自動車保険の保険料が高いから安くしたい!プロが安くする方法を伝授

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車には「車検代」や「整備費用」そして「各種税金」など、本当に多くのお金が必要になります。

それらは車の維持費と呼ばれていますが、中でも「自動車保険の保険料」は条件によって20~30万円以上も必要になるため、「ちょっと高い気がする…」と思ってしまうこともあるでしょう。

そのため高いと感じている自動車保険の保険料を少しでも安くするために、あなたは保険会社の乗り換え等を検討しているのではないでしょうか。

たしかに保険会社ごとに保険料は異なるため、1千円でも1万円でも安い自動車保険に加入することができれば他の維持費を削減するよりも効果的であるということができます。

しかし実際に保険会社の乗り換えなどによる、高い保険料の削減をしたいと思った場合に

  • そもそも保険会社によってどの程度保険料の違いがあるのか
  • どうすれば高い自動車保険の保険料を安くすることができるのか
  • 手間をかけずに最もお得になる方法があれば教えてほしい

と思ってしまいますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、あなたが高いと思っている自動車保険の保険料が保険会社によって異なるのか、そして賢く保険料の安い自動車保険に加入する方法について詳しく解説していきましょう。

内容は非常に簡単に説明していきますし、分かりやすくまとめていきますから、安心して最後まで気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「自動車保険の保険料が高いと思っていたけど、こうするだけでお得な自動車保険に加入することができるのか!」と感激できること間違いなしですよ!

1.今入っている自動車保険料が高い気がするけど…どうすればいいの?

あなたは今加入している自動車保険の保険料が高いと感じていませんか?

それはおそらく、

  • あなたのまわりの人が加入している保険料とあなたが支払っている保険料に大幅な開きがある
  • CMやインターネット広告を見ると、同じような内容の自動車保険であるにもかかわらず、非常に安いという結果が出ている

という結果が出たからでしょう。

そのため自動車保険の保険料を少しでも安くすることを考えているかと思いますが、「そもそも同じような自動車保険を提供している保険会社であるにもかかわらず、本当にそれほどまでの保険料差があるのか」と気になってしまいますよね。

そこで本章では保険会社による保険料の高さについて、詳しくご紹介していきましょう。

そもそも保険会社によって保険料の高い、低いはあるの?

まず、そもそもの話にはなりますが「保険会社によって保険料が高い、または低いということはある」というのが結論です。

なぜなら保険会社は利益を追求している「企業」であるため、保険料を徴収しながら少しでも利益を残すために「戦略として保険料を決定している」という現状があるからです。

そのため保険会社によっては「こんなに高い保険料なの!?」とビックリすることや、逆に「これほどまでに安い保険料の自動車保険があるの!?」とビックリすることもあるのです。

そして安いからと言って、決して補償内容が粗悪であるというわけでもないということを覚えておいてください。

また保険会社による高い、低いを調べる前に、そもそも「通販型の自動車保険は保険料が安い」ということも併せて覚えておきましょう。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

しかし自動車保険の保険料に関して、高い低いがあるということに関しては理解することができたかと思いますが、「自分が加入している自動車保険の保険料がどの程度高いのか」を知っておきたいと思いますよね。

そこで次に、自動車保険の保険料の高い低いを調べる方法について、詳しくご紹介していきましょう。

どうすれば保険料が高いかどうか調べることができるの?

どうすれば保険料が高いのかを調べる前に、まずは実例として「2社の保険料を試算した結果」を下記に載せておきますのでご覧ください。

保険会社名 年間保険料(円) 差額
損保ジャパン日本興亜 127,840 57,240
チューリッヒ 70,600

※保険料算出条件

  • 車種:エクストレイル(NT32型)
  • 車両保険:有り(一般型で保険会社のオススメプランを選択)
  • 初度登録:平成28年12月登録で試算
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償内容:各社のオススメプランを選択

ご覧になると分かるように、実は保険会社によって半額~4割程度安くなることは珍しくないのです。

特に先程述べた通販型の自動車保険、つまり主にインターネット上で営業活動をしており、店舗を持たないタイプの自動車保険であれば保険料が非常に安くなるため、この差は顕著に表れるのです。

とはいえ「自分の保険料が高いのか」を調べるためには、今ご紹介した保険料と同様に「保険見積もりを試算する必要がある」ということになります。

そのためここでは保険料を試算する方法を鍬幾ご紹介していきましょう。

早速ですが、保険料の試算方法について下記に順を追って箇条書きしておきましたのでご覧ください。

  1. 今加入している自動車保険の補償内容が分かる書類(保険証券や自動車保険の更新の案内)を用意する
  2. 確実に保険料の安い自動車保険(通販型)の中で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社のホームページ上にある保険見積もり作成ページへいく
  3. 保険証券などを見て車に関する情報の入力をする
  4. 保険証券などを見て補償内容に関する情報の入力をする
  5. 保険証券などを見て補償範囲などに関する情報の入力をする
  6. 最初に提示された保険見積もりが2~3つあるので、その中から最も条件の近いものを選び、保険料を比較する
  7. より正確に保険料の高い低いを把握したい場合には、提示された保険見積もりを「カスタム」して、詳細な部分に関してもしっかりと補償内容を合わせて、保険料を比較する

このような流れになるのですが、意外と「単純な手順だ」と感じませんでしたか?

その感覚は正しくて、実は保険見積もりを作成することや比較することは、それほど難しくないのです。

そのため保険料の試算についてはそれほど身構えずとも大丈夫ですから、安心してくださいね。

もしも自動車保険の見積もりに関して、シミュレーション方法をもっと詳しく知りたいと思った場合には、コチラの記事に詳しく解説していますからご覧ください。

車の運転をする上で欠かせないものはいくつもありますが、中でも「必須」といえるものは数えるほどしかありません。 そんな車の運転をする上で必須...
車に乗っているとどうしても必要になる車検代や整備費用、そして各種税金といった「車の維持費」は、あなたの生活費を圧迫していませんか? そして...

とはいえ「高い自動車保険の保険料を手っ取り早く安くしたい」と思ってしまうでしょうから、次章にて「高い自動車保険を安くする方法」をしっかりと解説していきましょう。

2.高い自動車保険料を安くする方法はあるの?

前章の解説をご覧になると「保険会社によって保険料は大幅に異なる場合もある」ということがよく分かったでしょう。

とはいえ保険会社の変更は面倒だと感じる場合もありますから、「そのままの自動車保険で保険料を安くする方法は無いのか」と考えたこともありますよね。

そこで本章では自動車保険の高い保険料を、少しでも安くする方法をご紹介していきましょう。

早速次にその方法を解説していきますから、ご覧ください。

保険会社を変更せずに自動車保険料を安くする方法

保険会社を変更しないまま自動車保険の保険料を安くするには、実は「補償内容を見直す」ということが重要になります。

なぜなら自動車保険の保険料を構成する補償内容に関しては、実はいくつもの「保険料が高くなるポイント」があるからです。

そんな見直すべき補償内容は、主に下記に箇条書きしたポイントになります。

  • 車両保険の有無、または付帯させる条件の変更
  • 重複している補償内容を無くす
  • 車の増減のタイミングであれば家族の等級と入れ替える

それぞれのポイントについて、以下に分けて解説していきましょう。

車両保険の有無、または付帯させる条件の変更

自動車保険の補償には「万が一車が損傷してしまった場合に、修理費用などを条件によって補償してくれる」という、車両保険というものがあります。

そしてこの車両保険には「保険料を大幅に増額させてしまう」という特徴があるのです。

その事実に関してはあなたも知っているかもしれませんね。

しかし車両保険は「付帯させてもそれほど保険料が高くならないという条件もある」ということをご存知でしたか?

実は車両保険には2つの条件があり、それぞれ簡単に説明すると

  • 一般型…主にすべての損傷に対して修理費用を補償してもらうことができ、さらに自損事故の場合にも修理金額等を補償してくれる条件
  • 車対車限定型…自損事故については補償されないものの、車同士の事故による損傷に関しては補償されるという条件

というものがあり、補償される範囲が狭い車対車限定型の車両保険にすることで、保険料を安くすることができるのです。

また「免責金額」という、補償を受ける場合に支払わなければならない実費を設定することで保険会社としては補償する金額が少なくなりますから、結果的に保険料を抑えることができます。

そしてそれぞれの車両保険の条件で保険料を比較した結果としては、下記のような結果になりましたのでご覧ください。

車両保険型 一般型 車対車限定型 差額(円)
保険料(円) 68,460 38,100 30,360

保険料算出条件

  • 等級:ノンフリート15等級(事故有係数0)
  • 車両保険:一般条件で免責金額は0-10
  • 運転者の範囲:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学片道10km未満
  • 年間走行距離:5,000~10,000km

また車両保険有の場合と無しの場合の保険料を比較した結果についても下記に載せておきますので、ご覧ください。

車両保険型 一般条型 車両保険なし 差額(円)
保険料(円) 68,460 25,380 43,080

ご覧になると車対車限定型にすることで、車両保険なしのものとそれほど大きく変わらないということが良く分かりますよね。

そのため実際のところ「運転する際に自損事故が起きないようによく注意する場合には、車対車限定型にすることでお得になる」と覚えておきましょう。

そして各条件で免責金額を設定するとき、数千円~1万円程度の保険料が安くなるという傾向にありますので、少しでも安くしたい場合には免責金額の設定をオススメします。

また車両保険は、車両の現在の価値に基づいて「最大補償金額」が設定されますから、仮に初度登録から10年以上も経過している車両の場合には10~20万円程度しか補償されないケースもあるため、実は「車両保険を付帯させても損である」という場合もあるのです。

つまりケースバイケースにはなってしまうのですが、車両保険は「必ずしも必要ではない」と覚えておきましょう。

そして車両保険で選択すべき条件のケースについては、下記に参考程度に箇条書きしておきますから、ご覧になってください。

  • 一般型の車両保険を選択するケース…新車またはまだ価値の高い車に乗っており、運転に自信が無いという人
  • 車対車限定型の車両保険を選択するケース…自損事故は起こさず、万が一車同士で避けられない事故が起きた場合に補償されたいと思っている人
  • 車両保険なしを選択するケース…そもそも車の価値が非常に低いため、車両保険をかけることによってかえって損をしてしまう人

ということになり、それぞれもう少しだけ保険料を抑えるには「免責金額の設定をする」という必要があるのです。

そのためここまでの説明でも分かりますが、車両保険の条件についてはもう一度見直す必要があり、見直すことで本当にお得になることができると覚えておきましょう。

あなた自動車保険に加入していますか? 車に乗っているのであれば、おそらく加入していることでしょう。 しかし自動車保険の保険料は高くて...
車に乗っている人のほとんど全てが加入している自動車保険に、あなたも加入していますか? おそらくあなた自身、車に乗る可能性が少しでもある場合...

重複している補償内容を無くす

自動車保険には「重複してしまう補償内容」というものが存在します。

一体どういうことか分かりませんよね。

実は自動車保険には「あなたの家族の誰かの自動車保険に付帯されていれば、あなたは付帯せずとも同様の補償を受けられる特約がある」という場合があるのです。

そのためあなたの家族とあなたが同じ補償を付帯させていることで、実は「2重に余分な保険料を支払っている」という状態になっている場合もあります。

そしてそのような状態になりやすい補償内容は、主に下記に箇条書きしたものになります。

  • 弁護士費用特約
  • ファミリーバイク特約

それぞれ重複してしまう代表格の補償となるのですが、重複することで数千円程度の損をしてしまいますから、家族内に同様の特約を付帯させていないか確認しておきましょう。

また自動車保険でいう「家族」とは、「同居している親族または別居している未婚の子」という条件になりますから、注意してくださいね。

車の増減のタイミングであれば家族の等級と入れ替える

自動車保険の「補償」とは少し意味が異なりますが、もしもあなた、またはあなたの家族が車を入れ替える場合には、等級の入れ替えについても検討することをオススメします。

というのも自動車保険の等級が高ければ保険料割引も大きくなり、保険料が安くなるという事実はあなたも知っているかと思いますが、実は保険等級を家族間で入れ替えるためには「車の増減があること」という条件があるのです。

そのためあなた、またはあなたの家族が車を増減させる場合には、一度「進んだ等級」へ入れ替えることができないか、相談してみることをオススメします。

仮に相談した結果、20等級を得ることができる場合には最大で60%以上もの保険料割引を受けることができますよ!

車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、...
車の売却を考えた時にあなたは何について知りたいと思いますか? おそらく 今自分が乗っている車がどの程度の価格で売れるのか ...

以上、保険会社を変更せずに自動車保険の高い保険料を安くする方法についてご紹介してきましたが、ご覧になると「面倒くさいから補償内容はこのままにしておこうかな」という気持ちと「でもお得になりたい」という気持ちがせめぎ合っているでしょう。

そのため筆者としては、やはり最も効果的かつ簡単な「保険会社の変更」をオススメしています。

次に保険会社の変更についても説明していきますから、ぜひ引き続きご覧になってくださいね。

保険会社を変更することが最も効果的!

保険会社を変更することは、実は最も簡単かつ効果的な方法といえます。

なぜなら補償内容を見直すためには数多くのポイントをチェックして変更の手続きをしなければなりませんが、保険会社の変更に関しては下記の手順を踏むだけで済むからです。

  • いくつかの保険会社で保険見積もりを作成して、保険料を比較する
  • 最も安い保険料の自動車保険に加入する

ご覧になると本当に単純な流れだと思いませんか?

しかしひとつだけ問題がありますよね。

それは「そもそも保険会社で保険見積もりをいくつも作成するのが面倒くさい」ということでしょう。

たしかに補償内容をひとつひとつ見直すよりも簡単な作業ということができますが、実際に保険見積もりをいくつも作成することは面倒くさく感じてしまいますよね。

そこでオススメのサービスが「自動車保険一括見積もり」です。

このサービスを利用することで、実は一気に複数社に対して保険見積もりを依頼することができるため、簡単に最もお得な保険会社を探すことができるのです。

そこで次章では自動車保険一括見積もりというサービスについて、詳しくご紹介していきましょう。

3.賢く保険料の安い自動車保険に加入するなら、自動車保険一括見積もりがオススメ!

前章までの解説をご覧になると、自動車保険の高い保険料を抑えるためには

  1. 補償内容を見直す
  2. 保険会社そのものを変更する

という2つの手段しかないということが分かったでしょう。

そして補償内容の見直しではなく、保険会社そのものの変更をすることが「簡単で効果的」だということも分かったかと思います。

しかし同時に「いくつもの保険会社で保険見積もりを作成することも面倒くさい」と感じてしまいますよね。

そこで本章ではその悩みを解決する方法として、自動車保険一括見積もりというサービスをご紹介していきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同様の保険見積もりを一気に複数社に対して依頼することができます。

つまりあなたは一度の申し込みをするだけで、最もお得な自動車保険を簡単に調べられるというわけです。

また申し込み方法に関しては非常に簡単で、

  • あなたが今乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申し込みを完了させることができますから、結果的に「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができるのです。

しかしいくらお得な自動車保険を探し出し、自分が支払っている高い保険料を抑える方法だということが分かったとしても、「個人情報の入力をすることに対して不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりは安心して利用することのできるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用されることが無いからです。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいといえます。

つまり申し込み時に個人情報を入力しても問題はありませんから、安心してくださいね。

そして申し込み後の電話勧誘については一切なく、実はハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なキャンペーンなどの情報が配信されるのみですから、あなたに迷惑がかかることはありません。

仮にキャンペーンに関する案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信の停止依頼をすることができますから安心してくださいね。


以上のことから自動車保険一括見積もりは最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるというだけでなく、安心して利用することもできるサービスだと覚えておきましょう。

本当に申し込みは簡単ですし、一度申し込みをするだけで簡単に最もお得な自動車保険を探し出すことができますので、ぜひ一度お試しくださいね。

「自分の自動車保険の保険料は高いのかな…」と悩んでいた気持ちも吹き飛び、確実にお得で満足できる気持ちになることができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、自動車保険の高い保険料に関する解説を終了しますが、ご覧になると「自分の自動車保険の保険料が高いのか安いのか、調べることはそれほど難しくなさそうだ」「自動車保険の高い保険料を安くする方法は意外と簡単そうだ」と感じたことでしょう。

その感覚は正しく、自動車保険の保険料を比較することも、お得な自動車保険に加入することも簡単ですから自信を持ってくださいね。

最後にまとめると、

  • 自動車保険の保険料を調べるためには、様々な保険会社で保険見積もりを作成して比較する必要がある
  • 高い自動車保険の保険料を安くするには、加入している保険会社そのものを変更することがオススメである
  • 賢くお得な自動車保険に加入するには、自動車保険一括見積もりの利用がオススメである

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な申し込みをするだけで最もお得な自動車保険を一気に探し出すことができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、間違いなく「お得になった」と満足することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 この記事へのコメント

  1. […] 本当は教えたくない!自動車保険のプロによる10個の節約方法を大暴露車に乗る上で必ず必要になってくる「維持費」には、2年に1度必要になる車検代や適宜必要になる整備費用、そして所有しているだけで毎年必要になる自動車…車の保険.net 自動車保険の保険料が高いから安くしたい!プロが安くする方法を伝授車には「車検代」や「整備費用」そして「各種税金」など、本当に多くのお金が必要になります。 それらは車の維持費と呼ばれていますが、中でも「自…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険に新規加入したい!見積もり依頼の全手順とオススメを大公開!

自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証

新規は?乗り換えは?知っておきたい車保険の契約に必要なもの総まとめ

任意保険のシュミレーションってどうすればいいの?オススメサイトはある?

自動車保険のプロが解説!損保ジャパンの3つの特徴とリアル評判まとめ

自動車保険は法人で加入すべき?それとも個人名義の方がオススメなの?