自動車保険の代理店型の料金相場が高いのは本当?実際に計算してみた

車に乗る上でかかる維持費は数多く、「ガソリン代」「各種税金」「車検代」「整備代」など本当にお金がかかってしまいますよね。

そんな車にかかる維持費の中で、最もお金のかかるもののひとつと言っても過言ではないのが「自動車保険」です。

あなた自身、自動車保険の年間保険料の負担が重くのしかかっているのではないでしょうか。

そんな中「代理店で加入する自動車保険は保険料が高い」「通販型と呼ばれる自動車保険は安い」という情報を耳にした経験があるかと思います。

そのため実際に自動車保険ってどのくらいの保険料が相場なのか、気になってしまいますよね。

しかし

  • そもそも相場の調べ方が分からない
  • 相場が分からないから、自分が払っている保険料が適正なのか分からない
  • もっとお得な保険料で自動車保険に加入する方法を知りたい

など、知らないことや希望することが多いため、迷ってしまいますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして代理店で勤務していた筆者が、代理店型と通販型の自動車保険の相場に関する解説を詳しくしていきましょう。

内容は非常に簡単ですし、さらにスラスラ読みやすくなっていますから、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

また読み終わる頃には必ず「こうすれば安心してお得になることができる!」ということがよく分かりますよ!

1.自動車保険の相場が知りたい!代理店型と通販型には相場があるの?

自動車保険は「保険料が高くて嫌だ」と思う反面「加入しなくては不安」と思ってしまうため、仕方なく加入している方が多いというのが実情です。

あなたもそんな一人ではないでしょうか。

しかし実際に自動車保険に加入するとき、相場が分からず保険料については不安を抱えたままの契約をしてしまう場合もあります。

そのためあなたは「とにかく保険料の相場が知りたい」と思ってしまいますよね。

そこで本章では、まず「代理店型」と「通販型」という2種類ある自動車保険の特徴や、それぞれの相場について簡単に解説していきましょう。

代理店型の自動車保険の特徴

代理店型の自動車保険はその名の通り、「代理店を通して加入する自動車保険」のことをいいます。

そのためもしあなたが代理店型の自動車保険に加入しようと思った際には、必ず保険代理店で加入の手続きをしなければなりません。

そして主な特徴としては下記の2点が挙げられます。

  • 店舗=代理店を持っており、運営している
  • 代理店には何人もの営業マンや事務スタッフがおり、営業活動や契約手続きをしている

以上が主な特徴ですが、ご覧になって何となく「保険料が高い理由が分かった」と思いませんか?

そう、店舗維持費や人件費など、運営にかかるコストが高いことから保険料も大幅に上がってしまうのです。

そして営業マンが直接的に顧客対応をすることから「安心できる」と思われていますが、実は素人営業マンがあなたの知らない内に担当している場合があり、知識不足や経験不足からあなたが損をしてしまう提案を知らず知らずにしていることがあるのです。

実際に私が勤めていた保険代理店では、同期の営業マンが「知らずにお客様を損させた」ということが数件問題となったことがありますので、よほど信頼のおける営業マンでない限り「直接対応する」ということは必ずしもメリットとは言えないと覚えておきましょう。

次にもう片方の自動車保険である「通販型」の特徴についてご紹介していきます。

通販型の自動車保険の特徴

通販型の自動車保険は基本的にインターネットや電話にて申し込みをするものであり、一般的に「保険料が大幅に安くなる」と思われています。

そして主な特徴としては下記に挙げた2点になります。

  • 店舗を持たず、インターネットや電話上で運営している
  • 店舗を持っていないためスタッフは最低限で営業している

以上が通販型の自動車保険の特徴です。

そのためこちらも予想できたかと思いますが、実は通販型の自動車保険は「店舗を持たず人件費も最低限であるため運営コストが低く、結果的に保険料も大幅に安くなる」という実情があるのです。

しかし一方で「どうせ顧客対応は安かろう悪かろうなんでしょ?」というイメージを一般的には強く持たれています。

その点についてはここできっぱり否定しておきますが、実は通販型の自動車保険の顧客対応は「安定して質が高い」という傾向にあるのです。

なぜなら通販型の自動車保険は直接お客様の顔を見て対応することがないため、コールセンターでは必ず「保険のプロ」が担当しているからです。

そしてシェア拡大に向けて対応力の強化をしているため、結果的に満足度の高い、親切で丁寧な顧客対応をしてくれます。

以上のことから通販型の自動車保険は、「保険料が安く顧客対応に関しても安定して高い質を誇る」と覚えておきましょう。

以上、2種類の自動車保険に関する特徴を解説してきましたが、肝心の「相場」については触れてきませんでした。

そこで次にそれぞれの保険料相場について述べていきますのでご覧ください。

結局のところ、相場はどのくらいなの?

結局のところ、それぞれの自動車保険の相場はどのくらいか気になりますよね。

結論から述べると、「何とも言えない」というのが現状です。

なぜなら自動車保険を提供している保険会社は本当に数多く、それぞれの保険会社によって全く保険料が異なるという場合が多いからです。

例えばA社では年間保険料が5万円であるのに対し、B社では年間保険料が7万円というケースは多く、あまり無責任に「○○円ぐらいです」と述べることはできません。

とはいえ「相場も知らないにもかかわらず自動車保険に加入することは避けたい!」と強く思いますよね。

そこで次章では代理店型と通販型、それぞれの自動車保険を提供している「大手保険会社」に関して実際に見積もりを作成し、比較することで「当サイト独自の保険料相場」をご紹介していきましょう。

2.実際に車保険の料金相場を調べてみた

前章までの解説で代理店型と通販型の自動車保険に関する主な特徴は理解することができたかと思います。

しかし保険料の「高い」「安い」という大まかな状況について述べただけですから、実際には保険料の相場感は分かりませんでした。

そこで本章では代理店型と通販型の自動車保険に関して、「大手」と呼ばれている保険会社が提供している自動車保険の保険見積もりを実際に出した結果を比較し、大まかな保険料相場を算出していきます。

それでは早速次に代理店型の自動車保険に関する相場を算出してご紹介していきましょう。

代理店型の車保険料金相場を調べてみた

保険料が高いということがよく分かった「代理店型」の自動車保険。

その相場は一体どのくらいなのでしょうか。

下記に大手保険会社を3社比較した表を載せておきますのでご覧ください。

保険会社名 年間保険料(円) 平均値(円)
東京海上日動 106,190 106,897
損保ジャパン日本興亜 113,660
三井住友海上 100,840

保険料算出条件

  • 車種:ステップワゴンスパーダ(RP3)
  • 車両保険:一般条件の免責等なし(もしくは最も免責の低いもの)
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5,000~10,000km
  • その他補償内容:各社がオススメするプランを選択

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、どの保険会社も年間で10万円以上と、「非常に高い」と言わざるを得ない状況になっています。

そのため先程特徴でもご紹介したように、運営コストの高さがよく表れているといえるでしょう。

また平均値として出した3社の保険料では106,897円と、「この条件の相場では10~11万円程度」ということが可能な数値が出ています。

もちろん条件によって保険料は左右してきますが、大まかな相場としては「良い線」だと覚えておきましょう。

次に通販型の保険料相場について算出した結果を述べていきますのでご覧ください。

通販型の車保険料金相場を調べてみた

通販型では前述した特徴から「保険料が大幅に安い」ということを簡単に予想することができますが、実際の保険料としてはどの程度になるのでしょうか。

こちらについても下記に大手3社の見積もり結果を載せておきますので、ご覧ください。

保険会社名 年間保険料(円) 平均値(円)
チューリッヒ 61,660 69,357
イ―デザイン損保 69,110
SBI損保 77,300

保険料算出条件

  • 車種:ステップワゴンスパーダ(RP3)
  • 車両保険:一般条件の免責等なし(もしくは最も免責の低いもの)
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5,000~10,000km
  • その他補償内容:各社がオススメするプランを選択

ご覧になると素直に「わあ、なんて安いのか」と思いませんか?

実は通販型の自動車保険では先程ご紹介したように、運営コストが低いことによる保険料の安さは、これほどの力を持っているのです。

そのため前述した代理店型の自動車保険の保険料よりも大幅に安くなり、結果的に平均値は驚異の7万円切りとなりました。

そして相場としてはおおむね6~8万円程度といえるでしょう。

しかしここで覚えておきたいのが、「実は通販型の自動車保険はもっと安い場合がある」ということです。

どういうことかというと、通販型の自動車保険は代理店型の自動車保険の保険料と比較した際に「半額以下になった」という方が多くおり、実際に筆者自身が代理店で自動車保険の営業マンをしていたときのお客様も、「さすがに半額以下であればお宅で加入するわけにはいかないよね」と言って更新をしてもらうことができなかったのです。

そのため「条件によっては半額以下になる可能性は高い」ということも併せて覚えておきましょう。

そして次に結論として、どちらの自動車保険がオススメかを述べていきます。

元代理店型自動車保険営業マンの筆者は通販型をオススメする!

この記事を最初からご覧になっているあなたであれば予想できているかと思いますが、代理店で自動車保険営業マンをしていた筆者は、断然「通販型の自動車保険をオススメ」します。

その理由は言わずもがなかと思いますが、念のため理由を箇条書きにしましたからご覧ください。

  • 代理店型と比較して保険料が大幅に安く、条件によっては半額以下になる可能性が高い
  • 代理店型とは異なり、顧客対応の質が安定して高い

逆にこれらの理由に勝り、代理店型をオススメする場合は「担当営業マンが非常に優秀であり、とっさの連絡にも対応が可能であり、さらに2倍近くの保険料の高さに我慢ができる」という場合のみです。

そのためもし今ご紹介した「代理店型をオススメする場合」に当てはまらないのであれば、通販型の自動車保険に加入することがオススメですよ。

また、おそらくあなたが心配している「自分でプランを決められるか」という問題に関しても、見積もり作成時にコールセンターへ連絡することで丁寧にあなたの希望通りのプランを提案してくれますよ!

とはいえ先程ご紹介した通販型の比較表の中で「保険料の最高額と最低額の差が15,000円以上ある」ということに気が付き、「結局どこが安いのか分からなくなる」と思ってしまったでしょう。

そこで次章では確実に最も安い保険会社で自動車保険に加入する方法をご紹介していきます。

次章が最終章であり、さらに当記事の中で最も重要なポイントですから、このまま最後までご覧くださいね。

3.もっと安く自動車保険に加入するなら自動車保険一括見積もりを利用しよう!

先に結論を述べておきますが、最も安い保険料で自動車保険に加入する方法は「自動車保険一括見積もりを利用すること」です。

この方法を利用することで確実に最も安い保険料で自動車保険に加入することができますから、ぜひ一度利用することをオススメします。

とはいえそもそも自動車保険一括見積もりが何か、あまりよく分かりませんね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりとは何か、また安心して利用することはできるのかということについて詳しくご消化しいていきましょう。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している保険会社に一括して見積もり依頼をすることができます。

そのため申し込み後にすべての保険会社から提示された見積もり結果を一気に比較することで、確実に最も安い自動車保険に加入することができるのです。

また申し込み方法は非常に単純で、

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなた自身に関する情報

を入力するだけで大丈夫であり、ほとんど同条件の見積もり結果を提示されます。

そしてこれほど単純な入力で完了するため、早い人で、遅い人でも10分あれば十分申し込みを完了させることができるのです。

とはいえ少しだけ不安な部分もありますよね。

そう、個人情報の入力に関する点や申し込み後の勧誘に関する点です。

そこで次に「安心して利用することができるのか」ご紹介していきましょう。

安心して利用できるの?

結論、安心して利用することができます。

その理由としてまずは個人情報に関する点について解説していきましょう。

実は当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しており「個人情報保護方針」についても明記されています。

そして自動車保険一括見積もりに登録している保険会社も、すべて個人情報の保護についてきちんと明記されている大手企業ばかりですから、あなたの個人情報が悪用されることは極めて低いのです。

また申し込み後の勧誘については、実は保険会社からはハガキ(DM)またはメールによる見積もり提示とお得な案内がされるのみですから、しつこい電話勧誘などとは無縁なのです。

以上のことからあなたは安心して自動車保険一括見積もりを利用することで、確実に最も安い保険料で自動車保険に加入することができるといえます。

本当に誰でも利用できるほど簡単にお得になり、あなたの予想を超えた保険料を目の当たりにしますから、ぜひ一度お試しくださいね!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、代理店型と通販型の自動車保険の保険料相場に関する解説でしたが、いかがでしたか?

おそらく「自動車保険の相場は、代理店型と通販型でこれほど変わるのか」とビックリしたことでしょう。

最後にまとめると

  • 自動車保険の相場は条件によって異なるが、代理店型と通販型を比較すると2倍以上の差になることも多い
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、簡単に最短時間で最も保険料の安い自動車保険を探すことができる

ということになります。

特に通販型の保険料が非常に安いということを頭に入れた上で自動車保険一括見積もりを利用すると、「本当にお得な保険会社がどこなのか」を簡単に知ることができますよ!

そして確実にあなたの予想を超えた保険料で、満足のいく保険加入をすることができるのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車の保険に出てくる「免責」って何?加入前に知っておきくべこと

代理店で加入する自動車保険はなぜ保険料が高い?仕組みや特徴を徹底解説!

新車で加入するとお得なる自動車保険ランキングTOP10

ネット自動車保険に加入するためにチェックすべき3つの注意点を徹底解説!

ネットで加入する自動車保険は安心?元代理店営業マンによる徹底解説

選び方はたった3ステップ!賢くお得に自動車保険会社を見つけよう!