代理店型の車保険はどうして高いの?何かやすくする方法は?

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車に乗っているほとんどの人が加入している自動車保険。

あなたも漏れなく加入しているのではないでしょうか。

しかし車にかかる維持費の中でもトップクラスにお金のかかってしまう自動車保険は、「高い」と言わざるを得ません。

そして中でも「代理店で加入する自動車保険は特に高い」と言われており、あなたが代理店で自動車保険に加入している場合、保険料の高さが重荷になっていることでしょう。

そのため

  • なぜ代理店で加入する自動車保険は高いのか
  • 実際に見積もりを出すとどのくらい高いのか
  • もっと保険料を安く抑えて自動車保険に加入する方法はないのか

など、多くの疑問点が出てきますよね。

そこで今回は、元自動車保険の代理店で営業マンをしていた筆者が、なぜ代理店の自動車保険は高いのか、実際の見積もりを見て本当に高いのか、安くする方法はないのかをすべてご紹介していきましょう。

記事の内容は非常に簡単で分かりやすく説明していますから、気楽に最後までスラスラと読み進めてくださいね。

また読み終わる頃には、どのようにすれば大幅に保険料を抑えることができるか分かりますから、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

1.代理店型の自動車保険は高いって本当?

あなたは「代理店の自動車保険は高い」と聞いたことがありませんか?

おそらく今まで保険加入をしてきた場合、またはこれから保険加入を検討する方であっても「ある」と答えるでしょう。

しかし実際に代理店の自動車保険が高いと言われても、どのくらい高いかは見当が尽きませんよね。

そこで本章では代理店の自動車保険がなぜ高いのか、安い自動車保険はあるのかをご紹介していきましょう。

自動車保険には「代理店型」と「通販型」がある

まず、自動車保険には「代理店型」と「通販型」と呼ばれる2種類の保険会社があることをご存知でしょうか。

代理店型の自動車保険はあなたが「高い」というイメージを持っている保険会社、通販型は逆に「安い」と思っているかもしれませんね。

そこで代理店型と通販型それぞれの特徴について、別々に詳しく解説していきましょう。

代理店型の自動車保険

代理店型の自動車保険とは、あなたが知っている「代理店を通して加入する保険会社」のことを言います。

そして「高い」というイメージを持っていますよね。

そんな代理店型の特徴は主に下記に箇条書きした通りになっています。

  • 代理店=店舗を持って営業活動をしている
  • 営業マンや店舗スタッフにより運営されている

この2点が主な特徴なのですが、もうお気づきかもしれませんね。

実は「店舗の維持費+スタッフの人件費=運営コスト」となっており、その分のコストアップが保険料の高さと繋がっているのです。

そのため「代理店の自動車保険は高い」ということは、基本的に真実であるといえるのです。

一方、もうひとつの自動車保険である「通販型」については次に述べていきます。

通販型の自動車保険

通販型の自動車保険とは、代理店型とは異なり「インターネットや電話にて加入する保険会社」のことを指しています。

そして代理店型同様に、大きな特徴をご紹介すると

  • 基本的に店舗を持たず、主にインターネット上で営業している
  • 店舗がないため、営業マンなどのスタッフは基本的にいない

という2点が挙げられるのです。

そのため代理店型とは対照的に「運営コストが非常に安くなり、その結果として保険料も大幅に安い」となります。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

以上のことから、あなたも聞いたことがあるかもしれませんが「通販型の自動車保険は安い」という噂についても、真実であるといえるのです。

しかしそれぞれの大まかな特徴を理解しただけでは、「こちらの保険会社の方が良い」とは言えませんよね。

そこで次に元自動車保険代理店で営業マンをしていた筆者が、自分が最前線で営業活動をしていた時の経験をもとにどちらがオススメかを述べていきましょう。

代理店型と通販型、加入するならどっち?

代理店型と通販型の自動車保険について、大まかな特徴はよく理解できたかと思います。

しかし実際には細かな特徴や「対応力」に関する噂もあるため、なかなか決め切れませんよね。

そこでそれぞれの保険会社について簡単な比較表を作成しましたので、下記をご覧ください。

保険の種類 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

それぞれ大きな違いとしては

  1. 保険料
  2. 加入方法

の2点ですよね。

しかし「サービスの質」に関しては、「通販型の方が悪いと聞いた」という経験があるかと思いますので補足しておきましょう。

実は代理店型の方がサービスの質がよく、通販型のサービスの質は悪いという情報は「あくまで噂話」です。

なぜなら代理店型の自動車保険でも非常に質の悪いサービスを受けることは多々あるからです。

一体どういうことでしょうか。

実は代理店型の自動車保険では、サービスの質は代理店の担当営業マンによります。

つまり「代理店の担当営業マンが知識不足である、または単にお客様第一主義ではない場合、最も質の悪いサービスを受けることになる」といえるのです。

しかしそんな状況になることはごくまれだと考えるかと思いますが、それも「単なるイメージ」なのです。

実は代理店型の営業マンは「合格率が非常に高い試験」に突破した人間ばかりで、採用したてのいわゆる「素人営業マン」である場合が多く、実際に質問をしても「分かりません」と答えることが多々あります。

また「分からない」と答えるだけであれば良いのですが、「分かったふりをして回答し、お客様に不利益を与える」という営業マンもいるのです。

実際に筆者が勤めていた保険代理店では、同期社員が上記したような問題を起こしたこともありました。

そのため代理店の自動車保険であったとしても、「サービスの質は営業マンによる」としか言えないのです。

逆に通販型の自動車保険ではあなたの自動車保険に関する質問や、万が一の対応をするのは「コールセンターの担当者」です。

そのため無機質であまり質の良くないサービスを提供されると思われているのですが、実はコールセンターにいる担当者は間違いなく保険のプロですから、代理店のような「営業マンによる」というギャンブル性の高い状況にはなりにくいといえます。

とはいえやはり電話による対応が「温かみに欠ける」と評価されることは間違いではありませんので、差し引きすると双方「良い時もあれば悪い時もある」としているのです。

しかし筆者の結論としては、安定的に高い質のサービスが提供される通販型の自動車保険への加入をオススメします。

なぜなら単純に保険料が安く、代理店型と同等の補償を受けられるからです。

「結局のところ、サービスの質や補償内容が変わらないのであれば保険料で比べる」と思っておくと分かりやすいでしょう。

もちろん元代理店の自動車保険営業マンである以上、あまり通販型をオススメするのは気が引けるのですが、あなたにとって最もオススメなのは保険料の高い代理店の自動車保険ではなく、保険料の安い通販型の自動車保険だといえるのです。


以上、代理店型と通販型の特徴について解説してきましたが、代理店型のサービスの質に関しては驚いたのではないでしょうか。

すべての保険代理店が該当するわけではありませんのであくまで参考程度ではありますが、あなたの「万が一の際」を他人に任せるというのはあまり気が進まないかと思います。

そのためここでは「通販型の方が良いかもしれない」と思っておきましょう。

とはいえ通販型の自動車保険が実際にどの程度保険料が安いのか、分かりませんよね。

そこで次章にて実際に通販型と代理店型の保険料を比較して、見ていきましょう。

2.実際の見積もり結果を見てみよう!

前章までの解説で「何となく通販型の方が良いかもしれない」と思ったでしょう。

しかし実際に保険料の差を確認するまでは本当にお得かどうか分かりませんよね。

そこで本章では

  • 軽自動車での保険料比較
  • コンパクトカーでの保険料比較
  • ミニバンでの保険料比較

という3種類の条件で、それぞれ「車両保険の有無」で分けた比較表を作成しましたので、順にご覧ください。

軽自動車での保険料比較

早速ですが下記に挙げた表が、軽自動車を代表する「スズキ ワゴンR」の保険料を比較した表です。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ワゴンR あり 89,900 52,590 37,310
なし 41,700 29,760 11,940

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、軽自動車であるにもかかわらず代理店型の保険料は約9万円にも及び、車両保険を抜きにした場合であっても4万円を超えてきます。

一方、通販型の自動車保険では車両保険ありの保険料が約5万円、車両保険なしの保険料ではなんと3万円を割り込むという、非常に安い水準になるのです。

とはいえ差額は少ない場合で年間1万円程度しか変わらないため、もし車両保険抜きで保険加入する場合には「代理店の営業マンが優秀な場合に限って」代理店を強くオススメします。

それ以外の場合にはやはり通販型の方がオススメでしょう。

次にコンパクトカーでの保険料比較をご覧ください。

コンパクトカーでの保険料比較

コンパクトカーで保険料を比較した結果が下記になります。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
フィット あり 98,140 54,480 43,660
なし 47,680 28,900 18,780

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

年間の保険料差が先程ご紹介したワゴンRよりも大きいことに気がついたでしょうか。

実は自動車保険では「車格の大きい車ほど保険料が高い」という傾向にあり、実際にコンパクトカーを代表する「ホンダ フィット」であっても、車両保険ありの場合で4万円以上、なしの場合であっても2万円弱の保険料差が出てしまうのです。

これだけの保険料差が出てしまうのであれば、もはや通販型のみ選択すべきと言っても過言ではないでしょう。

最後にファミリー層には手放すことのできないミニバンで保険料を比較してみましたのでご覧ください。

ミニバンでの保険料比較

ミニバンの中でも「非常に便利」だと名高い「ホンダ ステップワゴン」の保険料を比較した結果が、下記の表になります。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

車両保険なしの差額はフィットの場合と同様に2万円弱でしたが、車両保険アリの場合ではとうとう5万円を超える差額となりました。

実はこの結果はあまり特別なものではなく、実際に多くの方が「半額以下になった」と言うほどに保険料は下がります。

そのためこのケースでは間違いなく通販型自動車保険を利用した方がお得になるといえるでしょう。


以上が車両保険の有無による、代理店と通販型の自動車保険の保険料を比較した結果でしたが、いかがでしたか?

おそらく「予想以上に保険料の差があった」と感じたことでしょう。

とはいえ実は保険加入の条件は無限に組み合わせがあるため、実際にあなたが加入する際には保険料が前後してしまいます。

そのため今回算出した価格差は参考値にしかなりませんが、ひとつ覚えておいていただきたいことがあるのです。

それは「今回算出した差額は、実は低い数値である」ということです。

どういうことかというと、代理店型から通販型へ自動車保険を乗り換える際、実は「半額以下になる」というケースが非常に多く、今回のようなケースは逆に珍しいのです。

そのため実際には「もっと安くなる可能性がある」と思っても問題はありません。

そしてさらに安くするためには「すべての保険会社の保険料を比較する」ということが重要なのですが、現実的に考えて「ちょっと難しい」と思いますよね。

そこでオススメしたいのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

実はこのサービスを使うことで保険会社を簡単に比較し、最もお得な保険料の保険会社を探すことができますよ!

次章にて詳しく解説しますので、ぜひ引き続きご覧くださいね。

3.もっと保険料を抑えるのであれば自動車保険一括見積もりがオススメ

前章までの解説で、いかに代理店の自動車保険が高いかということが分かったかと思います。

そのため「安い自動車保険に加入したいという気持ちが、ますます強くなった」と感じませんでしたか?

そんなあなたにオススメなのが、「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

早速次にて詳細を解説していきましょう。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括して自動車保険見積もりを依頼することができます。

そのため代理店の自動車保険をはじめ、通販型自動車保険の見積もり結果も一気に比較することができるため、確実に安い保険料を提示してくれる保険会社を探すことができるのです。

また申し込みは非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなたに関する情報

をササっと入力するだけで完了してしまいます。

そのため早い人で2分、遅い人で10分あれば申し込みができ、保険会社ごとの保険料を比較することができるのです。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最も簡単に、最も早く、最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」といえるのです。

とはいえ実際に利用する際には「個人情報の入力」や「しつこい勧誘」といった不安がありますよね。

そこで次にそれぞれに関する解説をしていきましょう。

安心して利用できるの?

まずあなたの個人情報についてですが、安心してください。

徹底的に守られています。

実は当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは大手企業が運営しており、個人情報保護方針も明確に決められています。

そのため確実にあなたの個人情報を守ることができるのです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社に関しても、あなたが耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、安心してくださいね。

そして申し込み後の勧誘についてですが、実は自動車保険一括見積もりを利用した場合、見積もりの提示はハガキ(DM)やメールのみになります。

その後のお知らせなども同様にハガキとメールのみなのです。

そのため電話によるしつこい勧誘などは一切なく、安心して気負うことなく利用することができるのです。

以上のことから、自動車保険一括見積もりは「安心して簡単に最もお得になる方法」ということができるでしょう。

本当に申し込みは簡単ですし必ずお得になりますから、ぜひ一度お試しくださいね。

あなたの予想を超えた保険料にビックリすること間違いなしですよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、代理店の自動車保険に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外と通販型って良いんだな」という感想を持ったことでしょう。

最後にまとめると

  • 実は通販型のサービスの質は「安定して高い」
  • 代理店の自動車保険の保険料は、通販型には遠く及ばないくらい「高い」
  • 自動車保険一括見積もりを利用することで、安心して簡単に最もお得な保険料で保険加入することができる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、確実にお得になる上、本当に簡単に申し込みが完了しますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの保険料はお得になり、満足のいく保険料で自動車保険に加入することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年の「自動車保険ランキング」決定版!本当にオススメはどれ?

自動車保険の更新手続きはいつからできる?いつまでにしなければならないの?

事故によって等級はいくつ下がる?自動車保険の等級について徹底解説!

ネットの通販型自動車保険に加入するためにチェックすべき3つの注意点

任意保険のシュミレーションってどうすればいいの?オススメサイトはある?

軽自動車の車保険には保険料の目安はある?実際に試算した結果を大公開!