自動車保険の車両入れ替えは可能?お得に入れ替えを実施するための全手順

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車の運転をする人であれば必ずと言っていいほど加入しなければならない「自動車保険」。

もちろん任意ではあるものの、万が一事故を起こしてしまって多額の損害賠償などを請求された場合に、請求金額を補償してもらうためにも「必須」ということができます。

そのためあなたやあなたの家族で車を運転する人はしっかりと自動車保険に加入しているかと思いますが、実際のところ保険料の高さに嫌気がさしていませんか?

たしかに自動車保険の保険料は条件によって年間20~30万円も必要になりますから、なんとかして家族全体の年間保険料を安くしたいと思うことは当然でしょう。

そのため家族間での「車両入れ替え」を行い、等級を最もお得に配置することで、全体にかかる保険料の総額を安くすることを考えていませんか?

しかし実際に車両入れ替えを検討してはいるものの、

  • そもそも車両入れ替えがどのような制度なのかあまりよく分からない
  • 車両入れ替えの手順を知って、スムーズに手続きができるようにしておきたい
  • 車両入れ替えを含めて自動車保険の保険料をしっかりと安くする方法があれば教えてほしい

と思ってしまうため、なかなか具体的に行動を起こすことができませんよね。

それは当然のことで、知らないことが多いままに契約内容を変更してしまい、損をしてしまっては元も子もないですから仕方ありません。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険における車両入れ替えとは何か、そして車両入れ替えの手順はどのようになっているのかといった内容について、詳しく解説していきましょう。

内容は非常に簡単で分かりやすく説明していきますし、読みやすいようにまとめていますから、ぜひ最後までスラスラと読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「自動車保険で車両入れ替えをするには、こうするだけなのか!」「車両入れ替えを含めて保険料を安くするには、こんなにも簡単な方法があったのか!」とビックリすること間違いなしですよ!

1.自動車保険って車両入れ替えができるの?

自動車保険で車両入れ替えを検討しているあなたは、実はすでに「自動車保険に詳しい人」といえます。

なぜなら自動車保険を契約している多くの人が車両入れ替えの存在すら知らず、高い保険料を払い続けている場合があるからです。

そのためあなたは一般の人よりも自動車保険に詳しく、お得になるためのスキルをある程度知っているということになります。

しかし実際に車両入れ替えを経験することは、長い人生の中でもそう多くはありませんから、どのような制度なのか、そして車両入れ替えをすることでどのような効果があるのかは、詳しく知らないのではないでしょうか。

そこで本章ではまず自動車保険の車両入れ替えについて、どのような制度で保険料は本当にお得になるのかといった点についてご紹介していきましょう。

そもそも車両入れ替えってどんな意味があるの?どのタイミングでできるの?

あなたはすでにご存知かもしれませんが、車両入れ替えとはその名の通り「車両ごとに契約している自動車保険を、新しい車両に入れ替える」ということを指しています。

そのため基本的には「新しく車を購入したとき」などにこの制度を利用することが多いのですが、実は「家族間で所有している車に増減がある場合」に車両入れ替えをすることができます。

つまり、結果的に家族の誰かが所有している車に増減がある場合には「等級の入れ替えをして保険料をよりお得にすることができる」ということができるのです。

つまりここまでをまとめると

  • 車両入れ替えは、簡単に言い換えると「等級の入れ替え」と同じような意味を持つ
  • 車両入れ替えは家族間で所有している車に増減があった場合にのみ適用される

ということになります。

そのためタイミングをしっかりと見計らい、車の増減が起こる場合にはしっかりと各車にかけている自動車保険の等級を最適なものにする必要があると覚えておきましょう。

車両入れ替えをすると保険料はお得になるの?

先に結論を述べておきますが、あなたの予想通り車両入れ替えをすることで自動車保険の保険料はお得になることがほとんどです。

特に新しい車を購入して車両保険を付帯させる場合には、その傾向が顕著に表れるのです。

しかしなぜ車両入れ替えをすることで保険料がお得になるのか、気になりますよね。

車両入れ替えをするということは「等級を入れ替える」ということとほとんど同じだと述べましたが、例えば新規で加入する6等級の場合と保険等級の最上位である20等級を比較すると、20等級の場合には最大で60%以上もの保険料割引を受けることができますから、結果的に保険料がお得になるということは間違いないのです。

また家族間で車両入れ替えをする場合、新しい車に車両保険を付帯させると保険料が大幅に高くなる傾向にあります。

結果的に新しい車から順に高い等級を割り振ることによってよりお得な保険料で自動車保険に加入することができるといえます。

自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年...

以上のことから、車両入れ替えを実施することによって保険等級を最適化し、結果的に全体的な保険料は「お得になる」と思ってくださいね。

とはいえ車両保険の入れ替えをするだけでは大幅にお得になるということはそれほどなく、実際には契約している保険会社を変更することの方が「お得になる」ということもできます。

そのため「車両入れ替えと保険会社の変更を同時にして、もっとお得になりたい」と思ってしまいますよね。

そこで次章では車両入れ替えと保険会社の変更について、自動車保険のプロの目線から可否を述べていきましょう。

2.実際に車両入れ替えと同時に保険会社の変更をしたい!それは可能?

前章では自動車保険の車両入れ替えについて詳しく述べてきましたが、要約すると「車が増減するタイミングであればお得に車両入れ替えをすることができる」ということは、よく理解することができたでしょう。

しかし実際のところ、車両入れ替えを行うと同時に保険会社を変更することで、よりお得な保険料で自動車保険に加入することができると思いますよね。

そこで本章では車両入れ替えと保険会社の変更に関する可否を、しっかりと述べていきましょう。

早速結論を述べていきますが、車両入れ替えと同時に保険会社の変更をすることは「できる」といえます。

厳密には同時ではなく、「ほとんど同時に」という条件が付くのですが、実は車両入れ替えと保険会社の変更に関する順序の考え方を知ると納得することができます。

一体どういうことかと言うと、車両入れ替えと保険会社の変更は全く別の手続きであり、

  • 保険会社を変更してから車両入れ替えをする
  • 車両入れ替えをしてから保険会社の変更をする

という2パターンの順序で手続きをするため、同時ではなく流れとして手続きを行っていくと理解してください。


以上の説明から、車両入れ替えと保険会社の変更は「ほとんど同時に行うことができる」ということは理解することができたかと思いますが、ここまで聞けばあとは「車両入れ替えの手順を知るだけだ」と思いますよね。

実際にその通りで、あとは車両入れ替えの手順を覚えておけば手続きもスムーズに行うことができますから、次章にてご紹介する車慮入れ替えの手順をしっかりとご覧になって、覚えておいてくださいね。

3.実際に車両入れ替えの全手順を見てみよう!

これまでの解説で車両入れ替えという制度や、ほとんど同時に保険会社の変更をすることができるということは分かったかと思いますが、実際の手順についてはあまりよく知りませんよね。

そこで本章では自動車保険の車両入れ替えを行う際に、どのような手順を踏んでいくのかご紹介していきましょう。

早速、下記に車両入れ替えの際に必要な手順について順に箇条書きしておきましたので、ご覧になってください。

  1. 車両に関する情報が分かる書類の準備
  2. 保険会社へ「車両入れ替えをしたい」と連絡する
  3. 納車日に合わせて補償開始

「えっこれだけの手順なの!?」とビックリしませんでしたか?

実は自動車保険の車両入れ替えはこれだけの手順を踏むだけで簡単に行うことができるのです。

とはいえそれぞれの手順について、以下に分けて説明していきますので引き続きご覧くださいね。

1.車両に関する情報が分かる書類の準備

まずは車両入れ替えをする古い車と新しい車に関する情報が分かる書類を用意します。

といってもどの書類を用意すればいいのか分かりませんよね。

実は保険会社が知りたい情報は、

  • 古い車の走行距離
  • 新しい車の走行距離(新車購入の場合は0で良い)
  • 新しい車のナンバー、初度登録年月、型式、車台番号、所有者または使用者
  • 購入金額(車両保険の上限金額を決定するため)

という4点になりますから、それぞれが分かるように「古い車の走行距離(ODOメーター)のメモ」「新しい車の車検証」「新しい車を購入した際の売買契約書」などを用意すれば問題ありません。

また車両入れ替えをすることで保険料が安くなり、前契約の保険料を一括で全納している場合には、安くなった分の保険料が返金される可能性もありますので、その場合には「返金額を振り込むために必要な口座番号」も用意しておいてくださいね。

2.保険会社へ「車両入れ替えをしたい」と連絡する

必要な情報が記載された書類を用意することができたら、あとは保険会社へ連絡するだけです。

保険会社は連絡を受けて車両入れ替えができるかどうかを判断し、基本的にはその場で「車両入れ替えができます」(もしくは「できません」)と返答してくれますから、必要以上に待たなくて済みます。

車に乗っている方のほとんどは「任意保険」に加入しています。 あなた自身も加入しているでしょうし、私も例外ではありません。 しかし車に...

3.納車日に合わせて補償開始

保険会社への連絡を済ませた後は、もう補償開始を待つだけです。

基本的に補償の開始、つまり新しい車への入れ替えが開始されるのは「納車日」であり、あなたが新しい車の運転を開始する日だと理解してくださいね。

また車両入れ替えについていくつかの注意点もありますから、ここで合わせてご紹介していきましょう。

車両入れ替えの注意点とは、

  1. 車の増減車がある日付(例えば納車日)よりも前に変更依頼をする
  2. 本人が連絡をして手続きをしなければならない

という2点に集約されています。

当たり前のことではあるのですが、それぞれの注意点を守らなければ車両入れ替えをすることができなくなる可能性が極めて高くなりますので、必ず守ってくださいね。

そうすれば確実に、スムーズな車両入れ替えをすることができますよ!

また車両入れ替えと同時に、次章にてご紹介する「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用することで、車両保険をするのとほとんど同時に、最もお得な自動車保険への乗り換えもすることができます。

そのため次章の説明をご覧になって、しっかりとお得な自動車保険を探し出してくださいね!

4.車両入れ替え時にもっとお得になるには、自動車保険一括見積もりがオススメ!

これまでの解説をご覧になると、車両入れ替えにはどのような特徴があるのか、そしてお得になるには「保険会社を変更する方が効果的な気がする」と思ったことでしょう。

そのため実際には車両入れ替えも重要ではあるのですが、その後保険会社を乗り換えることこそ「本当にお得になる近道」ということができるのです。

とはいえどこの保険会社がお得になるのかは一度保険見積もりを作成するまでは分からないため、「いくつもの保険見積もりを作成して比較することは面倒くさい」と思ってしまいますよね。

そこで自動車保険のプロである筆者がオススメするのが「自動車保険一括見積もり」というサービスなのです。

このサービスを利用することで一気に最もお得な自動車保険を探し出すことができますから、ぜひ引き続きご覧になってくださいね。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同様の条件で保険見積もりを依頼することができます。

つまりあなたは一度の申し込みをするだけでいくつもの保険会社からの保険見積もりを依頼することができ、一気に最もお得な自動車保険を探し出すことができるというわけなのです。

また申し込み方法は非常に簡単で、

  • あなたが今乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申し込みを完了させることができるのです。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができ、車両入れ替え後にこのサービスを利用して保険会社を変更することで、よりお得な保険料で自動車保険に加入することができると覚えておきましょう。

とはいえ自動車保険一括見積もりがいくらお得になるサービスだということが分かったとしても、実際に利用するには「個人情報の入力をするのは不安になってしまう」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用することのできるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべてが大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることが無いからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性についてもほとんど皆無であるといえるのです。

つまり申し込み時に個人情報を入力することに関しては、まず安心できると思ってください。

また申し込み後のしつこい電話勧誘に関しては一切なく、ハガキ(DM)やメールによる保険見積もりの提示またはお得なプレゼントキャンペーンなどの案内があるだけですから、あなたに迷惑がかかることはありません。

仮にキャンペーンの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから安心してくださいね。


以上のことから自動車保険一括見積もりは最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるというだけではなく、安心して利用することのできるサービスであるということができるのです。

本当に簡単かつ短時間で申し込みができ、さらに一気に保険見積もりを比較してお得な保険会社を見つけることができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ず車両入れ替えと同時に満足のいく自動車保険への変更をすることができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上、自動車保険の車両入れ替えに関する解説をしてきましたが、いかがでしたか?

おそらく「車両入れ替えをすることで間違いなくお得になることができそうなので、すべきだということが分かった」「車両入れ替えよりも効果的な保険会社の乗り換えをする際に、最もお得な自動車保険を探し出すことはそれほど難しくなさそうだ」と思ったことでしょう。

実際のところ、車両入れ替えに関する手続き等は難しくありませんし、最もお得な自動車保険を探すことも決して難しいことではありませんので、安心してくださいね。

最後にまとめると、

  • 自動車保険の車両入れ替えは簡単にでき、実施することで保険料がお得になる
  • 自動車保険の車両入れ替えよりもお得になりやすいのは「保険会社の変更」である
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、簡単に最もお得な自動車保険を探し出すことができる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な申し込みをするだけで最もお得な自動車保険を探し出すことができ、結果的にあなたの求めている結果を得ることができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、車両入れ替えと同時にお得な自動車保険へ変更することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何か裏があるんじゃないの?安い自動車保険のデメリットまとめ

自動車保険に年間12万円って高い?高くなる理由や安くする方法をご紹介!

自動車保険って平均でどのくらい?年齢別にシミュレーションしてみた結果

日本の車保険の仕組みってどうなっているの?自賠責と任意の違いは?

通販型の自動車保険で失敗?リアルな失敗事例とその対処方法

車の保険に出てくる「免責」って何?加入前に知っておきくべこと