軽自動車の車保険には保険料の目安はある?実際に試算した結果を大公開!

日本国内ではセダンやミニバン、SUVなどの様々な車が販売されており、街中を見渡すと誰もが自分の用途に合わせた車に乗っていますし、同時に「車は私たちの生活に無くてはならない存在である」ということがよく分かります。

とはいえ車に乗るためには車検代や整備費用、各種税金や車保険などをはじめとする維持費が多くかかってしまうため、必要な存在であるはずなのに生活を圧迫されている状態になってしまうでしょう。

そのため「維持費が安い」とされている軽自動車に乗る方も多く、実際にあなた自身も乗っている、もしくはこれから購入しようと考えていませんか?

とはいえ車の維持費の中でもトップクラスにお金のかかる車保険に関して、「軽自動車だから安い」と決まっているわけではないため、実際にどのくらいの保険料がかかるのか不安になってしまいますよね。

そのため

  • 軽自動車の車保険の保険料はどのように決まっているのか
  • 軽自動車の車保険はどのくらいの年間保険料になるのか
  • 軽自動車の車保険に最も安く加入するためにはどうすればいいのか

といったことが気になり、できる限り年間保険料を安くしたいと考えますよね。

そこで今回は元車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、軽自動車の車保険に関して「実際に試算するとどのくらいの保険料になるのか」「簡単に保険料の安い車保険を見つける方法」などについて詳しく解説していきましょう。

記事の内容は非常に簡単で分かりやすくなっていますので、ぜひ最後までスラスラ気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には必ず「軽自動車の保険料がどのくらいか、何となくわかった」「軽自動車の車保険に安く加入するためには、こんな方法があったのか!」と思うこと間違いなしですよ!

1.軽自動車で車保険に入る場合、保険料はどのくらいなの?

軽自動車に乗るためには様々な維持費がかかってしまいますが、車保険の年間保険料に関しては「20万円以上になる場合もあるため、先に保険料を知っておきたい」というのが実情でしょう。

そのためなんとかして軽自動車の年間保険料を把握しておきたいとは思うものの、どのように計算すればいいのか、あまりよく分かりませんよね。

そこで本章では、まず軽自動車の保険料がどのように計算されているのか、保険料が決定されるための要素について詳しくご紹介していきましょう。

車には「保険料率」がある

本章では軽自動車の車保険の年間保険料が決定される要素について解説すると述べましたが、保険料を決定する要素の中で最も重要だといえるのが「型式別の保険料率」というものであり、簡単に説明すると「車ごとに4つの要素(対人・対物・傷害・車両)でリスクのランク付けをして、リスクが高い車ほどそれぞれの要素で保険料が高くなるというもの」になります。

とはいえ実際にご覧頂いた方が分かりやすいかと思いますので、下記をご覧ください。

カテゴリ 車種 型式 料率クラス 年間保険料(円)
対人 対物 傷害 車両
軽自動車 ワゴンR   5 5 5 5 52,590
コンパクトカー アクア NHP10 5 5 5 4 67,990
フィット GK3 4 4 4 3 54,850
ミニバン ヴォクシー ZWR80G 4 4 4 4 73,870
アルファード AGH30W 4 4 4 6 86,990

保険料算出条件

  • 保険等級:15等級
  • 事故有係数:0
  • 人身傷害:3,000万円
  • 車両保険:一般条件
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 運転者年齢条件:26歳以上補償
  • 初度登録2016年12月
  • 免許証の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学片道10km未満
  • 年間走行距離:5,000~10,000km
  • チューリッヒのオススメプランの結果(2017年7月現在)

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、料率クラスの数字が低いものほど保険料が安いということが分かるでしょう。

厳密に述べると車両保険の金額などによって保険料は前後してしまうのですが、おおよそ保険料率が影響することによって「保険料率が高い車種ほど、保険料が高くなる」と思ってもほとんど間違いはないのです。

そして本題である軽自動車についてはどの車種・型式でも保険料率が一定であり、「対人・対物・傷害・車両のすべてが5」とされています。

つまり保険料率だけを見ると上記した表のフィットやヴォクシーなどよりも「軽自動車の方が保険料が高くなりやすい」といえ、決して軽自動車の保険料が安くないということを物語っているのです。

とはいえ2018年ごろに軽自動車でも「軽自動車として料率をひとくくりにせず、型式別に分けて算出する」という動きはありますので、詳細が分かり次第お伝えしていきます。

以上ことから、ここまでは「軽自動車の保険料率は高く、結果的に保険料が高くなりやすい」と覚えておきましょう。

とはいえ保険料が決定されるためには保険料率以外の部分も大きく関わっていますので、次にご紹介していきます。

車保険の保険料が決定される要素は「保険料率」だけではない

軽自動車の車保険の年間保険料が決定されるためには保険料率が重要だと述べましたが、実際には保険料率以外の要素が大きく関係しています。

下記に車保険の保険料が決定される要素について、大まかに箇条書きしましたのでご覧ください。

  • 保険等級
  • 運転者の範囲
  • 運転者の年齢条件
  • 損害賠償限度額
  • その他特約の付帯

それぞれの要素について、以下にて簡単に解説していきます。

保険等級

あなたもご存知だと思いますが車保険には「保険等級」というものがあり、保険料の基準となる割引率が決定されています。

そのため先程ご紹介した保険料率と並んで、「車保険の保険料が決定される最大の要素」だと言われているのです。

保険等級に関しては基本的に1~20等級まであり、20等級では60%以上もの割引を受けることができるため「保険料が決まるためには最重要の項目」だと思っても間違いではないでしょう。

運転者の範囲

運転者の範囲とは、「契約自動車を運転する可能性のある方」の範囲のことを指しています。

そして運転者の範囲には、主に

  1. 本人限定
  2. 本人・配偶者限定
  3. 家族限定
  4. 限定なし

の4つ(または本人限定が無いパターンの3つ)があり、上から順に運転できる方の範囲が広くなっていくため、保険料が高くなってしまいます。

逆に本人限定や本人・配偶者限定の場合、保険料は大幅に安くなることがほとんどで、同居している方や未婚の家族があなたの軽自動車に乗る可能性がない場合には、運転者の範囲を狭くすることで保険料を抑えることができると覚えておきましょう。

運転者の年齢条件

運転者の年齢条件とは、こちらも運転者の範囲を限定する条件で、主に

  • 全年齢
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上

という年齢条件が一般的です。

そして実際の保険料としては、下記の表のように「全年齢と30歳以上では天と地ほどの差があるという状態になってしまいます。

年齢条件 車両保険なし(円) 車両保険あり(円)
14等級 20等級 14等級 20等級
全年齢 48,570 37,390 107,070 80,680
21歳以上 26,680 21,190 56,210 43,040
26歳以上 25,310 20,160 51,920 39,850
30歳以上 21,190 17,110 42,730 33,050

保険料算出条件

  • イ―デザイン損保の見積もり結果(平成29年年6月21現在)
  • 契約車両:ステップワゴンRP3型(初度登録:平成29年7月)
  • 主な運転者:契約者本人
  • 免許証の色:ゴールド
  • 主な使用用途:通勤通学
  • 運転者の限定:本人家族限定
  • 事故有係数:0
  • 前年の走行距離:5,000km超10,000km以下
  • 各条件の補償内容は入力完了後に出てきたオススメプラン

そのためもしもあなたが「できる限り保険料を安くしたい」と考えているのであれば、運転者の年齢条件をできる限り高めに設定することをオススメします。

損害賠償限度額

「対人・対物無制限」といった言葉を聞いたことがありませんか?

実は損害賠償の補償限度額を示している言葉なのですが、限度額が低く設定することで保険料や安くなります。

とはいえ安くなる金額は年間で数千円程度である場合がほとんどであるため、筆者としては「数千円だけであれば安心材料として無制限を選ぶべき」だと結論付けているのです。

なぜなら意外と頻繁に超高額賠償命令が出されている昨今では、事故によってあなた自身では賄いきれない賠償金が必要になる場合があるからです。

そのためここに関しては「安くしたいからと言って、ケチってはいけない部分」だと思っておくことをオススメします。

その他特約の付帯

保険料が決定される要素として、前述したものが8~9割を占めている場合がほとんどなのですが、残りの1割に関しては「様々な特約」が関係していることがほとんどです。

特約とは車保険の「オプション」のようなもののことを指しており、例えば安く原付バイクの保険に加入することや、万が一の際に弁護士費用を補償してくれる特約があります。

また保険会社によっては「その保険会社独特の特約」というものもあり、お得に付帯させることもできるため、ついつい保険料が上がってしまいやすい要素といえるでしょう。

本当に必要なものだけを選ぶことが、筆者としてはオススメです。

以上、車保険の保険料が決定される要素についての解説でしたがいかがでしたか?

もうお分かりかと思いますが、今挙げた要素は軽自動車の車保険でも同様であるため、「様々な要素が複雑に絡み合って保険料は算出」されています。

つまり、結論としては「保険料は算出してみるまで一切不明であり、人によって条件がまったく異なるため相場に関しても一概には言えない」ということが事実なのです。

また保険会社によっても大幅に保険料が異なりますから、本当に何とも言い難いのです。

とはいえあなた自身の希望としては「安く軽自動車の車保険に加入したい」と思っていますよね。

そこで次章では、「安くて対応が安心できる保険会社」についての解説をしていきましょう。

2.保険料は「代理店型」と「通販型」、保険会社によって大きく変わる?

前章までの解説では軽自動車に限らずすべての車保険の年間保険料は、「算出してみるまで分からない」という結論に至りました。

とはいえ保険料を安くしたいあなたにとって、その状況は非常に煩わしいですよね。

そこで本章では「保険料が安い保険会社」について、まずご紹介していきましょう。

車保険には「代理店型」と「通販型」がある

車保険の保険料について述べるには、「車保険には代理店型と通販型がある」ということについて説明しなければなりません。

なぜなら、それぞれの保険会社や車保険の形態によって、保険料が大幅に変わるからです。

そこで早速、以下にそれぞれの車保険の特徴を解説していきましょう。

代理店型の車保険の特徴

代理店型の車保険とはその名の通り「全国各地の保険代理店で加入できる車保険」のことを指しており、筆者が営業マンをしていたのはコチラのタイプになります。

そして主に

  • 全国各地に店舗を構えて、車保険の営業をしている
  • 保険代理店に所属する営業マンが、直接的に顧客対応をする

という特徴を持っており、結果的に「店舗維持費や人件費などの運営コストが高い=保険料も高くなってしまう」という大きな特徴を生み出しているのです。

そのため代理店型の車保険は基本的に「保険料が非常に高い」と言われているのですが、一方で「直接的に顧客対応をしてくれるのだから安心できる」と考えられています。

しかしその考えは間違いである場合もあります。

なぜなら保険代理店に所属する営業マンはすべてが優秀な車保険のプロというわけではなく、比較的難易度の低い資格試験に合格しただけの「知識量不足の素人営業マン」である可能性が非常に高いからです。

実際に筆者が勤務していた保険代理店の同僚も「素人営業マン」であり、お客様に対して「知らない内に損をする提案をしていた」ということがありました。

そのためお客様自身も知らず知らずのうちに損をさせられており、結果的に「信頼を裏切る」という結果を招いたのです。

つまり代理店型の車保険では「必ずしも営業マンは信用することができない」ということになります。

もちろん優秀な営業マンも少なくはないのですが、基本的に代理店型の車保険は「保険料が高く、顧客対応に関しても当たりハズレがある」と覚えておくと間違いないでしょう。

通販型の車保険の特徴

通販型の車保険は代理店型の車保険とは異なり

  • 基本的に店舗を持たず、主にインターネット上で運営している
  • 顧客対応は主にコールセンターやインターネット上で行っている

という特徴があるため、結果的に「店舗を持たず人員も少なく済むため運営コストが非常に低い=保険料も非常に安くなる」という大きな特徴を持っているのです。

そして一般的に「通販型の車保険は保険料が安いから対応が悪い」と考えられているのですが、実はそれほど悪いわけでもなく、むしろ「安定的に高いレベルの顧客対応をしてもらえる」ことがほとんどなのです。

なぜなら通販型の車保険では直接顧客の顔を見て対応することが無いことは事実ですが、顧客に対して間違った情報を伝えることが無いよう、「車保険に関するプロ」が電話口で担当になっているからです。

そのため代理店型と比較すると間違ったことを伝えられる危険性は低くなり、比較的安心できるといえます。

以上のことから通販型の車保険は「保険料が安く、顧客対応も安定的に高いレベルである」と覚えておきましょう。

結論、通販型の車保険に加入すべきなの?

結論としては、もう予想できているかと思いますが「通販型の方がオススメ」といえます。

なぜなら代理店型の車保険は保険料が高く顧客対応も当たりハズレがあるのに対し、通販型の車保険では保険料が安くなり、さらに顧客対応に関しても安定的に高いレベルだからです。

また今回、あなたが重視する「保険料が安い」というポイントについては、実は代理店型と比較すると半額以下になる場合もあるため、本当に保険料が安くなるのだと思っても間違いありません。

とはいえ「すべてのケースで半額以下になる」というわけではありませんから、実際に比較した結果をご覧になりたいと思いませんか?

そこで次章では代理店型と通販型の車保険を、実際に軽自動車で試算した結果を比較していきましょう。

驚きの安さにビックリすること間違いなしですよ!

3.実際に軽自動車の保険料を比較してみよう!

前章の解説で「代理店型よりも通販型の車保険の方が、保険料が安くて安定的に高いレベルの顧客対応をしてくれる」ということが分かりました。

とはいえ最大で半額以下になる通販型の車保険では、実際のところどの程度保険料が安くなるのか気になりますよね。

そこで本章では代理店型と通販型の保険料を実際に試算した結果を比較し、どの程度安くなるのか調べましたのでご紹介していきます。

早速、下記に通販型と代理店型で軽自動車の車保険の比較表を載せておきますので、ご覧ください。

車種 車両保険 代理店型保険料(円) 通販型保険料(円) 差額(円)
ワゴンR あり 89,900 52,590 37,310
なし 41,700 29,760 11,940

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、このケースでは半額にはなりませんでしたが、おおむね「3割引き程度」になっていることが分かります。

そして筆者の経験則から述べると、この安さは一般的ではなく「むしろもう少し安い保険料の方が一般的である」と感じました。

とはいえ通販型の車保険にも多くの保険会社があり、条件によって金額差が出てきますので、「いくつかの保険会社を比較しなければ最も安くはならない」といえるのです。

しかし現実的に考えると、すべての通販型の車保険で見積もり作成をして比較することは難しいですよね。

そこでオススメのサービスとして、次章では「自動車保険一括見積もり」をご紹介していきます。

このサービスを利用することで確実に最もお得で安心できる通販型の車保険に加入することができますので、ぜひ引き続き最後までご覧くださいね

4.もっとお得な車保険に加入するなら、車保険一括見積もり

前章までの解説をご覧になると、軽自動車の車保険に安く加入するためには「通販型がベスト」という結論だということが分かるかと思います。

しかし先程の比較表にもあるように「もう少し安くなっても良いだろう」という結果が出ることもあるため、通販型の車保険をいくつか比較して最も安い保険会社を探す必要がありますよね。

そこでオススメのサービスが「車保険一括見積もり」というものです。

このサービスを利用することで簡単で短時間の内に、最もお得な通販型の車保険を探すことができますよ!

早速次に詳しく解説していきますから、ご覧くださいね。

車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同様の条件で保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、最もお得な保険会社がどこなのか探すことができるのです。

また申し込みに関しては非常に簡単で、

  • あなたが乗っている軽自動車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分あれば十分完了させることができます。

以上のことから車保険一括見積もりは「最短時間で誰でも簡単に、最もお得な車保険を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「個人情報を入力することには少しだけ抵抗がある」「一括○○というサービスは、申し込み後にしつこく電話勧誘があるんでしょ?」といった点から、利用するにはまだ不安がありますよね。

そこで次に車保険一括見積もりは安心して利用することができるのか、解説していきましょう。

安心して利用することはできるの?

結論から述べると、車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

なぜなら当サイトでご紹介している車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、不正にあなたの個人情報を利用することが無いからです。

またサービスに登録している保険会社に関しても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用されることはありません。

そして申し込み後の電話勧誘については一切なく、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内のみになります。

仮にプレゼントキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じる場合には、簡単に配信停止の依頼ができますから安心してくださいね。

以上のことからも分かるように、車保険一括見積もりは最もお得な保険会社を探すだけではなく、「安心して利用することができるサービス」ということができるのです。

申し込みに関しても誰でもできるほど本当に簡単ですし、最もお得な車保険を探すにはもってこいの方法ですのでぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、満足のいく軽自動車の車保険に加入できること間違いなしですよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上で軽自動車の車保険の保険料に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外と軽自動車の保険料は高いわけではない」「しかし最も安く加入することは簡単そうだ」と感じたことでしょう。

その感覚は間違いではなく、実は安くて安心できる車保険に加入することは意外と難しくありません。

最後にまとめると

  • 軽自動車の保険料は算出するまで分からず、決して安くはない
  • 通販型の車保険であれば「安心の顧客対応」と「安い保険料」を両立できる
  • 車保険一括見積もりを利用すれば、最もお得な車保険を一気に探すことができる

ということになります。

特に最後にご紹介した車保険一括見積もりに関しては、本当に誰もが簡単に利用することができ、最もお得になりますのでぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの満足のいく保険料で、安く車保険に加入することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車保険で等級が下がることはあるの?下がった場合の保険料はどうなる?

ネットなら即日加入が可能?自動車保険の加入に必要な日数は2~3日?

ネット自動車保険に加入するためにチェックすべき3つの注意点を徹底解説!

自動車保険の更新って免許の色は関係ある?ゴールド免許だと安くなる?

自動車保険の等級をリセットはできるの?元保険屋が裏技を暴露

自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証