自動車保険

自動車保険でたまに聞く「ノンフリート」等級とは?真相について徹底解説

自動車保険では様々な専門用語がつかわれています。

そのためあなた自身、「何がなんだかよく分からない…」と思っていませんか?

実際のところ自動車保険の営業マンであっても、まだ就職したばかりのような人ではお客様に説明できない場合があるほど、自動車保険業界には専門用語ばかりが溢れています。

つまり専門家として就職した人であっても、あなたと同じく「この用語は何を言っているのか分からない」と思っている場合があるということです。

そしてそんな自動車保険の専門用語の中でよく聞くのが「ノンフリート」という用語です。

あなたも自動車保険について考えているときに、頻繁に耳にしたことがありますよね。

そのため

  • 自動車保険でよく聞くノンフリートってどのようなものなの?
  • ノンフリートを知っておくと、保険料がお得になることもあるの?
  • ノンフリート等級に関わらず安い保険料の自動車保険に加入する方法はないの?

など、「ノンフリート」という言葉を知らないために気になることが多すぎますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の専門用語である「ノンフリート」について、どのような仕組みなのか、そしてどのようにすればお得な自動車保険に加入することができるのかといったことについて、詳しく解説していきましょう。

内容は非常に簡単ですし、分かりやすくまとめて説明していきますから、ぜひ最後までスラスラと気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「ノンフリートってこういう意味なのか!」「本当にお得な自動車保険はこのように探せばいいのか!」と納得することができますよ!

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

保険スクエアbang!公式サイト

1.「ノンフリート」とは「保険会社が保険契約者に付与した保険使用のリスク」

おそらく今回の目次を見ても分けわからない・・・これが一般的な人の考えだと思います。

それもそのはず。ノンフリートという言葉を自動車教習所でも説明なければ、自動車保険会社も教えてくれないですからね。

最初の結論を言うと、等級(1~20)のことと覚えておけば大丈夫。

でもやっぱりもう少し詳しいことが気になるという人もいらっしゃると思いますので、説明していきます。

「ノンフリート」の真相

自動車保険では契約時、または更新時などに「ノンフリート」という言葉をよく聞きます。

冒頭でも述べていますがこの言葉について「何それ?」と疑問に思ったことがありますよね。

特に自動車保険の契約に関する中でノンフリートという言葉は、本当に重要な役割を担っていながら「よく分からないから、保険屋さんに任せておこう」と思ってしまうお客様が多くいるという現状があります。

そのため「内容をあまりよく理解していないまま、保険契約をしている」という状態になっている場合があり、その場合には非常に危険な状態だと思ってください。

そこで本章では、自動車保険の専門用語としてよく聞く「ノンフリート」という言葉について、詳しく解説していきましょう。

そもそも自動車保険には「フリート」と「ノンフリート」がある

自動車保険には、そもそも「フリート」と「ノンフリート」という言葉があります。

フリートではない、つまりノン・フリートということであるというのは、簡単に理解できますよね。

この2種類には大きく違いがあるのです。

フリートについて説明しておきますが、フリートとは保険契約の形態の1つであり「10台以上車を保有している場合の契約形態」のことを指しています。

つまり10台以上車を保有しているような企業など以外は基本的に関係なく、あなたが一個人として自動車保険に加入したいと思っている場合には、「ノンフリート」という契約形態になります。

そしてノンフリート契約をする場合には「ノンフリート等級」という、いわば保険会社が保険契約者に付与した「保険を使用するリスク」のことを指しているのです。

そこで次に、ノンフリート等級についてご紹介していきましょう。

ノンフリート等級ってなに?

ノンフリート等級とは前述したように「保険会社が保険契約者に付与した保険使用のリスク」だと考えると分かりやすくなります。

とはいえ「リスク」がどのようなものなのか分かりませんよね。

保険会社にとってのリスクは「保険契約者が自動車保険を使用して保険金請求をする=保険会社は持ち出しが増えるため損してしまう」ということになります。

つまり保険契約者が事故を起こさず、保険金の請求もしない場合には「より良い等級」が付与され、お得な保険料で自動車保険に加入することができると覚えておきましょう。


とはいえノンフリート契約、ノンフリート等級についてはある程度理解することができたかと思いますが、実際のところ「まだ仕組みがよく分からない」と感じていますよね。

そこで次章にて、ノンフリート等級の仕組みを詳しく解説していきますので、ご覧ください。

2.ノンフリート等級の仕組みってどうなっているの?

前章の解説でノンフリート契約が「1~9台分の自動車保険を契約すること」であり、ノンフリート等級が「保険会社がリスクを表したもの」ということは簡単に分かったでしょう。

しかし実際にはノンフリート等級の仕組みについて、まだ分からな部分がありますよね。

そこで本章ではノンフリート等級について詳しく仕組みを解説していきます。

ノンフリート等級は1~20等級まである

保険会社がノンフリート等級によってお客様の保険使用のリスクを表しているということは簡単に説明しましたが、実はノンフリート等級は1~20等級まででランク分けされています。

そして保険等級のランクが20に近づくにつれて徐々に「保険料割引」が大きくなり、保険料がお得になっていくのです。

つまり「保険会社がお客様に保険金を支払うリスクが少なくなるにつれて、お客様の保険料は安くなる」と覚えておきましょう。

また基本的には「初めての保険契約」の場合、つまりスタートが6等級(条件によっては7等級)からになるのです。

さらに保険等級は契約の更新のたびに上昇、または下降していくため「保険料がお得になる場合もあれば、損してしまう場合もある」といえます。

しかし「どのような条件によって、ノンフリート等級が変化するのか」と思ったことでしょう。

そこで以下に上昇・下降の条件を分けて説明していきますので、ご覧ください。

ノンフリート等級が上げるにはどうすればいいの?

自動車保険の契約更新の際に、ノンフリート等級が上がってお得になるには「自動車保険の使用をしない」ということが基本的な条件になります。

単純なことですよね。

そのため無事故である場合には当然ですが、事故を起こしてしまった場合でも保険会社に補償してもらわず「自力で示談ができた」または「自分のお金で通院費や車の修理費用を支払った」という場合には、契約の更新時に保険等級が「1」上がると覚えておきましょう。

また下記に詳しく述べますが、条件によっては保険会社に補償をしてもらった場合でも等級が通常通りに上昇する例もありますので、次をご覧ください。

ノンフリート等級が下がる条件はどんなもの?

ノンフリート等級が上がる条件はよく理解することができたかと思いますが、実は下がる条件は逆の「保険会社による補償を受ける」ということになります。

つまり基本的には「保険会社が事故などによって保険金をお客様に補償した場合、次に自動車保険を更新する場合には保険等級が上がる」と覚えておいてください。

そして等級のダウンは「3」となります。

しかし実際には先程も述べたように保険会社に補償してもらった場合でも、等級が下がらない場合もありますし、「1」だけ下がる場合もあります。

例えば契約自動車の盗難やいたずら、そして自然災害(台風や洪水など)など、仕方のない条件の場合には1等級だけダウンするのです。

そして自動車保険の補償として付帯させている「人身傷害」・「搭乗者傷害」・「弁護士費用特約」・「ファミリーバイク特約」による補償を受けた場合には、「ノーカウント事故」としてノンフリート等級は下がらず、通常通りに次回の更新時も等級は上昇します。

あわせて読みたい
自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には...
あわせて読みたい
事故によって等級はいくつ下がる?自動車保険の等級について徹底解説!車に乗っている、またはこれから購入をしようと思っているあなたには必須ともいえる「自動車保険」。 俗に任意保険とも言われている自動車...
あわせて読みたい
自損事故で車両保険を使うと等級や保険料はどうなってしまうの?あなたは事故にあったことはありますか? 事故に合うことは意外と少ないため、なかなか事故にあった経験を持っていることは少ないのではな...

以上が自動車保険のノンフリート等級に関する仕組みの解説でしたが、ご覧になると「基本的には事故を起こさない限り、大丈夫そうだ」と思いましたよね。

その通りで、保険会社は事故を起こさないお客様を優遇するため、自動車保険の年間保険料を安くするためには「事故を起こさないこと」が重要になるのです。

そこで次章では、ノンフリート等級によってどの程度保険料が変化するのか、実際に保険料を試算した結果をご紹介していきます。

3.ノンフリート等級によって年間保険料は大きく変わる!

前章の解説でノンフリート等級の仕組みは分かったかと思いますが、ノンフリート等級によって保険料がどのように変化するのか知りたいと思いますよね。

そこで下記に、実際に試算して比較した結果を載せておきますのでご覧ください。

等級 年間保険料(円) 6等級との保険料差(円)
6 110,770 0
10 70,790 39,980
15 60,610 50,160
20 49,000 61,770

保険料算出条件

  • 事故有:0
  • 運転者:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 居住地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 使用用途:通勤通学片道10km未満
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償:チューリッヒのオススメプランを選択

ご覧になると分かるように、実はスタート時点での6等級と最高位である20等級の保険料を比較すると「倍以上の差」がありますよね。

もちろん保険会社や契約条件によっても差額は変化しますが、基本的には「倍以上変わってしまう場合もある」ということは覚えておいてください。

しかし新規契約からノンフリート等級が20等級になるまでには、最低でも14年がかかるということに多少なりとも絶望を感じてしまいますよね。

たしかに14年という年月は果てしなく長いものです。

とはいえ実は条件付きではありますが、裏技的に高い等級を手に入れる方法もあります。

それは「家族から進んだ等級をもらう」というものです。

一体どういうことなのか、気になりますよね。

実は「あなたの家族の誰かが車を増減車するタイミングであれば、家族間で等級の入れ替えをすることができる」ということが可能であり、例えばあなたの親から等級がもらえる場合には、等級を継承することでお得な保険料になる場合があるのです。

しかし家族の定義が「同居している親族(基本的に三親等以内)と別居している未婚の子」であることや、車の増減車があるタイミングでしかノンフリート等級の入れ替えをすることができませんから、条件としては「ごくまれに当てはまる」という程度に考えてください。

等級の引継ぎについては、下記記事で詳しく解説指定します。

あわせて読みたい
親名義の自動車保険の等級はもらえる?この噂の真相を徹底解明!車を初めて購入した!親から車をもらった!というそこのあなた、おめでとうございます。 これからあなた自身の行動範囲が広がり、楽しいカ...
あわせて読みたい
自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証自動車を持っている限り、毎年更新する自動車保険。 この自動車保険は、無事故を続けると毎年「等級が上がっていく」という話、聞いたこと...
あわせて読みたい
車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくに...

しかしそう聞くと「それでは、お得な保険料で自動車保険には加入できないのか…」と思ってしまいますよね。

安心してください、実は次章にてご紹介する「自動車保険一括見積もり」を利用することで、最もお得な自動車保険を簡単に探し出すことができるのです。

特にあなたが「少しでもお得な自動車保険に加入したい」と思っている場合には、間違いなくオススメのサービスですし、最もお手軽なサービスということができますから、ぜひこのまま最後までご覧になってくださいね!

4.等級に関わらずお得な自動車保険に入るなら「自動車保険一括見積もり」がオススメ!

前章までの解説でノンフリート等級がどのような仕組みのものなのか、よく理解することができましたよね。

しかし理解すると同時に、「本当にお得になるには非常に長い時間がかかってしまう」ということが分かり、少しだけ絶望的な気分になってしまったでしょう。

そこで確実にお得な自動車保険を探し出すためのサービスとして、本章では「自動車保険一括見積もり」をご紹介していきます。

このサービスを利用することで、間違いなくあなたにとって最もお得な自動車保険を探し出すことができますのでしっかりとご覧ください。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社程度の保険会社に一括して、ほとんど同条件の保険見積もりを依頼することができます。

つまりあなたは一度の申し込みをすることで、複数の保険会社に対して保険見積もりを依頼することができるため、結果的に「最も安い保険会社がどこなのか」を一気に調べることができるというわけです。

そして申し込み方法に関しては非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅くとも5分前後あれば十分に申し込みを完了させることができます。

つまり自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」だということができるのです。

しかしお得になる仕組みについては理解することができたかと思いますが、実際に利用するには「自分の個人情報を入力するのは不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用できるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」ということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべて大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」がしっかりと明記されており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用されることがないからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っているため、あなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいといえます。

そのため申し込み時に個人情報を入力するということに関しては、安心してくださいね。

また申し込み後の勧誘については一切ありません。

というのも自動車保険一括見積もりは申し込み後に、ハガキ(DM)やメールによって見積もり提示またはお得なプレゼントキャンペーンなどに関する案内があるだけですから、実はあなたに迷惑がかかることは無いのです。

仮にお得なキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信の停止依頼をすることもできるため、安心して利用することができるといえます。


以上のことから、自動車保険一括見積もりは最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することもできるサービスだといえるのです。

そのためぜひ一度、ご利用になって「こんなにお得になるの!?」とビックリしてくださいね。

必ずあなたが満足できる保険料を提示され、納得できる自動車保険に加入することができますよ!

【2018年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:アンケート回答でコシヒカリがもらえる「楽天 保険一括見積り」

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 見積もり完了後にアンケート回答でコシヒカリ1等米がもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2018年4月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

保険スクエアbang!公式サイト

5.まとめ

以上、自動車保険でよく聞く、専門用語の「ノンフリート」についての解説を終了しますが、ご覧になると「ノンフリートってこのような意味だったのか」「ノンフリート等級によって保険料はこんなに変わるのか」「お得な自動車保険に加入するにはこうすればいいのか」とビックリしたことでしょう。

その感覚は正しくて、実際にノンフリート等級によって大きく保険料は変化しますし、等級に関わらずお得な自動車保険に加入することも簡単です。

そのため安心して、自動車保険に加入してくださいね。

最後にまとめると、

  • ノンフリートとは「1~9台で自動車保険の契約をすること」である
  • ノンフリート等級は、ノンフリート契約をした場合に付与される「お客様が保険会社による補償を受けるリスク」のことを指している
  • 最もお得な自動車保険を安心して探すには「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用することがオススメである

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては本当に重要であり、最も効率的に最も安い自動車保険を探し出すことができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

間違いなくあなたが満足できる条件で自動車保険に加入できますし、納得のいく保険料が提示されますよ!

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

ユーカーパック公式サイト