損する可能性が大?車保険の保険料の支払いを「分割払い」にする

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車は現代で生活を送るためには必要不可欠であり、あなた自身自分の車に乗って毎日の生活を送っているでしょう。

しかし車に乗るためには車検代や整備費用、そして各種税金など、必ず多くのお金=維持費が必要になります。

そして中でも車保険は「任意」ではあるものの加入しないわけにはいかず、年間保険料は条件によって20万円を超えるほど高く、車の維持費の中でもトップクラスにお金がかかってしまいますよね。

そのため「一度に保険料を納めず、可能であれば分割払いをして少しずつの負担にしたい」「できる限り保険料の安い車保険に加入したい」と考えたことがあるでしょう。

とはいえ

  • 車保険に加入したときに、分割払いで保険料を納めることはそもそも可能なのか
  • 分割払いをした場合、損をすることはあるのか
  • 年間保険料の安い自動車保険に加入する方法はあるのか

というような悩みが多く出てきてしまい、一体どこから手をつけて良いのか分からなくなってしまいますよね。

そこで今回は元車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、車保険の保険料を分割払いすることは可能なのか、そしてお得な車保険に加入するための方法について詳しく解説していきましょう。

車保険という「少し難しそうだ」というイメージをしてしまいがちな内容にはなりますが、実際は非常に簡単で分かりやすくご紹介していきますので、安心して最後まで読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「車保険ってこんな保険料の支払い方が可能なのか!」「こうすればお得な車保険に加入することができるのか!」と自信が持てること間違いなしですよ!

1.車保険の保険料は分割払いできるの?

車保険の年間保険料は非常に高く、加入条件によっては年間で20万円以上も必要になってしまうため、なかなか一括で支払うことが困難ですよね。

そのため「できれば分割払いにしたい」と考えることは自然なことです。

しかし本当に分割払いができるのかは不明ですよね。

そこで本章では車保険の年間保険料を支払う方法について、詳しくご紹介していきましょう。

保険料の支払い方法は主に2種類ある

先に結論を述べておきますが、車保険の保険料を「分割払い」で支払うことは可能です。

実は車保険の保険料を支払う方法には

  1. 一括払い
  2. 分割払い

という2種類があり、基本的には誰でも分割払いが可能になります。

そのためあなた自身も「一気に多くのお金が無くなるのは厳しいため、できれば分割にしたい」と考えているのであれば「可能」なのです。

とはいえ筆者が勤めていた保険代理店では分割払いではなく、一括払いで車保険の年間保険料を納める人が多かったということも事実です。

一体なぜ高額な保険料を一括で支払ってしまうのか、不思議ではありませんか?

その疑問については次に詳しくご紹介していきます。

一括払いの方が分割払いよりも賢い?

「筆者が勤めていた保険代理店では一括払いが多かった」と述べましたが、あなたは不思議だと思いませんでしたか?

「一括で一気にお金が無くなるよりも、月々で一定の金額を支払った方が分かりやすい」と思いますよね。

しかし一括払いの方がお得になるため(正確には損をしないため)、分割払いを選択しない人が多いのです。

実は車保険において、基本的に分割払いをする人には「5%の保険料割増」が行われています。

そのため年間で5%も余分な保険料を取られていると考え、一括払いを選択する人が多いのです。

実際に年間の保険料が20万円だと仮定して、分割払いを選択して「損をした金額」を例に挙げてみましょう。

  • 例:20万円×5%=1万円

なんと、1年で1万円も損をしているのです。

仮にこの状態が10年、20年と続いた場合には10~20万円も損をしていることになり、「大損をしている」といえるでしょう。

とはいえ、実は分割払いをしている場合でも「損をしない」という条件が存在します。

その条件は場合にもよりますが

  • 職場の団体割引が適用され、5%以上の保険料割引がされている場合
  • 10台以上のフリート契約をしていて、そもそも分割でも割増が発生しない

というものが保険業界では知られています。

しかし職場での団体割引が適用されるケースは非常に珍しく、社員数が多い企業でも適用されない場合もあるのです。

そしてフリート契約に関しても、一家で10台以上の車保険に加入することは珍しく、基本的には「法人の経営者」などが該当しますから、こちらに関しても一般的ではありません。

そのため、これらのケースに当てはまるのは困難であり、基本的には「分割払いをすることで5%分の損をしてしまう」と考えておくと良いでしょう。

とはいえ一気に保険料を支払うことは、できる限り避けたいと思いますよね。

そこで次章では、割り増しされた保険料分を取り戻すために重要な「保険料の安い車保険」についてご紹介していきますので、ご覧ください。

2.分割払いの割増料金を気にしたくないなら、安い自動車保険に加入すべき

車保険の年間保険料は分割払いをすることで「損をしてしまう」ということは前章の解説でよく分かったかと思いますが、現実問題として「それでも一括払いをすることは家計を圧迫する要因だ」と、難しい選択肢ですよね。

そこで本章では、損をした保険料を取り戻すために「安い保険料で加入できる車保険」についてご紹介していきましょう。

早速次にどんな車保険が安いのか述べていきますから、ぜひ参考にしてくださいね。

分割払いで損した分を取り戻すためには通販型の車保険に加入すべき

あなたは車保険の種類として、大きく分けて「代理店型」と「通販型」と呼ばれるものがあることをご存知ですか?

実はこの2種類の車保険によって保険料の差が非常に大きくなるため、安いタイプの車保険を選択することが損を取り返すために重要なのです。

そこで代理店型と通販型の車保険について、それぞれの特徴を分けて解説していきましょう。

代理店型の車保険の特徴

代理店型の車保険とはその名の通り「全国各地にある保険代理店で加入するタイプの車保険」のことを指しており、主に下記のような特徴があります。

  • 全国で代理店=店舗を持って、車保険の営業をしている
  • 店舗に所属する営業マンが直接的に顧客対応をする

これらの特徴を総合すると「店舗数が多く営業マンも多く抱えているため運営コストが高い=保険料も高くなってしまう」となってしまいます。

とはいえ「直接顧客対応をしてくれるのだから、保険料が高い分安心できるのではないか?」と考えてしまいますよね。

しかしその考えは間違っています。

なぜなら保険代理店に所属している営業マンはすべてが「車保険のプロではない」からです。

一体どういうことか気になりますよね。

実は保険代理店で車保険の営業マンになるためには比較的難易度の低い資格試験を突破するだけで良い場合が多く、結果的に「車保険の知識に乏しい素人営業マン」が多く存在する事態になっているのです。

筆者が勤務していた保険代理店でも素人営業マンは何名もおり、それらの営業マンは知識量が少ないため顧客に対して「知らずに損をする提案をしていた」ということもありました。

そのため筆者の経験則ではありますが、保険代理店の営業マンはすべてが信用できるわけではなく、「当たりハズレがある」ということを覚えておく必要があるのです。

とはいえ中には超優秀な営業マンがいることも事実ですから、そのような営業マンが確実にあなたの担当をしてくれる場合には、保険料や分割による割り増しに関係なく、代理店型の車保険がオススメであると断言できます。

車を持つ前、免許証を取得するためにあなたが自動車教習所へ通っていた頃に「車に乗るときは任意保険には必ず加入すべき」と言われたことはありませんか?...
自動車保険に加入することは、もはや一種の「義務」のようになっており、自動車教習所でも「必ず加入することをオススメします~」などと言われています。...

通販型の車保険の特徴

通販型の車保険の特徴は、代理店型の車保険とは異なり

  • 基本的に店舗を持たず、インターネット上などで運営している
  • 顧客対応は主にコールセンターの担当者が電話によって対応している

という特徴があるため、結果的に「店舗を持たず人員も最小限であるため運営コストが低い=保険料もその分安くなる」という、最大の特徴を生み出しているのです。

保険料の安さだけで見ると代理店型の車保険と比較して半額以下になる場合もあり、「本当に安く加入できる車保険」ということができます。

とはいえ顔の見えない相手に電話で顧客対応されるわけですから、何となく「本当に対応は大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。

しかし安心してください。

実は通販型の車保険では全国のお客様に対して顧客対応をしなければならないため、間違った情報を伝えるわけにはいきませんから「自動車保険のプロ」が担当してくれるのです。

そして通販型の車保険はようやく最近になって広く認知されるようになったため、「シェア拡大を狙いたい」と考えていますから、顧客対応に関しては満足度が高いという結果すら出ているのです。

つまり通販型の車保険は「保険料が大幅に安く、そして顧客対応に関しても安定的にレベルが高い」と結論付けることができます。

突然ですがそこのあなた! 自動車保険って年間保険料が非常に高いと思いませんか? 特に「車の維持費」という観点で見ると、車検代や整備費...

以上のことから、筆者としてはそれぞれの車保険に対して

  • 信頼できる優秀な営業マンが担当してくれる場合…代理店型の車保険
  • 特に信頼関係のある保険代理店が無い場合…通販型の車保険

という選択の仕方をオススメしています。

しかし保険料が安いことを絶対条件にするのであれば、間違いなく通販型の車保険を選択するべきだといえるでしょう。

とはいえ実際にどの程度保険料が安いのか、数字で見たいと思いますよね。

そこで次に、実際に代理店型と通販型の車保険で保険料を試算した結果を、比較表にまとめましたのでご覧ください。

実際の保険料を比較してみよう!

保険料を抑えたいと思っているあなたには、間違いなく通販型がオススメだと筆者は述べましたが、実際に保険料を見るまでは「本当かなあ」という疑念は払拭できませんよね。

そこで、ここでは実際にほとんど同条件で代理店型と通販型の保険料を比較した結果を、下記にてご紹介していきましょう。

早速、ご覧ください。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750
フィット あり 98,140 54,480 43,660
なし 47,680 28,900 18,780
ワゴンR あり 89,900 52,590 37,310
なし 41,700 29,760 11,940

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

3車種分、それぞれ「ミニバン」「コンパクトカー」「軽自動車」という異なるカテゴリの車で試算した結果となりますが、ご覧になっていかがでしたか?

半額に近い結果も出ていますし、分割払いによって損をした5%は確実に取り戻すことができる数値になっています。

もちろん保険料は条件によって大きく異なるため一概には言えませんが、基本的には「代理店型から通販型へ車保険を変更することで、損をした5%分は取り戻すことができる」と考えても間違いないでしょう。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

しかし、ここまで来たら「取り戻す」だけではなく「もっとお得になりたい!」という気持ちが強くなってきませんか?

そんなあなたには「車保険一括見積もり」というサービスをオススメします。

このサービスを利用することで、簡単に最もお得な車保険を探すことができますよ!

次章が最終章ですし、最も重要なポイントになりますので引き続き最後までご覧になって、最もお得な車保険に加入してくださいね。

3.もっと安い保険料で車保険に加入するなら車保険一括見積もりがオススメ!

これまでの解説で「車保険は通販型で加入すると保険料が安く、分割払いによって損をした分を取り返すことができそうだ」ということが分かったかと思いますが、もっとお得になりたいですよね。

その場合には「通販型の車保険を何社も比較する」ということが重要になります。

なぜなら元々保険料が安い通販型の車保険であっても、保険会社によっては数万円以上の差額が出ることもあるため、比較することで「今自分に合った条件で最も安い保険会社はどこか」というのを知ることができるからです。

しかしすべての保険会社の見積もりを作成し、比較することは現実的難しいですよね。

そこで登場するのが「車保険一括見積もり」というサービスなのです。

このサービスは一気に車保険の見積もりを比較することができるサービスなのですが、詳細については次に説明していきましょう。

車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同条件での保険見積もりを依頼することができます。

そしてあなたは一度の申し込みで複数の保険会社を比較することができるため、結果的に「最もお得な車保険を一気に知ることができるサービス」といえるのです。

また申し込み方法は非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分あれば十分申し込みは完了してしまいます。

以上のことから、車保険一括見積もりは「最短時間で簡単に複数の車保険を比較できるサービス」ということができ、分割払いによる保険料割増分以上にお得になることができるのです。

とはいえ「個人情報を入力することに対して、少しだけ抵抗感がある」「一括○○というサービスは、申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってくるんでしょ?」と思ってしまい、なかなか実践することはできませんよね。

そこで次に、車保険一括見積もりは安心して利用することができるのかご紹介していきましょう。

安心して利用することができるの?

先に結論を述べておきますが、車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスです。

なぜなら当サイトでご紹介している車保険一括見積もりサイトはすべて大手企業が運営しており、「個人上保護方針」がしっかりと明記されているためあなたの個人情報が不正に使用されることが無いからです。

また車保険一括見積もりに登録している保険会社も同様に、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用されることはありません。

さらに申し込み後のしつこい電話勧誘に関しても一切なく、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内があるだけです。

仮にプレゼントキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信停止の依頼ができますから安心してくださいね。

以上のことから、車保険一括見積もりは最短時間で最もお得な車保険を探すことができるだけでなく、安心して利用することができるサービスだといえるのです。

利用は本当に簡単ですし最もお得な保険料で車保険に加入することができますので、「分割払いで損した分を取り戻すだけでなく、簡単にお得になることができる」と覚えておき、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの車保険はお得に、そして分割払いも気にならなくなりますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で車保険の保険料に関して、分割払いやお得になる方法などの解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「紹介された方法であれば車保険の年間保険料は、分割払いであっても損をしなくなりそうだ」と感じたことでしょう。

実際に車保険の保険料を安く抑えることは、難しいことではありませんからぜひ実践してくださいね。

最後にまとめると

  • 車保険の保険料を分割払いにすることは可能だが、保険料の割増を受ける
  • 分割払いによる割り増しを取り戻すためには、通販型の車保険に加入すべき
  • 車保険の保険料をさらに安くするためには、車保険一括見積もりがオススメ

ということになります。

特に最後にご紹介した車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単に利用でき、最もお得になる方法ですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

あなたが分割払いによって割り増しされた保険料以上にお得な保険料が提示され、損を取り戻すどころかお得になることができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の更新時に受けられる特典比較【※特典だけで選ぶのは危険】

車保険で等級が下がることはあるの?下がった場合の保険料はどうなる?

2017年の安い自動車保険ランキング決定版!シミュレーション結果も大公開

「事故率」で保険料が決まる?自動車保険の保険料、その仕組みを大公開!

自動車保険は法人で加入すべき?それとも個人名義の方がオススメなの?

意外な結果に!?ダイレクト(通販型)自動車保険の評判を徹底解明!