自動車保険の代理店変更は可能?代理店変更の際に注意すべき3つのポイント

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

あなたが車に乗る上で最も気をつけなければならないことって何ですか?

安全運転・譲り合いの精神・交通ルールを守る…など、様々なキーワードが思い浮かんでくることでしょう。

そしてお気づきかもしれませんが、これらのキーワードはすべて「事故を起こさないため」に必要なキーワードばかりです。

日常的に乗っている車で事故をしてしまうと、自分も相手も大きな損害を被ることになり、場合によっては命を落としかねませんので、慎重になっていることでしょう。

しかしいくら車に乗る際に慎重になっているとはいえ、事故は起こってしまいます。

なぜなら事故は、あなたがいくら気をつけていても起こしてしまう、または巻き込まれてしまうものだからです。

そのため事故を起こさないことがベストではありますが、万が一のときに補償を受けられるように「自動車保険」に加入していますよね。

とはいえ万が一の際に頼りにしたいと思うことが常であるため

  • 今契約している保険代理店が頼りなさそうなので、代理店変更をしたい
  • 代理店変更はできるの?また代理店変更をする際に注意すべきことはあるの?
  • 代理店変更をするタイミングで、お得な自動車保険に加入したい!

という想いが頭をよぎってしまうかと思います。

たしかに、万が一の際に頼りにならない保険代理店では、何のために年間で何万円もの保険料を支払っているのか分かりませんよね。

しかし実際に代理店変更をするためにはどうすればいいのか、あまりよく分からないかと思います。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の代理店変更の可否や注意点、そして代理店変更をするタイミングでお得になる方法を詳しく解説していきましょう。

自動車保険についての内容にはなりますが決して難しくなく、非常に簡単で分かりやすい内容になっていますので、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「代理店変更はこうすれば良くて、この方法を利用すればお得な自動車保険に加入できる!」と自信が持てますよ!

1.自動車保険って代理店変更はできるの?

いざという時のために加入している自動車保険は、加入条件によって年間で20万円以上も支払わなければならないことも珍しくなく、「高い保険料を支払っているのだから質の良いサービスを受けたい」と思うことは当然のことです。

そのため自動車保険のプロが担当してくれる保険代理店で自動車保険に加入したかと思いますが、実際の対応があまりにも頼りなく、「ここの私の自動車保険を任せておくのは不安だから、もっと良さそうな保険代理店に変更したい」と思ったことでしょう。


とはいえ「代理店変更をしたい!」と思ったところで、実際に代理店変更をすることは簡単なのでしょうか。

自動車保険の加入単位が年単位だったため、途中で代理店変更をすることは難しいかもしれないと思ってしまいますよね。

結論からお伝えすると、代理店変更は「可能」です。

そこで本章では、自動車保険の代理店変更をすることができるのか、またできる場合にはどのような点に注意して代理店変更をするべきかいうことについて解説していきましょう。

代理店の変更は可能!

繰り返しになりますが、あなたが自動車保険の代理店変更をすることは可能です。

それも「あなたが変更したい」と思ったタイミングで代理店変更ができるのです。

少しだけ意外な答えでしたか?

実は自動車保険は基本的に「お客様至上主義」のようなところがあり、お客様の本意で比較的自由に契約内容の変更や途中解約、そして代理店変更などができるという特徴がある

そのため基本的には「代理店の変更はいつでも可能」であり、あなたが契約している保険代理店に「これから代理店変更をしてほしい」とお願いをするだけだと思っても間違いないのです。

とはいえ代理店の変更をするためにはいくつかの注意点があることも事実ですから、次にご紹介する注意点をしっかりと把握した上で自動車保険の代理店変更をすることをオススメします。

代理店の変更をする際に気をつけておきたい3つの注意点

これまでの説明をご覧になると「代理店変更をしたいと伝えるだけであれば、簡単に代理店変更はできそうだ」と感じたことでしょう。

しかし自動車保険の代理店変更を行うことは、一見簡単そうに見えて難しい部分もあるのです。

そのため下記に箇条書きした注意点をしっかりと把握して、代理店の変更手続きを進めていかなければ「思わぬ落とし穴」にはまってしまう可能性があります。

  1. 保険証券は持っているか、証券番号を控えることが可能か
  2. 加入している自動車保険は途中で代理店変更をすることが可能か
  3. 代理店変更をすることで実生活に不利益を被ることはないか

それぞれの注意点に関して、以下にて分けて解説していきますので引き続きご覧くださいね。

保険証券は持っているか、証券番号を控えることが可能か

あなたは現在加入している自動車保険の証券を保管してありますか?

自動車保険の証券には

  • どこの保険代理店で自動車保険の契約をしているか
  • 現在加入している自動車保険の補償内容
  • 保険の始期日と満期日

などが記載されており、代理店変更をする場合には内容が書きかえられますので、必須の書類といえます。

一応、保険代理店としては「契約後に保険証券が届きますから、必ず契約期間中は保管しておいてくださいね~」と説明をしているかと思いますが、たった一つの封筒なので無くしてしまったかもしれませんね。

もし無くしてしまった場合には保険代理店または保険会社に問い合わせることで証券番号を入手することができますから、安心してくださいね。

とはいえ保険代理店は「獲得保険料に一定の割合をかけて、手数料収入を得ている」という現状がありますから、手数料収入が減ってしまう代理店変更の依頼をしても

  • 証券番号をなかなか教えてくれない
  • なかなか手続きに移らず、はぐらかされてしまう

ということもあります。

そのような場合には、保険会社の問い合わせ窓口にてその旨を伝えることで、スムーズに代理店変更の手続きをすることができますよ。

加入している自動車保険は途中で代理店変更をすることが可能か

次の注意点としては「そもそもあなたが加入している自動車保険は、契約期間中に代理店変更をすることが可能か」ということについてです。

先程、筆者は「基本的には代理店変更したいと思ったタイミングでできる」と述べましたが、実は保険会社によっては自動車保険の契約上「途中で代理店の変更をすることはできません」となっている場合があります。

そのため仮にあなたが契約期間中に代理店変更をしたいと思ったとしてもできない場合があるため、保険契約書の確認または保険代理店や保険会社に確認をしなければなりません。

とはいえ「代理店変更手続きをしたい」と伝えた際に、可能か不可能か教えてくれますので安心してくださいね。

また仮に保険契約上、契約期間中の代理店変更ができない場合には「一旦保険契約を解約して、その後希望する代理店で新規契約をする」という流れになります。

しかしその場合には

  • 契約期間中の解約→新規契約では、等級が新規契約後の1年間据え置きになってしまう
  • 満了を迎えてからの契約では、等級は1つ上がる

※それぞれ、無事故の場合

と覚えておきましょう。

というのも自動車保険では中途解約をした後の新規契約では「保険等級の引き継ぎは可能であるが、あくまで新規契約であるため1年間は引き継いだ等級である」と判断されるからです。

そのため等級が最大で1年間遅れてしまうことになるため、可能ならば保険満了を迎えてから解約→新規契約という流れで代理店変更をするべきでしょう。

また現在あなたの自動車保険が20等級である場合には、それ以上等級が上がることはありませんので、すぐに解約→新規契約をしても等級に影響はないと覚えておきましょう。

代理店変更をすることで実生活に不利益を被ることはないか

最後の注意点は「代理店変更をした結果、あなたの実生活に不利益を被ることは無いのか」という点です。

よくある話なのですが、親族が保険代理店を経営している場合に、他の代理店への変更手続きをすると「親族間の関係が悪くなる」といった状況に陥ってしまいます。

そのため関係が近しい親族であれば非常に険悪な雰囲気になることも珍しくなく、これから先の人生が暗くなってしまう可能性があるのです。

またもう一つの例として、あなた自身が勤めている会社が保険代理店を経営している場合には「自社以外の保険代理店で自動車保険に加入した場合、交通費などの補助は一切出さず社員駐車場も用意しない」という条件をつけられる場合があります。

この例は筆者が勤めていた保険代理店で適用されていたルールなのですが、実際にこのような条件を付けている会社は非常に多く、自動車保険の代理店変更をすることで「お金としての不利益」を被る可能性があるのです。

そのため代理店変更の依頼をする前に、一度あなた自身のライフサイクル等を見直して「本当に代理店変更をしても不利益は無いのか」を確認しておく必要があるといえるのです。


以上が自動車保険の代理店変更をする際に気をつけておくべき3つの注意点でしたが、ご覧になっていかがでしたか?

おそらく「当たり前のことだ」と感じたことでしょう。

しかし実際に変更手続きをする際は慣れないことばかりで気が動転してしまうこともあり、冷静な判断をすることができなくなってしまう可能性があります。

そのため今ご紹介した3つの注意点を事前によく確認して、「これで大丈夫だ」という確信を得てから代理店変更の手続きをしましょう。

また代理店変更の手続きをするタイミングであれば、思い切って保険会社を切り替えてしまうこともオススメします。

なぜなら「途中解約」という状況で等級がさらに1年間据え置きになった場合でも保険料が大幅に安くなる可能性があり、さらに顧客対応に関しても「大幅に改善される」可能性が高いのです。

そこで次章では契約途中または契約満了を迎えての代理店変更の場合に、ひとつの賢い選択肢として挙げられる「保険会社の乗り換え」について解説していきましょう。

2.代理店変更をするなら、保険会社の乗り換えも検討しよう!

あなたが代理店変更をしようと思ったきっかけは何ですか?

おそらくそれは「この保険代理店はあまり信頼できない」「担当営業マンが雑な人で対応が悪い」など、様々な理由からでしょう。

そのため前章までの解説をしっかりとご覧になり、安心できる保険代理店への変更をしたいと考えたかと思います。

しかし代理店変更をするのであれば、実は「契約している保険会社そのものを変更する」といった選択肢の方が賢い場合があるのです。

なぜなら保険代理店で加入している「代理店型の自動車保険」では、基本的に保険料が高く、逆に「通販型の自動車保険」では大幅に保険料が安くなる可能性が高いからです。

そこで本章では保険会社変更という選択肢の中で重要となる、代理店型の自動車保険と通販型の自動車保険の特徴について述べていきましょう。

保険会社には代理店型と通販型がある

まず、前提として自動車保険には「代理店型」と「通販型」の2種類があると覚えておいてください。

そして「代理店型の保険料は高く、通販型の保険料は安い」ということについても覚えておきましょう。

とはいえ、この事実に関してはすでに聞いたことがあるかもしれませんね。

しかしなぜ代理店型の保険料は高く、通販型の保険料が安いのか分かりませんよね。

また「通販型は安いって聞くけど、顧客対応は安いなりで悪そうだ」と思っているでしょう。

そこで以下に代理店型と通販型、それぞれの特徴と保険料の理由、そして顧客対応に関して詳しく解説していきますのでご覧ください。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険はその名の通り、全国各地の保険代理店で加入するタイプの自動車保険になります。

あなたが現在加入している自動車保険についても、代理店型ではないでしょうか。

そして代理店型の自動車保険では主に下記のような特徴があります。

  • 全国各地で店舗を運営している
  • 店舗にいる営業スタッフなどにより顧客対応をしている

上記した理由から予想できたかもしれませんが、実は代理店型の自動車保険は「店舗維持費や人件費などの運営コストが高い=保険料も高くなってしまう」という状態なのです。

そして顧客対応に関しても営業マンによる当たりハズレがあるため「ギャンブル性が高い」と言わざるを得ません。

突然ですがそこのあなた! 自動車保険って年間保険料が非常に高いと思いませんか? 特に「車の維持費」という観点で見ると、車検代や整備費...

以上のことから代理店型の自動車保険では「保険料が高く、顧客対応も良いか悪いかは加入してから分かる」といえるのです。

もちろん優秀な営業マンも多くいますから、「この人であれば間違いなく安心できる」と信頼できる営業マンがいる場合には代理店型の自動車保険がオススメです。

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険はここ最近で世間一般にも広く浸透してきました。

そのため「通販型の保険料は安い」ということはすでに知っているかもしれませんね。

そこで念のため特徴について説明しておきましょう。

早速、下記に主な特徴を2点挙げましたのでご覧ください。

  • 基本的に店舗を持たずにインターネット上で運営している
  • 顧客対応はコールセンターで行っている

これらの特徴をご覧になると予想できるかもしれませんが、代理店型の自動車保険とは異なり「店舗を持たず人員も少なく済むため運営コストが低い=保険料も安くなる」という仕組みになっており、実際に代理店型の自動車保険の年間保険料と比較して半額以下になることも珍しくありません。

また通販型の自動車保険は「安いから対応も悪い」と考えられているのが一般的ですが、それは大きな間違いです。

なぜなら通販型の自動車保険は基本的に電話やインターネット上で全国のお客様への対応をするため、間違った情報を伝えることはできず、結果的に「自動車保険のプロ」が担当することになっているからです。

そのため代理店型の自動車保険ではギャンブル性が高かった顧客対応も、通販型の自動車保険では「安定的に高いレベルの対応をしてもらえる」ということになります。

そのため次にも述べますが、「タイミングが合うのであれば通販型の自動車検がオススメ」といえるのです。

自動車保険に加入することは、もはや一種の「義務」のようになっており、自動車教習所でも「必ず加入することをオススメします~」などと言われています。...

タイミングが合うのであれば通販型がオススメ

ここまでは代理店変更をするのであれば保険会社そのものを見直すべきだと述べましたが、先程も述べたように

  • 途中解約で、新規契約後も等級が1年間据え置きになる
  • 契約満了で解約し、新しい等級で新規契約できる

という2パターンがあります。

そのためあなたのタイミングとして「途中解約だが保険料がその分お得になるのであればアリ」「契約満了だからどこの保険会社でも構わない」と考えているのであれば迷わず通販型の自動車保険へ変更することをオススメします。

その理由は言わずもがなかと思いますが、「通販型の自動車保険は年間保険料が大幅に安く、さらに顧客対応も安定的に高いレベルであるから」です。

そして解約→新規契約は、それぞれの保険代理店または保険会社に「解約したいです」「新規契約したいです」と伝えるだけですから、しなければならないことは代理店変更の依頼とあまり変わらないのです。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

以上のことから、代理店変更を検討する場合には「通販型の自動車保険への変更」についても検討するべきだといえるでしょう。

とはいえ「どこの通販型の自動車保険に加入すればいいのか分からない」と思ってしまいますよね。

そんなあなたには「自動車保険一括見積もり」というサービスをオススメします。

このサービスを利用することで確実に保険料を抑えて、満足のいく自動車保険に加入することができますよ!

次章では自動車保険一括見積もりについて詳しく解説していきますので、このまま最後までご覧くださいね。

3.通販型に加入するなら、自動車保険一括見積もりがお得

前章までの解説で「代理店変更をするのであれば保険会社の乗り換えをし、さらに通販型の自動車保険に加入すべき」と述べてきました。

しかし通販型の自動車保険を提供している保険会社は非常に多く、さらに自動車保険の種類も多くあるため「どこの保険会社のどんな自動車保険に加入すればいいのか分からない」と迷ってしまいますよね。

そこでオススメのサービスが「自動車保険一括見積もり」というものです。

このサービスを利用することで「どの保険会社の自動車保険が、どれだけお得か」を一気に調べることができますから、安定して高いレベルの対応をしてくれる通販型の自動車保険を、簡単に保険料で比較することができますよ!

早速次に詳細を解説していきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社の保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのため「一度の申し込みで、多くの保険会社の中から最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」といえるのです。

また申し込み方法は非常にシンプルで、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分あれば十分に完了させることができます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力するのは少しだけ抵抗がある」「一括○○って申し込みが完了したらしつこく電話がかかってくるんでしょ?」と思って、あまり気が進みませんよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりは安心して利用できるのか説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトはすべて大手企業が運営しており、「個人情報保護方針」がしっかりと明記されているからです。

そして自動車保険一括見積もりサイトに登録している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、あなたの個人情報を不正に使用されることはありません。

また申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内をされるのみですから、基本的にあなたに迷惑がかかることはないのです。

仮にプレゼントキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じる場合には、簡単に配信停止依頼をすることができますから安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるだけでなく、安心して利用することも可能なサービスといえるのです。

本当に誰でも利用できるほど簡単に申し込みができますし、お得な自動車保険をすぐに調べることができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、満足のいく保険会社の乗り換えができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、自動車保険の代理店変更に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「代理店変更も、保険会社の乗り換えも簡単で、上手くいきそうだ!」と思ったことでしょう。

その感覚は正しくて、先程ご紹介した注意点さえ意識しておけば代理店変更や保険会社の乗り換えなどは、それほど難しくないのです。

最後にまとめると

  • 自動車保険の代理店変更は可能である
  • 自動車保険の代理店変更をする際は3つの注意点に気をつけておく
  • 代理店変更を検討するのであれば、自動車保険一括見積もりを利用して保険会社そのものを乗り換えることもオススメ

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単に申し込み可能であり、お得な自動車保険を一気に調べることができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたが求めている保険会社に出会え、満足のいく自動車保険に加入することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車保険のロードサービスとは?加入した方がいいの?

自動車保険の更新って免許の色は関係ある?ゴールド免許だと安くなる?

「事故率」で保険料が決まる?自動車保険の保険料、その仕組みを大公開!

ダイレクト(通販型)自動車保険の事故対応は大丈夫?オススメするたった2つの理由

これさえ見ればOK!結婚後の車保険で知っておくべき3つのポイント

代理店型の自動車保険はデメリットだらけ?その真相を徹底解説