車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件

車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。

そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、保険料割引が大きくなるため年間保険料が安くなっていく」という基本的な知識をあなたは知っていることでしょう。

しかし実際には等級による保険料割引は緩やかに上昇するのみであるため、今の等級を維持したままできるだけ保険料を安くする方法について、様々な方法を模索しているのではないでしょうか。

たしかにあなたや筆者だけに限らず、この世の中で車保険に加入しているすべての人にとって「保険料を安くしたい」ということは、永遠のテーマともいえますよね。

とはいえ等級を維持したまま、お得な車保険に乗り換えるには

  • 次に契約する車保険で、今加入している車保険の等級を引き継ぐことはできるの?
  • 車保険の等級が引き継げない条件って何かあるの?
  • 引き継ぎができるのであれば、本当にお得になる車保険の選び方が知りたい!

など、色々と考えてしまうため、なかなか具体的に行動することができないかと思います。

そこで今回は元車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、車保険の等級を引き継ぐ仕組みや引き継ぎをすることでどれだけ保険料がお得になるのか、詳しくご紹介していきましょう。

車保険についての内容になるため「難しそう」と感じるかもしれませんが、等級の引き継ぎに関しての解説になりますから、分かりやすく簡単に説明していきますので安心してくださいね。

読み終わる頃には「車保険の等級の引き継ぎって意外と難しくなく、重要だということが分かった」「車保険の等級を引き継いだ上で最もお得になるには、こうすればいいのか!」と思うこと間違いなしですよ!

INDEX

1.車保険の等級引き継ぎって何?どういう仕組みなの?

車保険に加入していると、いつかやってくる「保険会社の乗り換え」という作業。

必ずやってくるというわけではありませんが、保険料や顧客対応などのサービスについて少しでも納得できない部分があると、「そろそろこの保険会社から乗り換えようかな…」と考えてしまうでしょう。

実際に筆者が担当していたお客様も「お宅の代理店と言うよりも、保険会社に納得がいかないんだよね…」といった理由から、乗り換えを検討している方もいました。

そのため筆者としても心当たりはありますし、保険代理店を退職してからは他社の車保険への乗り換えと等級の引き継ぎをしていましたから、その気持ちはよく分かります。

しかし保険会社の乗り換えや等級の引き継ぎといった作業は、人生の中でそれほど経験することはありませんから、少しだけ不安になってしまいますよね。

そこで本章では車保険の等級引き継ぎの仕組みに関する解説や、等級の引き継ぎができない場合についての解説をしていきましょう。

等級を引き継ぐ仕組みはどうなっているの?なぜ等級の引き継ぎができるの?

車保険の等級を引き継ぐことについて、「なぜできるのか」「どういう仕組みなのか」と気になったことはありませんか?

もちろん引き継げるという事実には「素直にありがたい」と思うことが当たり前かもしれませんが、等級引き継ぎの仕組みについては気になることもありますよね。

そこでここでは等級引き継ぎの仕組みについて説明していきましょう。

実は車保険を提供している保険会社は基本的にどの保険会社とも「顧客の等級に関するデータを共有している」という現状があります。

保険会社を乗り換えるとき、保険会社は「この顧客が前契約でどの程度の等級であり、当社の車保険に加入するときもこの保険等級を継承させることで前契約と同程度の待遇をすることができる」と判断をしてくれる

そのため保険等級の引き継ぎに関しては、基本的に「保険会社間で等級に関する情報の共有をしているため、前契約と同程度の待遇、つまり等級を維持することができる」と覚えておくと分かりやすいでしょう。

しかし実際には「等級を引き継ぐことができない」といった場合もあります。

その際には諦めるほかない場合がほとんどなのですが、あなたが等級引き継ぎをすることができないといったケースを回避するためにも、次に詳しく「等級が引き継げないケース」について詳しくご紹介していきましょう。

引き継ぎができないときもある?それはどんなとき?

実は車保険を乗り換える場合に、等級の引き継ぎができないという場合があります。

あなたがいざ車保険の乗り換えをしようと思った場合に、「等級の引き継ぎができない」ということが分かった時には後の祭りになってしまいますよね。

そこで等級の引き継ぎができないケースについて、下記に箇条書きしておきましたのでご覧ください。

  • 保険満了日から7日が過ぎて保険会社の乗り換えをした場合
  • 各種自動車共済などから別の「車保険」に乗り換えをした場合
  • 違法改造車や危険運転の危険性がある場合

それぞれのケースについて以下に解説していきます。

保険満了日から7日が過ぎて保険会社の乗り換えをした場合

車保険の等級が各保険会社で共有されていることが多いということについては先程説明したためご存知かと思いますが、実は車保険の等級を引き継ぐ場合には「前契約の満了日から7日以内に新しい保険契約をする必要がある」という条件があります。

そのため仮にあなたが加入している車保険が、満了日から7日を過ぎてから別の保険会社へ乗り換えをする場合には、保険等級の引継ぎができなくなってしまうのです。

「旅行に行ってから別の保険会社へ乗り換える」というケースも考えられるかもしれませんが、その場合には手続き上「今の車保険を解約して、その後時間を空けてから別の保険会社で新規契約をする」ということになりますから、「中断証明書」という保険等級を保存できる制度を活用して等級の引き継ぎができるようにしておくことをオススメします。

各種自動車共済などから別の「車保険」に乗り換えをした場合

あなたは車保険と同じような役割を持つ「自動車共済」というものをご存知ですか?

自動車共済を簡単に説明すると「農協や漁協など、各種挙動組合が提供している車保険のこと」なのですが、実はこれらの自動車共済から保険会社が提供している車保険に乗り換える場合には保険等級の引き継ぎができない場合があるのです。

なぜなら保険会社と各種協同組合では、車保険や自動車共済を提供する目的が異なるため、保険商品としても「全く別のもの」と考えられているからです。

そのため現状ではJA(農協)や全労災が提供している国内でもメジャーな自動車共済からの乗り換えをする場合は「引き継げる可能性が高い」または「引き継ぎを受け入れてくれる保険会社もある」ということになるのですが、教職員共済などに加入している方が車保険に乗り換える場合には、「残念ながら保険等級の引き継ぎはできない」と断られてしまうことがほとんどだと覚えておきましょう。

違法改造車や危険運転の危険性がある場合

車保険の等級が引き継げない…というよりもこのケースでは「そもそも保険契約をさせてもらえない」となってしまいます。

なぜなら保険会社は「通常の車で通常の運転をした場合に起こる統計的な事故率」を基に保険料の計算をしていますから、これらの「違法かつ事故率が極めて高くなってしまう車両」で保険契約をされてしまうと「保険会社が損をする可能性が非常に高くなる」といえるからです。

つまり保険会社としては保険等級の引き継ぎを拒否するだけでなく、そもそも保険契約自体を拒否する要件となってしまいます。

あなたの車には当てはまらないかと思いますが、ひとつの知識として覚えておいてくださいね。


以上が車保険の等級を引き継ぐことができないケースに関する説明でしたが、「乗り換えの際は気をつけておかなければ、等級の引き継ぎができなくなってしまうかもしれない」と思ったことでしょう。

その感覚は正しくて、それほど難しくない等級の引き継ぎも、一部注意しておかなければならない部分もあるのです。

そのため十分に気を付けた上で、等級の引き継ぎ及び車保険の乗り換えをしなければならないと覚えておきましょう。

しかし「等級が引き継げないケースについては分かったけど、等級の引き継ぎができるのはどんなケースなの?」と思いましたよね。

そこで次章では、等級の引き継ぎができるケースについても詳しくご紹介していきましょう。

2.引き継ぎができる場合の条件はコレだ!逆をつけば上手くいく!

前章の解説では車保険の等級の引き継ぎに関して、等級引き継ぎの仕組みや引き継ぎができない条件について詳しくご紹介してきました。

しかし「実際のところ、等級の引き継ぎができる条件について教えてほしい!」と思ってしまいますよね。

そこで本章では車保険の等級を引き継ぐことができる条件について、ご紹介していきましょう。

早速、先程と同様に車保険の等級引き継ぎができるケースについて、下記に箇条書きしておきましたのでご覧ください。

  • 前契約の満了日から7日以内に、新しい車保険への乗り換え手続きをする
  • 確実に等級の引き継ぎができる保険会社(または共同組合)で、車保険の乗り換えをする
  • 違法改造や危険運転をしていないこと

ご覧になると「あれ?これってもしかして…」と思いませんでしたか?

そうです、実は等級の引き継ぎができるケースは先程ご紹介した条件とは逆の性質を持っているのです。

とはいえここでの注意点や特徴についてもしっかりと述べていきますので、以下の説明をご覧になってくださいね。

前契約の満了日から7日以内に、新しい車保険への乗り換え手続きをする

先程の説明をご覧になると7日以内に新しい車保険への乗り換えをしなければ、等級の引き継ぎができないということは分かったかと思います。

そのためこのルールに関しては必ず守る必要があると覚えておきましょう。

また7日以内とはいうものの、保険会社は「○日以内の乗り換えで、最大1万円割引」といったような割引キャンペーンをしている場合があります。

そのため「早め早めで行動しておくことで、確実に等級の引き継ぎをすることができ、さらにお得な割引に該当する可能性が高くなる」と覚えておきましょう。

確実に等級の引き継ぎができる保険会社(または共同組合)で、車保険の乗り換えをする

先程の説明をご覧になって「保険会社と共同組合では、保険等級の引き継ぎに関して互換性が無い場合が多い」と思ったことでしょう。

そこで保険会社の車保険と共同組合の自動車共済の互換性について、下記にて簡単に○×で表しましたのでご覧ください。

  • 【○】保険会社Aから保険会社Bへ乗り換える…○
  • 【○】保険会社AからJA(または全労災)の自動車共済へ乗り換える…○(ただし受け入れられない場合もある)
  • 【○】JA(または全労災)の自動車共済から保険会社Aへ乗り換える…○(ただし受け入れられない場合もある)
  • 【×】保険会社Aからその他自動車共済へ乗り換える…×
  • 【△】自動車共済Aから自動車共済Bへ乗り換える…△(協同組合の受け入れ態勢による)
  • 【×】自動車共済Aから保険会社Aへ乗り換える…×

これらはあくまで保険業界における一般論となりますが、簡単に

  • 保険会社→保険会社は○
  • メジャーな自動車共済→保険会社は○
  • その他自動車共済→保険会社は×
  • 自動車共済→自動車共済は△

と覚えておくと分かりやすいですよ!

違法改造や危険運転をしていないこと

この条件についてはもうお分かりかと思いますが、絶対にしないでください。

なぜならそもそもの保険契約自体ができないことはもちろん、仮に保険契約や等級の引き継ぎができた場合であっても「万が一の事故を起こしてしまった場合に、免責事項(契約を白紙にする要件のこと)によって補償されない」という状態になりかねないからです。

そのため保険等級の引き継ぎや、保険契約に関しては最も無縁になってしまうと覚えておきましょう。


以上が車保険の等級を引き継ぐために必要な、3つの条件についての説明でしたが、「素直に納得できた」と思ったのではないでしょうか。

実際に筆者が担当してきたお客様の中に「等級の引き継ぎができなかった」という方はいませんでしたが、一歩間違えてしまうと大変なことになってしまいますから、車保険を乗り換える場合には必ず保険等級の引き継ぎをしておくことをオススメします。

とはいえ「ここまで聞くと保険等級の引き継ぎは面倒くさそうだし、手間を考えるとかえって損かもしれない」と考えてしまいませんか?

そこで次章では、本当に等級の引き継ぎをすべきなのか、それとも損をすることはそれほどないため引き継ぎはしなくても大丈夫なのか、解説していきましょう。

3.等級の引き継ぎはした方が良い?面倒くさくないの?

前章までの解説をご覧になると、「等級の引き継ぎのためには注意点がいくつもあるため面倒くさそうだ」と思ってしまったかもしれません。

しかし結論を先に述べておくと、保険等級の引き継ぎは「必ずすべき」といえます。

その理由は、下記の比較表をご覧になると一目瞭然でしょう。

等級 年間保険料(円) 6等級との保険料差(円)
6 110,770 0
10 70,790 39,980
15 60,610 50,160
20 49,000 61,770

保険料算出条件

  • 事故有:0
  • 運転者:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 居住地域:愛知県
  • 免許証の色:ゴールド
  • 使用用途:通勤通学片道10km未満
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • その他補償:チューリッヒのオススメプランを選択

この結果はひとつの保険会社の保険見積もりを異なる保険等級で比較したものですが、最大で6万円以上もの差額が出ることが分かるでしょう。

もちろん注意すべき点は多いということは「面倒くさい」と感じる大きな要因にもなりますが、この結果をご覧になると「それでも等級の引き継ぎは必ずすべきだ」と思ったでしょう。

そして今ご紹介した結果はあくまで「ひとつの保険会社で、等級による違いを比較した結果」ですから、実際には「等級による違いだけでなく、乗り換え先の車保険の年間保険料との差も考えるべき」といえるのです。

なぜなら保険会社ごとの年間保険料は、同じ保障内容であったとしても大きく異なる場合があるからです。

そのため基本的に保険会社を乗り換えるという選択は正しく、年間保険料をしっかりと抑えることができると覚えておきましょう。


とはいえいくつもの保険会社で保険見積もりを作成し、保険料の比較をすることは「それこそ面倒くさい作業だ」と思ってしまいますよね。

そこで次章では「面倒くさい」から解放され、さらに最もお得な保険料を引き出す方法として「車保険一括見積もり」について、詳しく解説していきましょう。

当ページの中で最も重要な解説になりますので、ぜひこのまま引き続きご覧になってくださいね。

4.等級の引き継ぎをする際は「車保険一括見積もり」を利用して保険料をお得にしよう

これまでの解説をご覧になると、車保険の等級を引き継ぐことがいかに重要なのか分かったかと思います。

そのため「等級の引き継ぎはきちんとして、損をすることは防ぐべきだ」と思ったことでしょう。

また車保険の乗り換えは本当にお得になる方法ではありますが、同時に「等級の引き継ぎよりも、お得な車保険を探す方が面倒くさそうだ」と思いましたよね。

たしかに、車保険の見積もりをササっと作成できる筆者であっても、何社もの保険見積もりを作成し、保険料を比較することは非常に面倒くさく時間のかかる作業になってしまいます。

とはいえお得になるのであればしなければならないと思ってしまうのは筆者だけではないでしょう。

そこでオススメのサービスが「車保険一括見積もり」というサービスです。

なぜならこのサービスを利用するだけでいくつもの保険会社に保険見積もりを依頼することができ、さらに最もお得な車保険を一気に探すことができるかです。

本章ではそんな車保険一括見積もりについて詳しくご紹介していきますから、引き続きご覧くださいね。

車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを複数の保険会社に依頼することができます。

そのためあなたは一度の申し込みをするだけで、複数の保険会社からの保険見積もりを得ることができ、さらに一気に保険料を比較することができるのです。

また申し込み方法は非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に申し込みを完了させることができます。

以上のことから車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な車保険を探し出すことができるサービス」ということができるのです。

しかし実際にお得になるということが分かったとしても、「自分の個人情報を入力することに対して不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話がかかってきそうで嫌だ」と思いますよね。

そこで次に、車保険一括見積もりが安心して利用することができるサービスなのか、述べていきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、車保険一括見積もりは「安心して利用することができるサービス」といえます。

なぜなら当サイトでご紹介している車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることはないからです。

また車保険一括見積もりに登録している保険会社に関しても同様で、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいのです。

さらに申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによるお得なプレゼントキャンペーンなどの案内が配信されるだけですから、あなたに迷惑がかかることはありません。

仮にキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることはできますから安心してくださいね。

以上のことから車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な車保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することができるサービスだということができるのです。

申し込みは誰でもできるほど簡単ですし、本当にお得になる車保険を見つけるにはもってこいのサービスですから、ぜひ一度お試しくださいね。

車保険の等級引き継ぎをしながら、あなたの求めている車保険を探すことができますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年11月16日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上で車保険の等級引き継ぎに関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「車保険の等級が引き継ぎできるということは知っていたものの、様々な条件があるということは知らなかった」「保険会社を乗り換えて保険等級を引き継ぐことで、確実にお得になるということが分かった」と思ったことでしょう。

その考えは正しくて、あなたが車保険の等級を引き継ぎ、さらにお得な車保険に加入することで「損を防ぐどころかお得になることができる」といえるのです。

最後にまとめると

  • 車保険の等級は、3つの条件を満たしていれば引き継ぎをすることができる
  • 車保険を乗り換える場合、等級を引き継がないと「大きな損」をしてしまう
  • 車保険を乗り換える際は「車保険一括見積もり」を利用することで最もお得になることができる

ということになります。

特に最後にご紹介した車保険一括見積もりに関しては、本当に誰もがお得になることができ簡単に申し込みをすることができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料を提示され、満足のいく車保険に加入することができるとともに、保険等級の引き継ぎも上手くいくこと間違いなしですよ!

 この記事へのコメント

  1. […] 車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、…車の保険.net 自動車保険の等級はどうなる?車売却時の「等級保存」に関する裏技をプロが大公開!車の売却を考えた時にあなたは何について知りたいと思いますか? おそらく 今自分が乗っている車がどの程度の価格で売れるのか …車の保険.net […]

  2. […] 自動車保険の等級はどうなる?車売却時の「等級保存」に関する裏技をプロが大公開!車の売却を考えた時にあなたは何について知りたいと思いますか? おそらく 今自分が乗っている車がどの程度の価格で売れるのか …車の保険.net 車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、…車の保険.net […]

  3. […] 車保険の等級引き継ぎはどうすればいいの?等級引き継ぎの仕組みと条件車に乗っている多くの人が加入している車保険は、必ず「等級」という制度があります。 そのため「車保険の更新をして等級が上がっていくにつれて、…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

任意保険のシュミレーションってどうすればいいの?オススメサイトはある?

コンビニで加入できる自動車保険は何がある?イマドキの自動車保険事情

車の保険を乗り換えるときの注意点と連絡手順の完全ガイド

自動車保険の名義変更に必要な書類は?6つの条件別の手続き方法と注意点

車保険の加入するために必要な日数はどれぐらい?

これを見れば一目瞭然!車保険のネットとディーラーの違いを徹底解説