自動車保険

対物賠償保険を「無制限」にすべき理由と3つの注意点

車を持っているほとんどの人が加入している自動車保険には、「対物賠償保険」という有名な補償があります。

しかしこの対物補償保険に対して、あなたは下記のように思っていますよね。

  • そもそも対物賠償保険はどのような補償をしてくれるのか
  • 対物賠償保険の対象となるケースを教えてほしい
  • 対物賠償保険を手厚い条件で付帯させると、どのくらい保険料が高くなってしまうのか
  • 対物賠償保険を手厚くしても、しっかり保険料を抑える方法があれば知りたい

そこで今回は、元自動車保険営業マンである筆者が対物賠償保険に関して、保険料や注意点、そして保険料を抑える方法について詳しく解説していきましょう。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.対物賠償保険は事故の「相手の物」に対する保険

最初に対物賠償保険の概要について説明していきます。

対物賠償保険とは自動車保険を構成する補償のひとつで、その名の通り「物に対する補償をしてくれる」

そして対物賠償保険では補償の限度額を指定するのですが、どの保険会社でも設定できる金額は下記のいずれかが一般的です。

  • 500万円
  • 1,000万円
  • 2,000万円
  • 3,000万円
  • 5,000万円
  • 1億円
  • 無制限

しかしプロ目線で見ても、客観的に見ても、必ず「無制限」を選択すべきです。

というのも例えば事故を起こした相手が「高額商品を積んでいるトラック」という場合に、

  • トラックの修理費用
  • 高額商品代

などを補償しなければなりませんよね。

そのとき、精密機器を積んでいるトラックだと仮定すると「数千万円~数億円の損害」になる可能性があります。

この例だけではありませんが、極めて高額な賠償命令が出されることは非常に多いです。

そして仮にあなたが支払えない場合や、あなたが付帯させた対物賠償保険でまかなえない場合には、莫大な借金を背負うことになりかねません。

そのため、必ず「対物賠償保険は無制限で設定する」というのが重要になるのです。

とはいえ正直なところ、無制限にしてしまうとかなり保険料が高くなりそうで、心配ですよね。

そこで以下に、実際に無制限と最低ランクの補償限度額で保険料を比較しましたのでご覧ください。

対物賠償保険は「無制限」でたったの1,000円アップ

損保ジャパン日本興亜にて、ネットから保険見積もりを作成しました。

そのとき選択できた対物賠償保険は下記の3つで、最低1,000万円~せんたくかのうとなっています。

限度額年間保険料(円)最大差額(円)
1,000万円118,4601,020
2000万円118,650
無制限119,480

そしてご覧いただいた通り、驚愕の事実が…。

そう、MAXの無制限に設定したとしても、最大で1,000円程度の差額にしかならないのです。

しかもこの金額は「年間で」の話です。

そのため、たった1,000円で「対・モノ」に関するリスク回避ができるのであれば、絶対に無制限を選択すべきというのは分かりますよね。

とはいえ、対物賠償保険を無制限にしておけば、あとは何も考えなくては良いというわけではありません。

次章では、対物賠償保険の注意点について紹介していきましょう。

2.対物賠償保険3つの注意点

対物賠償保険は無制限にしておけば万能感がありますが、下記に挙げた3つの注意点があります。

  1. 車両保険とは異なるので自分の車の修理には使えない
  2. 事故の相手が「家族の物」だと補償されない
  3. 時価額のみしか補償されない

上記にさえ注意しておけば、対物賠償に関して不安になることはありませんから、それぞれ以下に分けて説明していきましょう。

注意点1.車両保険とは異なるので自分の車の修理には使えない

そもそもあなたが自動車保険に付帯させる対物賠償保険は「相手に対する補償」です。

つまりたとえ「物」であったとしても、あなたの車をはじめとする「あなたの物」が事故で壊れたとしても、使うことはできません。

そのため勘違いしがちな自分の車の修理費用は補償されないと覚えておきましょう。

自分の車の修理費用等を保証するのであれば車両保険に入る必要があります。

また同時に「物」に対する補償であることから、事故であなたがケガをしても対物賠償保険からは治療費などは補償されません。

それぞれ

  • 事故による車の修理費用…「車両保険」にて補償される
  • 事故によるケガの治療費など…「人身傷害」や「搭乗者傷害」にて補償される

と覚えておきましょう。

保険料が上がる最大の要因「車両保険」の必要・不要の判断基準自動車保険の年間保険料は非常に高いのですが、その大きな要因が「車両保険」です。 下記の試算結果を見てもらうと分かる通り、実際に車両...
【2019決定版】車両保険を保険会社ごとに比較した保証限度額一覧車両保険は保険料が高くなる要因です。 実際に筆者が試した試算結果によると、保険会社により車両保険の保証限度額が最大65万円も違うこ...
結局いくらにすればいいの?「人身傷害保険」の基礎知識と補償金額の決め方自動車保険を契約する際に、基本補償や特約って、すごくたくさんの項目がありますよね。 皆さんはすべての項目を理解して吟味して選択して...

注意点2.事故の相手が「家族の物」だと補償されない

あなたが事故を起こしたときの相手が「家族」の場合には、いくら事故によって物を損傷させたとしても修理費用などを補償してもらうことはできません。

その理由は単純に「保険金詐欺を防ぐため」です。

というのも例えば所有者が父親となっている実家が古くなっていて、わざと実家に突撃事故を起こしたとします。

その場合、自動車保険の対物賠償保険から修理費用を出してもらい、修理するということは「保険金で自宅を改修する」ということになりますよね。

それでは保険会社は大損ですから、保険契約上で「無効」とされているのです。

そのため家族の物に関しては基本的に何も補償されないと思っておくべきでしょう。

ちなみにその他の補償や特約も「相手に対する補償」や「自分や家族に対する補償」に分かれていて、対物賠償保険同様に相手への補償として有名なのは「対人賠償保険」ですから注意が必要です。

また自動車保険で耳にすることの多い「家族」という言葉ですが、これは「同居の親族または別居している未婚の子」を指しています。

ですからシェアハウスに同居している友人のものを、あなたが車でぶつけてしまった場合には、対物賠償保険から補償されることになります。

自動車保険の家族の定義
ややこしい自動車保険の「家族」とは?定義やお得ポイントをプロが徹底解説自動車保険では「家族」という言葉が本当に多く使われます。 例えば下記のようなものを聞いたことがありませんか? 家族」限定...

注意点3.時価額のみしか補償されない

対物賠償保険では相手の物が「全損(修復不能、もしくは修理費用が新品価格を上回る状態)」と判断された場合、「時価額のみの補償」となっています。

つまり例えば古い車の場合には、古くなった分の価値が低いと判断されるのです。

そのため中古車市場では高価だと判断されるクラシックカーは、「ほとんど価値がない」と判断されて、修理費用の足しにもならない金額しか補償されないというわけです。

ですがその状態、あなたが事故の相手側の立場だったとしたら、許せませんよね。

永遠に文句を言いたくなるはずですし、場合によっては一生涯かけて恨みたくなります。

もちろん法律上は問題ありませんし、問題があって時価額以上の賠償命令が出た場合には、保険会社が補償してくれます。

しかしあまり気持ちの良いものではありませんよね。

そこで登場するのが「対物超過特約」というものです。

この特約は言葉通り、対物賠償で時価額を上回る修理費用が発生した場合に、超過分を保険会社が無条件で面倒を見てくれます。

つまり相手から恨まれることなく、気持ちよくすべてを補償してあげられるのです。

「50万円までの超過分を補償」や「超過分も無制限」といったタイプがあるのですが、どちらも年間で300~500円程度で付帯させられます。

そのためもし事故後の補償が心配な場合には、この特約を付帯させておくと「未然にトラブルを防ぐことができる」といえるでしょう。


以上の注意点を踏まえ、対物賠償保険について一度下記にまとめておきます。

対物賠償保険のまとめ
  • 対物賠償保険は事故を起こした時に「相手の物」を補償するもの
  • 年間保険料も1,000円程度しか変わらないため、絶対に「無制限」を選択する
  • ただし自分や家族の物を補償することはできないため、注意が必要
  • また対物賠償保険では「時価額まで補償」となるため、後のトラブルを防ぎたいのであれば数百円を支払って「対物超過特約」を付帯させると安心できる

ここまできちんと理解できたのであれば、もう大丈夫です。

しかし少しとはいえ、追加で保険料を余分に支払うのはちょっと気になりますよね。

そこで次章では追加で支払った差額以上に、数万円単位でお得になる方法について紹介していきましょう。

3.対物賠償「無制限」+「対物超過特約」=1,500円程度の差額は簡単に取り戻せる

まずここで合計1,500円程度、年間保険料が増えたとしても問題ないということができます。

というのも自動車保険の年間保険料を格段に安くすることは、非常に簡単だからです。

その方法は単純に「何社もの保険会社で保険見積もりを作成し、それぞれを比較する」というだけです。

試しに、下記に2つの自動車保険の年間保険料を比較してみましたのでご覧ください。

保険会社名年間保険料(円)差額(円)
【代理店型】損保ジャパン日本興亜113,46047,030
【通販型】ソニー損害保険66,430
  • ※保険料試算の条件
  • ノンフリート等級:10等級(事故有係数0)
  • 車種:ホンダ ステップワゴン RP3型(初度登録:平成27年12月)
  • ASV割引:あり
  • 使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:11,000㎞以下
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の年齢条件:26歳以上補償
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 車両保険:各保険会社の「一般型」でオススメされたプラン
  • その他の条件:損保ジャパン日本興亜の「補償充実プラン」、ソニー損保の「安心プラン」を選択

ほとんど同条件で比較しましたが、なんと47,000円もの保険料差が出たのです。

そのため対物賠償保険を無制限にし、対物超過特約を付帯させたとしても「大きすぎるおつりが返ってくる」と言えます。

また今回の試算では47,000円でしたが、しっかり比較すると「今の半額以下の保険料」になることも珍しくありません。

そのため筆者としては、対物賠償の限度額にかかわらず、必ず何社もの保険会社で保険見積もりを作成し、比較することをオススメしています。

しかし現実的に考えてみると、1社分の保険見積もりを作成するのも面倒くさいため、それを何社も繰り返すのは嫌ですよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

サービスの詳細は次章にてしていきますが、

  • 無料で利用可能
  • 簡単な入力だけでOK
  • 余分な営業電話や営業メールをしてこない

という特徴がありますから、ぜひご利用ください。

間違いなく最安で加入できる自動車保険が見つかりますよ!

4.賢く最安の自動車保険に加入するなら「自動車保険一括見積もり」を使え

自動車保険一括見積もりとはどのようなサービスなのか

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申込みをするだけで、複数の保険会社の中から「最も年間保険料の安い自動車保険」を探し出すことができるのです。

また申込方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけであるため、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申込みを完了させることができます。

つまり自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができ、お得になりたいあなたにとっては最適なサービスなのです。

とはいえまだ不安がありますよね。

その理由は「個人情報の入力には不安がある」「一括〇〇というサービスは申し込み後にしつこく電話がかかってきそうで嫌だ」というものでしょう。

そこで次に、自動車保険のプロである筆者が、自動車保険一括見積もりは安心して利用することのできるサービスなのか説明していきますので、そのままご覧ください。

安心して利用することはできる

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができるサービス」ということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべてが大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」がしっかりと明記されており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用されることは無いからだ。

また自動車保険一括見積もりと提携している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取扱には最新の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいのです。

そのため自動車保険一括見積もりの申込みをするにあたり、個人情報の入力は心配ないと思ってください。


また申し込み後の電話勧誘に関しては、実は一切ありません。

というのも自動車保険一括見積もりを経由して保険会社に保険見積もりを依頼すると、ハガキ(DM)またはメールにて保険見積もりや、オトクなプレゼントキャンペーンの案内が提示されるだけであり、あなたに迷惑がかかることはないのです。

仮にキャンペーンの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから、やはり安心できると思ってください。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、「安心して利用することのできるサービスである」ということができるのです。

そのためぜひ一度、簡単な申込みをして利用してくださいね。

意外なほどお得な保険料が提示され、満足できること間違いなしですよ!

【2019年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!保険スクエアbang!
  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ保険の窓口 インズウェブ
  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり価格.com 自動車保険 比較・見積もり
  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目インズウェブ保険スクエアBang!価格.com
上場上場(SBIホールディングス)非上場(ウェブクルー)上場
サービス開始2000年1998年不明
利用料無料無料無料
一括見積入力時間5分5分5分
保険会社オリコン満足度ランキング最大20社最大19社最大18社
イーデザイン損保1位
セゾン自動車火災2位
ソニー損保3位
チューリッヒ4位
アクサダイレクト5位
AIU保険6位
三井ダイレクト損保7位
富士火災海上8位
SBI損保9位
日新火災海上10位
東京海上日動火災11位
損保ジャパン日本興亜12位
朝日火災海上13位
三井住友海上火災14位
そんぽ2415位
共栄火災海上16位
あいおいニッセイ同和17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2019年5月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

5.まとめ

以上、対物賠償保険に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 対物賠償保険は事故の相手の「物」に対する補償がされる
  • ただし自分や家族の物は補償されないため、注意が必要
  • また対物賠償保険は時価額のみの補償となるため、トラブルを未然に防ぐために「対物超過特約」を付帯させるのもオススメ
  • 少し増えた保険料を取り戻すだけでなく、根本的に年間保険料をガッツリと抑えるなら「自動車保険一括見積もり」を利用すると簡単&確実

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック