車保険は代理店型?通販型(ダイレクト型)?気になる料金相場と事故対応を比較

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた!

「なんとかして保険料を安くすることはできないかな~」なんて思っていませんか?

しかし噂では「安心できる」とされている代理店で加入する自動車保険と、テレビCMなどでしきりに「安くなる」と言われているダイレクト型では、どちらで自動車保険に加入すべきか迷っているのではないでしょうか。

とはいえ

  • そもそも「代理店」型と「ダイレクト」型ってなに?
  • どっちの自動車保険に加入するべきなの?
  • 安心して安い保険料の自動車保険に加入する方法はないの?

など、様々なことが分からないため、なかなか決め切れませんよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして代理店に勤務していた筆者が、代理店型とダイレクト型の特徴や、それぞれの自動車保険を比較した結果などを、詳しく解説していきましょう。

「保険」という難しいイメージのあることについての解説となりますが、内容は非常に簡単に分かりやすくまとめていますので、安心して気楽に最後までスラスラ読むことができますよ!

また読み終わる頃には「この自動車保険でこのような方法で保険加入すれば良いのか!」と、迷っていたあなたの心をきめることができますので、楽しみにしていてくださいね。

1.自動車保険の「代理店」型と「ダイレクト」型ってなにが違うの?

あなたが自動車保険に加入する際、または更新などのタイミングで「他の保険会社にしようかな」と考えた際、少しでも保険料を安くしたいと思ったことはありませんか?

実は筆者自身、代理店で自動車保険の営業マンをしていた頃、特別に給料が高かったわけではありませんから「なんとかして保険料を安くできないかな…」と深く悩んでいました。

そこで興味を持ったのは自分が勤務している代理店では取り扱いのない「ダイレクト」型の自動車保険でした。

あなたもテレビCMやインターネット広告などで「お得になる」といううたい文句のもと、見かけたことがあるのではないでしょうか。

しかし一体ダイレクト型の自動車保険というものがどのようなものなのか、そして代理店で加入する自動車保険はどのようなものなのか、実際にはあまり良く知らないでしょう。

そこで本章ではまず「代理店」型と「ダイレクト」型の自動車保険について、詳しく解説していきましょう。

自動車保険には代理店型とダイレクト型の説明

まず前提として、自動車保険には2種類あるということを覚えておきましょう。

その2種類が「代理店」型と「ダイレクト」型と呼ばれる自動車保険なのです。

しかしどちらにどのような特徴があるのか、実のところよく分かってないのではないでしょうか。

そこで以下にてそれぞれを分けて詳しい解説をしてきますから、まずはそちらをご覧ください。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険は、その名の通り代理店で加入する自動車保険のことをいいます。

それを踏まえた上で下記に主な特徴を上げていきましょう。

  • 店舗を持って運営している
  • 営業マンや事務員などのスタッフを多く抱えており、直接お客様と接して保険契約する

以上が主な特徴ですが、いかがでしょうか。

実はこの特徴を理由として、「店舗を持ってスタッフを多く抱えているため運営にかかるコストが高くなる=保険料も高くなる」という最大の特徴が生まれているのです。

そのため「代理店型の自動車保険は保険料が高くなる」とされています。

しかし実際に営業マンと接することができるため、親身に対応してもらうことができると同時に思われているのです。

とはいえ営業マンと直接やり取りできるというのはもろ刃の剣でもあり、信頼関係を完全に築き上げている場合でないと危険な可能性が高くなります。

それは一体どういうことでしょうか。

素人営業が担当のことも・・・

実は保険代理店の営業マンは「合格率が非常に高い試験に突破した人」であれば、言い方は悪くなってしまいますが、誰でもなることができます。

そのため実際の業務としては素人であることが多く、いわゆる「素人営業マン」という人も少なくないのです。

そのため安心しきって契約をすると、逆にあなたが損をしてしまう可能性があります。

例えば、保険加入する際のことを思い浮かべてください。

保険加入をする際、あなたは大まかな補償内容などに関する相談をするだけで、詳細に関しては「オススメされたプラン」の中から良さそうなものを選びますよね。

しかし素人営業マンである場合、そもそも保険業務に関して慣れていませんから、単純に無難なプランを提示します。

その結果、「実は補償が足りておらず万が一の事故の際に実費を支払う必要がある」場合や、「補償の重複(家族間で1人契約していれば良い補償というものがあります)があり、数千円の損をする」ということが多々起こってしまうのです。

また「長年保険業務に従事しているおじいさん営業であれば安心なのではないか」などと思うことがあるかもしれませんが、実は保険業法(保険に関する法律)は年々新しくなっており、長年保険業務に従事している方には対応が難しい場合があります。

そのため「本当に信頼できる営業マンがいる」という場合でない限り、代理店型の自動車保険は不安要素を隠しきれないと思っておくことがベターといえるでしょう。

次にダイレクト型の自動車保険について解説していきます。

ダイレクト型の自動車保険の特徴

ダイレクト型の自動車保険は、前述した代理店型の自動車保険とは大きく異なる特徴があります。

それは主に下記に挙げたものです。

  • 店舗を持たず、インターネット上や電話にて運営している
  • 直接的にやり取りをすることがないため、スタッフが少ない

この特徴をご覧になって「代理店型とは全くの逆だ」と感じたあなたは、鋭いですね。

実はダイレクト型の自動車保険は代理店とは異なり、「店舗を持たずスタッフも少ないため運営コストが低い=保険料がその分安い」という大きな特徴を持ち合わせています。

そのため保険料を抑えるにはもってこいだと思われており、ダイレクト型の自動車保険を提供している保険会社も積極的に保険料の安さをアピールしているのです。

その反面、「どうせ安かろう悪かろうの典型で、対応も悪くなるんでしょ?」というイメージも一般的に持たれています。

あなた自身も少しだけそう思っていたのではないでしょうか。

実はダイレクト型の自動車保険は事故対応力が高い

しかし実はダイレクト型の自動車保険の対応力は非常に高いのです。

その理由はダイレクト型の自動車保険が、主に対応をコールセンターで行っていることにあります。

ダイレクト型の自動車保険では事故対応や保険加入に関する対応をコールセンターで行っているのですが、コールセンターでお客様に対応している担当者は保険のプロであり的確で丁寧なアドバイスをしてくれるのです。

そのため基本的にはあなたに損をさせるような提案をすることはありませんし、間違った内容を案内することもありません。

特に事故対応に関しては、代理店型の自動車保険であってもダイレクト型の自動車保険であっても、結局のところ「保険会社自体に対応してもらう」ため、双方に事故対応の違いはそれほどないと考えても問題はありません。

以上のことから、ダイレクト型の自動車保険は「保険料が安くあらゆる顧客対応の質が安定的に高い」と覚えておきましょう。

自動車保険に加入することは、もはや一種の「義務」のようになっており、自動車教習所でも「必ず加入することをオススメします~」などと言われています。...

また同時に「代理店型は通販型とも呼ばれている」ということを、頭の片隅に置いておいてくださいね。

以上、それぞれの自動車保険の特徴を解説してきましたが、あなたはどのような感想を持ちましたか?

おそらく「ダイレクト型の方が良さそうな気がする」と思ったことでしょう。

しかしその感覚は本当に正しいのでしょうか。

筆者の見解を次に述べていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

最終的に通販型とダイレクト型、どっちがいい?

先に結論を述べておきますが、筆者の見解としてはあなたと同じく「代理店型よりもダイレクト型の自動車保険の方が良い」としています。

その理由は主に下記の2点です。

  1. 意外にも顧客対応の質が安定的に高く、危険性が少ない
  2. 保険料が安い

そのため実は筆者自身も代理店勤務時代に妻の自動車保険をダイレクト型で加入していましたし、私自身の自動車保険も現在はダイレクト型で加入しています。

そして今のところ事故対応のお世話になった経験はありませんが、保険加入時のプランについての質問には丁寧に答えて頂き、代理店のトップ営業マンにも劣らぬ対応の質の高さがあると感じました。


以上のことからも、ダイレクト型の自動車保険の方がオススメだといえるのです。

とはいえ「全く知らない人に電話して質問をする怖さ」がないわけではありませんから、実際の保険料を見て安心するまでは「完全にダイレクト型の方がオススメ」とは言えませんよね。

そこで次章では実際に筆者が代理店型とダイレクト型の自動車保険を比較した結果をご紹介し、比較していきますので引き続きご覧になってくださいね。

2.代理店型とダイレクト型の保険料を調べてみた!

前章では代理店型とダイレクト型の自動車保険について、特徴をご紹介してきました。

その中で「ダイレクト型の方が何となく良い気がする」と思ったことでしょう。

しかし実際に保険料が少しだけのダウンにとどまるのであれば、あまりお得感はありませんよね。

そこで本章では実際に代理店型の自動車保険とダイレクト型の自動車保険の保険料を比較し、本当にオススメの自動車保険はどちらなのかご紹介していきましょう。

早速、次に実際の見積もりを比較した結果として、3車種分の比較表を載せていますのでご覧ください。

実際の見積もりを比較してみよう!

実際の見積もり結果としては下記の比較表のようになりました。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ワゴンR あり 89,900 52,590 37,310
なし 41,700 29,760 11,940
フィット あり 98,140 54,480 43,660
なし 47,680 28,900 18,780
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとの損保ジャパン日本興亜の補償充実プランを選択

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、大まかな保険料差は車両保険なしの場合で1~2万円程度、車両保険ありの場合で4~5万円程度となりました。

この差額を見ると「大きいなあ…」と感じますよね。

しかしこの結果は特別に大きな差額が出るように作成した保険見積もりではなく、むしろ「差額が少ない保険見積もり」なのです。

つまり通常は代理店型とダイレクト型の保険料を比較すると、今挙げた結果よりも大きな差額となる場合があり、半額以下になることも珍しくありません。

そのためダイレクト型の自動車保険がいかに運営コストを抑え、その分を保険料に還元しているかということが分かるでしょう。

以上の結果から、次にどちらがオススメなのか再度ご紹介していきます。

保険料で見てもダイレクト型のほうがオススメ

もうあなたは予想しているかと思いますが、本当にオススメなのはダイレクト型の自動車保険です。

その理由は言わずもがなですよね。

実際の保険料差や安定して質の高い顧客対応など、代理店型の自動車保険ではなかなか太刀打ちすることができないのです。

また筆者自身、実は現役で営業マンをしていた頃から「ダイレクト型の自動車保険の方が強い」と感じていました。

そのため「君が担当だから代理店で保険加入する」と言ってくださったお客様以外には、基本的にダイレクト型の方がオススメだと伝えてきたのです。


以上のことから、ダイレクト型の自動車保険の方が「保険料が半額以下になるほど大幅に安く、顧客対応も安定して質が高い」という点からオススメだと覚えておきましょう。

とはいえ「ダイレクト型の自動車保険を提供している保険会社はたくさんあるから、どこが最も安いのか分からない」と思ってしまいますよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

次章ではそんな自動車保険一括見積もりに関する解説をしていきましょう。

3.もっとお得な保険料で加入するなら、自動車保険一括見積もりを利用しよう!

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりを利用することで確実に最もお得な保険会社を探すことができます。

それも「面倒な手間がなく、最短時間で」です。

そう言われると気になりますよね。

本章ではそんな自動車保険一括見積もりについてしっかりと解説していきますから、ぜひ参考にして安い保険料で自動車保険に加入してくださいね。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括して保険見積もり依頼をすることができます。

そのため一度の申し込みですべての保険会社の見積もり結果を比較することができ、結果的に最もお得な保険会社をひと目で知ることができるのです。

そして申し込み方法も簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要としている補償に関する情報
  • あなた自身に関する情報

を入力するだけですから早い人で2分、遅い人でも10分あれば十分完了してしまいます。

以上のことから、自動車保険一括見積もりは「短時間で一気に保険料を比較し、最もお得な自動車保険を知ることができる」といえるのです。

しかし個人情報の入力や申し込み後の勧誘について、不安がありますよね。

そこで次に個人情報や勧誘について解説していきましょう。

安心して利用できるの?

実は自動車保険一括見積もりを利用する上で不安がることはありません。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため個人情報保護方針が明確に決められているからです。

また自動車保険一括見積もりサイトに登録している保険会社は、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の保護に関しては厳重に取り決められています。

そして申し込み後の勧誘についても、実はハガキ(DM)やメールのみでの見積もり提示やちょっとしたお知らせになりますから、電話によるしつこい勧誘は一切ありません。

そのため本当に安心して利用することができるのです。

以上、自動車保険一括見積もりは「安心して利用でき、簡単に最短時間で最もお得になることができるサービス」だといえるでしょう。

本当に誰でも簡単に利用できますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料を目の当たりにしますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、「代理店」型と「ダイレクト」型の自動車保険に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく対応力や保険料など、驚くことが多かったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • ダイレクト型の自動車保険は、安定して質の高い顧客対応をする
  • ダイレクト型の自動車保険は代理店型に比べて保険料が大幅に安いためオススメ
  • 保険料をもっと抑えるのであれば、自動車保険一括見積もりを利用する

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、確実にお得な自動車保険を探すことができる上、誰でも簡単に利用できるためぜひ利用することをオススメします。

利用することであなたが満足できる保険料、保険会社が必ず見つかりますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 この記事へのコメント

  1. […] 車保険は代理店型?ダイレクト型?気になる料金相場と事故対応を比較自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な…車の保険.net […]

  2. […] 車保険は代理店型?ダイレクト型?気になる料金相場と事故対応を比較自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

他社に乗り換えがオススメ?自動車保険の更新と料金をプロが解説

自動車保険の代理店変更は可能?代理店変更の際に注意すべき3つのポイント

自動車保険を更新したらなぜか保険料が値上がりした!その原因を徹底解明!

ゴールド免許ドライバーだけが受けられる!車保険のゴールド免許割引率を徹底検証

満足できる自動車保険の決め手!おすすめ特約TOP10を大公開!

自動車保険って平均でどのくらい?年齢別にシミュレーションしてみた結果