車保険の自動更新は待った!お得な保険なのかを確認する4つのチェック

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

自動車保険に加入している方の多くは1年または長期契約であっても「更新」をした経験がありますよね。

おそらくあなた自身も経験したことがあるでしょう。

しかし実際に自動車保険の更新をする際は、面倒くさい気がしてなかなか進められませんよね。

そのため「自動更新に切り替えようかな」と思ってしまうこともあるでしょう。

  • 自分が加入している自動車保険は自動更新に対応しているのか
  • そもそも自動更新って何なのか
  • 更新の機会にもっとお得に保険加入することはできないのか

など、自動車保険に関して様々な悩みを持っているかと思います。

そこで今回はあなたの自動車保険の自動更新やお得に保険加入する方法について、元自動車保険営業マンである筆者が詳しく解説していきましょう。

内容は非常に簡単になっていますから、気楽に最後まで読み進めてくださいね。

またこの記事を読み終わる頃には、「自動車保険の更新ってこうすればいいのか!」と新たな気付きが得られますよ!

1.自動車保険って自動で更新されるの

多くの人が面倒くさいと感じてしまう自動車保険の更新。

あなた自身も「面倒くさいから、できればそのまま継続しておいてほしい」、つまり「自動更新をしてほしい」と思ったことがあるでしょう。

しかし自動車保険の「自動更新」については何となく聞いたことがあるものの、実際に利用したことはありませんよね。

そこで本章では自動車保険の自動更新について、詳しく解説していきます。

自動更新はオススメできるのか、もしくはオススメできないのか、あなたに合わせた答えが見つかりますよ!

自動車保険の更新の仕組み

自動車保険は1年または2~7年程度の長期契約が満了を迎えた際に、更新の手続きをすることが必要となります。

そして更新には

  1. 手動更新
  2. 自動更新

の2種類があるのです。

手動更新の場合はあなたが「面倒くさい」と感じてしまう原因となる「自分で更新の手続きをする」という行為が必要となり、自動更新ではあなた自身の前契約に基づいた補償内容のまま自動で更新がされます。

そのため自動更新の場合は「更新手続きを忘れる心配が無くて安心できる」と思ってしまうでしょう。

しかし実は手動更新を忘れてしまった場合であっても、万が一の際に「被害者を救済するため」に自動継続特約というものが付帯している場合がほとんどで、更新忘れをしてしまってから1ヶ月程度は有効になりますので安心してくださいね。

とはいえここまでの説明をご覧になった限りでは「手動と自動、どちらが良いのか」と思ってしまいますよね。

そこで次にどちらがオススメなのかを解説していきます。

自動更新はオススメ?

先に結論を述べておきますが、筆者としては自動更新をオススメすることはできません。

なぜなら自動更新をしてしまうと、あまり自分が契約している自動車保険の補償内容を把握することが無く、見直すことも無くなるため結果的に損をしてしまう可能性があるから

逆に手動更新の場合は、自分自身で一度は補償内容を確認する機会を設けることができますので、保険料をお得にすることも可能になります。

しかし「絶対に自動更新はオススメできない」というわけでもなく、実際には自動更新を選択するべき人がいることも事実です。

そのため、それぞれ

  • 手動更新がオススメな人…少しでもお得になりたい、自分の補償内容を年に一度は確認しておきたいと思っている人
  • 自動更新がオススメな人…補償内容に関してはバッチリ把握している人、手動での更新を忘れる可能性が高い人

であると覚えておきましょう。

とはいえ再度述べておきますが、やはり自動更新はオススメではありません。

なぜなら年や保険会社によって保険料はもちろん、あなたに必要となる補償内容も異なるからです。

そのため次章にて、まずは「保険会社ごとの保険料の違い」を解説していきますから、ご覧ください。

2.保険会社ごとに保険料は違うの?

自動車保険の更新をする際は保険会社によって保険料が異なるため、比較をすると前契約の半額程度になることがあります。

しかし日本国内に数多くある保険会社を比較するには、あまりにも多すぎるためすべてを比較することは現実的ではありませんよね。

そこで保険会社を「代理店型」と「通販型」の2種類に分けて考えていきましょう。

下記にそれぞれの比較表を載せておきましたのでご覧ください。

保険の型 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

この比較表をご覧になると代理店型の自動車保険よりも通販型の自動車保険の方が安いことが分かるでしょう。

実は代理店型の保険会社は、店舗を構えて従業員による直接的な営業活動を行っているため、高コストとなり保険料が高くなっています。

ちなみに筆者は代理店型の自動車保険営業マンをしていました。

対して通販型は基本的にインターネットや電話などで契約をするため、低コストとなり保険料が安くなるのです。

結果的に通販型で自動車保険に加入をすることで、代理店型に比べて保険料が半額以下になることも珍しくなく、あなたが驚きを隠せないほどに安くなることが一般的なのです。

また対応や加入方法に関して「自分でやるのは不安」と思うかもしれませんが、実際にはサポート体制が万全であることがほとんどですので、あなたにとってベストな選択をすることが可能になります。


以上のことから、自動車保険を更新する際は「良い機会」だと思って、保険会社を正しく選択することがオススメです。

もし現在、あなたが通販型に入っているのであれば次章にご紹介する「補償内容の確認」をすることで保険料を安くすることが可能になりますよ!

3.補償内容による保険料の違い

あなたは自分が加入している自動車保険の補償内容をきちんと把握していますか?

おそらく「対人・対物の補償限度額」や「契約自動車を運転して良い人の範囲」、「等級」程度しか知らないでしょう。

しかしどこかで「前と一緒でも大丈夫でしょ」と、半ば諦めのような気持ちを持っていますよね。

実は自動車保険を更新する際は、そう考えているともったいないのです。

補償内容をしっかりと確認して、最適な条件に見直すことで最大で数万円以上もお得になる可能性がありますよ!

詳しくは引き続き解説していきますので、ご覧ください。

補償内容を見直すとお得になる

補償内容を見直すことでなぜお得になるのかご存知ですか?

それは「補償内容を最適化することによって、無駄な補償を省いて余分なコストを削減できるから」です。

とはいえ見直した結果、必要な補償が増えた為「保険料が上がってしまった」ということもあり得るでしょう。

しかし必要な補償に加入しておらず、万が一事故を起こしてしまった場合を考えてください。

あなたは実費で補償しなければなりかねず、何千万円の賠償をしなければならない可能性も発生するのです。

大げさな表現かもしれませんが結果的にあなたに損をさせることにはなりませんから、保険料が上がったとしても必ず補償内容の見直しは実施しましょう。

見直すべき補償内容に関しては、次に説明していきます。

見直すべき補償内容一覧

あなたの自動車保険の補償内容を変更しようと思った場合に、すべての項目をチェックすると何万通りにも及んでしまうため、すべてをご紹介することは現実的に不可能です。

そこで見直すべき補償内容の内、「これだけは絶対に確認しよう!」というものを下記に箇条書きしましたのでご覧ください。

  1. 車両保険
  2. 運転者の範囲
  3. 主な使用用途
  4. 補償被り

それぞれの詳細は、簡単に以下にて解説していきましょう。

※本記事では保険料算出の条件の基本を下記としており、内容に応じて都度条件を変更しています。

保険料算出条件

  • 車種:ホンダ ステップワゴン(RP3型)
  • 初度登録:平成28年12月
  • 等級:20等級、事故有0
  • 車両保険:一般型
  • 運転者の範囲:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上補償
  • 免許証の色:ゴールド
  • 車の使用用途:通勤・通学使用
  • 年間走行距離:5,000~10,000km

車両保険

車両保険は補償内容を見直すべき項目の中で最も重要といえるものです。

実はあなたの自動車保険では、車両保険の有無によって保険料に大きな差が生まれてしまうということをご存知ですか?

まずは下記の画像をご覧ください。

車両保険金額比較

車両保険金額比較

ご覧いただいた保険料は、車両保険以外を同条件にしたもので、それぞれ左から

  • プラン1 → 一般条件
  • プラン2 →  車対車限定型
  • プラン3 →  車両保険なし

という並びになっています。

一般条件とは「自分の車の損害に対しては補償される」という一般的な車両保険のことで、車対車限定型は「車と車が事故にあった場合のみ補償される(つまり単独事故は補償されない)」という、補償される条件が限定されるものになるのです。

その結果、それぞれの保険料差として最大3万円以上の差額が発生し、半額以下になることが分かります。

もちろん車種などの条件によって保険料は変化するため一概には言えないのですが、基本的には車両保険の条件を変更するだけで大幅に保険料を安くできると理解しておきましょう。

あなた自動車保険に加入していますか? 車に乗っているのであれば、おそらく加入していることでしょう。 しかし自動車保険の保険料は高くて...
車に乗っている人のほとんど全てが加入している自動車保険に、あなたも加入していますか? おそらくあなた自身、車に乗る可能性が少しでもある場合...

運転者の範囲

自動車保険では運転者の範囲について決定することで、保険料を安く抑えることができます。

そして範囲としては一般的に

  1. 限定なし
  2. 家族限定
  3. 本人・夫婦限定

の3種類から選ぶことができるのです。

それでは先程ご覧いただいた画像のように、運転者の範囲を変えて保険料を見ていきましょう。

運転者限定料金比較

運転者限定料金比較

こちらも左から「限定なし」「家族限定」「本人・夫婦限定」の順に並んでいますが、それぞれ範囲が狭まるごとに保険料が安くなっていることが分かります。

今回のケースでは最大で約5,000円の差額となっていますが、補償内容によっては1万円以上の価格差となる場合もあるのです。

また保険会社の定める「家族」の範囲は、「同居の親族と、別居の未婚の子」となっていますから、該当する範囲の内、あなたの車に乗る可能性がある方に合わせて保険契約をしましょう。

車に乗っている限り逃れることのできないお金はいくつかあり、「車検代」や「自動車税」などが挙げられます。 それらはすべて「維持費」として考え...

主な使用用途

使用用途とは「あなたが契約自動車を、主にどのような用途で使用するか」によって保険料が決定される、重要なポイントです。

そして使用用途は、基本的に

  1. 日常・レジャー使用
  2. 通勤・通学使用
  3. 業務使用

の3種類に分かれています。

そしてそれぞれ順に下記のような保険料になっているのです。

使用目的(日常レジャー)

使用目的(日常レジャー)

使用目的(通勤通学)

使用目的(通勤通学)

使用目的(業務使用)

使用目的(業務使用)

ご覧になってよく分かるかと思いますが、日常・レジャー使用と業務使用の保険料を比較すると、約15,000円の差額があることが分かったでしょう。

そのためそれぞれの使用用途に関して、「月に15日以上使用する用途」に該当するものを選択しましょう。

実際に「実はたまに通勤に車を使うけど、基本は電車通勤」という方が、通勤・通学使用にしている場合もありますので、注意が必要だと覚えておいてくださいね。

あなたが車の保険を契約していて事故を起こした場合、保険会社は保険契約にもとづいて損害賠償を補償してくれます。 しかし場合によっては補償され...

補償被り

補償被りとは「家族の車で1台でも付帯させていれば、他の車にも適用される補償」のこと

つまり「1台に付帯させていれば良いものを、他の車にも付帯させている状態」のことをいうと覚えておきましょう。

そんな補償被りは、主に下記4点に注意しておきましょう。

  1. 弁護士費用
  2. 人身傷害
  3. 自転車事故補償特約
  4. ファミリーバイク特約

実はそれぞれ大きく保険料アップされることはなく数千円程度になりますが、家族で3~4台の車を保有しており、すべてが補償被りの対象になっている場合は簡単に「数万円の無駄」を生んでしまいます。

そのため必ず上記した4点については、チェックしておくことをオススメします。

以上、自動車保険更新時に見直しておくべき補償内容でした。

実際に今ご紹介したいくつかのポイントを見直すことで、必ずお得になることができますから、実施してくださいね。

また最後にご紹介する「自動車保険一括見積もり」を利用することで、さらにお得になりますから引き続きご覧くださいね。

4.もっとお得になりたいのであれば一括見積もりがオススメ!

あなたは自動車保険一括見積もりというサービスをご存知ですか?

自動車保険一括見積もりとは、インターネット上で複数の保険会社に一括して保険見積もりを依頼することができるサービスのこと

また申し込みは、あなたの車に関する情報や補償内容を簡単に入力するだけですので、すべての保険会社に同条件の見積もり依頼をすることができるのです。

結果的に一度の入力で、最もお得な保険会社を探すことができるサービスということができます。

また申し込みにかかる時間は早い人で3分、遅い人でも10分あれば十分完了しますから、まさに「最短時間で最もお得な保険会社を見つけられる」といえるのです。

本当にお得で、必ずあなたの満足のいく保険契約をすることができますので、ぜひ一度お試しくださいね!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

5.まとめ

以上、自動車保険の更新とお得になる方法についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

「補償内容は必ず見直すべき」ということや「必ずお得になる」という感覚がよく分かったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 自動更新よりも、補償内容を見直すために手動更新がオススメ
  • 補償内容を見直すことでお得になる
  • 自動車保険一括見積もりを利用することでさらにお得になる

ということを覚えておけば、必ずあなたの自動車保険更新は上手くいきます。

特に補償内容の見直しは、更新時にしておくことで更新後の1年間を安心して過ごすことができますから、必ず実施しておきましょう。

また自動車保険一括見積もりに関しても、保険料を安くするためには非常に有効な方法ですので、併せてご利用くださいね。

必ず満足のいく保険契約ができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

代理店で加入する自動車保険はなぜ保険料が高い?仕組みや特徴を徹底解説!

選び方はたった3ステップ!賢くお得に自動車保険会社を見つけよう!

事故によって等級はいくつ下がる?自動車保険の等級について徹底解説!

自動車保険に年間12万円って高い?高くなる理由や安くする方法をご紹介!

車の保険料ってどうやって計算しているの?自分で計算する方法はある?

自動車保険の更新って免許の色は関係ある?ゴールド免許だと安くなる?