自動車保険が更新できない!考えられる4つのパターンと対処法

あなたはこれまでに「ここの自動車保険で継続したい!更新したい!」と思ったことはありますか?

おそらくそれほどまでに満足感を得て自動車保険の更新や継続契約をすることは無く、基本的に「今までと内容をかえるのは面倒くさいから、これまでと同様の自動車保険・補償内容で更新しておこう」と思ってきたことでしょう。

しかし実際にいざ更新をしようと思った際に、思わぬ落とし穴が待ち受けている場合があるのです。

その落とし穴とは「自動車保険の更新ができない」という、あなたにとって最悪の状況を指しています。

実際にいくつかのケースにおいて自動車保険の更新ができない場合はあり、「保険会社から断られる」ということは意外にも少なくないため、実は自動車保険の更新は慎重になるべきなんですよね。

とはいえ

  • 自動車保険の更新できないのってどんなケースに当てはまるの?
  • 自動車保険が更新できない場合、どうすればいいの?
  • 今加入している自動車保険が更新できないのであれば、この機会にもっとお得な自動車保険に乗り換えたいのだけど、可能なの?

といった疑問点が多く出てくるため、なかなか自動車保険の更新について「どう行動すべきか」が分からなくなってしまうでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、「自動車保険が更新できないケース」や、「更新できない場合はどうすべきか」といった点について、詳しくご紹介していきます。

内容は自動車保険の更新に関するものとなりますが、非常に簡単で分かりやすく解説していきますから、ぜひ最後までスラスラと気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には、「自分が加入している自動車保険が更新できない場合、こうすれば大丈夫そうだ!」「この方法であれば今加入している自動車保険が更新できない場合でも、お得になることができそうだ!」ということが分かりますよ!

1.自動車保険が更新できないケースってどんなものがあるの?

まずあなたは自動車保険の更新を断られたことはありますか?

もしかしたらたった今、自動車保険の更新をしようと思っており、断られてしまったという状況かもしれませんね。

しかしいつも特に何もせずとも更新できていた自動車保険が、なぜ更新できない状況となってしまうのか気になってしまうでしょう。

実は自動車保険が更新できないケースには、基本的に下記に箇条書きした4点が当てはまるのです。

  1. もともと事故の多い契約者である場合
  2. 契約期間中に、複数回の事故を起こして保険金請求をしている場合
  3. デメリット等級である場合
  4. 危険運転による事故を起こしたことがある場合

あなたが現在自動車保険の更新ができない状況である場合、これらの条件に当てはまっていますよね。

しかし一部納得のいかないケースもあるかと思いますので、上記した4つのケースをそれぞれ分けて詳しく解説していきましょう。

ケース1.もともと事故の多い契約者である場合

もともと事故を何回も起こしてしまっている人は、残念ながら自動車保険の更新をすることが断られてしまいます。

なぜなら保険会社は「契約者からの保険金請求」をされる場合に、ほとんどのケースで損をしているからです。

一体どういうことか説明しますので、例として「車をぶつけてしまって保険を使うかどうか」といったイメージをしてください。

この場合、修理金額よりも保険料の上昇分の方が少ないときは「車両保険を使う」という選択をし、逆に保険料の上昇分の方が大きいときには「車両保険は使わず自腹で修理する」という選択をしますよね。

そこで冷静に考えてほしいのですが、車両保険を使うという選択をした場合、保険会社が修理業者(正確にはあなた)に支払う金額よりも、あなたが保険会社にこれから支払う金額の方が少なくなるのです。

つまり保険会社は「保険金請求をされると、基本的に損をしてしまう」という性質があります。

そのためもともと事故が多く、保険金請求を頻繁にされる可能性がある方は、自動車保険の更新を断られてしまうケースがあると覚えておきましょう。

ケース2.契約期間中に、複数回の事故を起こして保険金請求をしている場合

上記した内容と似ているのですが、契約期間(基本的に1年間)の最中に複数回の事故を起こしてしまい、実際に保険金の請求をしている場合には自動車保険の更新を断られてしまう可能性があります。

なぜなら先程と同様に、保険会社としては「保険金を支払う=損をしてしまう」ということになるため、慈善事業をしているわけではない保険会社にとってはあまり良い顧客と呼ぶことができないからです。

また断られる回数については保険会社ごとに違いますし、保険会社としても「仕方のない事故である」という理由から自動車保険の更新を受け付ける場合もあります。

そのため一概に「○回でアウト」ということはできないのですが、元自動車保険営業マンのイメージとしては「2~3回事故を起こすと更新できない」と思っています。

実際に筆者が担当していたお客様はまさにこの回数で断られていましたから、ある程度信ぴょう性があると思ってくださいね。

ケース3.デメリット等級である場合

あなたはデメリット等級という言葉を知っていますか?

デメリット等級とは一般に1~5等級のこと

なぜなら自動車保険の等級は通常6等級(もしくは7等級)からスタートして「保険料割引」を受けることができるのですが、1~5等級に関しては保険料の割増」を受けることになってしまうからです。

そのためデメリット等級と呼ばれていることについては理解できたかと思いますが、一体なぜデメリット等級であることが自動車保険の更新を断られる要因となるのか予想できますか?

実は保険会社としてはデメリット等級であることに対して、「この人は未だにデメリット等級であるため、事故を起こして保険金の請求をする可能性が高い」と判断されてしまうのです。

つまり先程からの説明をご覧になっていると分かるかと思いますが、「保険会社が損をする可能性の高い顧客である」と判断をされるため、更新できないのだと理解してください。

もちろん6等級からスタートしてデメリット等級になるために、いたずらや落書きなどによって車両保険を使用した「1等級ダウン事故」の場合には「仕方がない」と判断されることもあるのですが、基本的には「デメリット等級であることは保険料だけではなく、自動車保険の更新時にもデメリットとなる」と覚えておきましょう。

ケース4.危険運転による事故を起こしたことがある場合

あなたは危険運転と聞くと、どのような運転を思い浮かべますか?

おそらく

  • 飲酒運転
  • 公道でのサーキット運転
  • 公道での暴走行為
  • 法律違反を意図的にしている運転

などを思い浮かべるでしょう。

これらの運転をして事故を起こし、保険金請求をした場合には間違いなく自動車保険の更新を断られます。

なぜなら「危険運転をして保険金請求をする=日常的に危険運転をしていると判断され、保険会社が損をする可能性が極めて高くなる」からです。

また危険運転による事故をして人をケガさせてしまった場合には、「被害者救済」という観点から保険金の支払いが行われることもあるのですが、場合によっては保険金の支払いそのものを拒否される可能性もあります。

当ページをご覧になっているあなたが危険運転をしていることは無いかと思いますが、もし心当たりがある場合には「保険会社だけではなく社会の敵」になってしまいますので、必ず危険運転をしないようにしましょう。


以上で自動車保険が更新できないケースについて、4点挙げましたがいかがでしたか?

もうお気づきかと思いますが、自動車保険が更新できない理由は基本的に「保険会社が損をしてしまうから」ということにあります。

実はあなたが自由に保険会社を選べるように、保険会社も自由に顧客を選ぶことができますから、保険会社としては「保険金の支払いが多い(または多い可能性の高い)顧客=いくら保険料を上げても損をしてしまう」ということになってしまうため、自動車保険の更新を断られてしまうのです。

とはいえ自動車保険の更新を断られてしまってはその後どうすればいいのか分かりませんよね。

そこで次章では自動車保険が更新できない場合に、どうすればいいのか順を追って説明をしていきましょう。

2.自動車保険の更新ができない=継続契約ができない?3つの行動で解決しよう!

前章の解説をご覧になると自動車保険が更新できない場合、基本的に保険会社の利益を基に考えられていると述べました。

それは事実で、保険会社としても利益を上げて社員やその家族を守っていかなければなりませんので、あくまで慈善事業ではないのです。

とはいえ今加入している自動車保険が更新できない場合、あなたは非常に困ってしまいますよね。

そこで本章では今加入している自動車保険の更新ができないと分かったとき、あなたがどのように行動すべきかを述べていきましょう。

早速、下記に行動の順序を箇条書きしましたのでご覧ください。

  1. 今加入している保険会社に「どうしてもダメですか?」と低姿勢で交渉する
  2. 他の保険会社で加入できるか(更新できるか)を確認する
  3. 各種自動車共済にて新規契約をする

それぞれ自動車保険の更新ができないという最悪の状況を免れるためには必須の行動ですから、こちらに関しても以下に分けて詳しく解説していきましょう。

今加入している保険会社に「どうしてもダメですか?」と低姿勢で交渉する

自動車保険が更新できない場合、保険会社から「自動車保険の更新ができません」という案内がきます。

それも非常に一方通行の案内が届くのです。

その場合、念のため保険会社のカスタマーサポートや総合案内へ直接連絡をして、「どうしてもダメですか?御社の事故対応や顧客対応など、本当に満足していたのでどうしても継続したいのですが…」という旨を伝えてみましょう。

もちろん成功する可能性はそれほど高くありませんが、自動車保険の更新に関してはまだまだ人間が判断する部分があるため、確実に失敗するということもできないのです。

またこれまでに事故を起こしてしまった状況について「なぜ事故を起こしてしまったのか」を説明した上で、「最後に事故を起こして保険金請求をしてからは気をつけているため、○ヶ月は無事故のままです」といったように、簡単なデータを提示できると説得力が高まります。

それでも更新できない場合には、次のステップへ進みましょう。

他の保険会社で加入できるか(更新できるか)を確認する

今加入している保険会社に交渉して「それでもやはりダメ」と言われた場合には、他の保険会社での加入を検討しましょう。

しかし保険会社間で保険契約者の等級や事故状況などに関する情報が共有されていることがほとんどであるため、やはり断られる可能性はあります。

とはいえ保険会社によってはあなたの等級や事故状況などを加味して「加入できます」と返答をしてくれる場合もありますから、必ず何社もの保険会社で保険見積もりを作成し、保険料や補償内容を検討しましょう。

また加入が拒否される場合には、必ず「この条件では保険見積もりを作成できません」という画面が表示されますから、加入の可否についてはすぐわかると思っておきましょう。

とはいえいくつもの保険会社で保険見積もりを作成することは面倒くさいですよね。

その場合には最大20社もの保険会社に一括して見積もりを依頼することができる「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用してくださいね。

自動車保険一括見積もりに関しては次章にて詳しくご紹介していきますから、安心してくださいね。

各種自動車共済にて新規契約をする

仮にどの保険会社でも自動車保険の加入や更新を断られてしまった場合、「自動車共済」での新規加入をすることがオススメです。

自動車共済とは、簡単に説明すると「各種協同組合が提供している“自動車保険のようなもの”」を指しています。

そして一部の自動車共済では「自動車保険の等級を継承できない」という性質を持っているため、言い換えると「全く新しい状態で自動車共済の契約をすることができる」ということになるのです。

つまり一部の自動車共済では「自動車保険加入時に起こしてしまった事故などを無視して、新しく補償を受けることができる」ということになります。

しかし「一部」という言葉が気になりますよね。

実は自動車共済の中でも「JA共済」や「全労災」といったメジャーなものに関しては、等級の引き継ぎができる場合もあるため、有効ではありません。

そしてこの方法が有効な自動車共済は、例えば公務員共済などの「一部の人しか加入できない自動車共済」ばかりであるため、やはり「いくつもの保険会社で保険見積もりを作成することがオススメ」だと思っておきましょう。

あなたは車に乗っている限り必要なものとして「自動車共済」や「自動車保険」という言葉を聞いたことがありますよね。 実際には「任意」で必要にな...
車に乗っているすべての人が必要とする「車保険」。 そんな車保険は様々な保険会社から提供されており、そして実に様々な補償内容を選択することが...

以上で自動車保険が更新できない場合にすべき行動の順序についての解説でしたが、いかがでしたか?

おそらく「まずは別の保険会社でいくつもの見積もりを作成し、検討してみよう」と思ったことでしょう。

そこで先程もご紹介した「自動車保険一括見積もり」について、次章にて詳しくご紹介していきます。

3.通販型の自動車保険で新規加入するなら「自動車保険一括見積もり」がオススメ!

前章までの解説をご覧になると、自動車保険が更新できない場合に「複数の保険会社で見積もり依頼をする方が賢そうだ」と思ったことでしょう。

そのため先程から何度も触れている自動車保険一括見積もりというサービスについて、気になっていますよね。

そこで本章では自動車保険一括見積もりというサービスについて、詳しくご紹介していきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、複数の保険会社に「保険契約ができそうか」を確認することができると言っても過言ではなく、同時に「今加入できる自動車保険の中で最もお得な保険会社」を探すことができるのです。

また申し込み方法についても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に完了させることができます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間で今の状況でも加入できる自動車保険を探すことができるサービス」「最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができるのです。

しかし「自分の個人情報を入力することは少しだけ不安」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に自動車保険一括見積もりが安心して利用できるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることが無いからです。

またサービスに登録している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはりあなたの個人情報を不正に使用することや、流出させてしまう可能性は極めて低いといえるのです。

さらに申し込み後の電話勧誘に関しては一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内が来るだけですから、あなたに迷惑がかかることはありません。

仮にキャンペーンの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから、安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは簡単にどこの保険会社に申し込みをすることができるか、そして最もお得な保険会社がどこなのかを知ることができるだけでなく、「安心して利用することができるサービス」ということができるのです。

申し込みは誰でもできるほど本当に簡単ですし、あなた自身が最もお得に加入できる保険会社を探すことができますから、ぜひ一度お試しくださいね。

意外な保険会社が自動車保険の申し込みを受けてくれ、少しでもお得な自動車保険に加入することができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上で自動車保険が更新できない場合の、ケースや行動手順に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外な理由で自動車保険の更新ができないということが分かった」「加入・更新ができる保険会社は意外と簡単に探すことができるかもしれない」と思ったことでしょう。

実際に自動車保険が更新できないと通知された場合はビックリしてしまうものですが、意外にもなんとかなるものです。

そのためあなたの感覚は間違っていませんから、安心してくださいね!

最後にまとめると

  • 自動車保険が更新できないケースは大きく分けると4つある
  • 自動車保険が更新できない場合には、3つの手順で次の保険会社を探す
  • 加入・更新ができる保険会社を探すには、自動車保険一括見積もりがオススメ

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりは、あなたが加入できる保険会社を最も効率的に探すことができるサービスですし、最もお得になることも可能なサービスですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示されて、お得かつ加入申し込みをすることができる保険会社を見つけ出す可能性がグンと上がること間違いなしですよ!

 この記事へのコメント

  1. […] 自動車保険が更新できない!考えられる4つのパターンと対処法あなたはこれまでに「ここの自動車保険で継続したい!更新したい!」と思ったことはありますか? おそらくそれほどまでに満足感を得て自動車保険の…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2017年の安い自動車保険ランキング決定版!シミュレーション結果も大公開

車の保険料ってどうやって計算しているの?自分で計算する方法はある?

車の保険は「本人のみ(本人限定)」が良いの?どれぐらいの割引率になる?

自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?

自動車保険の解約と新規契約の謎を徹底解剖!解約した後の新規契約は有効?