/月」は必要になる

大学生で車買うときの費用は「購入費用」「ガソリン代」「車検・整備代」「自動車保険料」の4つだと述べました。

そして実際にかかる費用のモデルケースは、下記の一覧表の通りになりました。

必要な費用月々の金額(円)
購入費用20,000
ガソリン代7,000
車検・整備代8,500
自動車保険料30,000
合計65,500

かなりの金額ですよね。

効果的な節約方法は後で紹介しますので、通常の維持費に関する解説を以下にしていきます。

購入費用の詳細…月々約2万円

車の購入費用はピンキリですが、大学生なら購入総額を50~100万円を上限に設定しておくのがオススメです。

親御さんによる購入や、貯蓄からの一括払いの場合は今後の維持費に含めなくても構いませんが、なかなか難しいですよね。

そこでローンを検討しているかと思いますので、購入総額100万円で試算してみました。

返済回数(月数)毎月の返済額(円)
12回84,238
24回42,540
36回28,642
48回21,695
60回17,527

※シミュレーション条件:借入額100万円 金利:2.0%

2019年5月現在はどの金融機関でも金利が低いため、目安として2.0%の金利を採用しています。

そして返済回数別の月々返済額を見ていただくと分かりますが、幅がありますよね。

しかし後述する費用の支払いも考えると、大学生であれば48回(4年間)もしくは60回(5年間)でのローンをオススメします。

また大学生でもローンを組めるのかと思われるかもしれませんが、基本的に「本人のみではNG」というケースが多いです。

そのため親御さんに保証人になってもらうことが必須条件となります。

※ちなみに個人経営の中古車販売店では、個別に分割払いをさせてくれるケースがあります。そのため車買う場合は各店舗への相談が必須だと思ってください。

※ただし個人経営の店舗では騙される可能性が無いわけではないため、信頼できる店舗を知らない場合にはローンを組んで大手中古車販売店での購入がオススメです。

ガソリン代の詳細…月々約7,000円

大学生で車買うのであれば、燃費の良い車を購入することがオススメです。

なぜなら燃費の違いによってガソリン代がかなり違うからです。

試算結果としては下記の通り。

実燃費目安月々のガソリン代(円)主な車種
20.0㎞/L5,600・トヨタ アクア
・ホンダ フィットハイブリッド
・スズキ アルトラパン
15.0㎞/L7,467・マツダ デミオ
・トヨタ ポルテ
・ダイハツ コペン
10.0㎞/L11,200・ホンダ オデッセイ
・ホンダ ステップワゴン
・日産 エクストレイル

基本的に車のサイズが大きくなると、燃費が悪くなります。

そのため使用目的にもよりますが

  • 大きな車でみんなと出かけたい…燃費は悪く1万円程度が必要
  • 趣味性や積載性など、特徴ある車が欲しい…燃費はそこそこで7,000円程度が必要
  • 小さくても燃費が良ければそれでいい…超燃費重視で5,000円程度必要

と覚えておきましょう。

モデルケースとしては間を取って、15.0㎞/Lの「7,467円」を採用しています。

車検・整備代の詳細…月々約8,500円

車検・整備代も車種別に大きく異なります。

ただし燃費を紹介したような「大学生にも購入できるメジャーな車種」であれば、正直なところそれほど高額になることはありません。

簡単に、下記に車検代の内訳を箇条書きしておきましたのでご覧ください。

  • 基本点検料…2万円程度
  • 部品代金(工賃込み)…2万円程度
  • 諸費用(重量税や自賠責保険料など)…5万円程度

合計すると約10万円程度になります。

これにタイヤ交換やバッテリー交換などが絡むと+5~10万円程度は覚悟しなければなりませんが、車検は2年に1度であるため、「年間で10万円の予算を取っておけば十分すぎる」と思っておいてください。

また十分すぎる予算の中で、その他税金や1年点検などがまかなえるので、やはり年間10万円程度は取っておきましょう。

ちなみに年間10万円を想定すると、月間で約8,500円程度になります。

自動車保険料の詳細…月々約3万円程度

自動車保険の年間保険料は若い人ほど高くなります。

また21歳未満or以上というラインで、さらに保険料は変わるため、もし可能であれば「21歳になってから車買う」というのがオススメです。

実際に下記に試算比較してみましたのでご覧ください。

満年齢年間保険料(円)月払いの場合(円)
~20歳362,31031,680
21歳~239,10020,900

※試算条件

  • ノンフリート等級:6等級新規契約
  • 車種:平成27年12月式スズキワゴンR MH34S型
  • AEB割引:あり
  • 使用目的:通勤・通学使用
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド以外
  • 運転者限定:限定なし
  • 車両保険:あり(一般型)
  • その他補償:損保ジャパン日本興亜の補償充実プラン

21歳のラインで月々1万円以上も保険料が異なるということが分かりますよね。

だからこそ、筆者としては21歳を迎えてからの車購入をオススメします。

とはいえ自動車保険はガッツリと年間保険料を節約することが可能ですから、その方法については後述していきますね。

そのためここでは一度、モデルケースとして月々約3万円を採用しておきます。


以上が詳細な金額に関する紹介でしたが、合計6.5万円であれば「何とか維持できそう」というレベルですよね。

しかし親御さんの扶養の範囲内でバイトをするのであれば、月々約85,000円までしか働けませんから、現実的に考えると「2万円しか残らない」ということになります。

それではせっかく大学生で車買ったとしても、全然遊べませんよね。

そこで次章では、遊ぶお金をねん出するために、維持費が効果的に節約できる方法を紹介していきましょう。

3.大学生で車買う場合の節約方法4つで、毎月1.5~3万円程度なら節約可能

簡単で、今すぐ実施できる効果的な節約方法を下記に4つ挙げておきましたのでご覧ください。

大学生で車買う場合の節約方法4つ

ここに本文を入力

  1. 購入費用を抑える
  2. ガソリン代を抑える
  3. 車検整備費用を抑える
  4. 自動車保険料を抑える

上記の方法は「当たり前じゃん!」と思われる方が多いのですが、甘く見ていると「本当はもっと節約できたはず…」ということになりかねません。

特に節約金額を合計すると、毎月で1.5~3万円程度は節約することができます。

そのため以下に分けた説明は必ずご覧になってください。

節約方法1.購入費用を抑える…毎月約5,000円の節約

そもそも論になってしまいますが、購入費用を抑えることは絶対条件です。

というのも車購入をするとき、特に中古車の場合には「同じような車種でも値段がバラバラ」というケースが多いからです。

そのためじっくり車種選びをすると、下記のように同じような条件でも30万円の差額が発生することも…。

※出典元:グーネットの「トヨタ アクアの中古車」より

単純に5年間で月割りしても、月々5,000円以上の節約になります。

そのため車の購入費用ができる限り抑えられるよう、じっくりと車選びをすることがオススメです。

ちなみに最後に紹介していますが、低予算でも優良な中古車を探すことができる「ズバット車販売」や「クルマコネクト」というサービスもあります。

もしあなたが「自分で目利きできない」「じっくり探し続けるのは大変」と思うのであれば、非常にオススメのサービスですから、ぜひチェックしてください。

節約方法2.ガソリン代を抑える…毎月約200円の節約

ガソリン代は同じ地域内でも、1L当たり2~3円程度異なることがよくあります。

そのためあなたの最寄りガソリンスタンドをいくつか比較してみて、最も安いガソリンスタンドで給油することがオススメです。

月800㎞走行で燃費が10.0km/Lの場合、月間で80Lを給油することになりますから、2円変わると160円、3円変われば240円の違いになります。

たった数百円の違いではありますが、塵も積もれば山となる方式でお得になりますし、誰もが簡単に実施できる方法であるため、筆者としては実践することをオススメします。

ちなみに安くても遠すぎるガソリンスタンドへ通う場合には、通うためのガソリンや時間コストを考えると、あまりオススメできません。

節約方法3.車検整備費用を抑える…毎月約3,000円程度の節約

1度に10万円程度が必要になる車検・整備費用ですが、実は簡単に節約することが可能です。

車検・整備代の試算をしたときに「基本点検料…2万円程度」という項目があったのを覚えていますか?

実はこの料金、業者ごとに自由に設定できる料金なのです。

そのためディーラーなどではなく、地元の整備工場やモータースで車検を受けると、基本点検料が1万円以下になるケースも珍しくありません。

つまり1万円の節約ですね。

また諸費用関係は「法的に必要な費用で減額できないという特徴があるものの、部品代なども「これぐらい安いから無料で良いよ」などと言って、格安対応してくれることもあります。

そのため車検費用に関しては、節約することで2~3万円程度お得になることも珍しくなく、確実性の高い方法と言えます。

つまりまとめると、年間で3~4万円、毎月にすると2,500~3,500円程度の節約につながるのです。

そしてモータースは住宅街で店舗を構えていることが多く、「スズキ」や「ダイハツ」といった看板を掲げていますから、ぜひ相談してください。

職人気質ですが人情味が厚く、親身に相談に乗ってくれるおじさんが対応してくれることが多いですよ!

節約方法4.自動車保険料を抑える…毎月約7,000~2万円程度の節約

筆者が非常にオススメするのが、自動車保険料を抑えるということです。

というのも大学生では、年間保険料が30万円を超えた試算結果がありましたよね。

しかしいくつかの方法を試してみると、半額以下にすることも可能なのです。

その方法の中で簡単なのが下記の2つ。

  • 親から等級をもらう
  • 自動車保険そのものを切り替える

それぞれ分けて説明していきましょう。

親から等級をもらう

実は自動車保険には「家族と等級を交換できる」という特徴があります。

それができるタイミングは家族全体の車に増減が生じる場合で、あなたが車買う場合は該当しているのです。

そして新規契約で6等級からスタートすると、まだまだ割引率が低いのですが、親御さんが20等級を交換してくれる場合、下記のようにビックリするほどお得になるのです。

等級年間保険料(円)差額(円)
6新規362,310223,440
20138,870

※試算条件

  • 年齢条件:全年齢補償
  • 車種:平成27年12月式スズキワゴンR MH34S型
  • AEB割引:あり
  • 使用目的:通勤・通学使用
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド以外
  • 運転者限定:限定なし
  • 車両保険:あり(一般型)
  • その他補償:損保ジャパン日本興亜の補償充実プラン

保険料が半分どころか、3分の1程度になりましたよね。

これを単純計算で月割りにして考えると、約2万円程度の節約となります。

そのため大学生が車買う場合には、必ず自動車保険の等級を親御さんからもらえないか相談することをオススメします。

しかし仮に交換してもらえなかった場合、高いままだと困ってしまいますよね。

親名義の自動車保険の等級はもらえる?この噂の真相を徹底解明!車を初めて購入した!親から車をもらった!というそこのあなた、おめでとうございます。 これからあなた自身の行動範囲が広がり、楽しいカ...

その場合には次の方法を実践することがオススメです。

※交換してもらったとしても、次の方法はかなりオススメなので引き続きご覧ください。

自動車保険そのものを切り替える

実は自動車保険は、「提供している保険会社を変更するとかなり保険料が変わる」という特徴があります。

例えばここまでは損保ジャパン日本興亜で試算していましたが、大手保険会社の「ソニー損保」にて同条件での見積もりを作成して下記に比較してみました。

保険会社名年間保険料(円)差額(円)
損保ジャパン日本興亜239,10086,540
ソニー損保152,560

※試算条件

  • ノンフリート等級:6等級新規契約
  • 車種:平成27年12月式スズキワゴンR MH34S型
  • AEB割引:あり
  • 使用目的:通勤・通学使用
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド以外
  • 年齢条件:21歳以上補償(ソニーがネット見積もりで車両保険不可となるため)
  • 運転者限定:限定なし
  • 車両保険:あり(一般型)
  • その他補償:損保ジャパン日本興亜の補償充実プラン、ソニー損保の安心プランを選択

同条件で比較したにもかかわらず、今回の試算結果では約86,000円もの差額となりました。

つまり単純計算では月々7,000円も節約できるのです。

そのため自動車保険に関しては、必ず複数の保険会社で比較して最も安い自動車保険に加入することをオススメします。

とはいえいちいち保険会社のホームページから見積もりを作成し、比較するのは面倒くさいですよね。

そこで超カンタンに自動車保険を比較する方法「自動車保険一括見積もり」について紹介します。

自動車保険一括見積もりとはどのようなサービスなのか

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申込みをするだけで、複数の保険会社の中から「最も年間保険料の安い自動車保険」を探し出すことができるのです。

また申込方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけであるため、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申込みを完了させることができます。

つまり自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができ、お得になりたいあなたにとっては最適なサービスなのです。

とはいえまだ不安がありますよね。

その理由は「個人情報の入力には不安がある」「一括〇〇というサービスは申し込み後にしつこく電話がかかってきそうで嫌だ」というものでしょう。

そこで次に、自動車保険のプロである筆者が、自動車保険一括見積もりは安心して利用することのできるサービスなのか説明していきますので、そのままご覧ください。

安心して利用することはできる

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができるサービス」ということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべてが大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」がしっかりと明記されており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用されることは無いからだ。

また自動車保険一括見積もりと提携している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取扱には最新の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいのです。

そのため自動車保険一括見積もりの申込みをするにあたり、個人情報の入力は心配ないと思ってください。


また申し込み後の電話勧誘に関しては、実は一切ありません。

というのも自動車保険一括見積もりを経由して保険会社に保険見積もりを依頼すると、ハガキ(DM)またはメールにて保険見積もりや、オトクなプレゼントキャンペーンの案内が提示されるだけであり、あなたに迷惑がかかることはないのです。

仮にキャンペーンの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから、やはり安心できると思ってください。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、「安心して利用することのできるサービスである」ということができるのです。

そのためぜひ一度、簡単な申込みをして利用してくださいね。

意外なほどお得な保険料が提示され、満足できること間違いなしですよ!

【2019年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!保険スクエアbang!
  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ保険の窓口 インズウェブ
  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり価格.com 自動車保険 比較・見積もり
  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目インズウェブ保険スクエアBang!価格.com
上場上場(SBIホールディングス)非上場(ウェブクルー)上場
サービス開始2000年1998年不明
利用料無料無料無料
一括見積入力時間5分5分5分
保険会社オリコン満足度ランキング最大20社最大19社最大18社
イーデザイン損保1位
セゾン自動車火災2位
ソニー損保3位
チューリッヒ4位
アクサダイレクト5位
AIU保険6位
三井ダイレクト損保7位
富士火災海上8位
SBI損保9位
日新火災海上10位
東京海上日動火災11位
損保ジャパン日本興亜12位
朝日火災海上13位
三井住友海上火災14位
そんぽ2415位
共栄火災海上16位
あいおいニッセイ同和17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2019年5月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

メモ:車両保険を変えると保険料は安くなるが…

メモ書きというかコラム的な役割を持たすのはアリでしょうか?一応記載しておきます。

実は自動車保険の年間保険料を抑えるために、よく言われる方法で「車両保険の条件を変更する」というものがあります。

というのも車両保険には

  1. 一般型…自損事故でも補償されるタイプ
  2. 車対車限定型(エコノミー型)…自損事故では補償されないタイプ

の2種類に大別され、補償範囲の狭い車対車限定型を付帯させた方が保険料は安くなります。

また免責金額と言って、「補償を受ける際の自腹金額」を設定することでも、保険料は少し安くなります。

ただし大学生で車買う場合、自損事故で自腹修理をする場合、莫大な修理費用を一括払いする必要があるため、筆者としては「車対車限定型はオススメしない」というのが本音です。

一応下記に車両保険のタイプと免責金額の比較結果を載せておきますが、一般型での加入を強くオススメします。

車両保険の種類免責金額(1回目-2回目以降)年間保険料(円)最大差額(円)
一般型0万円ー10万円64,62021,330
5万円ー10万円58,440
10万円ー10万円53,400
車対車限定型
(エコノミー型)
0万円ー10万円49,110
5万円ー10万円45,900
10万円ー10万円43,290

※試算条件

  • ノンフリート等級:10等級(事故有0)
  • 初度登録:平成27年12月式(ワゴンR…MH34S型)
  • AEB割引:あり
  • 使用目的:主に家庭用
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド以外
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 年間予定走行距離:11,000㎞以下
  • その他補償:ソニー損保のもっと安心プランを選択

以上、大学生が車買う場合の節約方法に関する解説を終了しますが、どれも実践し易そうでしたよね。

そのためいざ購入するときには、必ず上記4つの節約方法を実践してください。

合算すると分かりますが、合計で毎月1.5~3万円程度の節約となり、結果的に「遊ぶお金も十分に残すことができる」という状態になります。

また次章では大学生でも買える車のオススメを紹介していますので、引き続きご覧ください。

4.大学生でも買える車オススメ10選

大学生でも買える車のオススメは下記に挙げた10車種です。

大学生でも買えるオススメの車10選
  1. トヨタ アクア
  2. トヨタ ポルテ
  3. ホンダ フィットハイブリッド
  4. ホンダ フリード
  5. 日産 エクストレイル
  6. 日産 ノート
  7. マツダ デミオ
  8. スズキ アルトラパン
  9. ダイハツ コペン
  10. 三菱 アウトランダー

それぞれ車買う大学生には非常にオススメできる特徴を持った車種ですから、以下に分けて説明していきましょう。

※本章で紹介する中古車価格帯は、5年落ち5万キロ程度の参考価格となります。

トヨタ アクア

中古車価格帯:70~100万円程度

トヨタから販売されているアクアは、ハイブリッドカーとしての燃費性能が極めて高い車種です。

そのため実燃費でも20km/Lを超えるほどであり、経済的なのは言うまでもありません。

車内は少し狭いですが、基本1~2人乗りの大学生には非常にオススメできる車種といえるでしょう。

中古車をグーネットで探す

トヨタ ポルテ

https://www.instagram.com/p/BrcQCVGBN7l/

中古車価格帯:50~100万円程度

トヨタポルテは片側にスライドドアを装備した車種で、天井が高いため「非常に広々と使える」という車種です。

というのもファミリーカーとして販売されているという背景もあり、積載性や居住性が高いのです。

そのため荷物が多い大学生には非常にオススメの1台といえます。

中古車をグーネットで探す

ホンダ フィットハイブリッド

中古車価格帯:80~120万円程度

ホンダから販売されているフィットハイブリッドは、アクアと同等の燃費性能を誇るコンパクトカーです。

そのため実燃費で20km/Lは期待しても大丈夫です。

またコンパクトカーとは言うものの、実は意外と車内空間が広く、積載性も高いのが特徴です。

燃費と積載性のバランスを重視する大学生には、オススメの1台といえます。

ちなみにハイブリッドモデルではない「フィット」に関しては、燃費性能が少し劣るため15km/L程度になります。

しかし中古車の価格帯としては60~100万円程度となりますので、初期費用を抑えたい人にはオススメです。

中古車をグーネットで探す

ホンダ フリード

https://www.instagram.com/p/Br4JauQHFIK/

中古車価格帯:90~130万円程度

ホンダから販売されているフリードは、両側スライドドアで3列シートが装備されている車種です。

そして車体自体も全然大きくないため、コンパクトミニバンなどと呼ばれています。

しかしコンパクトとは言うものの、実は3列目シートが「意外と大人でも乗れる」という特徴があるのです。

そのため友人と大勢で出かけたい大学生には、本当にオススメできる1台となっています。

中古車をグーネットで探す

日産 エクストレイル

中古車価格帯:50~100万円程度(ただし年式は10年落ち程度)

10年落ち程度の車両が狙い目となりますが、日産から販売されているエクストレイルも非常にオススメの1台です。

燃費性能は10km/L程度になりますが、燃費の悪さと引き換えに「タフさ」と「力強さ」という大きな魅力を兼ね備えています。

そのためBBQやキャンプ、スノーボードなどによく行く大学生には非常にオススメの1台です。

またエクストレイルの中古車の狙い目として紹介しているのは10年落ち程度の個体となりますが、車両自体がSUVというボディタイプの特性上「かなり耐久性が高い」と言えます。

ですから大学生で購入したとしても、長期間にわたって楽しむことができます。

中古車をグーネットで探す

日産 ノート

中古車価格帯:50~70万円程度

ノートは日産の基幹車種として、普通車の人気ランキングによく名を連ねている車種です。

つまり多くの人に選ばれている=使い勝手などのバランスが非常に良いと言えます。

そして実際に車両に乗ってみると分かるのですが、積載性の高さや走行の安定感、燃費性能など「どれをとっても優秀」ということができるのです。

そのため「気になる車種はないけど、全体的に優秀でまとまっている車が欲しい」という大学生にオススメです。

中古車をグーネットで探す

マツダ デミオ

https://www.instagram.com/p/Brnjc8QHaU5/

中古車価格帯:70~130万円程度

マツダから販売されているデミオは、コンパクトカーの中でも「比較的小さい車体」と言えます。

小さいということは狭いということになるのですが、実は大きなメリットがあるのです。

それは「小さいため取り回しがしやすい」ということです。

そのため女子大学生の初めての1台にする場合などにオススメといえます。

またデミオは現代の車種の中では珍しく、いまだにMTモデルを販売しているため、「ちょっとしたスポーツ走行を楽しみたい」という男子大学生にもオススメできます。

中古車をグーネットで探す

スズキ アルトラパン

中古車価格帯:50~80万円程度

アルトラパンは女子大学生にオススメの車種です。

というのも丸目ヘッドライトの可愛らしさはもとより、カラーバリエーションが「完全に女性向け」ということができるからです。

また車両の大きさ自体も小さいため、運転が苦手な女性でも取り回しがしやすいという特徴があります。

中古車をグーネットで探す

ダイハツ コペン

中古車価格帯:80~100万円程度(ただし年式は10年落ち程度)

ダイハツのコペンは2人乗りの軽オープンカーですから、多人数乗車をしたい大学生にはオススメできません。

しかし下記のような思いがある大学生には、非常にオススメの1台といえます。

  • お手軽にスポーツカーを楽しみたい
  • 大学生でもオシャレなオープンカーに乗りたい

またオープンカーではありますがハードトップを採用しているため、天井部分の傷みが進行しづらいという特徴があります。

そのため故障などに不安を抱える場合でも、比較的安心して乗り続けられる車両ということができるでしょう。

中古車をグーネットで探す

三菱 アウトランダー

中古車価格帯:80~150万円程度(ただし年式は10年落ち程度)

三菱のアウトランダーはSUVという種類の車で、アウトドアのレジャーで大活躍できる車種です。

そのため耐久性が非常に高く「壊れにくい」ということができます。

また他のSUVと比較して「人気が無かった」という背景があり、その結果として「他のSUVと比較すると購入しやすい価格帯」となっているケースが多いです。

そのため大きめのSUVが欲しいけど、大きめサイズを探しているという大学生には、非常にオススメできるのは間違いないでしょう。

中古車をグーネットで探す


以上が筆者がプロとして大学生にオススメする10車種でしたが、予算に合わせて「できるだけ安く状態の良い車両を探す」というのは、本当に骨が折れますよね。

また先ほども述べましたが、素人では目利きができないため心配になってしまうという現状もあります。

そこで筆者がオススメするのが「ズバット車販売」と「クルマコネクト」というサービスです。

サービスの詳細は次章にてしていきますが、誰もが安く優良中古車を探すことができるので、ぜひ利用してくださいね。

5.ラクに予算に合う中古車を探すなら「ズバット車販売」「クルマコネクト」を使え

いま筆者が簡単に触れた「ズバット車販売」と「クルマコネクト」というサービスは、あなたの代わりに中古車探しを無料でしてくれます。

そして取り扱っている中古車は、そのすべてが中古車販売の最大手であるガリバーの在庫車であり、品質チェック済みの安心できる個体のみが紹介されます。

申し込み時

  • 車種
  • 予算
  • 走行距離
  • 装備品

など、細かく要望を出して中古車探しをしてくれます。

また紹介される中古車は「ガリバーがまだ在庫貸していない非公開車両」も含まれるため、誰にもチェックされていない、商談もされていない車両も探してくれます。

そのため新古車や試乗車落ちといったレアな極上車両から、低予算で品質の高い優良中古車まで、紹介してくれるのです。

とはいえ両サービスの内容は説明通りなのですが、違いが気になりますよね。

そこで解説しておきますが、実は両サービスの違いは下記に箇条書きした通り「ヒアリングの方法」だけです。

そのため「まだ全然条件が決まっていなくて、頭の中が整理できていない」という場合には電話で相談ができるズバット車販売を、「詳細条件が決まっていて情報がすぐに出せる」という場合にはクルマコネクトを使うのがオススメです。

必ず希望予算に合った最高の中古車が見つかりますよ!

6.まとめ

以上、大学生で車買うことについての解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 大学生が車買うとき、必要な費用は毎月6.5万円程度かかる
  • ただし4つの節約方法を実践するだけで、毎月1.5~3万円も節約して、遊ぶお金を十分残すことが可能
  • 中でも自動車保険の切り替えに関しては非常に有効で、誰もが「自動車保険一括見積もり」を使えば簡単に保険料の大幅節約ができる
  • 素人である大学生が車買うなら、低予算で優良な中古車を探してもらえる「ズバット車販売」や「クルマコネクト」を使うと、ラクかつ確実に目当ての車が見つかる

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック