代理店で加入する自動車保険はなぜ保険料が高い?仕組みや特徴を徹底解説!

車を持つ前、免許証を取得するためにあなたが自動車教習所へ通っていた頃に「車に乗るときは任意保険には必ず加入すべき」と言われたことはありませんか?

そして「任意という名前が付くものの、もはや義務である」ということも聞いたことがあるかもしれませんね。

そんな任意自動車保険は車に乗るあなたにとって非常に重要な役割を担っており、万が一あなたが事故を起こしてしまった際に、あなたを含めた事故の当事者を救済する力を持っています。

そのため必ず加入すべきだということは分かっているかもしれませんが、何せ年間の保険料が高く悩んだことがあるでしょう。

さらに保険料が高いだけでなく本当に多くの保険会社や保険代理店があるため、

  • そもそも自動車保険の代理店はどのような仕組みで運営しているのか
  • 代理店で加入する自動車保険にはどのようなメリットやデメリットがあるのか
  • できるだけお得に、そして安心して加入できる自動車保険は無いのか

といったことが気になって仕方ないのではないでしょうか。

しかし自動車保険のプロではないあなたからすると、どれも調べようがなく難しい問題ばかりですよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤めていた筆者が、あなたの大きな疑問となっている「自動車保険の代理店の仕組み」や「お得で安心できる自動車保険」について、詳しくご紹介していきましょう。

自動車保険についての内容にはなりますが、非常に簡単で誰にでも分かりやすく説明していますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「代理店の自動車保険って、こんな仕組みだったのか!」「お得で安心できる自動車保険はこのように探すのか!」と、ビックリしながら満足感を得られること間違いなしですよ!

INDEX

1.代理店の自動車保険の仕組みと特徴!

あなたは今現在どのような自動車保険に加入していますか?

代理店の自動車保険?それともネットで加入するタイプの通販型?…もしかしたらこれから車を購入するため、まだ自動車保険には加入していないかもしれませんね。

しかし誰にでも共通しているのは

  • 保険料をできるだけ安くしたい
  • 自動車保険の代理店が多すぎるため、どこで加入すればいいのか分からない

といったことであり、あなたも例外ではないでしょう。

そこで本章では、まず自動車保険の特徴として「代理店の自動車保険」と「通販型の自動車保険」の2タイプについてご紹介していきます。

それぞれの大きな特徴があり、あなたにとって非常に重要なポイントとなりますので、しっかりとご覧くださいね。

自動車保険には代理店で加入するタイプと通販型の2種類がある

あなたは自動車保険には「代理店の自動車保険」と「通販型の自動車保険」という、大きく分けて2種類があることをご存知ですか?

ここ最近テレビCMなどでも頻繁に宣伝されているためご存知かもしれませんが、実は自動車保険は大まかに上記した2タイプに分けられるのです。

そこで以下に、それぞれの自動車保険の特徴を簡単にご紹介していきますから、何となくでも構いませんので覚えてくださいね。

代理店の自動車保険の特徴

代理店の自動車保険ではあなたもご存知の通り、「代理店で加入するタイプの自動車保険」のことを指しています。

そのため「もう知っている!」と思われるかもしれませんが、少しだけ特徴を掘り下げて説明していきますので、そのままご覧ください。

代理店の自動車保険の特徴は

  • 全国各地に保険代理店を構え、保険会社からは独立して運営している
  • 各保険代理店に所属する自動車保険担当の営業マンによって顧客対応がされている

といったものであり、これらを総合すると「店舗維持費や人件費が多くかかるため運営コストが高い=保険料も高くなってしまう」という、大きな特徴を生み出します。

そのため代理店で加入する自動車保険は、保険料が高いということを覚えておきましょう。

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険とは、簡単に説明すると「インターネットで加入するタイプの自動車保険」のことをいいます。

そのため特徴としては

  • 基本的に店舗を持たず、インターネット上で保険会社が直接運営している
  • 顧客対応は専門家が、コールセンターやメールなどで対応している

という点が挙げられ、これらを総合すると「店舗を持たず全国に人員を配置する必要が無いため人件費もかからない=運営コストが低い=保険料が安い」という、代理店の自動車保険とは正反対になる大きな特徴を生み出しているのです。

つまり、ここまでは

  • 代理店の自動車保険…保険料が高い
  • 通販型の自動車保険…保険料が安い

と覚えておきましょう。

しかし保険料の高い安いだけでは、あなた自身が加入すべき自動車保険かどうかを判断することは難しいですよね。

そこで次に、保険料以外でそれぞれの自動車保険にはどのような違いがあるのかを述べていきましょう。

代理店は通販型と比べて、他に何が違うの?

代理店の自動車保険の大きな特徴は前述したため分かったかと思いますが、実際に自動車保険に加入する決め手となるのは保険料以外の部分も大きいため、代理店と通販型の自動車保険では保険料以外にどのような違いがあるのかを知りたいと思いませんか?

保険料以外の部分では、主に下記に箇条書きした3点が該当します。

  1. 契約の仕方
  2. あなたの対応をする窓口となる人
  3. 保険手数料の有無

それぞれのポイントについて、こちらも分けて以下に解説していきましょう。

契約の仕方

先程も少しだけ触れましたが、代理店と通販型の自動車保険の仕組みとして、最も大きな違いといえるのが「契約の仕方」といえるでしょう。

実は通販型の自動車保険では基本的にインターネット上で保険契約を完了させることができるため、非常にお手軽になります。

しかし代理店の自動車保険では実際に担当営業マンと話し合いながらプランを決め、そして署名や押印など、「ザ・契約」といった作業が必要になるのです。

そのため契約としては、ネガティブにとらえると「面倒くさい」となりますが、ポジティブにとらえると「何度も親身に相談に乗ってもらえて、重要事項についても人からきちんと説明を受けることができる」ということができるのです。

あなたの対応をする窓口となる人

インターネットで加入する通販型の自動車保険では、基本的に電話やメールなどで顧客対応をすると前述しました。

しかし代理店の自動車保険では「あなたの担当営業マンが対応してくれる」という特徴があり、事故を起こした際や保険について不明点がある際、そして新規で自動車保険に加入する際には心おきなく相談することができます。

そのため「代理店の自動車保険では直接会って相談することができるが、通販型では基本的に顔が見える相手に相談することができない」と考えておきましょう。

保険手数料の有無

業務的な話になってしまうのですが、代理店の自動車保険は保険会社とは独立した「保険代理店」という会社が、保険会社に代わって保険商品の営業をしているため、獲得した保険料の内の数パーセントを手数料収入として売り上げています。

つまりお金の流れとしては

  • あなた→保険会社→保険代理店

となり、実は保険代理店にはあなたが支払った保険料の一部がキャッシュバックされているのです。

そのため運営コストの一部として手数料が加算されますから、結果的に通販型の保険料と比較すると「2倍以上」ということも珍しくありません。

しかし、ここまで聞くと「代理店がもらう正確な手数料の割合が知りたい!」と思いますよね。

業界内ではタブー視されている手数料の割合ですが、今回は特別にお教えしましょう。

その答えは…10~20%前後です。

非常にあいまいになってしまうのですが、実は保険手数料の割合が決まる要因として

  • 代理店で取り扱っている保険会社の数(複数社よりも1社に特化している方が手数料は高くなる)
  • 代理店が獲得している年間保険料売上高(獲得保険料が高くなるとボーナス有り)
  • 保険会社との関係性(こればかりは決定の仕方が分かりません)

という大きなポイントがあるため、基本的に特定することは難しいのです。

ちなみに参考として、筆者が勤めていた保険代理店では年間保険料売上が2~5億円、手数料収入が3,000万円~1億円程度であったため、おおよその割合としては15~20%程度でした。

そして乗り合い代理店(複数社を取り扱っている代理店)であったことや、保険料売上の手数料優遇を受けていたため、すべての保険代理店が該当するわけではないことを念頭に置いてくださいね。

とはいえ保険手数料で20%も支払っているということを理論的に比較すると、通販型と比較した場合に「最低でも保険料は20%以上高くなる」ということになると覚えておきましょう。

以上が代理店の自動車保険の特徴や、保険料などの仕組みに関する解説でしたがいかがでしたか?

おそらく手数料収入などに関しては知らないことばかりだったのではないでしょうか。

また「代理店の自動車保険は保険料が非常に高くて損をしてしまいそう」などと思ってしまったかもしれません。

しかし実際には代理店の自動車保険に加入することで得られるメリットとデメリットが存在しますから、次章にてご紹介するメリットとデメリットをご覧になることをオススメします。

2.代理店の自動車保険の3つのメリット、3つのデメリット

前章の解説で「代理店の自動車保険は保険料が高く、そして保険会社が代理店に支払う手数料の割合も高い」ということが分かったかと思いますが、それだけをご覧になると「代理店の自動車保険ってデメリットしかないの?」と思ってしまいますよね。

しかし安心してください。

代理店の自動車保険にはデメリットもありますが、逆にいくつかのメリットも存在するのです。

本章ではそんな代理店の自動車保険に関して、メリットとデメリットをご紹介していきましょう。

代理店の自動車保険の3つのメリット

代理店の自動車保険のメリットは、主に下記の3点が挙げられます。

  1. すべて自力で自動車保険のプランを決める必要がない
  2. いつでも自動車保険に関する相談ができる
  3. 自動車保険以外の保険商品に関しても相談できる

それぞれの点について、以下にて分けて説明していきましょう。

すべて自力で自動車保険のプランを決める必要がない

先程も述べましたが、代理店の自動車保険では加入する際に担当営業マンが同席して補償内容などをプランニングしてくれます。

しかしその実態は「ほとんど担当営業マン任せ」にすることができ、あなたはある程度大まかに希望する補償内容を伝えるだけで営業マンがいくつかのプランを提示してくれるのです。

例えば

  • 補償の充実度
  • 車両保険の有無
  • 主に車を運転する人や、その続柄

などを伝えるだけで3つ程度のプランを用意してくれますから、あなたは提示されたプランの中で最も自分に合うものを選び、内容をきちんと説明してもった後に補償の追加などをしてもらえばいいのです。

つまり「楽にプランを決定でき、あなたが補償内容について悩むことが少ない」といえます。

いつでも自動車保険に関する相談ができる

あなたに担当営業マンが付くということは、基本的に「営業時間内であればいつでも自動車保険に関する相談をすることができる」といえます。

例えば筆者が現役の自動車保険営業マンであったときは、お客様から「今自分が加入している自動車保険の補償内容はどうなっているか」という質問をいただいたことがあります。

その際は「自動車保険の証券にも書かれていますが、○○様の補償内容はこうなっていますよ!」とお教えしたのです。

筆者の例のように、本当に気軽に営業マンに対して相談をするお客様は多いため、「たったこれだけ?」とあなたが思ってしまうことであっても遠慮なく相談できる点はメリットといえるでしょう。

自動車保険以外の保険商品に関しても相談できる

実は自動車保険を取り扱っている保険代理店は、生命保険をはじめとする保険商品に関しても取り扱っているケースが多くあります。

そのため「保険」と名の付くものであれば、なんでも相談することができると考えても問題ありません。

そして自動車保険の保険商品について、例えば「ケガをしたときの保険に加入したい」などと相談した場合に、「自動車保険の車外事故特約であれば、ある程度のケガや損害賠償に対応できますよ!保険料も少し上がるだけです」といったように、他の保険商品と重複する補償に関して指摘してくれることもあります。

この対応は保険代理店にしかできないため、大きなメリットだと覚えておきましょう。

以上が代理店の自動車保険のメリットでしたが、次にデメリットについてもご紹介していきます。

代理店の自動車保険の3つのデメリット

先程のメリットとは異なり、ここではデメリットについてもご紹介していきます。

早速、下記に3つのデメリットを箇条書きしましたのでご覧ください。

  1. 保険料が高くなってしまう
  2. すべての営業マンが優秀ではなく、あなたが損をしてしまう可能性がある
  3. 事故対応が結局保険会社になってしまう

これらのデメリットについても、それぞれを分けて解説していきましょう。

保険料が高くなってしまう

先程から何度も述べていますが、代理店の自動車保険の最大のデメリットは保険料が大幅に高くなるという点でしょう。

実際に筆者が代理店の自動車保険と通販型の自動車保険で、保険料を比較してみた結果を載せておきますのでご覧ください。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750
フィット あり 98,140 54,480 43,660
なし 47,680 28,900 18,780
ワゴンR あり 89,900 52,590 37,310
なし 41,700 29,760 11,940

保険料の算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

ご覧になると圧倒的に通販型の自動車保険の保険料が安いということが分かるかともいます。

そして実際には先程述べた「最低でも20%」を上回る結果となっており、さらに保険料が高くなっているという印象があるでしょう。

実は通販型と代理店の自動車保険の年間保険料を比較すると、今回以上の価格差が出ることは珍しく無く、実際に2倍以上の差が付くこともあるのです。

そのため保険料だけで比較した場合には「代理店で加入することはデメリットでしかない」ということができます。

すべての営業マンが優秀ではなく、あなたが損をしてしまう可能性がある

先程メリットをご紹介した際は「営業マンに相談できる」ということを述べましたが、実はそのメリットはもろ刃の剣であり、時にはデメリットになる場合もあります。

一体どういうことかというと、代理店型の自動車保険はあなたの担当営業マンがそれほど優秀ではなかった場合に「損をするような提案をされてしまう可能性がある」ということです。

実は保険代理店の営業マンになるためには比較的難易度の低い資格試験に合格するだけでOKである場合が多く、その結果として「素人営業マン」が多くいるのです。

実際に筆者が勤めていた保険代理店でも素人営業マンが多くいたため、お客様が損をしてしまう提案をしてしまったことがありました。

そのためすべての営業マンに対して「信頼して相談をすることはできない」と覚えておきましょう。

事故対応が結局保険会社になってしまう

仮にあなたが代理店の自動車保険に加入しており、万が一事故を起こしてしまった場合はどこに連絡をしますか?

おそらく保険代理店に連絡をし、最初から最後までの事故対応をお願いしますよね。

しかしほとんどの場合で保険代理店が事故対応をすることができず、基本的には保険会社が対応することになります。

そのため事故当初に担当営業マンに連絡をした場合であっても、その後保険会社とほとんどのやり取りをしなければならず、結果的に担当営業マンと保険会社の事故担当者に対して重複した内容を説明する必要があるのです。

つまり「事故を起こした場合に保険代理店はそれほど役に立たず、結局は保険会社に任す必要がある」ということになってしまいます。

以上が代理店の自動車保険のデメリットでしたが、いかがでしたか?

おそらくこれらのデメリットをご覧になると、「代理店の自動車保険は意外とダメかもしれない」と感じたかもしれませんね。

そこで今ご紹介したメリットとデメリットを参考に、筆者が客観的に見てどちらの自動車保険がオススメなのかを結論付けていきましょう。

3.結論、代理店と通販型の自動車保険はどっちがオススメなの?

結論を先に述べると、筆者としては代理店の自動車保険よりも通販型の自動車保険の方がオススメです。

その理由は下記の2点です。

  1. 保険料が大幅に安くなる
  2. 事故対応を含めて、顧客の相談にいつでも乗れる体制が整っている

この理由について、以下にて解説していきます。

保険料が大幅に安くなる

通販型の自動車保険では年間の保険料が非常に安くなるということは分かっていますよね。

しかし自分で補償などのプランを決定しなければならないことは大きなマイナス点になっていることでしょう。

とはいえ通販型の自動車保険に加入する場合には、インターネットの画面上で丁寧な解説や「補償充実プラン」などの提示があるため、ある程度あなたに合ったプランを設定することは可能なのです。

そして細かくプランを設定することも、やはり詳細な解説つきですので「時間はかかるものの可能」だといえ、1時間もあれば十分にプランの作成は完了してしまいます。

つまり「1時間で何万円もお得になる」と考えると、非常にお得になるということがよく分かるでしょう。

事故対応を含めて、顧客の相談にいつでも乗れる体制が整っている

通販型の自動車保険ではインターネット上で自動車保険に関するすべてが完結するという特性があるため、お客様からの相談に関しては電話やメールなどで答えてくれます。

そのため実は代理店の自動車保険と同様に、自動車保険に関する相談をすると的確な答えを示してくれるのです。

また通販型の自動車保険では全国からの顧客に対応する必要があるため、「自動車保険のプロ」が必ず対応してくれます。

つまり代理店の自動車保険のように素人営業マンに当たる可能性が少なくなり、結果的に「あなたにとって最も安心できる状態になる」ということができるのです。

以上が通販型の自動車保険をオススメする理由ですが、まとめると「保険料が大幅にお得になり、さらに安心して加入することができる」といえます。

もちろん代理店の自動車保険では「あなたを担当する営業マンが優秀であり、さらに信頼できる場合」はオススメなのですが、そのような営業マンに担当される可能性は極めて低いといえるため、やはり通販型の自動車保険の方が安定してオススメできるのです。

しかし「通販型の自動車保険は数が多すぎて、どれを選べばいいのか分からない」と思ってしまいますよね。

そこでオススメの方法をご紹介しましょう。

その方法とは「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用することです。

次章では自動車保険一括見積もりというサービスの詳細を解説していきますので、引き続き最後までご覧くださいね!

4.お得に安心できる自動車保険を探すなら自動車保険一括見積もりサイトがオススメ!

これまでの解説をご覧になったあなたは「通販型の自動車保険に加入すればお得で、安心できそうだ」ということが分かったでしょう。

しかし通販型の自動車保険は多すぎるため、なかなかどこに加入すればいいのか分かりませんよね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりというサービスをご紹介していきます。

このサービスを利用すれば、安心できる通販型の自動車保険を保険料で比較することができますよ!

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、保険見積もりを依頼することができます。

そのため一度の申し込みで複数の保険見積もりを比較することができ、結果的に最もお得な保険料で自動車保険に加入することができるのです。

また申し込みに関しては非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分あれば十分完了させることができます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力することには少しだけ不安がある」「一括○○っていうサービスは、申し込み後にしつこく電話勧誘が来るらしいから嫌だ」と思ってしまったのではないでしょうか。

そこで次に自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるのか説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?怪しくない?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトはすべて大手企業が運営しており、個人情報保護方針を明記しているためあなたの個人情報が不正に使用されることは無いからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社は、あなたが一度は耳にしたことがあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っているため、安心することができます。

さらに申し込み後の電話によるしつこい勧誘は一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内がされるだけですから、あなたに迷惑がかかる可能性は極めて低いのです。

仮にお得なプレゼントキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信停止依頼をすることができますから安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは最短時間でお得になるだけでなく、安心して利用することができるサービスということもできるのです。

本当に誰でも簡単にお得になることができますし、さらに安心感の高い通販型の自動車保険に加入することもできますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたが納得いくような通販型の自動車保険に加入することができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上で代理店の自動車保険の仕組みや、オススメの自動車保険に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「代理店の自動車保険って、こんな理由で保険料が高かったのか!」「この方法であれば自分でも簡単に通販型自動車保険に加入できそうだ」と感じたことでしょう。

特に代理店の自動車保険の保険料が高い理由について、手数料の割合などは驚いたのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 代理店の自動車保険が高い仕組みは「運営コストと手数料」が大きく影響している
  • 通販型の自動車保険は、保険料が安く顧客対応も高いレベルであるためオススメ
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、最も安い自動車保険に加入できる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては非常に重要で、簡単に利用することで確実に最も安い自動車保険を探すことができますし、さらに安心の通販型に加入することもできますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、最もお得な自動車保険に加入することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これを見れば一目瞭然!車保険のネットとディーラーの違いを徹底解説

選び方はたった3ステップ!賢くお得に自動車保険会社を見つけよう!

損する可能性が大?車保険の保険料の支払いを「分割払い」にする

ネットなら即日加入が可能?自動車保険の加入に必要な日数は2~3日?

自損事故で車両保険を使うと等級や保険料はどうなってしまうの?

自動車保険の解約は○日前に伝える!?いつまでに解約を申し出れば良いの?