自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!

自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。

この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年に1度必要となるため、あなた自身もこれまでに何度か体験したことがあるでしょう。

仮に今回が初めての更新という場合であっても、何となく更新について「1年に1度、再度保険会社と契約をしなければならない」ということについては知っていますよね。

そんな自動車保険を更新する際に、あなたは「等級も新しく更新される」ということをご存知でしょうか?

何となく知ってはいるものの、なかなか具体的には知らずに「自分は次の契約でどのくらいの等級になるのだろう」と考えてはいませんか?

そのため

  • 自動車保険の更新をする際、等級はどのようになるのか仕組みが知りたい
  • 自動車保険を更新の際に保険会社が変わった場合、等級の引き継がれるのか知りたい
  • 自動車保険の更新をしたとき、家族間で等級の引き継ぎは可能なのか分からない

など自動車保険の更新をする際、等級に関して知りたいことや分からないことが非常に多いため、これらの悩みを解決した上で自動車保険の更新に臨みたいと思いますよね。

たしかに自動車保険に精通しているわけではないあなたにとって、これらの情報を知った上で自動車保険の更新をすることで自分の等級がどうなるのか、そして保険料が安くなるのか高くなるのか、色々な悩みを解消することができるため非常に重要な問題ですよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の更新の際に等級がどうなるのか、そして等級引き継ぎの仕組みなどについて詳しくご紹介していきましょう。

「自動車保険」と聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、内容は主に等級に関することになりますからそれほど難しく無く、非常に簡単で分かりやすく解説していきますから安心して最後までご覧になってくださいね。

読み終わる頃には「自分の等級は次の契約でこうなりそうだ」「等級以上にお得な自動車保険に加入するにはこの方法が良さそうだ」ということがよく分かりますよ!

1.自動車保険の等級が更新される仕組みはどうなっているの?

自動車の更新を考えたとき自分の等級がどのようになるか、あなたは正確に把握していますか?

おそらく今現状でどの程度等級が変化するのか、正確には分かったいないのではないでしょうか。

それもそのはず、自動車保険の更新をする際、通常契約(1年契約)をしている場合には主に2パターンの等級変化があるからです。

そこで主な変化のパターンとそれぞれの等級変化について、本章では詳しくご紹介していきましょう。

早速下記に2つのパターンを箇条書きしましたので、ご覧ください。

  1. 等級が上がるパターン
  2. 等級が下がってしまうパターン

これをご覧になると「当然だ!」と思ってしまうかもしれませんが、実はそれぞれに大きな特徴があり、非常に重要なポイントとなりますからしっかりと以下の解説をご覧くださいね。

等級が上がるパターン

自動車保険の更新をする際に等級が上がるには、基本的に2つの条件の内どちらかに該当する必要があります。

その条件とは下記の2点です。

  1. 1年間無事故(事故を起こしても自動車保険で補償を受けていない)であること
  2. 契約期間中の事故が「ノーカウント事故」であること

これら2点について、さらに分けて解説していきましょう。

1年間無事故(事故を起こしても自動車保険で補償を受けていない)であること

1年間無事故である場合には、必ず等級がひとつ上昇します。

そのためあなたが自動車保険の契約期間中に、自動車保険による補償を一切受けていないのであれば間違いなく1等級上昇すると覚えておきましょう。

しかし現在の等級が20等級である場合には、一部の自動車共済(協同組合による自動車保険のようなもの)を除いて、それ以上上昇することはありませんから、「20等級のままでそれ以上は上がらない」と覚えておきましょう。

契約期間中の事故が「ノーカウント事故」であること

契約期間中に事故を起こしてしまった場合でも「ノーカウント事故」と呼ばれる種類の事故である場合には、自動車保険の更新をした際に等級が一つ上がります。

しかしどのような事故が「ノーカウント事故」と計算されるのか分かりませんよね。

ここでいうノーカウント事故とは、

  • 原付バイクで事故をして、「ファミリーバイク特約」を使用した
  • 保険会社が介入できない事故で、「弁護士費用特約」のみを使用した
  • 「人身傷害」や「搭乗者傷害」の保険金のみが支払われた

という、本当に限られた条件のみとなります。

そのため契約期間中にこれらの条件に当てはまる事故を起こしてしまった場合には、ノーカウント、つまり保険会社が事故としてカウントしないため等級がひとつ上昇すると覚えておきましょう。

等級が下がってしまうパターン

等級が下がってしまうパターンでは、基本的に「事故を起こしてしまった」ということが関係しています。

つまり先程ご紹介した「ノーカウント事故」以外の事故を起こして、自動車保険による補償をされた場合には必ず更新の際に「等級が下がる」と覚えておきましょう。

また等級が下がってしまうパターンには

  • 1等級ダウン
  • 3等級ダウン

の2種類があり、それぞれ

  • 1等級ダウン…いたずらによる車の損傷や台風・洪水などによる「仕方のない事故」を起こしてしまった場合
  • 3等級ダウン…自損事故や物損、人身事故等の「一般的な事故」を起こしてしまった場合

という、簡単な見分け方があります。

もちろん保険会社によっては等級ダウンの条件が異なる場合もありますが、基本的に上記した条件によって「1等級ダウン」と「3等級ダウン」の判断がされると覚えておきましょう。

そしてそれぞれ等級がダウンしてしまった場合には、「事故有係数」という「等級ダウンによるペナルティ」のようなものが付帯され、更新後の保険料が大幅に高くなってしまいますので併せて覚えておく必要があります。

さらにペナルティを受ける期間は1等級ダウンであれば1年、3等級ダウンであれば3年となりますので、等級がダウンしてしまった場合には一定期間大幅な保険料アップになってしまうことを忘れないでくださいね。


以上が自動車保険の更新をする際の等級の仕組みについての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「等級が下がる条件については何となく知っていたものの、事故有係数というペナルティを受けるということは知らなかった」と思ったことでしょう。

そのため更新時の等級に関しては意外性を感じたかと思います。

とはいえ「更新する際に等級がダウンすることで保険料が高くなるのであれば、別の保険会社に乗り換えてみようかな」と思っていませんか?

たしかに保険会社ごとに年間保険料は大きく異なりますから、等級ダウンによる保険料の上昇を少しでも防ぐためには、別の保険会社への乗り換えを検討するべきといえるでしょう。

しかしひとつだけ問題がありますよね。

そう、それは「保険会社が変わった場合でも保険等級の引き継ぎをすることができるのかどうか」といった点です。

そこで次章では保険会社が変わった場合の等級について詳しく解説していきましょう。

2.保険会社が変わっても等級は引き継がれるの?

自動車保険を更新する際、等級が下がってしまった場合や通常通り等級が上がる場合であっても保険会社を変更することは「非常に賢い選択肢」といえます。

なぜなら自動車保険の更新をするタイミングであれば、年間保険料が安くなる可能性が非常に高くなるからです。

例えば下記の保険料比較表をご覧ください。

保険会社名 年間保険料(円) 差額
損保ジャパン日本興亜 127,840 57,240
チューリッヒ 70,600

保険料算出条件

  • 車種:エクストレイル(NT32型)
  • 車両保険:有り(一般型で保険会社のオススメプランを選択)
  • 初度登録:平成28年12月登録で試算
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償内容:各社のオススメプランを選択

ご覧になると分かるかと思いますが、この比較条件で5万円以上もの保険料差が出るため、結果的に「等級が下がった場合でも保険料が安くなる可能性は十分にある」ということができるのです。

しかしここで気になるのは「保険会社を乗り換えた場合でも、更新後の保険等級を引き継ぐことができるのか」という点ですよね。

その点に関して先に結論を述べておきますが、「保険等級を引き継ぐことは可能」といえます。

ただし1点注意が必要になりますので覚えておきましょう。

それは等級の引き継ぎをするためには原則として「現在契約している自動車保険の満了日から7日間以内である」ということです。

つまり保険契約の満了から7日間が過ぎてしまった場合には、保険等級がリセットされて6等級からスタートしてしまうと理解してください。

そう聞くと、事故などによって5等級以下になった場合に「それなら7日過ぎてから6等級で加入した方がお得」と考えてしまうかもしれませんが、5等級以下の場合には「現在の保険契約から13カ月が経過しなければ6等級で加入できない」というルールがありますので注意しましょう。

また別の保険会社へ等級の引き継ぎをするためには、前契約(更新前にしていた元々の契約)の証券番号が必要になります。

この証券番号は保険証券や更新の案内に記述してありますし、仮に無くなってしまった場合でも保険会社に問い合わせると教えてくれますから安心してくださいね。

そして証券番号を用意した上で次の保険会社に「乗り換えをします」と伝えると、スムーズに乗り換え作業が完了します。

車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、...

この説明をご覧になると「保険等級の引き継ぎは簡単で、お得な自動車保険に加入することができそうだ」ということが分かったかと思いますが、より深く考えてみると「等級って家族から引き継ぐことができたよね…?」と思いませんか?

たしかに家族の等級が自分よりも進んでいる場合で、等級を継承することができる場合にはそちらの方がお得になりますよね。

そこで次章では保険会社を変更する際に家族間での等級継承をすることができるのか、ご紹介していきましょう。

3.家族間で等級を引き継ぐことはできるの?

前章では保険会社を変更した際の等級引き継ぎに関する解説をしてきたため、「自動車保険の更新をするタイミングで保険会社を乗り換えることは、保険等級に関わらずお得になる可能性がある」と思いませんでしたか?

その考えは正しく、筆者自身も、そして筆者が担当してきたお客様も保険会社を乗り換えることで保険料がお得になってきました。

そのため現場感覚や実際の保険料を比較しても、大幅に保険料が安くなる可能性が高いということは本当のことです。

しかしできるだけお得になりたい場合には、家族間で等級を引き継ぐことが重要だと考えますよね。

そこで家族間での等級引き継ぎに関して結論を述べておきましょう。

実は自動車保険の更新をする際、「家族間で等級を引き継ぐことはできない」というのが現状です。

というのも家族間で等級を引き継ぐためにはある条件が必要なのです。

その条件とは、「家族間で等級を引き継ぐためには、車の増減が必要である」というもので、言い換えると「家族の誰かが新しく車を購入した場合、または家族の誰かが車を廃車(減車)した場合のみ可能」と覚えておきましょう。

つまり基本的に自動車保険の更新をする際には、家族間で等級を引き継ぐことはできないということになるのです。

以上、ここまで等級の引き継ぎに関して説明してきましたが、すべてを理解することはできましたか?

念のためまとめると、自動車保険の更新の際

  • 等級は契約期間の事故状況によって上がることも、下がることもある
  • 保険会社を変更することで等級に関係なく、保険料がお得になる可能性が高くなる
  • 保険会社を変更する場合には、今の等級を次の保険会社へ引き継ぐことができる
  • 自動車保険の更新のタイミングでは、家族間で等級を引き継ぐことはできない

ということになります。

自動車を持っている限り、毎年更新する自動車保険。 この自動車保険は、無事故を続けると毎年「等級が上がっていく」という話、聞いたことがある方...

以上を踏まえると自動車保険の等級がどのようになっているのか、分かったでしょう。

そして同時に「いつからその等級が反映されるの?」と思いますよね。

そこで次章では新しい等級がどのタイミングで反映されるのか、簡単に説明していきましょう。

4.新しい等級はいつから反映されるの?

前章までの説明で自動車保険の更新時の等級がどのように変化するのか分かったでしょう。

しかし実際に等級の引き継ぎが条件によってはできるということが分かったものの、新しい等級がどのタイミングで反映されるのか気になりますよね。

そこで本章では簡単に説明していきますが、更新をした後にどのタイミングで等級が反映されるのかご紹介していきましょう。

そのタイミングとは…ズバリ「新しい保険契約が開始する日」です。

実は自動車保険の更新とは簡単に説明すると「古い契約が完了して、新しく別の契約をすること」となります。

つまり具体例を挙げると、前契約が2017年10月20日~2018年10月20日までである場合、次の保険契約開始日は2018年10月20日~ということになるため、新しい等級がスタートする日も2018年10月20日~ということになるのです。

そのため新しい等級がスタートする日については簡単に「新しい保険契約がスタートする日と同日である」と覚えておきましょう。

以上の説明で自動車保険の等級に関しては、あなたはもう知らないことはないというぐらいのプロフェッショナルとなっているはずです。

そのため知りたいことは、「自動車保険を更新するタイミングで保険会社をどこにすればお得になるのか」ということだけでしょう。

そこで次章ではお得な保険会社の選び方について、詳しくご紹介していきます。

5.等級の更新がされるタイミングは、お得な保険料で自動車保険に加入するチャンス!

これまでの解説をご覧になると自動車保険の更新をする際に、保険会社を乗り換えるとお得になるということは何となく理解できているでしょう。

しかし実際にどこの保険会社に乗り換えるとよりお得になるのか、分かりませんよね。

そのため何社もの保険会社で保険見積もりを作成して、同条件ですべてを比較する必要があるということは分かるでしょう。

とはいえいくつもの保険見積もりを作成することと、すべての保険料を比較することに関しては「お得になるのは分かるものの面倒くさい」「手間がかかるのであればやめておこうかな」と思いませんか?

たしかにいくら保険見積もりをすぐに作成することができる筆者であっても、面倒くさいと思ってしまいますし、時間も多くかかってしまうため敬遠したい気持ちを持ってしまいます。

とはいえできるだけお得になりたいという気持ちは捨てきれませんよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

実はこのサービスを利用することで、確実に最短時間で、それほど手間をかけることなくお得な保険会社を探すことができるのです。

早速、下記に自動車保険一括見積もりについて詳しく述べていきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを複数社に依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、一気に複数社からの保険見積もりを比較することができるため、最もお得な保険会社がどこなのかをひと目で知ることができるのです。

また申し込み方法についても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行よりなど)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に申し込みを完了させることができるのです。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」ということができます。

とはいえ「自分の個人情報を入力することに対して不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスなのか、説明していきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができる」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報を不正に使用することはまずありません。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いについては細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性などは極めて低く、安心できるのです。

さらに申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内があるだけですから、あなたに迷惑がかかることはありません。

仮にキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから安心してくださいね。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することができるサービスということができるのです。

利用は本当に簡単ですし、あなたが自動車保険を更新するタイミングであれば確実にお得になる方法ともいえますから、ぜひ一度お試しくださいね。

意外な保険料が提示されて、等級に関わらずお得な保険料になること間違いなしですよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

6.まとめ

以上で自動車保険を更新する際の等級に関して、仕組みや引き継ぎについての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「自動車保険の等級は自分が思っているよりも複雑かもしれない」「しかしポイントさえ押さえておけば難しくなく、保険料をお得にすることも難しくなさそうだ」ということが分かったでしょう。

その感覚は間違っておらず、等級の上下や引き継ぎに関してはそれほど難しくなく、お得な保険料の自動車保険を探すことも難しくありませんから安心してくださいね。

最後にまとめると

  • 自動車保険を更新する際、等級は「事故の有無」によって前後する
  • 自動車保険の更新と同時に保険会社を乗り換える場合、等級は引き継ぐことができる
  • 自動車保険の更新をする場合、自動車保険一括見積もりを利用することで最もお得な自動車保険に乗り換えることができる

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては本当に重要で、最も簡単かつお得になる方法ですから、ぜひ一度ご利用くださいね。

あなたの等級が自動車保険の更新によって前後することはあるかもしれませんが、自動車保険一括見積もりを利用することで、確実にあなたの予想を超えた保険料が提示されるため、最もお得な条件で自動車保険に加入することができますよ!

 この記事へのコメント

  1. […] 自動車保険の等級はどうなる?車売却時の「等級保存」に関する裏技をプロが大公開!車の売却を考えた時にあなたは何について知りたいと思いますか? おそらく 今自分が乗っている車がどの程度の価格で売れるのか …車の保険.net 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net 車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、…車の保険.net […]

  2. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

  3. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

  4. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

  5. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

  6. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

  7. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net 車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、…車の保険.net […]

  8. […] 自動車保険の更新であなたの等級はこうなる!等級の仕組みを徹底解説!自動車保険に加入していると、必ず1度は体験する「自動車保険の更新」という作業。 この作業は通常の契約(1年契約)をしている場合には必ず1年…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新規は?乗り換えは?知っておきたい車保険の契約に必要なもの総まとめ

あなたの保険料は安くなる!車の保険料の平均は「月7,000円」

新車購入時の任意保険はこう選べ!自動車保険のプロが教える4つのポイント!

結局いくらにすればいいの?「人身傷害保険」の基礎知識と補償金額の決め方

車保険のプロが教える!20代でも安く加入できる車保険はこれに決まり

これさえ読めば「安心」と「お得」が両立できる!自動車保険おすすめプランの決定版