自動車保険一括見積もりの利用にはどんな情報が必要?実際に利用してみた!

あなたは「なんとかして金銭的に余裕になりたい」と思ったことはありませんか?

筆者は何十回も、何百回もあります。

そしてそのためには日々の生活にかけるお金を少しでも減らすことから始めるべきなのですが、こまごまとして出費って、なかなか減らすことができないんですよね…。

そこで「なら、大きな出費をけずってしまえ!」と思い、年間で相当な金額を支払っている「自動車保険の年間保険料」を見直すことにしてみました。

筆者は元自動車保険営業マンでしたから、保険代理店を退職後は加入できる自動車保険の縛りも無くなったため、お得で信頼できる自動車保険に乗り換えが完了したのです。

しかし、あなた自身はどうでしょうか…?

おそらく「自動車保険を複数社で比較することでお得な自動車保険を探すことができる」「複数の自動車保険を比較するには、自動車保険一括見積もりの利用が効果的である」ということを知ってはいるものの、

  • そもそも自動車保険一括見積もりって本当にお得になることはできるの?
  • 自動車保険一括見積もりを利用するためには、どんな情報を入力する必要があるの?
  • プロから見て、本当にオススメできるサービスなの?

と思ってしまい、なかなか実践することができていないでしょう。

そこで今回は、元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、

  • 自動車保険一括見積もりとは何か
  • 自動車保険一括見積もりを利用するためには、どのような情報の入力をしなければならないのか

といった点について、実際に筆者が利用した際の画面スクショを用いながら、詳しくご紹介していきますね。

「自動車保険の見積もりを作る」というと難しい無いように感じてしまうかも知れませんが、本記事の内容は非常に簡単で分かりやすくなっていますので、安心して最後まで読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「自動車保険一括見積もりって意外とお得になりそうだ!」「自動車保険一括見積もりで入力する情報は、実際の利用画面があったため分かりやすかった!」と思うこと間違いなしですよ!

1.自動車保険一括見積もりサイトは、お得な自動車保険を探すのに効果的!

あなたは年間の固定費の中でもトップクラスに高い部類に入る自動車保険について、「なんとか保険料を抑える方法は無いだろうか…」と考えたことがありますよね。

実際、筆者が現役で自動車保険の営業マンをしていた頃、多くのお客様が同様の悩みを持っていましたし、筆者としても「できるだけ保険料を抑えたい」と常に思っていました。

そこで保険料を抑える方法に関する結論を述べておくと、大まかに2通りあります。

それは

  • 今加入している自動車保険の補償内容を見直す
  • そもそも保険会社、自動車保険事態を見直す

というパターンになるのですが、根本的に解決するためには後者がオススメなのです。

なぜなら「自動車保険の年間保険料は保険会社によって大きく異なる場合がほとんどで、実際に同条件で比較すると半額以下になる場合もある」というぐらいに、年間保険料は非常に安くなるからです。

実際に、無作為に選択した保険会社2社の年間保険料を比較した結果を、下記に載せておきますのでご覧ください。

保険会社名 年間保険料(円) 差額(円)
損保ジャパン日本興亜 127,840 57,240
チューリッヒ 70,600

保険料算出条件

  • 車種:エクストレイル(NT32型)
  • 車両保険:有り(一般型で保険会社のオススメプランを選択)
  • 初度登録:平成28年12月登録で試算
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償内容:各社のオススメプランを選択

いかがですか?

ほとんど同じような条件で比較したにもかかわらず、年間で5万円以上の保険料差が出てしまうということが分かったでしょう。

以上のことから、まずは「何社もの保険会社で保険見積もりを作成し、最も保険料の安い自動車保険に加入することで、確実に保険料を安くすることができる」と覚えておいてくださいね。

とはいえ、理屈は分かっているかと思いますが、実際に何社もの保険会社で自動車保険の見積もりを作成し、そして比較することは「面倒くさい」「そもそもそんな時間が無い」と思ってしまうでしょう。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスなわけです。

本題に入りますが、本章では自動車保険一括見積もりの概要について説明していきますから、まずはご覧になってサービスの全体像を把握してくださいね。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同条件で複数の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、最も安い自動車保険がどこなのかを調べることが可能になるのです。

また申し込み方法についても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に申し込みを完了させることができます。

そのため自動車保険一括見積もりを利用するということは、「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができる」というのと同様の意味を持つのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力することに対して、不正に使用されないか不安」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用することができるサービスなのか、ご紹介していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることは無いからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのある大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的に不正に使用される可能性は極めて低いといえるのです。

つまり自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することができる自動車保険ということができるのです。

とはいえ、ここまで解説してきた自動車保険一括見積もりに関する概要では、実際に「細かい入力内容が分からない」「どんな情報を入力するのか、もう少し詳細を知りたい」と思ってしまいますよね。

そこで次章では筆者が自動車保険一括見積もりを利用した際、実際に入力していった画面を参照しながら、どのような情報が必要かご紹介していきましょう。

2.自動車保険一括見積もりサイトの利用には、どんな情報が必要なの?

前章では自動車保険一括見積もりがどのようなサービスなのか、そしてどのように利用してお得になっていくのかといったことについて解説していきました。

そのため「利用した方が保険料は簡単に抑えられそうで、賢い選択肢かもしれない」と思ったことでしょう。

しかし実際に利用する前に、申し込みのために入力する詳細な情報について知っておきたいですよね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりサービスを展開しているサイトの中でも「大手」とされている、自動車保険一括見積もりの「保険の窓口インズウェブ」で、筆者が実際に利用した際にどのような情報を入力したのか、写真を交えて詳しくご紹介していきましょう。

早速、申し込みの流れについて下記に箇条書きしましたので、ご覧ください。

  1. 車の情報について入力
  2. 他社での加入状況、車の使用状況について入力
  3. 氏名・生年月日など、個人情報を入力
  4. 保険契約者についての個人情報を入力
  5. 保険契約に関する情報(大まかな補償内容や運転者の範囲など)の入力
  6. 申し込み内容の最終確認後、大まかな見積もり提示

やはり「個人情報の入力が…」と気になる部分ではありますが、しっかりと詳細を後述しますので安心してくださいね。

それでは、以下にてそれぞれを分け、詳しく解説していきましょう。

1.車の情報について入力

インズウェブ申し込み画面1

インズウェブ申し込み画面1

まずあなたがどんな車に乗っているのかの確認をします。

実は車によって「料率クラス」というものが異なることにより保険料は大幅に変わってしまうため、ここできちんと「加入予定の自動車の車種を特定」しておきます。

そして同一車種でも使用が異なることにより車の型式は変わってしまいますし、料率クラスも変化してきますので、必ずここでは「車検証に記載されている車両型式を入力する」と覚えておきましょう。

2.他社での加入状況、車の使用状況について入力

インズウェブ申し込み画面2

インズウェブ申し込み画面2

あなたが現在、自動車保険に加入しているかどうかを確認します。

この作業は決して「顧客の加入状況を把握して、お金儲けをしよう」と考えているわけでなく、単純に「他社で加入している場合に保険等級の継承を含めて保険見積もりの提示をする」ため、必要になります。

また車の使用状況についても保険料が大きく変わってしまい「比較しても意味が無い」という状態になりかねませんので、説明にある通りの基準(年間を通じて週5回、または月に15日以上使用するもの)に照らし合わせて、必ず正しい使用状況を選択してくださいね。

3.氏名・生年月日など、個人情報を入力

インズウェブ申し込み画面3

インズウェブ申し込み画面3

ここでようやく被保険者(主に契約自動車を運転する人)の個人情報の入力が必要になります。

しかしこれにも重要な意味があり、それは「被保険者の年齢や免許証の色などの状態を反映させなければ、希望している内容で保険見積もりを作成することができないから」なのです。

そのため多少嫌な気持ちがしてしまうのは分かるのですが、先程も述べたように「不正使用や申し込み後の電話勧誘は一切ない」ため、安心して入力していってくださいね。

4.保険契約者についての個人情報を入力

インズウェブ申し込み画面4

インズウェブ申し込み画面4

被保険者の情報を入力し終わったら、次は「保険契約者」の個人情報を入力する必要があります。

その内容は主に

  • 住所
  • 氏名
  • メールアドレス

などになるのですが、これらも先程述べたように「見積もり提示のために必要」となりますので、安心してくださいね。

実際のところ、保険会社としては「お金を支払ってくれる保険契約者に見積もり提示をするのがスジ」と考えることが当たり前ですので、あくまでも被保険者ではなく、保険契約者に保険見積もりが送られてくるということも覚えておきましょう。

5.保険契約に関する情報(大まかな補償内容や運転者の範囲など)の入力

インズウェブ申し込み画面5

インズウェブ申し込み画面5

ここまでの流れでは「誰がどのような車にどのような用途で使用するのか」といった情報を入力してきました。

そしてようやく、ここへきて「補償内容についての情報」を入力していきます。

補償内容に関する情報は主に

  • 対人賠償の補償限度額
  • 対物賠償の補償限度額
  • 人身傷害の有無、また補償限度額
  • 搭乗者傷害の有無、また補償限度額
  • 運転者の範囲の指定(年齢、家族等の限定)
  • 大まかなプランの決定

をするだけです。

そのため実は意外と時間がかからずに補償内容を決定することができると考えておきましょう。

6.申し込み内容の最終確認後、大まかな見積もり提示

インズウェブ申し込み画面6

インズウェブ申し込み画面6

補償内容に関する情報の入力が完了したら、終了です。

あとはこれまでに入力してきた申し込み内容を確認し、各保険会社からの保険見積もりが届くのを待つだけですよ!

ちなみにインズウェブではサイト上ですぐに保険見積もりの大まかな提示が行われ、その結果がコチラでした。

インズウェブアクサSBI

インズウェブアクサSBI

残念ながら筆者のケースでは2社からの保険見積もりしか提示されませんでした。

その理由はおそらく「車両の年式が古い」といったことになるかとは思いますが、真相はやぶの中です…。

とはいえ筆者としては提示された2社間でも、保険料が1万5千円程度安いということや、元々加入していた自動車保険が年間7万円程度であったため、最大で半額以下になることが分かった点は「非常に有意義な結果だった」と結論付けています。

また保険料だけではなく、申し込むだけでお得なプレゼント(300~1,000円分程度の商品券やポイント)がもらえる点に関しても、「お得だった」と実感しました。


以上が実際に申し込みをする際の詳細な手続き方法や、必要な情報についての解説でしたがいかがでしたか?

「それほど難しくはなさそうだし、お得にもなりそうだ」と感じませんでしたか?

実はその感覚は非常に正しくて、自動車保険一括見積もりは「本当に簡単に利用できる」といえるのです。

そのため、これまでにご紹介してきた内容を踏まえて、次章では自動車保険一括見積もりを利用すべきか利用すべきでないか、結論を述べていきましょう。

3.【結論】手間はかかるけど利用すべき?

前章の手続き方法をご覧になると「ちょっと手間がかかるかもしれない」と思いませんでしたか?

実は意外と「入力数は多いものの、単純なものばかりなので時間はかからない」というのが正解です。

そのため結論としては「それほど時間もかからずお得な保険料が提示されるため、使うべき」となります。

実際、筆者としてもこのサービスを利用して、これほど簡単に保険料の比較をすることができるという事実には驚きました。

なぜなら筆者自身、各社で保険見積もりを作成しようと思うと、最低でも1社当たり2~3分はかかってしまいますので、結果的に何社もの見積もりを作成すると10~30分程度必要になってしまうからです。

その点自動車保険一括見積もりは今回のように2社であっても再台数の20社であっても、必要な時間は変わらずに保険見積もりを比較できるため、本当に「賢くお得な自動車保険を探すことができる方法」といえるのです。

また仮に筆者のように2社からしか保険見積もりが提示されなかった場合でも、今回インズウェブでは「1,000円分の図書カードプレゼント(2017年11月16日現在)」を行っていましたから、「数分で1,000円をゲットできたのであれば、それだけでも儲けもの」ということになり、結果的に「お得になった」と強く満足感を感じています。

あなたは自動車保険一括見積もりというサービスをご存知ですか? 自動車保険一括見積もりを簡単に説明すると、「複数の保険会社による自動車保険の...

そのため自動車保険一括見積もりを利用することで「お得な保険料の提示や特典があるため、確実にお得になることができるサービス」ということができるのです。

申し込みは思ったよりも簡単で、あなたでもササっと情報の入力をすることができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずお得な結果が出て、満足のいく申し込みになりますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で自動車保険一括見積もりと、申し込みの際に必要となる情報に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「自動車保険一括見積もりを利用するのは意外と簡単で、お得になるのは間違いなさそうだ」「様々な情報を入力しなければならないが、必要な情報は単純なものばかりなので意外とササっと終わりそうだ」と感じたことでしょう。

その感覚は決して間違っておらず、実際に自動車保険一括見積もりを利用することは簡単ですし、入力する情報もそれほど難しくはないため「簡単にお得になれる」ということができるのです。

最後にまとめると

  • 自動車保険一括見積もりは「個人情報の入力が必要」だが、運営企業や登録保険会社は安心できる企業であるため心配無用
  • 自動車保険一括見積もりを利用するには様々な情報の入力が必要だが、必要な情報はすべて単純なものばかりであるため、申し込みはそれほど難しく無く時間もかからない
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで安い保険料の提示がされ、さらに特典も受けることができるため、「確実にお得になることができる」といえる

となります。

本当に申し込みは簡単ですし、あなたが思っている以上にお得な保険料が提示されますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示されますし、確実にお得になることができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険一括見積もりを利用して図書券ゲット?その真相を徹底解明

実際に申し込んでみた!自動車保険一括見積もりは電話での勧誘はあるの?

自動車保険一括見積もりは見積もり結果が少ない?「最大○社」のウソ、ホント

利用者は満足してる?自動車保険一括見積もりの評判・口コミを徹底調査

自動車保険一括見積もりに「中断証明」は必要なの?

楽天自動車保険一括見積もり

自動車保険一括見積もりの楽天はオススメ?リアル評判から徹底解剖