自動車保険

90%が間違えている!自動車保険の総合オススメランキング【2019年最新】

自動車保険は「万が一の事故の際に、自分の代わりに金銭的な部分を保証してもらうため」です。

そして車を運転する誰もが必ず加入する保険。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ・・・」

ただし、多くの人はどの自動車保険に加入すればいいのか迷うです。

おそらくあなたもその一人なのではないでしょうか?

そんな迷った時の役に立つのが「ランキング」。人気1位のものを選んでおけば間違いないだろう・・・と誰もが考えるのです。

何を選んでいいのかよく分からないから「楽をしたい」。人間は楽をしたい動物だから仕方ないでしょう。

ただ、残念ながら世の中のランキングはねつ造されたものが多いのも事実。

ランキングをお金で買っているなんてザラなのです。でも残念ながら90%以上の人は信じてしまっています。

「じゃあどのランキングを信じればいいの?」

そんな疑問にお答えする内容です。

元保険代理店に勤務していた筆者が、本当に真実のランキングのみを抽出して分析しています。

【先に結論】自動車保険のオススメランキングTOP4
  1. イ―デザイン損害保険
  2. セゾン自動車火災保険
  3. ソニー損害保険
  4. チューリッヒ保険

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.ネット上にある自動車保険のランキングって信用できるの?

ネット上には自動車保険のランキングがあふれています。

しかしそのランキングがどの程度信用できるのか、あなたは自信をもって答えることができますか?

そこで本章ではネット上で出ている自動車保険ランキングについて、車保険のプロとして見解を述べていくとともに「信頼できるランキング」についてもご紹介していきましょう。

基本的にネットで紹介されているランキングは信用できない

まず先に結論を述べておきますが、実はネット上で紹介されている「車保険のランキングは基本的に信用できない」ということができます。

なぜならネット上でのランキングは、自分(自社)が都合がいいようなランキングに「ねつ造されている」ことがほとんどだから・・・

冷静になって考えてみてください。

  • 「顔も名前も知らない人が発表しているランキングを信用できますか?」

日常でネットを利用する場合には、「ネットに書かれていることは何事に対しても、疑問を抱くべきである」というのは、ネットリテラシーとしても正解なのです。

実はねつ造はネットだけに限りません。テレビや新聞でも都合のいいようにねつ造されている世の中なのです。

自分たちの都合いいようにねつ造されている

自動車保険のランキングは、「どのようなポイントを重視すべきか」という部分により異なってきます。

例えば下記のようなこと。

  • 「事故対応が最も重要だ」と考えている場合には、事故対応の満足度が最も高い自動車保険会社がランキング上位になる
  • 「保険料こそ車保険の中で最も重要である」と思っている場合には、自動車保険料だけで比較して、ランキング上位になる

また、個人が作成したようなランキングサイトは、「ランキングサイト訪問者を保険会社などのホームページへ送客することによって利益を得る」という仕組みがあります。

自社の利益を最優先にできる(紹介料が多い)保険会社をランキング上位に表示する」ということを平気で行います。

そのためよくあるランキングサイトは、基本的に心の底から信頼することができないと思っても間違いではないのです。

そう言われると、「それではどのランキングを見ても意味がないのか」と思ってしまいますよね。

しかし実は車保険のプロとしては、

  • 信頼度を重要視することによって、利益を上げている
  • 車保険に関する様々な項目でランキングを作成しており、多岐にわたる目線で比較できる

という条件を満たしている2サイトに関しては「比較的信頼することができる」と感じていますので、次にご紹介していきましょう。

信頼できるランキングサイトは「オリコン」「価格.com」

ねつ造や信用できないなどネガティブなことばかり話してきましたが、しっかり信頼できるサイトもあります。

それが下記2サイト。

理由は

  • 利益追求をしているものの、サービスを利用した顧客への信頼を第一に考えている
  • 自動車保険に関する様々な項目でランキングを作成しており、アンケートのサンプル数も多く、顧客からの声をしっかりと反映している

信頼できると結論付けています。

そのためこの2サイトの自動車保険のランキングをチェックすればOK・・・

と言いたいところですが、そう簡単にはいきません。

というのもこの2サイト間でも「同じ項目でもランキングの順位が異なる」から。

例えば総合的なランキングの1位(2019年5月現在)を見ると、オリコン日本顧客満足度ランキングではイ―デザイン損保となっていますが、価格.comではセゾン自動車火災となっています。

つまり「公平なランキング作成・紹介をしているものの、サイト間でやや異なる結果が出てしまう」ということ。

とはいえ参考になることには間違いありませんし、あなた自身が自動車保険を選択する際には間違いなく役に立つランキングとなります。

そこで次章では今ご紹介した2サイトのランキングを項目別に「平均化」して、より分かりやすくご紹介していきましょう。

2.信頼できる自動車保険ランキング2サイトを分析するとこうなる

本章では先程ご紹介した2サイトの結果を、より信頼度を高めるために「各サイトの結果を項目別に平均化した結果」を筆者が作成しましたので、一緒に見ていきましょう。

各項目でランキングの平均順位を出してみた

まず2サイトで比較することができ、そして自動車保険を選択するために重要といえる項目は下記に箇条書きした5点になります。

  1. 総合ランキング
  2. 保険料ランキング
  3. 補償内容ランキング
  4. 顧客対応ランキング
  5. 事故対応ランキング

紹介したオリコン日本顧客満足度ランキングと価格.comでは、それぞれの項目の結果が異なりますが、順位を平均化して以下にそれぞれをご紹介していきましょう。

総合ランキング結果と筆者の見解

保険会社名総合ランキング
オリコン価格.com平均順位
イ―デザイン損害保険163.5
セゾン自動車火災保険211.5
ソニー損害保険333
チューリッヒ保険444
アクサ損害保険555
AIU損害保険687
三井ダイレクト損害保険777
富士火災海上保険88
SBI損害保険925.5
日新火災海上保険1010
東京海上日動火災保険111010.5
損保ジャパン日本興亜1212
朝日火災海上保険13911
三井住友海上火災保険1414
そんぽ24損害保険1515

オリコン日本顧客満足度ランキング「自動車保険のランキング・比較」価格.com「自動車保険 満足度ランキング(2017年)」の結果を比較

総合ランキングについては、各サイトの結果にある程度の違いは見られるものの、実際にはほとんどこの通りの結果で納得できるという結論に至りました。

なぜならこのランキングに出ている自動車保険を提供している保険会社はすべて保険業界の中でも「大手保険会社」と呼ばれているものばかり。

それぞれに保険料などの違いはあるものの、顧客対応や事故対応など、満足度としては「安定的に高いのが当たり前」と言えるから。

価格.comではトップ10までのランキングしか載っていないため、残念ながら「ランク外」となってしまう保険会社もありましたが、平均値の結果をご覧になると「ランク外の保険会社は順位が下位に位置している」という事実は理解することができるでしょう。

つまり、基本的な車保険の総合ランキングとしては、平均順位が「信ぴょう性のある結果」だと思っても問題ありません。

保険料ランキング結果と筆者の見解

保険会社名保険料ランキング
オリコン価格.com平均順位
イ―デザイン損害保険【通販型】375
セゾン自動車火災保険【通販型】222
ソニー損害保険【通販型】756
チューリッヒ保険【通販型】534
アクサ損害保険【通販型】645
AIU損害保険1010
三井ダイレクト損害保険【通販型】465
富士火災海上保険1010
SBI損害保険【通販型】111

オリコン日本顧客満足度ランキング「自動車保険 保険料のランキング・比較」価格.com「自動車保険 保険料(安さ)のクチコミ・満足度ランキング(2017年)」の結果を比較

総合ランキングとは異なり、保険料のみを純粋に順位付けすると上記のような結果になりました。

車保険に詳しい方であればお気づきかと思いますが、実はこの結果「上位のほとんどを通販型の自動車保険が独占している」ということになります。

通販型の自動車保険とは店舗を持たず、主にインターネット上で顧客獲得を目指すタイプの自動車保険

店舗維持費や人件費が多くかかっていない分、保険料は格段に安くなる

つまり「年間保険料を安くしたい」と思っている場合には、今ご紹介した平均順位がトップ5前後の保険会社で車保険に加入すると満足度が高くなります。

とはいえ現実的に車保険の年間保険料を考えた時に、実は「加入条件によって、保険会社ごとの年間保険料は全く異なる」というのが普通ですから、必ずしも平均順位ごとに保険料が安くなるわけではないと覚えておきましょう。

2019年の安い自動車保険ランキング決定版!シミュレーション結果も大公開車に乗っているとどうしても必要になる車検代や整備費用、そして各種税金といった「車の維持費」は、あなたの生活費を圧迫していませんか? ...

補償内容ランキングと筆者見解

保険会社名補償内容ランキング
オリコン価格.com平均順位
イ―デザイン損害保険364.5
セゾン自動車火災保険111
ソニー損害保険222
チューリッヒ保険433.5
アクサ損害保険555
AIU損害保険697.5
三井ダイレクト損害保険777
富士火災海上保険88
SBI損害保険1047
東京海上日動火災保険988.5
朝日火災海上保険1010

オリコン日本顧客満足度ランキング「自動車保険 商品内容の充実度のランキング・比較」価格.com「自動車保険 補償内容のクチコミ・満足度ランキング(2017年)」の結果を比較

補償内容に関する筆者の見解としては、実はこの結果に対してそれほど納得していません。

なぜなら自動車保険の補償内容については「自動車保険ごとに大きく補償内容が異なることはないから」なのです。

そのため基本的には「補償内容の充実度に関してそれほど気にする必要はない」と考えても問題はありません。

とはいえ自動車保険の特約の中には「ロードサービス」といって、車が万が一の事故や故障によって走行ができなくなった場合に、レッカーけん引や応急処置をしてくれるサービスに関するものがあるのですが、これに関しては保険会社間でも大きく違いがあります。

例えばレッカーけん引の距離が数十kmの車保険もありますし、数百kmの車保険もあります。

大手自動車保険13社のロードサービスを徹底比較!3つの注意点も解説車保険は「万が一」のときに必要ですが、何も事故を起こした時の損害賠償だけを補償してくれるわけではありません。 というのもあなたの契...

また応急処置の種類に関しても、有料のものや無料のものなど様々にあるのです。

しかし、万が一の事故の際に必要十分な補償を受けることはどの自動車保険でもできます。

結果的に「どの保険会社に加入しても大きく変わらない」というのは、本当のことなのです。

つまり補償内容の充実度で車保険を選択することは、実はそれほど賢い選択肢ではないということを覚えておきましょう。

顧客対応ランキングと筆者見解

保険会社名顧客対応ランキング
オリコン価格.com平均順位
イ―デザイン損害保険33
セゾン自動車火災保険798
ソニー損害保険111
チューリッヒ保険55
アクサ損害保険101010
AIU損害保険【代理店型】222
富士火災海上保険【代理店型】666
日新火災海上保険【代理店型】978
東京海上日動火災保険【代理店型】433.5
損保ジャパン日本興亜【代理店型】846
朝日火災海上保険【代理店型】88
三井住友海上火災保険【代理店型】55

オリコン日本顧客満足度ランキング「自動車保険 サポートサービスのランキング・比較」価格.com「自動車保険 顧客対応のクチコミ・ランキング(2017年)」の結果を比較

顧客対応のランキングに関しては、実は代理店型の車保険」が目立つ結果となっています。

代理店型の車保険とは先程ご紹介した通販型の車保険とは反対に、全国各地で保険会社の代理として、ライセンスを持った店舗が顧客対応をしているタイプの車保険。

店舗維持費や代理店への手数料支払いが必要になるため、保険料がどうしても高額になりやすい

しかし代理店型の車保険では、代理店に所属している営業マンが直接顧客対応をしてくれることにより「顔と顔を合わせて安心感のある対応をしてもらうことができる」ということになるのです。

つまり「顧客対応なら代理店型の方が良い!」と考える方が非常に多いというのが現状・・・ただしその考えは間違っています。

実は「車保険営業マンの知識量やサービス精神による」というのが正解になります。

どういうことかと言うと、自動車保険の営業マンは比較的難易度の低い資格試験を合格しただけの、いわゆる「素人営業マン」である場合が多いのです。

結果的に「実は代理店型は、自車車保険に関する知識が乏しい」という人が多いのです。

そのため、実は担当する営業マンによっては「大ハズレ」という可能性も十分に考えられます。

筆者の元同僚のように「あること無いことをお客様に進言して、後におおごとになってしまう」ということも・・・

つまり上記した顧客対応のランキングとしては「一般的に考えられている代理店型の顧客対応は、実はそれほど良くない場合もある」と覚えておきましょう。

また同時に、通販型の自動車保険を提供している保険会社は基本的に電話やメールによる顧客対応をするのみ。

ただし、通販型の自動車保険は、全国の顧客に間違った情報を伝えないために「車保険のプロ」が担当していることが多く、正しい対応をしてくれます。

そのため実は通販型の車保険の顧客対応は、「安定的に質が高い」ということができるということも、併せて覚えておきましょう。

事故対応ランキングと筆者の見解

保険会社名事故対応ランキング
オリコン価格.com平均順位
イ―デザイン損害保険22
セゾン自動車火災保険88
ソニー損害保険343.5
チューリッヒ保険687
アクサ損害保険1010
AIU損害保険111
富士火災海上保険555
日新火災海上保険978
東京海上日動火災保険433.5
損保ジャパン日本興亜766.5
朝日火災海上保険99
三井住友海上火災保険1026

オリコン日本顧客満足度ランキング「自動車保険 事故対応のランキング・比較」価格.com「自動車保険 事故対応のクチコミ・ランキング(2017年)」の結果を比較

事故対応についてはあなた自身も重要視している部分でしょう。

そのためこのランキング結果は非常に参考になると思ったのではないでしょうか。

実際のところ、車保険を提供している保険会社の多くは事故対応に力を入れていることが多いです。

つまり裏を返せば、どの自動車保険会社を選んでも変わらない事故対応力であるということ。

そしてこのランキング結果に無い保険会社であっても、基本的には「顧客の身におきた事故に関する対応はしっかりと行っている」ということができます。

つまりランキング外だからと言って事故対応が悪いというわけではありません。

自動車保険の事故対応ランキングは正しい?実際の口コミや評判をもとに徹底解明!車に乗っているすべての人に必要な自動車保険は、「任意」という言葉が付くものの、実際には万が一の事故による損害賠償などに備えて、確実に加入...

以上、各項目別のランキング結果になりますが、いかがでしょうか?

あなた自身が「この項目を重要視している」という部分について、ある程度「この保険会社の自動車保険がオススメかな?」という見当は付きましたか?

おそらく心の中で「実はまだ見当もついていないんだよね…」というのが本音でしょう。

そこで次に、結論としてどの車保険がオススメなのか述べていきますから、ご覧ください。

結局のところ、どの車保険がオススメなの?筆者としては車保険の選択をする場合に、

  • 保険料の安さ
  • 事故対応は問題ないか

を重視していますから、それぞれのランキング結果をご覧になると

  1. イ―デザイン損害保険
  2. セゾン自動車火災保険
  3. ソニー損害保険
  4. チューリッヒ保険

の4社が上手くバランスの取れている保険会社という判断をします。

しかし実際のところ、先程も少しだけ触れましたが「大手保険会社であれば補償内容や事故対応、顧客対応には問題がない」ということが前提条件となり、結果的に「保険料で比較するのが最も賢い選択」ということになります。

そのため上記した保険会社に限らず、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社を複数社分、保険見積もりを作成して年間保険料の比較をすることがオススメ。

ただし、1社1社見積もりを取っていては「ちょっと面倒くさい」というのが本音ですよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスなのです。

このサービスは、利用することで一気に複数の保険会社による車保険の見積もりを比較することもできますし、ひと目で「どの車保険が最もお得なのか」を知ることができます。

そのため次章にてサービスの詳細をご紹介しておきますから、ぜひご覧になって利用してくださいね。

3.賢く「お得で安心できる車保険」を選ぶなら!自動車車保険一括見積もりがオススメ!

車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同様の条件の保険見積もりを一気に依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、複数の保険会社からの保険見積もりが提示されるため、最もお得な保険料の車保険をひと目で探すことができるのです。

また申し込み方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申し込みを完了させることができるのです。

自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な車保険を簡単に探し出すことのできるサービス」ということができ、あなたに最もオススメできる方法

しかし実際に車保険一括見積もりの利用を検討した際に、「個人情報の入力をするのは不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、車保険一括見積もりが安心して利用できるサービスなのか、述べていきましょう。

自動車保険一括見積もりは安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」が明記されています。

あなたの個人情報が不正に使用されることは絶対にありません。

そして申し込み後の電話勧誘も一切ありません。

というのも自動車保険一括見積もりでは申し込み後には、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示またはお得なプレゼントキャンペーンなどのメール案内のみ。

あなたに迷惑がかかることはないのです。(※下記は実際に申し込み後に届いた各自動車保険会社からのハガキです。)

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

仮にキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単にメール配信の停止依頼をすることができますから、やはり安心できるといえます。

【2019年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!保険スクエアbang!
  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ保険の窓口 インズウェブ
  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり価格.com 自動車保険 比較・見積もり
  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目インズウェブ保険スクエアBang!価格.com
上場上場(SBIホールディングス)非上場(ウェブクルー)上場
サービス開始2000年1998年不明
利用料無料無料無料
一括見積入力時間5分5分5分
保険会社オリコン満足度ランキング最大20社最大19社最大18社
イーデザイン損保1位
セゾン自動車火災2位
ソニー損保3位
チューリッヒ4位
アクサダイレクト5位
AIU保険6位
三井ダイレクト損保7位
富士火災海上8位
SBI損保9位
日新火災海上10位
東京海上日動火災11位
損保ジャパン日本興亜12位
朝日火災海上13位
三井住友海上火災14位
そんぽ2415位
共栄火災海上16位
あいおいニッセイ同和17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2019年5月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

4.まとめ

以上、車保険のランキングに関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

  • 車保険のランキングがそれほど信用できるものではないという結果にビックリ
  • 比較的信頼できるランキングでも、結果が異なるため判断が難しかった
  • 意外と簡単に最もお得な車保険を見つけられそうだ

と思ったのではないでしょうか。

その感覚は正しくて、ランキングはあてにならないものの、お得で信頼できる車保険を探し出すことは簡単ですから、安心してくださいね。

最後にまとめると

  • ネット上の車保険のランキングはあまり信用することができない
  • 賢く車保険を選択するには、ランキングをあまりあてにせず、「大手保険会社が提供している車保険の保険料」で比較すると選びやすい
  • 車保険一括見積もりを利用すると、手間をかけずにお得で安心できる車保険を一気に探し出すことができる

ということになります。

特に最後にご紹介した車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な申し込みをするだけ。

最もお得で安心できる車保険を探し出すことができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

間違いなくあなたの予想を超えた保険料が提示され、「えっ、こんなにもお得になるの!?」とビックリすること間違いありませんし、満足のいく車保険に加入することができますよ!

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック