これを見れば一目瞭然!車保険のネットとディーラーの違いを徹底解説

あなたは自動車保険を加入する際、どこで自動車保険に加入しますか?

おそらく「車を購入した自動車ディーラー」や「地元で付き合いのある保険代理店」が選択肢に上がるでしょう。

そんな選択肢の中で頭の片隅に「ネットの自動車保険」が浮かんでいませんか?

しかし

  • ネットで加入する自動車保険とディーラーで加入する自動車保険には違いがあるのか
  • ディーラーとネットではどちらで保険加入する方がお得なのか
  • 本当にお得になる自動車保険の加入方法はあるのか

ということについて、様々な疑問を抱いているでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンである筆者が自動車保険に関して、ネットとディーラーの違いやお得に保険加入する方法について詳しく解説していきます。

記事の内容は非常に簡単ですから、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

読み終わる頃には、どのようにすればお得な自動車保険に加入できるかがしっかりと理解できますよ!

1.自動車保険ってネットとディーラーの違いはあるの?

自動車保険に加入する方法として、あなたが頭の中で考えているような「自動車ディーラー」や「インターネット」があります。

とはいえ実際にそれぞれの自動車保険では違いがあるのでしょうか。

先に結論を述べておきますが、ネットとディーラーの自動車保険には大きな違いがあります。

それはネットの自動車保険は俗にいう「通販型」というものであり、ディーラーの自動車保険は「代理店型」というものだということです。

しかしそれぞれの違いについてはあまりよく分かりませんよね。

そこでここまでは「ネットとディーラーの自動車保険は、それぞれ通販型と代理店型と呼ばれる、全く別の形態である」とだけ覚えておいてください。

そして次章にて詳しい違いについては述べていきますので、そのままご覧になってくださいね。

2.代理店型と通販型の保険会社って何が違うの?

前章までの解説で「ディーラーの自動車保険=代理店型」、「ネットの自動車保険=通販型」ということが分かったかと思います。

しかし詳細な違いについては解説していないため、分からないでしょう。

そこで本章では代理店型と通販型の違いについて、それぞれ詳しく解説していきます。

それでは早速、下記に簡単な比較表を載せておきますのでご覧ください。

保険の種類 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

この表を踏まえて、それぞれの特徴を次に詳しくご紹介していきます。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険に関して、最大の特徴は「店舗を持ってスタッフが直接フォローをしている」という点です。

そのため顧客目線で見ると「プロに任せられるから安心できる」と感じることができます。

しかし実際には自動車ディーラーによる保険業務は「あまり専門的ではない」といわざるを得ない側面があるのです。

なぜなら自動車ディーラーの営業マンはあくまで「新車や中古車に関するプロ」であり、実際に自動車保険に関して知識が乏しい場合が多く、結果的にお客様に対する的確なフォローをすることは非常に困難だからです。

もちろんすべての営業マンに該当するわけではありませんが、基本的には「良い対応を受けるのは難しい」と考えておく方がベターでしょう。

また「代理店型=保険料が高い」ということについては後述しますので、うっすらと頭の中で覚えておいてくださいね。

次は通販型の自動車保険について解説していきます。

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険は主にインターネットにて申し込みを行う自動車保険のことを指しています。

そのため代理店型の自動車保険と異なり「店舗を持たない自動車保険」で、メールや電話での対応がほとんどなのです。

その結果、多くの方が「通販型は直接顔を合わせて話をしないから、対応が悪い」と考えていますが、実はこの認識についてはハッキリと「間違っている」と回答しておきます。

というのも通販型の自動車保険は顔の見えないやり取りだからこそ、自社の評判を落とさないよう非常に丁寧な対応を心がけているからです。

そしてコールセンターの担当者や事故対応の担当者は各種保険を専門的に扱っているプロしかいませんから、結果的に「安定的に高い質の対応を受けることができる」といえるのです。

さらに最大の特徴として「保険料の安さ」が挙げられます。

まずは下記の画像をご覧ください。

代理店型通販型保険料比較SJNK

代理店型通販型保険料比較損保ジャパン日本興亜

代理店型通販型保険料比較イ―デザイン

代理店型通販型保険料比較イ―デザイン

それぞれ代理店型と通販型の自動車保険を、ほとんど同様の条件で見積もりを出した結果なのですが、なんと通販型の方が35,000円以上も安くなることが分かります。

「たまたまこのケースだけ保険料に差がついたのではないか?」と感じたかもしれませんが、実はこのようなケースは一般的で、半額以下になるケースも珍しくないのです。

しかしなぜ通販型の自動車保険はこれほどまでに保険料が安くなるのか気になりますよね。

実は通販型の自動車保険は先程も述べたように店舗を持っておらず、その結果営業スタッフを雇う必要もないことから、運営にかかるコストが安いという現状があります。

そのため運営コストが安くなった分を保険料に還元しており、結果的に保険料も非常に安くすることができるのです。

以上のことから通販型の自動車保険は「対応も安心できて、さらに保険料も非常に安い」と覚えておきましょう。

とはいえ一概に「絶対に通販型がオススメ!」ということはできません。

なぜならディーラーで加入する方がオススメな人もいるからです。

そこで次章ではディーラーとネット、どちらの自動車保険に加入するのがオススメかを解説していきましょう。

3.ディーラーの車保険に入るべき?それともネット?

前章までの解説をご覧になった方は「通販型の方が良いかも」と思いましたよね。

たしかに、質の高い対応と保険料の安さは魅力的です。

しかし中にはディーラーで自動車保険に加入した方が良い人もいますから、本章ではディーラーとネットの2パターンについて「オススメな人」をご紹介していきましょう。

ディーラーで加入する代理店型の車保険がオススメな人

ディーラーで加入することがオススメだという人は、主に下記の2つのポイントに当てはまる人です。

  • 自動車に関するすべてのことはディーラーで完結したい
  • なんとかしてディーラーの担当営業マンを応援したい

それぞれ簡単に説明していきましょう。

自動車に関するすべてのことはディーラーで完結したい

自動車に関するすべてのことを自動車ディーラーに任せたいと思っている方は意外と多く、実際にあなた自身の中にもそのような気持ちはありませんか?

たしかに自動車ディーラーにすべてを任せてしまえば、車検・点検・整備・保険など、すべての業務をディーラーが管理してくれるため、楽ですよね。

そのためもし「数万円分の損ぐらいであれば気にしない」という方は、自動車ディーラーで保険加入することで楽になるでしょう。

なんとかしてディーラーの担当営業マンを応援したい

自動車ディーラーの営業マン全員が「完璧」な営業マンとは限りません。

しかし中には少しドジで可愛げのある営業マンもいます。

そしてそのような営業マンは基本的に営業成績が悪いため、何となく応援してあげたい気持ちにもなるでしょう。

そのためもしあなたがディーラーの営業マンと良い付き合いをしていて、営業成績に少しでも貢献してあげたいと感じているのであれば、自動車ディーラーでの保険加入はオススメです。

以上が2つのポイントでしたが、まとめると「ディーラーとの付き合いを非常に大切にする方」が該当します。

しかしあなたが自動車ディーラーとそれほど濃い付き合いをしていないのであれば、やはり次にご紹介するネット加入の方がオススメでしょう。

その理由とポイントについて、詳しくは次をご覧ください。

ネットで加入する通販型タイプの車保険がオススメな人

ネットで保険加入するのがオススメな人は、主に下記3点のポイントに該当する方です。

  • 保険料を少しでも安く抑えたい
  • プロによる安定して質の高いサポートを受けたい
  • 無駄な勧誘を受けたくない

こちらについてもそれぞれ以下にて述べていきます。

保険料を少しでも安く抑えたい

先程詳しく解説した「通販型の保険料」をご覧になれば一目瞭然ですが、保険料を少しでも安くしたいと感じている方は迷わずネットで保険契約をすることがオススメです。

特に先程載せた画像のように、非常に保険料が安くなりますからあなたのお財布には非常に優しいといえます。

また安くなった保険料分をさらに手厚い補償へと変えることも可能ですから、考え方によっては無限大の可能性を秘めているといっても過言ではないのです。

以上のことから、保険料を安く抑えたいと強く願っている場合はネットでの保険加入がオススメですよ!

プロによる安定して質の高いサポートを受けたい

こちらについても先程述べましたが、通販型の自動車保険では「安定して質の高いサポート」を受けることが可能です。

実は自動車ディーラーに限らず、代理店型の自動車保険は営業マンと直接やり取りをしなければならず、サポートの充実度や対応の質は営業マンごとに異なってしまいます。

そのため一部では「非常に良い」と評判の営業マンに当たる可能性はあるのですが、実際には何を聞いても分からない、素人のような営業マンに当たってしまう方もいるのです。

それに対して通販型の自動車保険は高い水準のサポートが安定しているため、「営業マンに依存するのはちょっと不安かもしれない」と思った場合にはネットでの保険加入がオススメです。

無駄な勧誘を受けたくない

あなたは「保険=勧誘」というイメージを持っていませんか?

突然自宅へ保険勧誘の飛び込み営業に来られたという経験がある方もいるかもしれませんね。

実際に私も自動車保険営業マンをしていたとき、飛び込みをよくしていましたが快く迎えてくれたお客様は非常に少なかったことを覚えています。

あなた自身も「保険の勧誘は受けたくない」と思いますよね。

実はそんな方にこそ通販型の自動車保険がオススメなのです。

なぜなら通販型の自動車保険ではインターネット上でのやり取りがメインであるため、余計な勧誘をする余地が無いからです。

もちろんメルマガ配信がされることもありますが、すぐに登録解除することも可能ですので、実質的な「ブロック」をすることが簡単にできるのです。

以上のことから、できる限り保険勧誘をされたくないという方はネットでの保険加入がオススメですよ!

ここまでの説明であなたはどちらで保険加入をしたいか、気持ちは固まりましたか?

筆者のオススメについては次に述べていきます。

筆者は「ネット加入」の通販型の自動車保険がオススメ!

筆者としては、ネット加入を強くオススメします。

なぜなら保険料が安く質の高いサポートを受けられるため、安心して快適に自動車保険に加入することができるからです。

また自動車ディーラーとの付き合いに関しても、実は「ディーラー側としては保険をそれほど重要だと思っていない」という側面もあるため、付き合いが悪くなるということは一切ありません。

そのため

  • 保険料の安さ
  • サポートの安心感

という、保険加入をする上で最も重要視するべきポイントに的を絞って検討することが重要なのです。

以上のことから筆者は、安く安心なネット加入を強くオススメします!

またネット加入をする上で、さらにお得になりたいと思いませんか?

そんなあなたには次章にてご紹介する「自動車保険一括見積もり」というサービスの利用をオススメします。

ビックリするほどお得になりますよ!

4.もっとお得になるなら自動車保険一括見積もりがオススメ!

あなたは自動車保険一括見積もりをご存知ですか?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上で複数の保険会社に一括して、保険見積もりを依頼することができるサービスのことをいいます。

そして通販型はもちろん、代理店型の保険会社も大手保険会社を中心に一括見積もりが可能であるため、「本当にお得な保険会社」を見つけることが可能なのです。

また見積もり提示もハガキ(DM)やメールによってされるため、電話によるしつこい勧誘などの心配はありません。

利用方法は

  • 車に関する情報(型式や年式、走行距離など)
  • 契約者に関する情報(年齢やDMを送るための住所など)
  • 補償に関する情報(車両保険の有無など)

を簡単に入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも10分あれば十分申し込みは完了してしまいます。

以上のことから、「最短時間で最もお得な保険会社で自動車保険に加入できるサービス」ということができるのです。

実際に利用してみると「えっ、保険会社ごとにこんなにも差があるの?」と驚きを隠せませんよ。

ぜひ一度お試しくださいね。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上、ネットとディーラーの自動車保険の違いについての解説を終了しますが、いかがでしたか?

保険料の差額など、驚くことが多かったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • ネットとディーラーの違いは「通販型」と「代理店型」である
  • 通販型の自動車保険は保険料が非常に安く、サポートの質も高い
  • 自動車保険一括見積もりを利用すると、本当にお得な保険会社が最短時間で分かる

ということを覚えておいてくださいね。

特に最後の自動車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単にお得になるサービスですので、ぜひ一度ご利用ください。

必ずあなたの予想を超えた結果を得ることができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これさえ見ればOK!結婚後の車保険で知っておくべき3つのポイント

元保険担当が解説!交通事故時の担当者は代理店型と通販型によって違うの?

代理店型の自動車保険はデメリットだらけ?その真相を徹底解説

通販型の自動車保険で失敗?リアルな失敗事例とその対処方法

車保険は代理店型?ダイレクト型?気になる料金相場と事故対応を比較

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?