新規は?乗り換えは?知っておきたい車保険の契約に必要なもの総まとめ

自動車保険への加入は、インターネットだけで完結できる通信型も普及して、非常に手軽になりましたね。

でもそんなインターネットだけで申し込める自動車保険も、手元に必要な書類がないと意外と時間がかかってしまうもの。

場合によっては、必要書類がなくて契約手続きができず、納車日などの自動車保険を開始したい日に間に合わないということも。

そんなことがないように、今回は、自動車保険の契約に必要なものを総まとめ。

自動車保険の新規契約や乗り換えに必要なものはもちろん、子どもを被保険者にしたい、車を変更したいなど、契約内容の変更に必要なものも一緒にご紹介します。

1.新規契約の場合の必要になるもの

まずは、新規契約の場合。新しく車を購入し、自動車保険を新規契約するケースですね。

契約に必要なものはこちらです。

<自動車保険の新規契約で必要なもの>

  • 車検証…ナンバー、型式、初度登録年月などの情報が必要。
  • 運転免許証…運転免許証の色、運転免許取得日などの情報が必要。
  • クレジットカード(クレカ支払いの場合のみ)

この中で少し注意したいのが「車検証」です。

新しく車を購入し、自動車保険に加入する場合、納車日には保険が有効である必要があります。

ただ、上記の中でも車検証は、言わなければ納車日まで渡してくれない自動車屋さんもありますので、「自動車保険に加入するため車検証がほしい」と見積もり段階から言っておき、車検証が来たらすぐにFAXやコピーを届けてもらうようにお願いしましょう。

また、型式や車種名を購入する車のWebサイトやカタログ等でも確認して、自動車保険の見積もりを取ることができますので、もしギリギリまで車検証が入手できないという場合は、あらかじめ見積もりだけは取っておくようにしましょう。

さらに、書類以外で意外と忘れがちなのが、クレジットカード。

通販型の自動車保険の場合、そのままクレジットカード決済ができるケースが多いため、クレジットカード払いを希望される方は手元にクレジットカードを用意しておきましょう。

銀行振込やコンビニ払いの場合は、特に準備する必要はありません。

以上が新規契約の場合の必要書類。新しい車と自分の運転免許情報さえあればOKということですね。

次に、保険会社を乗り換える場合の必要書類も見ていきましょう。

用語解説

車検証とは…車台番号やナンバー、型式、初度登録年月などその車に関する情報が細かく記載された書面。所有者や使用者を公証したり、当該自動車が検査時点において自動車保安基準に適合していたことを証明する公文書。車の運行時に携帯が義務付けられている。正式名称は、自動車検査証(じどうしゃけんさしょう)。

2.保険会社の変更(乗り換え)の場合の必要になるもの

経験のある方も多いかと思いますが、保険満了日の2か月前くらいになると、加入中の保険会社から更新案内DM(申込書)が送られてきます。

何も変更がない場合、その書類を返送するか、その保険会社のWebサイトのマイページから更新手続きをするだけ。その際に、被保険者や住所、対象となる車に変更がない場合は、特に書類ありません。

ただ、もしそのタイミングで別の自動車保険に乗り換えたいという場合には、これらの準備が必要になります。

<自動車保険の乗り換えで必要なもの>

  • 前の保険会社の保険証券…契約内容はもちろん、車検証や免許証の情報も書いてあるので、まずこれがあればOK。
  • 過去1年の年間走行距離の控え…1,000km単位でOK。走行距離に応じて割引のある保険会社もあるため。
  • クレジットカード(クレカ支払いの場合のみ)

この中で注意したいのが「前の保険会社の保険証券」です。

最近は紙の証券を発行せず、ネットで補償内容を確認できる(電子証券)という保険会社もあります。

紙の証券を発行しないかわりに、すこし保険料を割り引いてもらえるというものですが、意外と電子証券にしたこと自体を忘れてしまう方が多いようです。

保険満了直前になって、「保険証券はどこに行った?見当たらない…」と焦り、結局あまりお得でない前の保険会社にもう一年…なんて、すごくもったいないですからね。電子証券を選んだ方は、きちんと覚えておきましょう。

用語解説

保険証券とは…保険契約の成立およびその内容,条件を明確に示した証書。契約者の情報や等級、運転免許証の色、車種、適用範囲、補償金額などが記載され、保険への加入を証明するもの。

3.こんなときは何が必要?契約変更に必要なもの

自動車保険の新規契約と乗り換えに必要なものを見てきましたが、実際はそんなシンプルなケースばかりではないですよね。

そこで、次は、よくあるケースを例に挙げて、そのときに必要なものをご紹介します。

運転する人が増えた場合

これは前の保険会社から乗り換えるときにも、保険会社を変えずにそのまま契約を更新するときにも、更新タイミングでも何でもないときにもあり得ることですね。

原則、契約者が変更にならないのであれば、特に書類が必要となるわけではありません。

<必要なもの>

  • 特になし

ただし、気を付けなければいけないのが、「年齢特約」や「運転者限定特約」です。

例えば、40代の夫婦のみを保険の対象としていたため、【35歳以上】【運転者は契約者と配偶者のみ】という2つの条件で割引が効いていたケースで、20歳の息子も運転することになったとしたら、当然【35歳以上】【運転者は契約者と配偶者のみ】という割引条件はなくなります。

どういった条件に変わるのかは契約する(している)保険会社によって異なりますが、とにかく「書類は必要ではないが、年齢と運転者特約の変更に注意」とだけ覚えておくことをおすすめします。

最近では、インターネットのマイページから各種変更手続きが可能な保険会社も増えていますね。

車を買い替えた場合

自動車保険の満了タイミングに合わせて車を買い替える人はあまりいないと思いますので、これは更新タイミングでも何でもないときに多いケースではないでしょうか。

<必要なもの>

  • 新しい車の車検証
  • 契約者名義の金融機関口座(返金がある場合のみ)

新しい車とこれまでの車が違う場合は「差額」が発生しますので、追加での支払いもしくは返金が生じます。

こちらも手続きは、電話やインターネットのマイページからできる保険会社が増えています

引越しをした場合

引越し等で住所が変更になった場合、車検証に記載されている住所を新しく更新する必要があります。

車検証の住所を古いままにしておくのは法律違反になりますし、旧住所に自動車税の請求が行ってしまいます。

そこに身内が住んでいない場合は、自動車税の請求に気づけず、未納になってしまう可能性も高くなります。住所を変更したら、速やかに車検証を更新し、保険会社にも住所変更の手続きをしましょう。

<必要なもの>

  • 住所変更後の車検証

少し話はそれますが、車検証の住所変更は結構面倒。

新しい住民票に車庫証明書、手数料納付書や自動車税・自動車取得税申告書などが必要になります。

懇意にしている自動車屋さんが居る場合は、そちらにお願いする方がいいかもしれません。

車の所有者が変わった場合

引越しした場合の住所変更と同じく、車検証の名義変更が必要となり、変更しないでおくと法律違反になってしまうので、速やかに車検証を更新し、保険会社に連絡をしましょう。

<必要なもの>

  • 名義変更後の車検証

一時的に車を手放したが、再び車を持つことになった場合

車を手放す、海外渡航により一定期間車を使用しないなど、自動車保険が一時的に必要なくなった場合にも、「中断証明書」を保険会社に発行してもらうことで、前の等級を維持することができます。

言い換えると、せっかく等級が高くなっても、この中断証明書を発行してもらわないと、また新規契約の低い等級(6等級)からスタートになってしまうということです。

<必要なもの>

  • 中断証明書
  • 契約車両の車検証
  • 運転免許証

ゴールド免許になった場合

保険会社によってはゴールド免許だと割引されることがありますが、原則、保険契約時の免許証の色で決まりますので、契約期間中は特に申請も必要ありません。

保険を乗り換えたり、新しく自動車保険に加入したり、今の保険会社を更新するタイミングでゴールド免許になっている場合は、申告しましょう。

<必要なもの>

  • 特になし
自動車運転免許が「ゴールド」だと、自動車保険が割引になることを知っていますか? 違反がなければ免許更新までに5年間(グリーンは3年)もあり...
あなたは自動車保険には様々な割引があることをご存知ですか? おそらく割引と聞くと「等級」や「年齢条件」などがすぐに思い浮かんだことでしょう...

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?新規契約と乗り換えもそうですが、いろいろなケースで必要になる書類が違って、なんだか複雑ですね。

とは言え、年間何万円もかかる自動車保険。手続き当日に焦ってムダな契約、お得じゃない契約をしてしまわないように、準備の参考にしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険に年間12万円って高い?高くなる理由や安くする方法をご紹介!

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?

車の保険を当日加入したい!オススメの保険会社と必要な書類一式

車保険のプロが教える!20代でも安く加入できる車保険はこれに決まり

2台目を自動車保険を加入!等級はどうなる?気になる保険料は?

車保険の使用用途「レジャー」「通勤」は違っているとどうなるの?