車売却

車一括査定ただ1つのデメリット電話の対処法を徹底解説

車一括査定というサービスをご存知でしょうか。

「絶対にお得になる!」「1分で申し込み完了!」「無料で使えてお得!」なんて言われているサービスです。

しかしそんなうまい話ばかりではなく、「申し込み後にしつこく電話がくる」という唯一にして最大のデメリットがあります。

そのためあなた自身、車一括査定について下記のように思っていますよね。

  • どのくらいしつこく電話が来るのか知りたい
  • SNSで言われている電話の件数が本当なのか教えてほしい
  • しつこい電話に対処する方法はあるのか知りたい
  • 電話というデメリットを対処して、賢く車一括査定を使いたい

そこで今回は、元ディーラーの営業マンである筆者が、車一括査定のデメリットである電話について、詳しく解説していきましょう。

先に簡単な結論を述べておきますが「正しく電話に対処すれば、車一括査定は最高のサービス」と言えますから、必ず最後まで読み進めることをオススメします。

また正しい知識をつけないまま車一括査定を利用すると、世間の多くの人のように後悔することになりかねませんから、ぜひきちんとご覧になってくださいね。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.車一括査定とはどのようなサービスなのか

まずおさらいの意味を込めて、車一括査定というサービスについて簡単に説明しておきます。

車一括査定とはインターネット上のサービスで、提携している車買取店複数社に対し、一括して出張査定の申し込みができるサービスです。

つまり個別に自分で車買取店を探さずとも、一度の申し込みで「車買取店を探す」「依頼する」という作業を一気に完了させることができるのです。

その結果一度にアポ取り&査定&競合が可能になるため、最短時間で最高額を引き出すにはもってこいと言えます。

仕組みとしては単純で、確実にお得になりそうだというイメージは分かりやすいですよね。

しかし申し込み後、アポ取りをするために「複数の車買取店から一気に電話連絡が来る」というデメリットがあるのです。

ウワサによると、その数は数十件~数百件にもなるのだとか…。

次章にて、そのウワサの真相を検証してみましたのでご覧ください。

2.車一括査定の電話に関する悪い口コミ

まず先に、筆者が試しに申し込みをしてみた結果をご覧ください。

車一括査定を申し込み後の着信履歴車一括査定を申し込み後の着信履歴

ご覧になると分かりますが、なんと数分おきに「0120」をはじめとする番号から電話がかかり、不在着信が40件にもなっています。

そう、本当にひっきりなしで電話が掛けられてくるのです。

申込んだ当の本人ですが、正直なところあまり気持ちの良いものではありません。

そして筆者以外にもSNS上では車一括査定の電話について、下記のように述べられています。

ピックアップしたのは一部の口コミですが、「車一括査定 電話」などで検索すると、上記したような内容ばかりです。

つまり利用者のほとんどがしつこい電話を嫌がっているのが現状と言えます。

しかしなぜこのように電話がかかってくるのか、気になりませんか?

実はその原因を知ることで、しつこい電話に対処することが可能になります。

車一括査定でしつこく電話がかかってくる原因

車一括査定でしつこく電話勧誘がかかってくる原因は単純で、下記にあげた通り2つあります。

車一括査定でしつこく電話がかかってくる原因
  • オートコールシステムで自動的にかかってしまう
  • 確実にアポ取りをしたい

それぞれ以下に分けて解説していきましょう。

オートコールシステムで自動的にかかってしまう

オートコールシステムとは、超大手車買取店の「ガリバー」や「ビッグモーター」で採用されている仕組み

そしてその名の通り、車一括査定の申し込みを検知すると同時に、自動でコールセンターから電話をかけ、お客様とコンタクトをとっています。

超大手車買取店としては、「先にお客様とコンタクトをとる=成約率が上がる」と考えているため、営業戦略の上で最も合理的だと思われているのです。

ただし、それが原因でユーザーに迷惑だと思われるのは間違いないでしょう。

確実にアポ取りをしたい

どんな車買取店でも、必ずお客様とコンタクトを取る=アポ取りをしたいと思っています。

なぜなら前述したオートコールシステムと同様に、お客様とコンタクトをとることで成約確立を上げたいと思っているからです。

そのためたとえオートコールシステムを導入していない車買取店だったとしても、あなたと電話がつながり、話をしてアポ取りをしたいと考えています。

その結果として、何度も電話がかかってきてしまうのです。


以上の説明から、しつこく電話がかかってくる原因については理解できましたよね。

そう、それぞれ車買取店の営業戦略や「絶対に車買取を実施したい!」という気持ちの裏返しなのです。

もちろん迷惑であることには違いありませんが、この原因さえ把握しておけば意外と簡単に対処することが可能です。

そのため対処法については後述しますので安心してくださいね!

そしておそらくあなた自身「そもそも違法性はないの?」と思っていると思いますので、その点について法律を引用して説明していきましょう。

3.車一括査定のしつこい電話は違法ではないのか

車一括査定のしつこい電話に関して、筆者自身は法律の専門家ではないため「正しい答えを知っている」というわけではありません。

しかし特定商取引法という法律を見ると、ある程度の推測は十分に可能です。

実際に下記をご覧ください。

第四節 電話勧誘販売

(電話勧誘販売における氏名等の明示)

第十六条 販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売をしようとするときは、その勧誘に先立つて、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称及びその勧誘を行う者の氏名並びに商品若しくは権利又は役務の種類並びにその電話が売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げなければならない。

(契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止)

第十七条 販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

※引用元:電子政府の総合窓口e-Govの「特定商取引に関する法律」より

簡単に言うと「電話勧誘によって販売する」ということに対して、「契約をしない」と伝えた人にそれ以上の勧誘をすることが禁止されているのです。

つまり考えてみると、そもそも車一括査定は

  • 電話勧誘をしている…ただし、電話だけで契約が決まるわけではないため法律と関係ない
  • しつこく電話をする…断ったとしても契約云々とは関係ない電話であるため、法律で取り締まられない

ということになります。

そのためしつこい電話勧誘自体は、正直なところ「特定商取引法では禁止できない」と考えるのが妥当といえるでしょう。

だからこそ超大手車買取店自体も、オートコールシステムによって自動電話を次々にかけてくるのです。

ただし、先ほども述べたように対処法さえ知っておけば、車一括査定の電話に対して身構えずとも、旨味だけをきっちり享受することが可能です。

次章ではお待ちかねの対処法について解説していきますので、ご覧ください。

4.車一括査定の電話は3つの対処法でクリアできる

車一括査定で最大のデメリットであるしつこい電話は、下記の2つの対処法を実施することで、しつこい電話勧誘を防ぐことが可能になります。

車一括査定の電話の3つの対処法
  1. オートコールシステムの買取業者を依頼先から外す
  2. 最初から電話勧誘をされないように申し込む
  3. あらかじめアポの日時を決めておく

それぞれ、以下に分けて説明していきます。

対処法1.オートコールシステムの買取業者を依頼先から外す

繰り返しになりますが、オートコールシステムは「自動で電話をかけるシステム」。

もちろんこれらのシステムを入れるにはお金がかかりますので、どこの買取業者も導入しているわけではありません。

業界に精通している筆者が知っている限り、オートコールシステムを導入しているのは「ガリバー」と「ビックモーター」の2社です。

つまり車一括査定申し込み時に、ガリバーとビックモーターを依頼先から外せばいいのです。

外し方はカンタン。

下記が筆者がオススメしている「カーセンサー」の申し込みフォームですが、査定申し込み先がありますので、そこでガリバーとビックモーターを外すだけ。

これはパソコンでの申し込みを例にしましたが、スマホでも同じように行えます。

対処法2.最初から電話勧誘をされないように申し込む

そもそも論ですが、最初からしつこい電話勧誘がされないように申し込めばOKというのはいうまでもありませんよね。

実はその方法があるのです。

下記に2つ挙げておきましたのでご覧ください。

  1. カーセンサーでメール指定をする
  2. ユーカ―パックを使う

それぞれ分けて紹介していきます。

カーセンサーでメール指定をする

カーセンサーカーセンサー

カーセンサーが提供する車一括査定では、実は「メール連絡の指定」が可能です。

百聞は一見に如かずと言いますから、下記をご覧ください。

1.トップ画面に必要事項を入力する
カーセンサーのTOPページカーセンサーのTOPページ
2.詳細条件の入力&査定依頼をする車買取店の選択の後、「売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」
カーセンサーの詳細情報入力カーセンサーの詳細情報入力
3.連絡希望時間帯の欄に「メールのみでの連絡を希望する」という旨を記載
カーセンサーに連絡希望時間帯に「メールのみの連絡希望」カーセンサーに連絡希望時間帯に「メールのみの連絡希望」

たった3ステップで完了します。

基本的にどの車買取店もお客様からの申し込み情報を見てから連絡が来るため、メール指定さえしておけばしつこい電話は防げます。

ただし、例外もあります。

それはオートコールシステムを採用している車買取店では、申し込みと同時に自動で電話をかけてしまうため、結果的に電話勧誘を避けられないのです。

特に大手車買取店は競合先として用意しておくと、その資金力の高さから「最高額を高確率で引き出せる」ということができます。

そのため大手車買取店だけは、電話がかかってきても選択するのがオススメです。

ただ、その電話勧誘自体も「対処法2」を実践すれば、ほとんど回避することができるので安心してくださいね。

90秒で完了!カーセンサーで最高額をチェック

ユーカーパックを使う

ユーカ―パックユーカ―パック

ユーカーパックは車一括査定とは少し異なるサービスで、全国の提携店舗全体とのオークション形式を採用しています。

そして提携している車買取店はサービスのシステム上で入札による競合をしていくだけであるため、あなたに直接迷惑な電話連絡が来ることはないのです。

そして実際の流れとしては下記の通り。

  1. サービスに申し込む
  2. サービスの運営元から電話連絡が来て、希望額や評価方法などの説明を受ける
  3. 提携しているガソリンスタンドなどで、車の評価をしてもらう
  4. 車の評価がシステムに反映されて、入札による競合がされる
  5. 競合の後、最高額で車売却できる(気に入らなければ拒否できる)

つまり運営元から事務的な電話が来るだけであり、あなたのストレスとなる迷惑な電話勧誘は一切来ないのです。

ただしシステム上で競合がされていくだけであるため、正直なところ緊迫感が無く、車買取店としても「競合に張り合いがない」というのが事実。

そのため車一括査定と比較すると、やや低い査定額で落ち着いてしまうケースが多いのです。

だからこそ、もし絶対に車買取店からの電話を避けたいのであれば「ユーカーパック」を、対処すれば良いと思っているのであれば「車一括査定」を利用するのがオススメです。

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック

対処法3.あらかじめアポの日時を決めておく

対処法の3つ目は、先にアポの日時を決めておき、電話が来たらサクッとアポを取り付けてしまうということです。

筆者がプロ目線で見たとき、実はこの対処法が一番オススメです。

というのも車買取店はあなたとコンタクトをとり、そしてアポ取りができればその後迷惑な電話勧誘を続ける理由はありません。

そのため下記の手順で利用することをオススメします。

  1. あらかじめアポ取りの日時を決めておく(同時競合させるため同じ日時でOK)
  2. 車一括査定に申し込む
  3. 各車買取店から電話がかかってきたら、すぐに日時と場所を伝える

たったこれだけの手順で、余計な営業電話を受けることはなくなります。

もちろん最初のアポ取り電話だけは来てしまうのですが、必要最小限で済み、さらに競合させて最高額が引き出せるのであればオススメなのは間違いないといえるでしょう。


以上が2つの対処法でしたが、実はもうひとつだけ「すぐの電話だけは回避できる」という方法があります。

根本的な対処法ではありませんが、申し込み後すぐに電話がかかってくるのが嫌な人にはオススメですので、下記をご覧ください。

JADRI加盟の車買取店に依頼する

JADRIとは「一般社団法人日本自動車流通研究所」といって、車の売買における優良企業のみしか加盟できない団体です。

つまり加盟店に依頼するということは、安心できるということです。

具体的にはJADRI加盟店は夜9時以降に申し込みをすると、翌日朝8時に電話がかかってきます。

つまり今すぐにアポ取りの日時が決まらない場合には、夜9時以降にいったん申し込みだけをして、朝8時までに日時を決める猶予が与えられるということです。

そのためJADRI加盟店に依頼する場合には、対処法2で説明した手順を少し逆転しても問題ないと言えます。

ちなみにJADRI加盟店のみに依頼できる車一括査定もあり、サービス名を「かんたん車査定ガイド」といいます。

かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドなら最初からJADRI加盟店に依頼できますし、猶予期間が与えられる点などは大いに評価できますから、プロ目線でもかなりオススメですよ!

1分で完了!かんたん車査定ガイドで最高額をチェック

5.まとめ

以上、車一括査定の電話に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 車一括査定は「しつこい電話」という唯一にして最大のデメリットがある
  • 実際に多くの人が電話勧誘にストレスを感じていて、SNS上でも多くの悪い評判が見られる
  • 車一括査定のしつこい電話は、2つの対処法できっちり対処することが可能
  • そのため車一括査定を利用して、電話だけ対処すればラクに最高額が得られるのは間違いない

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック