車保険でよく聞く「ロードサービス」の内容を徹底的に比較してみた!

車に乗っているあなたにとって非常に重要なものである、自動車保険。

万が一の事故の際には必ず必要になるため、「保険料の負担は重いなあ…」なんて思いながらもしっかりと加入しているでしょう。

しかしどこの保険会社が良いのか、悪いのか、保険のスペシャリストではないあなた自身が判断することは非常に難しいですよね。

いくら調べても「当社は○○が充実しています!」「当社では△△が強いです!」と書いてあるばかりで、なかなかどの保険会社にするべきか、判断に苦しんでしまうでしょう。

とはいえひとつだけ気になる言葉もありますよね。

そう、それは「ロードサービス」です。

ロードサービスは各保険会社が非常に力を入れているサービスであるせいか、「ロードサービスに強い!」なんていう言葉を目にしたことはありませんか?

しかしよく考えてみると

  • ロードサービスってそもそも何なの?
  • ロードサービスって本当に必要なの?
  • ロードサービスは保険会社ごとに違いがあるの?

など、疑問点は尽きないかと思います。

そこで今回は元自動車保険営業マンである筆者が、自動車保険のロードサービスとは何か、またロードサービスは保険会社ごとに違いがあり比較するとどうなのかをご紹介していきましょう。

内容は決して難しくなく意外にも単純な内容ですから、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

また読み終わる頃にはロードサービスの重要性や必要性、そして保険会社によるロードサービスの違いについて深く理解することができますよ!

さらに最後には「自動車保険の保険料を安く抑える方法」についてもご紹介していますから、期待していてくださいね!

1.自動車保険でよく聞く「ロードサービス」ってなに?

自動車保険について調べたり、保険会社のCMを見るとよく「ロードサービス」という言葉を耳にしますよね。

しかし「なんとなくイメージは付くけど、実際にどんなサービスなのか」はあまり知らないかと思います。

そこで本章では自動車保険でロードサービスとはどのようなものか、また実際にロードサービスを利用した人がどう思っているかをご紹介していきましょう。

ロードサービスとは何か

ロードサービスを直訳すると「道路のサービス」になりますが、正直に述べると「何だそれは」と思ってしまいますよね。

そこでロードサービスについて簡単に特徴を説明していきましょう。

ロードサービスとは事故や故障で動けなくなってしまった車のレッカーけん引はもちろんのこと、キーとじ込みやバッテリー上がりチャージ、燃料の補給など、あなたの車に関する様々な「非常事態」に緊急対応してくれるサービスのこと

そして保険会社がアピールしているロードサービスも同様で、あなたの自動車保険にサービスを付帯させておくことで保険会社と提携している民間のロードサービス会社が対応をしてくれます。

また自動車保険ではロードサービスを付帯させるには優良である場合と無料で自動付帯される場合があるのですが、有料で付帯させた場合であっても保険料がそれほど上がることはありません。

それどころか非常に充実したサービス内容ですので、「必ず付帯させておくべき」と言っても過言ではないでしょう。

以上、ここまではロードサービスについて「車に起こる非常事態に緊急対応してくれるサービスのことで、自動車保険に付帯させても保険料があまり高くならない」と覚えておきましょう。

あなたは車保険を提供している各保険会社のテレビCMをご覧になったことはありますか? テレビCM上では様々な保険会社が「保険料は走った分だけ...

しかし「本当に必要なの?使わないのであれば付けずに保険料を少しでも安くしたい」と思う気持ちもあるかと思います。

そこで次にて、実際にロードサービスを利用した方の声をご紹介していきますのでご覧ください。

万が一の際は非常に心細いため、「付けていて良かった!」という声ばかりであることが分かりますよ!

実際にロードサービスを利用した人の声

早速ですが、自動車保険にロードサービスを付けており、実際に利用した方の声をご紹介していきましょう。

下記にてTwitter上に寄せられている声を引用しましたのでご覧ください。

https://twitter.com/honya0119/status/717222178668814336

以上が自動車保険のロードサービスを利用したことがある方の声でしたが、いかがでしたか?

皆さん本当に心から「助かった」とホッとしているように感じませんか?

実はロードサービスを利用する際は「故障(燃料切れ糖含む)によって利用する」ということが多く、動かない車と共に待機しているのは非常に心細いものです。

そんな中、自動車保険に付帯させているロードサービスではよほどのことがない限り無料で対応してくれますし、保険会社が提携しているロードサービス会社は非常に数が多いため、すぐに駆けつけて対応してくれます。

そのためすでに想像しているかもしれませんが、「本当に助かった、良かった」と心から思うことができるのです。

自動車保険に加入するのは「万が一のため」ですから、ロードサービスを付帯させて万が一の時に備えておくことで、いざ故障や事故に合った際に助かることができるといえるでしょう。

また今回の結果は決して「ポジティブに書かれた声」ばかりを集めたわけではなく、適当なキーワードで無作為に抽出しましたから、世間の声としては「ロードサービスのおかげで助かった」と思っても問題ありませんよ。

そして次に元自動車保険営業マンの目から、見解を述べていきますのでご覧くださいね。

ロードサービスに対する筆者の考え

筆者の見解としては「ロードサービスに入ることは大正解」と思っています。

なぜなら先程引用した「声」からも分かりますし筆者自身も述べましたが、万が一の際に「助かった」とほっとすることができるからです。

そこで「助かった」をより身近に感じて頂くためにも、実際に筆者の元お客様に起こった例を上げておきましょう。

筆者の元お客様は愛知県在住の方で、よく県外へ車で出張に出かける方でした。その方が出張先である関東方面へ向かう途中、タイヤがバーストしてしまったのです。

そして不運なことにスペアタイヤは装備されておらず、さらにタイヤも裂けてしまったためパンク修理も不可能でした。

その際に担当営業である筆者に連絡が入り、お客様へ保険会社のロードサービスダイヤルを案内したのです。

その後のお客様の話では、「すぐにレッカー車が来てくれて、修理工場までレッカー移動後タイヤ交換をしてくれた」「もし自分ですべてを手配していたら確実にアポの時間には間に合わなかった」と言っていました。

以上の例からも分かるかと思いますが、自動車保険のロードサービスは万が一あなたの車に何かが起こってしまった際に、非常に役に立つのです。

そして今回挙げた元お客様の例で、仮にあなた自身がすべての手配をすることを考えてください。

すべてを手配するには

  1. レッカー会社への連絡(レッカー料金は足元を見られて言い値になってしまう)
  2. 修理工場の手配(自分の車を修理できるか確認、適合タイヤをすぐに手配できるかを確認)

という2点を最低でも行わなければなりません。

しかしレッカー会社は忙しく一般顧客を相手にすることはめったにありませんし、修理工場でも自社の顧客以外には「即時の対応不可」という場合もあるため、手配が難航してしまうことは間違いないでしょう。

以上のことからも、自動車保険のロードサービスは「必ずあなたにとって必要である」と言っても過言ではないのです。

そのため自動車保険に加入する場合には、必ずロードサービスを付帯させましょう。

とはいえ実は保険会社ごとに、ロードサービスの内容は若干の違いがあります。

そこで次章では保険会社ごとのロードサービスの違いや選ぶ際のポイントについてご紹介していきましょう。

2.保険会社ごとにロードサービスは違うの?

自動車保険のロードサービスの概要については前章の解説で理解できたかと思います。

しかし実は保険会社ごとにロードサービスの内容は若干変わってくるのです。

そこで本章では保険会社ごとのロードサービスについて、しっかりと比較をしていきますのでご覧くださいね。

保険会社別ロードサービス内容を比較してみた!

保険会社には代理店型と通販型という2種類があることをご存知ですか?

自動車保険について調べていく中で必ず「あれ?2種類あるのかな?」と気付くかと思いますので、あなたはすでに知っているでしょう。

念のため簡単に其々の特徴を述べておくと

  • 代理店型…店舗を持ち多くのスタッフによって運営しているため、運営コストが高い=保険料も高い
  • 通販型…店舗を持たずインターネットや電話によりサービスを提供しているため、運営コストが低い=保険料も安い

のようになっています。

しかしそれぞれの保険会社ではロードサービスの違いはそれほどなく、先程から述べているように「若干の違い」があるのみなのです。

そこで代理店型と通販型それぞれのロードサービスについて、主要3社ずつの内容をピックアップして比較しましたのでご覧ください。

保険の種類 保険会社名 レッカーの無料範囲(km) 車両トラブル 宿泊・帰宅費用 自動付帯 筆者の評価
バッテリー上がり スペアタイヤ交換 ガス欠 キーとじ込み 落輪 宿泊費用 帰宅費用
代理店型 東京海上日動 15万円まで 明記せず 明記せず 明記せず
損保ジャパン日本興亜 15万円まで 1万円/人 2万円/人
三井住友海上 約500kmまで 1万円/人 2万円/人
(自己負担1000円)
通販型 チューリッヒ お客様指定100kmまで
当社指定無制限
限度額なし 限度額なし ○(無料)
イ―デザイン損保 お客様指定60kmまで
当社指定無制限
× × ○(無料)
ソニー損保 お客様指定50kmまで
当社指定無制限
限度額なし 限度額なし ○(無料)

ご覧になっていかがですか?

おそらく「どこもそんなに違いがないのではないか」と感じたはずです。

その通り、それほど大きな差はないのです。

しかし車両トラブル以外の「宿泊・帰宅費用」という欄をご覧ください。

ここではそれぞれに大きく違いがあることが分かります。

実はこの宿泊・帰宅費用という部分は自動車保険のロードサービスにおいて重要なポイントで、「万が一旅行先などで車が動かず何日も修理が必要になる場合の宿泊費用や、自宅までの帰宅費用を持ってくれる」という内容になっています。

そのため遠出中に故障によって走行不能になった車に関しては、これらの補償をされることによってあなたが実費負担をすることが無くなるのです。

その点を踏まえて、次に「ロードサービスを選ぶ際に重視すべきポイント」についてご紹介していきましょう。

ロードサービスで選ぶならココに注目!

ロードサービスで自動車保険を選ぶ際、先程の表に書かれている「あるポイント」を見ることが重要となります。

それは下記の2点です。

  1. 宿泊・帰宅費用
  2. レッカーの無料範囲

それぞれ、以下にてなぜ重要か、どんな内容かを解説していきます。

宿泊・帰宅費用

宿泊・帰宅費用に関しては先程簡単に述べましたので想像しやすいかと思いますが、本当に重要なポイントです。

なぜなら遠方への旅行や出張中に車が故障し、即日に修理ができない場合には必ず宿泊や帰宅をする必要があり、実費負担をすると非常に高額になってしまい、経済的にも精神的にも疲弊してしまうからです。

そのためロードサービスで自動車保険を選ぶ場合には、必ず「宿泊・帰宅費用がどのくらい補償されるのか」を確認しておきましょう。

レッカーの無料範囲

帰宅・宿泊費用と同様にロードサービスを見る上で非常に重要となるのは「レッカーけん引の無料範囲」です。

実はレッカー会社には「価格表がない」という場合も多く、実費負担をする「こんな金額は支払うことができない」という金額を提示されることもあります。

そして筆者の知り合いでレッカー会社を経営している方から聞いた話では、「実費で呼ばれるときが最も稼げる。なぜなら素人には相場が分からないし、当社もできる限り利益を上げたいから。」と言っていました。

実際にレッカー車の購入金額は1,000~5,000万円することも珍しくなく、結果的に利益追求の形を取っているのでしょう。

しかし消費者である我々にとっては、あまりにも高すぎる金額を請求される可能性があるため、結果的にレッカーけん引の無料範囲が長ければ長いほど、安心に繋がりますので必ず重視することをオススメします。

以上、ロードサービスを選ぶポイントについて述べてきましたが、いかがでしたか?

知らないことで意外なことばかりだったのではないでしょうか。

しかししっかりとロードサービスの比較をすることで、確実な安心感を手に入れることができるということも分かったかと思います。

そのためできる限りすべての保険会社のロードサービス内容を比較して、満足できる内容の保険会社の中からさらに「保険料が最も安い」保険会社を探すべきです。

とはいえすべてを比較する時間はありませんよね。

そんなあなたは次章にてご紹介する「自動車保険一括見積もり」の利用がオススメですよ!

3.充実のロードサービスと安い保険料を求めるなら、自動車保険一括見積もりがオススメ

ロードサービスの内容と、保険料をすべての保険会社で比較することは困難です。

そのため「何か良い方法はないかな」なんて考えたりしますよね。

そこでオススメな方法が自動車保険一括見積もりを利用することです。

しかし自動車保険一括見積もりとはどんなサービスなのでしょうか。

また本当にロードサービスと保険料を比較することができるのでしょうか。

本章では自動車保険一括見積もりについて詳しく解説していきましょう。

最後の章ですし、あなたの自動車保険をお得にする答えが詰まっていますから、引き続きご覧くださいね。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括して保険見積もり依頼をすることができます。

そのため「すべての保険会社の保険料、ロードサービスの内容を一気に比較することができるサービス」ということができるのです。

また申し込み方法は簡単で

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなたに関する情報

をササっと入力するだけですから、早い人で2分、遅くとも10分あれば完了してしまいます。

そのためまさに「短時間で最もお得で最もロードサービスが充実している保険会社を見つけられるサービス」といえるのです。

しかし「個人情報を入力するのは少しだけ不安」だと思いますよね。

そこであなたの個人情報について、次に述べていきましょう。

安心して利用できるの?

ここ数年の間に「個人情報の流出」という言葉が浸透してきています。

そのため複数の保険会社にたいして一気に個人情報を開示することは不安でしょう。

しかし安心してください。

当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、大手企業が運営しているため個人情報保護方針をしっかりと明記しています。

そしてサービスに登録している保険会社もあなたが知っているような大手保険会社ばかりですから、個人情報の保護に関しては申し分ないのです。

そのため安心して利用できるといえるのです。

また「申し込み後に電話による勧誘がしつこいのではないか」と不安になっているかもしれませんが、どの点についても安心してください。

なぜなら自動車保険一括見積もりサービスでは、申し込み後の見積もり提示はハガキ(DM)またはメールで行われるからです。

そのためあなたに電話がかかってくる場合は、基本的に「申し込みに不備があった場合」と考えても問題ありませんよ。

以上のことから、安心してお得に利用できるため、ぜひ一度自動車保険一括見積もりを利用してくださいね。

必ずあなたに合ったロードサービスを提供し、さらに保険料も安い自動車保険を見つけることができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で自動車保険のロードサービス比較についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外と簡単なポイントを抑えて、簡単な方法を利用することでお得になる」ということが分かったでしょう。

最後にまとめると

  • ロードサービスは万が一の車両トラブルに対応するため、必ず必要
  • ロードサービスは各保険会社によって違いがあり、2つのポイントを重視する
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、ロードサービスと保険料を比較することができる

ということになります。

特に自動車保険一括見積もりに関しては本当に簡単に利用することができ、さらにロードサービスと保険料を比較することによって「あなたが最も満足のいく保険加入」をすることができます。

ぜひ一度お試しになって、「えっこんなに良い条件で自動車保険に加入できるの?」と感じてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイレクト自動車保険の事故対応は大丈夫?オススメするたった2つの理由

他社に乗り換えがオススメ?自動車保険の更新と料金をプロが解説

自損事故で車両保険を使うと等級や保険料はどうなってしまうの?

代理店で加入する自動車保険はなぜ保険料が高い?仕組みや特徴を徹底解説!

車保険の1つ「車両保険」とは?必要な人と不要な人の判断基準

車の保険に出てくる「免責」って何?加入前に知っておきくべこと