車保険の種類はいくつあるの?どれに加入すべきなのか徹底解説

車に乗っている多くの方は自賠責保険や任意保険など、「保険」という言葉をよく耳にします。

しかし保険そのものに対して「難しい」「面倒くさそう」などの理由から、あまり詳しく知ろうとはしませんよね。

私自身、保険代理店で働くまでは同じようなイメージを持っており、保険について知りたいとは思いませんでした。

とはいえ縁あって保険代理店で働くようになったとき、「保険について知っているということは、金銭的にも知識的にも得をする」と考えるようになったのです。

なぜなら保険の加入の仕方ひとつで数万円お得になることや、補償内容について知っていることで最低限の加入の仕方でも最高の補償内容になるからです。

ここまで聞くと、「少しだけ車の保険について知ってみようかな」という気になりませんか?

そこで今回は車の保険について基本中の基本である「自賠責保険」と「任意保険」の2種類、また車両保険や特約などについて詳しく解説するとともに、少しでもお得に保険加入をする方法をご紹介していきます。

  • 自賠責保険や任意保険についてあまり知らない
  • 充実の補償内容のままで、少しでも保険料を安くしたい
  • お得な保険会社を見つけたい

と考えているのであれば、この記事を読み終わるころには「保険ってこんなにも簡単なのか」「この方法であれば私も安く保険加入できそうだ」と思うことができますよ!

内容も簡単でスラスラと読み進めることができますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

1.車の保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類がある

最初に1つ質問があります。車の保険には大きく分けて2つの種類があることをご存知ですか?

答えは「自賠責保険」と「任意保険」です。

この記事をご覧になっているあなたには簡単すぎる質問だったかもしれませんね。

それでは2つ目の質問をしましょう。

車の保険である自賠責保険と任意保険に関して、それぞれの詳しい補償範囲や内容についてご存知ですか?

おそらく「それほど詳しくは知らない」と答えたかと思います。

そこで本章では、まず自賠責保険と任意保険の概要や、補償内容について詳しく解説していきましょう。

自賠責保険ってなに?

自賠責保険は車を公道で走らせるために必ず加入の必要がある保険です。

そのため現在ナンバーがついているすべての車は基本的に加入しており、その強制力の高さから「強制保険」と呼ばれることもあります。

しかしなぜ自賠責保険は強制加入なのでしょうか。

それは「被害者救済のために必要な最低限の保障」を確実に行うためです。

実は自賠責保険が補償する範囲は下記に箇条書きしたもので、

  •  傷害…被害者が事故によってケガをした際にかかった費用を、最大120万円まで補償
  • 後遺障害…被害者が事故によって受けた後遺障害に対して、最大4000万円まで補償
  • 死亡…被害者が事故によって死亡した際、最大3000万円まで補償

といったように、被害者が事故によって受けた損害を最低限ではありますが、損害賠償できるような保険になっているのです。

保険料は車の大きさや使用用途などによって異なりますが、24ヶ月の加入でおよそ16,000~28,000円程度となります。

もし加入しなければ車検を受けることもできませんし、公道を走行した場合には「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」といった罰則が適用されますので、「強制加入の自賠責保険には必ず加入しなければならない」と覚えておきましょう。

次に車の保険のもう片方である、任意保険について詳しく解説していきます。

任意保険ってなに?

任意保険は自賠責保険とは異なり、その名の通り「加入に関しての強制力はなく、あくまで任意に加入できる保険」のことをいいます。

そのため「任意であれば加入したくない」と考える方もいるのですが、実は任意保険には加入しておくべき大きな特徴があるのです。

自賠責保険の範囲を超えた部分に関しても補償することができる

という点です。

例えば自賠責保険では、事故の被害者が死亡した場合に最大3,000万円を補償すると述べましたが、2億円の賠償命令が出た場合は残りの1億7,000万円分をあなたのお金で賠償しなければなりません。

このようなケースの場合に、任意保険で「対人無制限」などの条件で契約していると、自賠責保険から超過してしまった部分についても賠償してくれます。

また自賠責保険では補償の範囲が被害者、つまり相手方だったのに対して、任意保険では「自分に対する補償」も受けられる場合があるのです。

例えば車外事故に関する補償を付帯させている場合には、あなたが車に乗っていないときに受けた事故に対する治療費などが一定額補償されます。

このように補償範囲は多岐にわたり、あなたの保険契約次第では「何が起こっても大丈夫」という状況を作り出すことも可能です。

そのため補償内容や補償の範囲についてはあなたの保険契約次第ではありますが、「自賠責保険では賄うことができない部分についても補償する」と覚えておくと良いでしょう。

また任意保険には様々な特約や種類がありますから、中でも特徴的なものを次にご紹介していきます。

任意保険には様々な種類がある?

任意保険には様々な特約や種類があります。

中でも知っておくべき下記4つに箇条書きしたものです。

  1. ロードサービス特約
  2. 弁護士費用特約
  3. 車両保険
  4. 一日保険

他にも様々なものがありますが、上記したものは「マイナーでありながら重要でオススメのもの」であるため、以下にて詳しく解説していきます。

ロードサービス特約

ロードサービス特約とは、車が動かなくなってしまった場合に提携している修理工場までレッカー車で運んでくれるサービス

この特約は保険会社ごとに「けん引可能な距離」などの条件は異なりますが、ほとんどの保険会社で付帯させることができます。

中には自動付帯させている保険会社もあり、万が一の際には心強いものとなります。

  • よく旅行に行く
  • 長距離の出張や輸送をする

などの方には必須ともいえる特約となっているといっても過言ではないでしょう。

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、事故が起きた場合の保険会社同士の話し合いが難航し、あなた自身が交渉をしなければならない場合に「弁護士に相談、交渉を依頼することができる」特約のこと

実は後ろから追突され、判例的に「100:0」だと保険会社が判断しても、追突した方がなかなか認めない場合があり、そのような場合には保険会社が交渉を続けることができなくなってしまうのです。

結果的にあなた自身が交渉をしなければならないのですが、法律上の専門家ではないため難しいですよね。

そこでもし弁護士費用特約を付帯させていれば、即座に弁護士に交渉を依頼しても、相談料や文書作成料などを保険会社が補償してくれるのです。

結果的に交渉が難航した場合であっても、弁護士費用特約を付帯させていれば簡単に無料で解決させることが可能になるのです。

また同居している家族の内ひとりでも弁護士費用特約を付帯させていれば、あなた自身も特約の対象となりますので、家族間で誰かが契約しているかを確認しておきましょう。

逆に家族全員が付帯させている場合は無駄な費用が発生していることになりますので、即座に抜いておくことをオススメします。

車両保険

車両保険とは、あなたの車に万が一の損害が起きた場合の修理費用などを補償してくれるもの

例えば車に傷や凹みが生じた場合に、その修理費用を契約金額に応じて補償してくれます。

しかし注意も必要で、車両保険は加入方法によって「一般型」と「車対車限定型」というものがあるのです。

一般型は基本的にどのような状況で被った損害に対しても補償されますが、車対車限定型については、「車以外との衝突や接触をしたものに関しては補償されない」という条件になります。

つまり「車対車限定型は相手の車がいない場合は基本的に補償されない」と思っておきましょう。

しかし車対車限定型を選択することで、保険料を大幅に抑えることができますから、その点は大きなメリットともいえます。

また車両保険は古い車で加入した場合に、補償限度額が20万円以下になる場合があります。

その場合にあなた自身が「この車は20万円で修理する価値が無い」と判断するのであれば、車両保険は付けるべきではないでしょう。

とはいえ車両保険を付けなければ心配な場合は、「免責金額」と呼ばれる「補償を受けるためにあなた自身が持ち出す金額」を設定することで保険料を安くすることも可能ですので安心してください。

以上のことを整理すると、車両保険は

  1. 入ることで万が一車両に損害がある場合は安心できる
  2. 車対車限定型にすると保険料はお得になる
  3. 免責金額を設定することでさらに保険料はお得になる
  4. 古い車であるのなら限度額を確認して「入る」「入らない」を判断する

ということになります。

もちろんあなたの車への愛着度や求める補償の充実度にもよりますが、頭に入れて置いた上で自分に最も合う条件で契約することをオススメします。

一日保険

一日保険とは、その名の通り「契約から一日限り有効な自動車保険」のこと

主に車を持っていない方や、車を持っていて任意保険に加入しているものの「他車運転特約」のように、自分が契約している車以外の車に乗るための保険に加入していない方が必要とする保険といえます。

そのため

  • 一日だけレンタカーや友人の車を借りたい
  • 親の保険では自分の事故は補償されない

といった方にオススメの保険でしょう。

補償内容としては「対人対物」はもちろんのこと、「車両保険」などをつけることもできるため、通常の保険契約と同様に充実の補償を受けることもできますので安心してくださいね。

車保険1日については、下記記事に詳しく解説しています。

突発的に自分以外の人の車を運転する機会って意外に多くありませんか? 例えば、電車で帰省した際に実家の車を使わせてもらったり、友人と車で旅行...

ここまでの解説で、なんとなく「任意保険に入った方が安心できそうだ」と思いませんでしたか?

万が一の際には必ず役に立ちますので、私は元営業マンとして必ず入るべきだと結論付けています。

しかし「任意保険は高い」というイメージがあるため、できれば入りたくないと思ってしまいますよね。

そこで任意保険に安く加入できる保険会社について、次章にてご紹介していきましょう。

2.任意保険は「代理店型」と「通販型」どっちで入るとお得になるの?

車の保険には自賠責保険と任意保険があることは分かったかと思います。

また任意保険には代理店型と通販型があり、入っておくべきだということも同時に理解したでしょう。

そして「できれば入りたくない」「入るのであれば少しでも安くしたい」と自然に思ってしまう任意保険では、本当に安く保険加入することはできるのでしょうか。

下記に代理店型と通販型の保険の比較表を載せておきましたので、まずはこちらをご覧ください。

 保険型 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

この比較表をご覧になって、どちらが高くてどちらが安いか分かりましたか?

そうです。一般的に代理店型の方が高く、通販型の方が安いのです。

それでは以下にてそれぞれの保険料がなぜ高いのか、また安いのかについて解説していきましょう。

代理店型の車の保険は高い?

代理店型の車の保険は高いです。

保険料はお得意様割り引きがあるわけではないため、基本的には「高い」という現実を受け入れるほかありません。

しかし一体なぜ代理店型では保険料が高いのでしょうか。

それは代理店型の業務体制が理由となっています。

代理店型の保険は基本的に「店舗で担当者と面談をしながら」保険契約を進めていきます。

そのために必要なのは

  • 店舗をもっていること
  • 各お客様に対応するスタッフを揃えておくこと

になるのです。

結果的に代理店型の保険では、店舗維持費と人件費が多くなってしまい、結果的にコスト増の影響を保険料が賄っているのです。

そのため代理店型で保険加入をすると「非常に高い」という印象を受けてしまうのです。

一方、通販型の保険は本当に安いのでしょうか。

通販型の車の保険は安い?

結論から述べますと、通販型の保険は「非常に安い」です。

それは代理店型の保険と比較すると年間で2~5万円程度安く、安く保険加入するにはうってつけといえるでしょう。

しかし一体なぜそれほどまでに安く任意保険に加入することができるのでしょうか。

それは下記に箇条書きしたように、代理店型とは異なる運営方法をしているからです。

  • 基本的に店舗を持たずインターネット上で営業している
  • そのためサービスを提供するサイトと、サポートのための人員のみで運営できる

これらは代理店型とは180度異なる運営方法であり、結果的にコストを最小限に抑えることで保険料を安くしているといえます。

とはいえインターネットを利用して自分の力で契約をするということに関して、不安な気持ちがあるかもしれませんね。

しかしはじめからオススメの補償内容が提示されることや、サポート体制も充実していることなどを加味すると、それほど大きな問題ではありません。

以上のことから、インターネットを利用して通販型の保険に加入することは「意外にも簡単で、非常に安く保険契約できる」と結論付けることができるのです。

ここまでの解説で「通販型で保険加入をするとお得」ということは分かったかと思いますが、実際に加入を検討しようと思った際には「どこの保険会社に依頼しよう」という疑問が湧くでしょう。

たしかに保険会社の数は非常に多いため、なかなか決め切れませんよね。

そこで私がオススメしたいのは「自動車保険一括見積もりサービス」です。

自動車保険一括見積もりサービスについては次章にて詳しく解説しますので、ぜひご覧になってくださいね。

3.通販型の保険に入るなら「自動車保険一括見積もりサービス」がオススメ

通販型の保険に入ることで安く任意保険に加入できるということは分かったでしょう。

しかし通販型の保険会社は本当に数が多いため、どこの保険会社を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときに役立つのが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

果たして自動車保険一括見積もりサービスとは、一体何なのでしょうか。

自動車保険一括見積もりサービスってなに?

自動車保険一括見積もりサービスは、インターネット上であなたの車や保険に関する基本的な情報を入力するだけで、簡単に複数の保険会社から見積もりを受けることができるサービス

そのため「どの保険会社に依頼すればいいのか分からず迷ってしまう」という方は、一気に見積もり依頼をして各社を比較することができるため、保険会社選びには最適な手段となっています。

利用方法は次に解説していきましょう。

利用方法は?本当に安い通販型に加入できるの?

利用方法は非常にシンプルで、あなたの車やあなたが求める補償内容などを入力するだけです。

その後登録している保険会社が見積もりの結果を提示しますので、あとはじっくりと比較するだけなのです。

またそれぞれの見積もりを比較して、最も安い保険会社と保険契約をすることもできますので、「手軽に、簡単に、早く、最も安い保険会社を探す方法」といっても過言ではありません。

申し込みにかかる時間は5分もあれば完了しますので、ぜひ一度利用することをオススメします。

本当に簡単で誰でもできる方法ですから、あなたが満足することは間違いありませんよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

]

4.まとめ

以上で車の保険の種類と、お得に任意保険に加入する方法についての解説を終了します。

実際にご覧になっていかがでしたか?

おそらく「難しそうなイメージはやわらいだ」「自分で行動することで安くなることが分かった」と思ったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 任意保険は「任意加入」だが、必ず入っておくべき
  • 安く任意保険に入るのであれば「通販型」がオススメ
  • 保険会社選びは「自動車保険一括見積もりサービス」を利用すると簡単

ということを覚えておけば、確実に満足のいく保険契約をすることができます。

ぜひ一度、自動車保険一括見積もりサービスを利用して、保険料の安さにビックリしてくださいね。

利用も簡単ですし、あなたの予想を裏切る結果を得ることができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これさえ見ればOK!結婚後の車保険で知っておくべき3つのポイント

意外と重要?車の保険でよく聞く「ロードサービス」とは何?料金は?

車の保険は「任意」と「自賠責」!2つの違いとお得な保険の加入方法

これを見れば大丈夫!車保険で節約できる全9の方法【チェックリスト付】

車保険の自動更新は待った!お得な保険なのかを確認する4つのチェック

軽から普通車に乗り換える人は必見!自動車保険を見直すべき3つの理由