あなたの保険料は安くなる!車の保険料の平均は「月7,000円」

クルマを持つということは非常にお金がかかりますよね。

実際にあなた自身、車を持ってから今まで車検費用や整備費用、そして各種税金などが毎年必要になってくるため、本当にお金がかかることを実感しているでしょう。

その中でも自動車保険の年間保険料は非常に高く、条件によっては20万円以上も必要になってしまうため、あなたの生活を圧迫する要因となっているかもしれませんね。

また条件によって年間保険料は大きく異なるものの、

  • タイプ・車種別の年間保険料はどの程度なのか知りたい
  • 月々の支払額について、保険料の平均値を知りたい
  • 保険料を抑えるのに最も効果的な方法を知りたい

など、自分が加入している自動車保険の保険料をできる限り抑えるために知っておきたいことが山ほどあるでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の年間保険料や、月平均の支払額について詳しく解説していきます。

自動車保険についての内容にはなりますが、非常に簡単で分かりやすく解説していきますので、安心して最後まで気楽に読み進めてくださいね。

また読み終わる頃には

  • 自分が支払っている自動車保険の保険料は、平均を見る限りまだまだ抑える余地がありそうだ
  • 保険料を抑えることはそれほど難しいことではなさそうだ

と感じること間違いなしですよ!

車の運転をする上で欠かせないものはいくつもありますが、中でも「必須」といえるものは数えるほどしかありません。 そんな車の運転をする上で必須...

1.まずは人気車種の保険料試算を見てみよう!

自動車保険の保険料について、あなたは現在どの程度支払っているかを把握していますか?

大体で良いので思い出してほしいのですが、おそらく8~20万円程度の幅に収まっているかと思います。

もちろん車種や加入条件、そして保険会社によって大きく保険料が異なるため一概には言えないのですが、筆者が現役の営業マンとしてお客様を担当していたときは、おおかた8~20万円程度の幅に収まっていました。

とはいえできるだけ保険料は安くしたいと思うのは自然ですよね。

そこで本章では自動車保険の年間保険料について、ある保険会社で試算したタイプ・車種別の保険料をご紹介していきましょう。

ちなみに車のタイプとしては

  1. 軽自動車
  2. コンパクトカー
  3. セダン
  4. ステーションワゴン
  5. SUV
  6. ミニバン

の6タイプで分け、それぞれ人気車種の保険見積もりを試算した結果となっています。

早速、下記に各タイプの年間保険料を試算した結果と、その平均値をご紹介していきますからご覧ください。

保険会社名 タイプ・車種別年間保険料(円)
軽自動車 コンパクトカー セダン ステーションワゴン SUV ミニバン
ワゴンR フィット プリウス カローラフィールダー エクストレイル ステップワゴン
損保ジャパン日本興亜 89,900 98,140 127,950 100,110 127,840 113,660
三井住友海上 81,570 89,070 116,280 91,040 113,900 100,840
チューリッヒ 50,440 54,100 73,500 55,470 70,600 60,610
イ―デザイン損保 65,990 62,720 82,730 64,320 79,490 70,320
車種別平均・相場値(円) 71,975 76,008 100,115 77,735 97,958 86,358

保険料算出条件

  • 車両保険:有り(一般型で保険会社のオススメプランを選択)
  • 初度登録:すべて平成28年12月登録で試算
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償内容:各社のオススメプランを選択

ご覧になると分かるかと思いますが、実は自動車保険の年間保険料は車種と車のタイプによって大きく変化しています。

そのためご紹介した一覧表の結果を「車のタイプの相場」と結論付けてしまうと少し乱暴になってしまうのですが、それでも「ある程度信ぴょう性のある結果」を考えることはできるのです。

また、例えば今回ご紹介しているワゴンRの年間保険料相場をご覧になると以外にもカローラフィールダーとの保険料差はそれほど大きくありません。

その原因としては保険料を決定するために重要となる「保険料率(様々な事故に対する車種別のリスクを示した値)」というものが関わっており、リスクが高い=統計的に事故を起こす確率が高い場合に保険料が高くなっていきます。

つまり保険料率をはじめとする各種要因によって年間保険料の相場が決定されると考えた上で、今回の結果は受け止めておきましょう。

しかし実際のところ、あなた自身が支払っている年間保険料よりも「安そう」もしくは「このぐらいになりそう」だと感じませんでしたか?

実はその感覚、月々の支払額を平均したものをご覧になると、より鮮明になりますので次章にて月々の平均についてもご紹介していきましょう。

2.月々の保険料ではどうなるの?

前章の解説で、自動車保険の年間保険料の相場についてご覧になったため、自分が加入している自動車保険の年間保険料がどの程度高いのか、もしくは同じくらいなのかといった感覚を掴むことができたかと思います。

しかし本章では、その感覚をより正確なものにするために「月払いの場合の平均値」についてご紹介していきましょう。

早速、下記に先程の結果とは別に「月払いをした場合の保険料」を別途試算した結果としてご紹介していきますので、ご覧ください。

保険会社名 タイプ・車種別、月の支払額(円)
軽自動車 コンパクトカー セダン ステーションワゴン SUV ミニバン
ワゴンR フィット プリウス カローラフィールダー エクストレイル ステップワゴン
損保ジャパン日本興亜 7,830 8,560 11,180 8,730 11,160 9,930
三井住友海上 7,130 7,800 10,180 7,970 9,970 8,820
チューリッヒ 4,203 4,508 6,125 4,622 5,883 5,050
イ―デザイン損保 5,876 5,585 7,366 5,727 7,078 6,261
月額平均・相場値(円) 6,260 6,613 8,713 6,762 8,523 7,515

保険料算出条件

  • 車両保険:有り(一般型で保険会社のオススメプランを選択)
  • 初度登録:すべて平成28年12月登録で試算
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償内容:各社のオススメプランを選択
  • ※チューリッヒの月払いに関しては、一括払いを選択しても年間保険料が変わらなかったため、単純に12ヶ月で割った結果となっています

月々の保険料の平均値をご覧になると、あなたが毎月支払っている自動車保険の保険料よりも「比較的安い」と思いませんか?

その理由はおそらく「補償内容の違い」や「保険会社による違い」になるのですが、実はあなたが「ちょっと安い気がする」と感じたのであれば、まだ保険料を安くすることができるかもしれないのです。

冷静になって考えるとよく分かるのですが、「自分の保険料よりも安い結果が出ている=まだ保険料は安くなる」と思いますよね。

そこで次章ではまだまだ安くなる可能性を秘めたあなたの自動車保険に関して、保険料を安く抑える方法をご紹介していきましょう。

3.保険料を見直す方法はたった2つ!実践することで保険料は半額近くなる!?

前章までの解説をご覧になったあなたは、「意外と月々の保険料の平均値は安い」ということが分かったかと思います。

もちろん、加入条件によって保険料が大きく異なることは知っているかと思いますが、実際に先程の結果を見ると「まだまだ自分の自動車保険も安くすることができそうだ」と感じたことでしょう。

そこで本章では、あなたの自動車保険をもっと安くするために、オススメの方法を2つご紹介していきます。

まずは次にご紹介する「補償内容と加入条件の見直し」をご覧ください。

方法1.補償内容と加入条件を見直す!

まず自動車保険を安くするためには「補償内容と加入条件の見直し」が絶対条件となります。

そして保険料を安くするポイントとなる補償内容などは、主に

  • 運転者の範囲
  • 使用用途
  • 車両保険の有無、または種類

を見直すことで大幅に保険料を安くすることができます。

以下にて簡単に、それぞれのポイントを解説していきましょう。

運転者の範囲

運転者の範囲は

  • 年齢条件
  • 運転者限定

の2つによって決定されます。

年齢条件は基本的に「全年齢補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」の4種類に分類され、あなたの車似のある可能性のある方(基本的に同居している方)の最も若い方の年齢に合わせて加入します。

そして年齢条件が高くなればなるほど、保険料割引を受けることができ、数万円以上もお得になることは珍しくありません。

また運転者を「家族限定」「本人・配偶者限定」「本人限定」のように限定することで、こちらも最大で7~8%前後の保険料割引を受けることができるのです。

つまり保険料を抑える場合には、家族(同居している3親等以内の親族または別居している未婚の子)の内、あなたの車に乗る可能性がある方に合わせておくことで、保険料は最小限に抑えることができると覚えておきましょう。

車に乗っている限り逃れることのできないお金はいくつかあり、「車検代」や「自動車税」などが挙げられます。 それらはすべて「維持費」として考え...
突然ですが質問です。あなたは車の保険には入っていますか? おそらくほとんどの方が「入っている」と答えるでしょう。 それでは質問を変え...

使用用途

自動車保険でいうところの使用用途は

  • 日常・レジャー使用
  • 通勤・通学使用
  • 業務使用

に分けられます。

そしてこれらの用途は上から順に保険料が安くなるという特徴を持っているのです。

また使用用途は「月に15日以上使用する用途、または最も使用頻度の高い用途」を選択する必要があるため、「たまに通勤で車に乗る」という場合には、通勤・通学ではなく日常レジャー使用でも構いません。

そのため使用用途を適正に選択することで、確実に保険料を安くすることも可能なのです。

またその額は先程ご紹介した年齢条件同様に数万円以上安くなることも珍しくありませんので、必ず確認しておきましょう。

あなたが車の保険を契約していて事故を起こした場合、保険会社は保険契約にもとづいて損害賠償を補償してくれます。 しかし場合によっては補償され...

車両保険の有無、または種類

自動車保険で月々の保険料が高くなってしまう要因として「車両保険」が関係していることはあなたもご存知ではないでしょうか?

しかし車両保険を外すことは、少しだけ不安になりますよね。

そこで車両保険を付帯させる場合には、下記の箇条書きしたポイントに沿って選択することをオススメします。

  • 車が古く、補償限度額が安い場合には外してしまう
  • 車対車限定型(自損事故の場合は補償されないタイプ)に変更する
  • 一般型(自損事故でも補償されるタイプ)でも、免責金額(補償時の自己負担金)を設定する

これらのポイントは上から順に保険料が安くなりますので、あなたの車の状態や運転技術によって判断することで、最大で保険料は半額程度になることもありますよ!

車に乗っている人のほとんど全てが加入している自動車保険に、あなたも加入していますか? おそらくあなた自身、車に乗る可能性が少しでもある場合...
あなた自動車保険に加入していますか? 車に乗っているのであれば、おそらく加入していることでしょう。 しかし自動車保険の保険料は高くて...

以上が見直すべき補償内容に関する解説でしたが、いかがでしたか?

おそらくいくつか見直すことができそうな項目が合ったのではないでしょうか。

自分の補償内容をすべて把握している方は少なく、あなたも「補償内容は加入したときのまま」である場合、実は大きな損をしている可能性があります。

そのため月に支払っている保険料を安くしたいと考えているのであれば、必ず補償内容を見直すことが効果的だと覚えておきましょう。

そして次にご紹介する「自動車保険一括見積もり」と併用することで、保険料をよりやすくすることが可能になりますよ!

非常に簡単な方法ですし、最も効果的だといえる方法になりますので、引き続きご覧くださいね。

4.自動車保険一括見積もりを利用して、保険会社ごとの保険料を比較する!

少しだけ話をさかのぼりますが、あなたは先程ご紹介した年間保険料や月の保険料の一覧表で「保険会社によって保険料が大きく異なる」ということに気が付きましたか?

先程から何度か簡単に触れているため予想していたかもしれませんが、実は保険会社によって「保険料は最大で2倍以上違う」ということもあり、保険料を抑えるためには「どこの保険会社が最も安い保険料なのか」を知る必要があるのです。

とはいえ複数の保険会社で保険見積もりを作成し、さらにすべてを比較することは面倒くさく、あまりにも現実的ではありませんよね。

そう考えるあなたにオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスなのです。

サービスの詳細については以下をご覧ください。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、最も安い保険料の自動車保険を探すことができるのです。

また申し込み方法は非常に単純で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅くい人でも5分程度あれば十分完了させることができます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、「最短時間で最もお得な自動車保険に加入できる方法」といえるのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力することに対して少し不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と感じてしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用できるサービスなのか述べていきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスです。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しており「個人情報保護方針」が明記されているため、あなたの個人情報が不正に使用されることが無いからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報を不正に使用することはありません。

また申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内が来るだけですから、あなたに迷惑がかかることは無いのです。

仮にあなたがプレゼントキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることはできますから、安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは最短時間で最もお得な自動車保険に加入できるだけでなく、安心して利用することができるサービスだということができるのです。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

申し込みは誰でもできるほど簡単で、本当にお得な自動車保険に加入することができますから、

  1. 補償内容と加入条件を見直す
  2. 自動車保険一括見積もりを利用する

ということを忘れずに、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた月々の保険料が提示され、「これなら満足だ!」と感じること間違いなしですよ!

5.まとめ

以上であなたの車で加入している自動車保険の、月の平均額に関する解説を終了しますがいかがでしたか?

おそらく「年間で見るとそれほど意識していないので分からないものの、見慣れた月額で平均額を見るとまだまだ安くなりそうだ」と思ったことでしょう。

その感覚は正しくて、あなたの自動車保険の月あたりの保険料は必ず抑えることができます。

最後にまとめると

  • 自動車保険の月平均は、意外と安い
  • 補償内容を見直すことで確実に保険料を抑えることができる
  • さらに自動車保険一括見積もりを利用することで確実に最も安い自動車保険に加入できる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な利用方法で最もお得になることができるサービスですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたが求めている以上の保険料が提示され、「こんなに簡単にお得になるの?」という感想と共に満足のいく自動車保険に加入できること間違いなしですよ!

 この記事へのコメント

  1. […] あなたの保険料は安くなる!車の保険料の平均は「月7,000円」クルマを持つということは非常にお金がかかりますよね。 実際にあなた自身、車を持ってから今まで車検費用や整備費用、そして各種税金などが毎年必…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車保険は代理店型?通販型(ダイレクト型)?気になる料金相場と事故対応を比較

車保険でよく聞く「ロードサービス」の内容を徹底的に比較してみた!

車保険を更新しないという選択肢はOK?更新しないための手続き方法全ガイド!

車保険のロードサービスとは?加入した方がいいの?

車保険のプロが教える!20代でも安く加入できる車保険はこれに決まり

車保険の加入するために必要な日数はどれぐらい?