自動車保険

自動車保険で図書カードを同時ゲット!でもそれ本当にお得?

図書カードがもらえる仕組み

どこかで自動車保険の契約や見積もり申し込みなどをすると、「図書カードがもらえる」なんてことを聞いたことはありませんか?

まさかそのウワサ本当だと思っていませんか?

先に結論を述べておきますが、普通に保険会社で自動車保険の申し込みをしても、図書カードはもらえないケースの方が圧倒的に多いです。

しかし残念がらないでください。

というのも自動車保険に関連させて、図書カードをもらう方法は「無いわけではない」というのも実情なのです。

そこで今回は、元自動車保険営業マンである筆者が「自動車保険で図書カードをもらえる方法」を紹介するとともに、図書カード分ぐらい簡単にお得になる方法を紹介していきます。

今あなたは

  • 図書カードを無料で早くもらいたい
  • 図書カードだけではなく、その他の商品券がもらえればOK

と思っているかもしれませんが、たった数百円~1,000円程度のお得を追い求めるよりも、効率的で金銭的にお得になるということが十分に理解できますよ!

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.自動車保険の契約で図書カードはもらえるのか

まず「そもそも自動車保険の契約で図書カードがもらえるのか」という疑問について、ズバッと結論を述べておきましょう。

それは「もらえることはまずないと考えるべき」ということです。

というのも自動車保険のルールを定めた「保険業法」という法律上で

第三百条 保険会社等若しくは外国保険会社等、これらの役員(保険募集人である者を除く。)、保険募集人又は保険仲立人若しくはその役員若しくは使用人は、保険契約の締結、保険募集又は自らが締結した若しくは保険募集を行った団体保険に係る保険契約に加入することを勧誘する行為その他の当該保険契約に加入させるための行為に関して、次に掲げる行為(自らが締結した又は保険募集を行った団体保険に係る保険契約に加入することを勧誘する行為その他の当該保険契約に加入させるための行為に関しては第一号に掲げる行為(被保険者に対するものに限る。)に限り、次条に規定する特定保険契約の締結又はその代理若しくは媒介に関しては同号に規定する保険契約の契約条項のうち保険契約者又は被保険者の判断に影響を及ぼすこととなる重要な事項を告げない行為及び第九号に掲げる行為を除く。)をしてはならない。ただし、第二百九十四条第一項ただし書に規定する保険契約者等の保護に欠けるおそれがないものとして内閣府令で定める場合における第一号に規定する保険契約の契約条項のうち保険契約者又は被保険者の判断に影響を及ぼすこととなる重要な事項を告げない行為については、この限りでない。

~中略~

五 保険契約者又は被保険者に対して、保険料の割引、割戻しその他特別の利益の提供を約し、又は提供する行為

※引用元:電子政府の総合窓口e-Govの「保険業法」より

ざっと見ると「ザ・法律」のような文章なので飽き飽きしてしまいますよね。

そこでザックリこの内容を説明すると、保険の営業をする上で

  • 加入してくれたらお宅の商品を購入しますよ~…特別な利益の提供
  • 加入してくれたら本当の保険料よりも少ない入金額でも大丈夫ですよ~…保険料の割引
  • 加入してくれたら後からお金や商品を差し上げますよ~…割り戻し

といった「契約者の判断に影響を及ぼすこと」は禁止されているのです。

そのため自動車保険に加入してくれる見返りに図書カードを渡すということは、単純に金品で「割り戻し(割引)している」と判断され、抵触する可能性があります。

ちなみに抵触してしまうと、保険会社は営業停止などの重処分が下りますから、なかなかそのようなことはできないのです。

つまり、自動車保険を提供している保険会社では「そもそも契約によって図書カードはもらえない」と思っておいてください。

ちなみに2018年11月現在、保険会社ごとに実施しているキャンペーンを下記の一覧表にまとめておきましたのでご覧ください。

保険会社名 2018年11月現在実施中のキャンペーン
東京海上日動火災 ・見積もり予約で東京五輪「東京海上日動オリジナルフレーム切手」をもれなくプレゼント
・新規契約で100名に松阪牛、1,000名にご当地カレー詰め合わせプレゼント
・紹介者50名に熊本県産米、紹介された方はもれなく五輪オリジナル切手プレゼント
AIG損害保険 ・公式サイト上に明記なし
日新火災海上保険 ・公式サイト上に明記なし
損保ジャパン日本興亜 ・♯ジャパンダおいでプレゼントキャンペーン(2018年10月15日まで)
・インスタグラムにて「♯ジャパンダおいで」とハッシュタグをつけて投稿すると、ルンバやamazonエコーなどの商品が最大20名に当選する
楽天損害保険 ・公式サイト上に明記なし
三井住友海上保険 ・公式サイト上に明記なし
共栄火災海上保険 ・公式サイト上に明記なし
あいおいニッセイ同和損害保険 ・公式サイト上に明記なし
チューリッヒ保険 ・2台目以降の契約で「おまとめキャンペーン」の対象になる
・年間保険料5,000円以上3万円未満…1,000円相当のお米ギフトカードをプレゼント
・年間保険料3万円以上…3,000円相当のお米ギフトカードをプレゼント
ソニー損害保険 ・紹介キャンペーンで契約者(紹介者)に500円分のクオカードプレゼント
・紹介された人…初年度保険料1,000円割引
三井ダイレクト損害保険 ・ご成約キャンペーンとして、全員にモスバーガーSセットプレゼント
アクサ損害保険 ・公式サイト上に明記なし
SBI損害保険 ・新規契約…最大15名に5種類から選べる家電などが当たる
・継続契約…3種類から選べるハーゲンダッツミニカップ1個引換券、全員プレゼント
・継続契約…1万円相当の浅草今半黒毛和牛が20名に当たる
・紹介キャンペーン…紹介した人に1,500円のプリペイドカード、紹介された人に1,500円のギフトカード
セゾン自動車火災保険 ・紹介キャンペーン…紹介者、紹介された人に「選べるブランド米×2パック」をもれなくプレゼント
イ―デザイン損害保険 ・NTTグループカードで3万円以上の保険料を支払うと、コンビニやファストフード店で利用可能なチケットプレゼント
・dカードのクレジットカードで3万円以上の保険料を支払うと、三越伊勢丹セレクトの8商品から1つプレゼント
そんぽ24損害保険 ・公式サイト上に明記なし

ご覧いただくと分かるかと思いますが、やはり一部の保険会社を除くと、ほとんどの保険会社で

  • そもそもキャンペーン自体が無い
  • キャンペーンがあったとしても、特別な利益となるような大きなプレゼントはない

というのが分かりますよね。

明確に金額の規定などがあるわけではないため各社バラバラなのですが、筆者が現役営業マンだった頃保険会社の社員に聞いた話では「箱ティッシュ程度が安全圏で、それ以上は法律に抵触する可能性がある」と言っていました。

そのため基本的には「数百円のプレゼントがあればかなり良い方」と思っておいた方がよく、逆に1,000円以上の商品券は「そもそもダメor当選人数が決まっている」というケースが多いと思ってくださいね。


以上の説明から自動車保険に契約するだけでは、図書カードなどの「直接的な商品券はもらえない」ということは理解できたでしょう。

しかし「自動車保険に関連させる」という方法で、契約をせずとも無料で図書カードなどの商品券がゲットできる場合もあります。

その方法については次章にて説明していきましょう。

2.図書カードなどの商品券がもらえるのは「自動車保険一括見積もり」

自動車保険で図書カードなどの商品券がもらえるのは、実は「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用する必要があります。

無料かつ安心して利用することができ、当サイトでもオススメしているサービスなのですが、サービスの内容は知りませんよね。

そこでまずは簡単にサービスの概要を説明してから、どのような商品券がキャンペーンでもらえるのかご紹介しましょう。

自動車保険一括見積もりとは何か

図書カードがもらえる仕組み図書カードがもらえる仕組み

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスなのですが、サービスには最大20社程度の保険会社が提携しており、申し込みフォームを入力すると「各社に一気に保険見積もりを依頼できる」

つまり一気に複数の保険見積もりを比較できるようになるため、手間をかけずに「保険料だけで保険会社が比較できる」というわけです。

とはいえ気になるのは、「それでなぜ商品券などがもらえるのか」ということですよね。

その仕組みは簡単で、自動車保険一括見積もりを運営している企業は「利用者を保険会社に送客することで、保険会社から報酬をもらっている」からなのです。

つまり保険会社からの見返り=報酬分を損しない範囲で、利用者に商品券として還元しているというわけですね。

そのため

  • 利用者…商品券がもらえる
  • 自動車保険一括見積もりの運営企業…保険会社から報酬がもらえる
  • 保険会社…将来的に顧客になる可能性のある人をゲットできる

という、3者でwin-win-winの状態になるのです。

また当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりに関しては、申し込み後にしつこく迷惑な電話勧誘をされることなく、ハガキやメールにて見積もり結果が提示されるだけです。

下記実際に筆者が申し込んで各社から届いた見積もり結果が書いてあるハガキ。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

そのため安心して利用でき、さらに商品券もゲットできるという非常にお得なサービスということができます。

ここまで聞くと、早速利用してみたくなりませんか?

そこで次に、当サイトでオススメしている自動車保険一括見積もりで、提供されている商品券やキャンペーンについて一覧表で紹介していきましょう。

自動車保険一括見積もりでもらえる商品券一覧

という3種類の自動車保険一括見積もりをオススメしています。

そして各サービスで提供している商品券などのキャンペーンは、2018年10月時点で下記の比較表の通りです。

自動車保険一括見積もり
サービス名称
条件 プレゼント内容 人数
保険スクエアbang! 一括見積もり申し込み
(申し込みの翌月末ごろに送付)
魚沼産コシヒカリ2合 全員
インズウェブ 一括見積もり申し込み
(サービス利用の翌月末までにプレゼント)
ケンタッキーオリジナルチキン
3ピースの電子ギフト
全員
価格.com 一括見積もり申し込み
(2017年8月中旬ごろ当選のお知らせ)
選べる人気家電 抽選で
合計20名様

残念ながら、2018年11月現在では金券に該当するような商品券はありません。

しかし保険会社のキャンペーンと同様に、「ちょっとしたお得」にはなるということが分かるでしょう。

ちなみに筆者が昨年調べた時は、

  • マックカード1,000円分
  • 図書カード500円分

などのキャンペーンもありましたから、正直なところ「タイミングによって商品券の内容は大きく変わる」と思っておいた方が良いでしょう。


以上、ご覧いただいた通り「自動車保険一括見積もりでは可能性があるものの、タイミングによっては図書カードなど換金性の高い商品券がもらえない」ということになります。

しかし筆者としては、数百円~1,000円程度のお得を目指すのではなく、無視して「数万円単位でお得になる方法」を考えた方が賢いと結論付けています。

というのも、そもそも自動車保険一括見積もりというサービスを利用することで各保険会社の保険見積もりを比較することができ、実際に下記のような「大きな差額」が生まれるケースもあるからです。

自動車保険の種類 保険会社名 年間保険料(円) 差額(円)
代理店型 損保ジャパン日本興亜 113,460 47,030
通販型 ソニー損害保険 66,430

※保険料試算の条件

  • ノンフリート等級:10等級(事故有係数0)
  • 車種:ホンダ ステップワゴン RP3型(初度登録:平成27年12月)
  • ASV割引:あり
  • 使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:11,000㎞以下
  • 主な使用地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 運転者の年齢条件:26歳以上補償
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 車両保険:各保険会社の「一般型」でオススメされたプラン
  • その他の条件:損保ジャパン日本興亜の「補償充実プラン」、ソニー損保の「安心プラン」を選択

そのためせっかく自動車保険一括見積もり当サービスを知ったのであれば、

  • 利用して最もお得な自動車保険を見つける
  • そこで「ついで」にキャンペーンの特典が受けられればラッキー

という程度で考えることをオススメします。

とはいえ当サイトで紹介している自動車保険一括見積もりは3種類もありますから、一体どれを利用すれば良いのか分かりませんよね。

そこで次章では、自動車保険一括見積もりの選び方について紹介していきましょう。

3.自動車保険一括見積もりの選び方

自動車保険一括見積もりの選び方は簡単です。

というのも自動車保険一括見積もりでは、申し込みをする際に「補償内容」などを入力していくのですが、最後に「○○損保、△△保険、××車保険の3社に依頼できます」と案内されます。

その際に最も多くの保険会社に対して見積もり依頼ができるサービスを利用すれば問題ありません。

実際、2018年11月現在では見積もり依頼の可能件数が

となっており、実際に申し込みをすると「5~10社程度」というのが一般的です。

そのため実際に申し込みをしてみて、最大件数で比較ができるサービスを利用すれば間違いなくお得な自動車保険を見つけ出すことができますよ!

また、もし「3種類も申し込みをするのが面倒くさい」という場合には、次章にてオススメランキングを載せておきますので、

  1. 安心感
  2. キャンペーンの内容
  3. サービスの運営歴

などから選択すると、間違いなく満足できる結果となりますよ!

【2018年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!保険スクエアbang!
  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ保険の窓口 インズウェブ
  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり価格.com 自動車保険 比較・見積もり
  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明
利用料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2018年11月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

4.まとめ

以上、自動車保険でもらえる図書カードに関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 保険会社で自動車保険を契約しても、基本的に割引や割り戻しなど、保険業法に抵触してしまう可能性があるため、現実的には「ほとんどもらえない」と思うべき
  • 自動車保険で図書カードなどの商品券がもらえるのは、「自動車保険一括見積もり」というサービスだけ
  • 自動車保険一括見積もりでもタイミングによってはもらえることはなく、もらえたとしても「数百円~1,000円程度」であるため、効果は低い
  • それなら自動車保険一括見積もりを利用して、確実に数万円以上安い自動車保険に加入すべき

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック