代理店型の自動車保険はデメリットだらけ?その真相を徹底解説

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車に乗っているあなたにとって、自動車保険は加入必須と言えますよね。

しかしそんな自動車保険の年間保険料は非常に高く、「なんとかして安くならないかな…」なんて思ったりしたこともあるでしょう。

また代理店で自動車保険に加入している場合、なぜか保険料が非常に高いと感じたこともあるかと思います。

そのため「代理店の自動車保険はデメリットばかりなのではないか」と考えるでしょう。

しかし

  • 実際に代理店の自動車保険にはデメリットがあるのか
  • 「通販型」というのも聞いたことがあるけど、デメリットはあるのか
  • 本当に安く安心して加入できる自動車保険はないのか

など、様々な悩みが出てきますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして代理店に勤めていた筆者が、代理店で加入する自動車保険のデメリットや自動車保険に安心して安く加入する方法について、徹底的に解説していきましょう。

保険について書いていますが内容は非常に簡単であるため、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

またこの記事を読み終わる頃には「どんな方法であれば安く保険加入できるか」をしっかり理解できますよ!

INDEX

1.代理店型の自動車保険にはデメリットがあるの?

あなたは「代理店型の自動車保険は高い」というデメリットがあると聞いたことはありますよね。

そのためなかなか加入する先の保険会社を決めかねているかと思います。

そこで本章では代理店の自動車保険にはどんなメリットとデメリットがあるのかを詳しく解説していきましょう。

自動車保険には代理店型と通販型がある?

まず前提として自動車保険には「代理店型」と「通販型」という自動車保険があることをご存知ですか?

実は自動車保険には2種類あり、それが代理店型と通販型なのです。

そのためまずは代理店型の自動車保険と通販型の自動車保険の特徴について、解説していきましょう。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険には主に下記のような特徴があります。

  • 店舗を持って運営している
  • 営業スタッフや事務員などを店舗に多く抱えて営業活動している

実は代理店型の自動車保険では「代理店」と名の付く通り、店舗を持って保険業務を行っています。

そして各店舗では営業マンを抱えて新規保険獲得などの営業活動をしているのです。

そのため代理店型の自動車保険では、「保険会社→保険代理店→顧客」という流れで保険契約をしていきます。

そこでここまでは「代理店型の自動車保険では店舗を持ち、スタッフを抱えて運営している」と覚えておきましょう。

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険の特徴は、主に下記に挙げたものになります。

  • 店舗を持たず、インターネットや電話によってサービスを提供している
  • スタッフは少なく、コールセンターにいる人が主である

通販型は先程ご紹介した代理店型とは異なり、基本的に店舗を持っていません。

そのため「保険会社→顧客」という、保険会社と顧客が直接やり取りをする形態を取っているのです。


以上のことから、通販型の自動車保険は「店舗を持たず保険会社と直接取引する」と覚えておきましょう。

ここまでの解説で代理店型と通販型という2種類の自動車保険の特徴について分かったかと思います。

そのため何となく「代理店型は高い」という予想をすることができたでしょう。

しかし本当に代理店型のデメリットは「高い」ということだけなのでしょうか。

次に解説していきましょう。

代理店型のデメリットは「高い」ということ?

代理店型の自動車保険では「高い」というデメリットを良く挙げられますが、先程ご紹介した「代理店型」と「通販型」の特徴を比較すると、なんとなく納得できそうですよね。

実は代理店型の自動車保険が高いというのは本当のことで、その理由は「店舗維持費や人件費によって、運営コストが高くなってしまうから」なのです。

そのため代理店型の自動車保険は「高い」ということがデメリットであるとよく分かるでしょう。

しかし代理店型のデメリットは保険料の高さだけではありません。

その他にもいくつかのデメリットがあり、逆にメリットも多くあるのです。

また通販型についてもメリットとデメリットは多くありますから、次章にてそれぞれのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

2.代理店型と通販型のメリットデメリット

前章では代理店型と通販型の特徴について解説してきました。

しかし実際に見えてきたのは「代理店で加入する自動車保険は高い」というデメリットだけですよね。

そのためそれぞれの自動車保険に対する詳しいメリットやデメリットについては、まだよく分かってないでしょう。

そこで本章ではそれぞれの自動車保険に関して、メリットとデメリットをご紹介していきます。

それではまず、代理店型のメリットについてご覧ください。

代理店型の3つのメリット

代理店型のメリットは、下記に挙げた3点です。

  1. 実際に営業マンと一緒に自動車保険のプランを決めることができる
  2. 何かあった際にすぐ営業マンに連絡をすることができる
  3. お得なキャンペーンなどのお知らせを迅速に受けることができる

それぞれ以下にて詳しく解説していきましょう。

実際に営業マンと一緒に自動車保険のプランを決めることができる

代理店型の一番の魅力は「自動車保険に加入する際、加入するプランを一緒に考えてくれる」ということでしょう。

あなたもそうだと思いますが、保険加入をする際は「どんなプランをどのように決めて良いのか分からない」ですよね。

その際に代理店の自動車保険であればあなたを担当する営業マンが、あなたに様々な質問をしてプランを決めてくれます。

そのため「充実したプラン」や「できる限り保険料を抑えたプラン」など、あなたの希望に沿ったプランを提示してくれる場合が多いですよ。

何かあった際にすぐ営業マンに連絡をすることができる

代理店と普段からやり取りをしている方であれば、「万が一何かがあった際にすぐ連絡がつく」というメリットを受けることができます。

例えば事故の際など、最終的なやり取りは保険会社になってしまいますが、窓口となって最初の連絡をするのは代理店になるでしょう。

その際に代理店の自動車保険に加入していれば、逐一「今どのように行動すればいいか」をアドバイスしてくれることによって安心感が得られますよ!

また自動車保険以外の生命保険や火災保険などのプランに関しても、気軽に相談することができる点も、メリットと言っても良いでしょう。

お得なキャンペーンなどのお知らせを迅速に受けることができる

代理店の自動車保険に加入していることで、実は「お得なキャンペーンの案内」を迅速に受けることができます。

例えば代理店型の自動車保険で有名な東京海上日動では、2020年の東京オリンピックに向けて切手がもらえるキャンペーンなどを行っています。

このように保険会社が自社のお客様向けに行っているキャンペーンをする場合、代理店を通してすぐに案内を受けることができるのです。

とはいえ保険会社が「特別な利益の提供」をすることは間接的な保険料割引となり、法律で禁止されていることがありますので、あなたが大きく得をすることはないでしょう。

そのため「ちょっとしたプレゼントのキャンペーンに応募できる」程度に考えておくことをオススメします。

以上が代理店の自動車保険のメリットでしたが、逆にデメリットもいくつかあります。

そこで次は代理店の自動車保険のデメリットについてご紹介していきましょう。

代理店型の3つのデメリット

代理店で自動車保険に加入するデメリットは下記の3点になります。

  1. 保険料が「非常に高い」
  2. 営業マンによっては「あなたが損をするプラン」になっている場合がある
  3. 営業マンによっては「対応が最悪」という場合がある

こちらについても以下にてそれぞれ解説していきます。

保険料が「非常に高い」

代理店で自動車保険に加入する最大のデメリットは「保険料が非常に高くなる」ということでしょう。

筆者が営業マンとしてお客様の新規契約や保険更改などをしていた際、よく「あんたのところの保険は本当に高いね。あんたとの関係が良好じゃなかったら加入しないよ」と言われていたほどです。

そのため実際に担当営業の交代によって代理店型から通販型の自動車保険に変更される方もいましたので、保険料の高さに関してはデメリットとして大きなものと言わざるを得ないでしょう。

またどのくらい高いのか気になるかと思いますので、実際に通販型の保険料と比較した表を載せておきます。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

この保険料比較の結果は決して大げさではなく、実は倍以上の価格差となる場合もあるのです。

そのため一般的に代理店で自動車保険に加入する場合は、「通販型の2倍の保険料が必要になることが多い」と考えておきましょう。

営業マンによっては「あなたが損をするプラン」になっている場合がある

実は代理店型の自動車保険のデメリットの中で、意外と知られていないのが「営業マンによっては損をする」ということです。

先程のメリットでは「営業マンとプランを決められる」と言っていたため、一体どういうことなのか気になりますよね。

実は代理店の営業マンは合格率が非常に高い資格試験に合格した、いわゆる「素人営業マン」である場合が多く、実際に補償内容の重複などによりお客様に対して大きく損をさせている場合があるのです。

そのため信頼できる営業マンがいない場合には、非常にリスクの高い契約ということができるでしょう。

営業マンによっては「対応が最悪」という場合がある

営業マンによるということは前述したため理解できたかと思いますが、さらに「営業マンによって対応が非常に悪い」という場合があります。

例えば万が一事故をした際に、あなたが代理店の自動車保険に加入しているのであれば担当営業マンに連絡をしますよね。

しかし「休日だから仕事用の電話に出ない」という営業マンは非常に多く、結局お客様であるあなたは保険会社と直接やり取りをしなければならないのです。

実は筆者の元同僚でもそのような営業マンは数多く、お客様の緊急事態であっても「今の自分は仕事中ではないから関係ない」と対応をしないということがありました。

そのためやはり信頼できる営業マンがいない場合には、代理店型の自動車保険はリスクが高いといえるでしょう。


以上、代理店型のメリットとデメリットでしたが、ご覧になると少し不安な気がしてきますよね。

しかし信頼できる代理店、または営業マンである場合は「これほど心強いことはない!」と胸を張れることは間違いありません。

そのためしっかりと今ご紹介したメリットとデメリットを覚えておくことがオススメですよ。

次にもう片方の自動車保険である「通販型のメリットとデメリット」をご紹介していきましょう。

通販型の3つのメリット

まず先に通販型の自動車保険のメリットについてご紹介していきましょう。

通販型のメリットは下記に挙げた3点になります。

  1. 保険料が非常に安い
  2. 自分で補償内容を決められる
  3. 安定して高い質の対応をしてくれる

こちらに関してもそれぞれ以下にて説明していきます。

保険料が非常に安い

先程ご紹介した「代理店型の保険料は非常に高い」というデメリットで分かったかと思いますが、通販型の保険料は非常に安いのです。

その保険料は代理店型の半分以下になることも珍しくなく、結果的にあなたの経済状況が圧迫されることを防ぐことができるのです。

しかしなぜそこまで保険料が安いのか気になりますよね。

通販型の自動車保険では先程ご紹介したように「店舗を持たずスタッフも多く抱えていないため、保険料が安い」という結果になるのです。

特に代理店を挟まないということは、保険手数料などのいわゆる「中間マージン」を省略することができますので、代理店型の半分以下の保険料になることも珍しくないのだと覚えておきましょう。

自分で補償内容を決められる

自分で補償内容を決められるということは「面倒くさい」と感じる方が多い一方で、大きなメリットにもなります。

なぜなら自分できちんとプランニングをすることで、「どの場合にどんな補償が受けられるか」をしっかりと記憶することができるからです。

また営業マンによる「損をしてしまう補償内容」であることを防ぐこともできますから、「誰かのせいで損をする」ということが一切起こりませんよ!

安定して高い質の対応をしてくれる

通販型の自動車保険では「対応が悪い」と思われがちなのですが、実はそうではありません。

なぜなら通販型の自動車保険はなんとしてもシェア拡大をしなければならず、保険料以外にも「対応力の高さ」をアピールする必要があるからです。

また営業マンによってまちまちの対応をされることがなく、さらにコールセンターで対応してくれる担当者は「保険のプロ」ですから、安定的に高い質で丁寧に対応してもらうことができるといえます。

以上が通販型のメリットでしたが、もちろんデメリットもあります。

そこで次に通販型の自動車保険のデメリットについて解説していきましょう。

通販型の1つのデメリット

通販型のデメリットは下記に挙げた1つです。

  1. 自分の力でプランを決めなければならない

こちらに関しては仕方がないというよりほかありません。

そのため「難しい補償内容を決めなければならない」という作業が必須となるのですが、実は保険会社に連絡をすると丁寧で親切に教えてくれるのです。

そして補償内容に関して分からないことがあれば逐一フォローしてくれますから、安心してくださいね。


以上のことから、通販型のデメリットは解決可能であり、様々なメリットによる恩恵を受けることができると覚えておきましょう。

最後に今ご紹介してきた「代理店型」と「通販型」の自動車保険について、どちらがオススメなのかご紹介していきます。

どちらがオススメなの?

もうあなたは予想できているかと思いますが、結論を述べると「通販型」の自動車保険をオススメします。

もちろん信頼できる代理店や営業マンである場合は、代理店で自動車保険に加入することもオススメなのですが、そうでない場合はデメリットばかりが際立ってしまうため、とてもオススメできないのです。

また通販型のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、大げさに述べているわけではなく正直なところを述べています。

そのためメリットの恩恵を十分に受けることができながら、デメリットに関してもしっかり解決することができるため、しっかりとオススメしますよ!

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

以上、通販型の自動車保険がオススメだということは分かったかと思いますが、「それなら保険料が最も安い保険会社に加入したい」と思っているでしょう。

そこで次章にて、確実に最も安い保険料で自動車保険に加入する方法をご紹介していきます。

3.お得でオススメの通販型に加入するなら自動車保険一括見積もり

先に結論を述べておきます。

最も安い保険料で自動車保険に加入するためには、「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用しましょう。

しかし自動車保険一括見積もりがどのようなサービスなのか、本当にお得になるのか、安心して利用することはできるのか気になりますよね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりについて詳しく解説していきましょう。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括して保険見積もりの依頼をすることができます。

そのため申し込み後に提示された見積もりを一気に比較することで、「どこの保険会社が安いのか」を簡単に知ることができるのです。

また申し込み方法はいたってシンプルで

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなたに関する情報

を簡単に入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも10分あれば完了しますから、まさに「最短時間で最もお得な保険会社を探すことができるサービス」ということができるでしょう。

しかし「自分の個人情報を入力しても大丈夫なのか」「申し込み後にしつこい電話勧誘はないのか」心配になってしまいますよね。

そこで「次に安心して利用できるのか」という点について説明していきます。

安心して利用できるの?

結論から述べると、「安心して利用できる」ときっぱり言うことができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは大手企業によって運営されており、個人情報保護方針に関してもしっかりと明記されているからです。

また自動車保険一括見積もりサービスに登録している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報に関しては安心できます。

そして申し込み後の勧誘についてですが、実は自動車保険一括見積もりでは申し込み後はハガキ(DM)またはメールによって見積もり提示がされますから、電話による勧誘は一切ありません。

仮に電話がかかってくることがあるとしたら、あなたの申し込み内容に不備がある場合などですから、安心して利用してくださいね。

以上、自動車保険一括見積もりは「安心して利用できる上に、最も安くお得な保険料を一気に探すことができる」と覚えておきましょう。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で代理店の自動車保険に関するデメリットやメリットの解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「代理店で自動車保険に加入することは、意外なリスクが伴う」ということが分かったかと思います。

最後にまとめると

  • 代理店型の自動車保険のデメリットは「高い」だけでなく「営業マンによるリスク」がある
  • 通販型の自動車保険では「保険料が安い」だけでなく「質の高い対応」をしてくれる
  • 自動車保険一括見積もりを利用すると、安心して簡単に最も安い自動車保険を見つけられる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な利用方法でありながらビックリするような保険料を目の当たりにできますので、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料で、自動車保険に加入することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールド免許ドライバーだけが受けられる!車保険のゴールド免許割引率を徹底検証

満足できる自動車保険の決め手!おすすめ特約TOP10を大公開!

自動車保険は法人で加入すべき?それとも個人名義の方がオススメなの?

自動車保険の解約と新規契約の謎を徹底解剖!解約した後の新規契約は有効?

自動車保険の代理店変更は可能?代理店変更の際に注意すべき3つのポイント

コンビニで加入できる自動車保険は何がある?イマドキの自動車保険事情