車の保険見積もりで一番簡単にお得にする方法は?

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車の保険に対してあなたはどんなイメージを持っていますか?

おそらく「難しそう」というイメージが非常に強いかと思います。

そのため保険加入する前には、保険見積もりを依頼したいと考えるでしょう。

しかし実際に保険見積もりを取る段階になって、またしても「難しそう」「面倒くさそう」というイメージが出てしまうんですよね…。

  • 簡単に保険見積もりが出てくる保険会社を教えてほしい
  • お得な保険契約ができる保険会社を知りたい
  • 簡単に見積もりが出て、お得に保険契約をしたい

など、少しでも簡単に少しでもお得に保険加入をしたいと思うものです。

そこで今回は、「簡単に」「お得な」という2つのキーワードに絞って、車の保険加入について解説していきます。

難しそうで面倒くさいというイメージを持っているあなたには、目から鱗の情報満載ですよ!

内容も非常にシンプルで分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

1.車の保険って見積もりを依頼するのは簡単なの?

車の保険に加入する前に「価格を知りたい」と思う方は多くいます。

そのため保険加入する前には何通りもの保険見積もりを検討して、加入先の保険会社や補償内容を決定するでしょう。

しかしこの「保険見積もりを取る」ということについて「面倒くさい」と感じる方は非常に多く、あまりじっくりと考えずに保険契約をしてしまう方がいるのです。

その結果…万が一の際に補償されなかったり、年間保険料を数万円損をしていることもあるのです。

そのため確実に数社から保険見積もりを取るべきといえるでしょう。

といっても、ある程度はシミュレーションすることが可能です。

下記記事で説明しております。

車の運転をする上で欠かせないものはいくつもありますが、中でも「必須」といえるものは数えるほどしかありません。 そんな車の運転をする上で必須...
車に乗っているとどうしても必要になる車検代や整備費用、そして各種税金といった「車の維持費」は、あなたの生活費を圧迫していませんか? そして...

そこで本章では、まず保険会社の種類と保険見積もりの依頼方法についてご紹介していきます。

車の保険会社には「代理店型」と「通販型」がある

車の保険会社には大きく分けて2種類あるということをご存知ですか?

その2種類とは「代理店型」と「通販型」を指します。

そしてそれぞれの保険会社では業態が異なるため、保険見積もりの依頼方法が異なるのです。

次にそれぞれの保険見積もりの依頼方法を、順に詳しく解説していきます。

代理店型で保険見積もりを依頼する方法

まずは「代理店型」の保険会社から保険見積もりを依頼する方法を解説していきましょう。

代理店型の保険会社とは簡単に説明すると「店舗=代理店を持って接客した上で保険契約をしてもらうタイプ」のこと

そのため基本的には代理店に出向くか、もしくは担当営業マンに訪問してもらうことで保険契約をします。

そのため「実際に担当者と会うことで保険契約ができる=担当者に合わなければ保険見積もりを出してもらうことができない」ということになるのです。

結果的に保険見積もりを出してもらうためには

  1. 店舗に出向いて希望する「補償内容」などの説明をして、見積もり依頼をする
  2. 店舗で個別に見積もり作成をした後、保険見積もりが出てくる
  3. 出てきた見積もりと補償内容を変えて、再見積もりをしてもらう
  4. 1~3を数回繰り返した後、最も条件が合う保険内容で契約をする

といった流れが必要になります。

実際には担当者との話の中で何度も確認しなければならないことや、自分の意思が100%反映された保険見積もりが出てくることはあまりなく、時間にして1~2時間程度かかってしまうことも珍しくありません。

しかし保険を専門に扱っている担当者は補償などの知識は豊富ですので、「時間がかかってしまうが、補償内容などに関しては詳しく教えてもらうことができる」と覚えておきましょう。

突然ですがそこのあなた! 自動車保険って年間保険料が非常に高いと思いませんか? 特に「車の維持費」という観点で見ると、車検代や整備費...

通販型で保険見積もりを依頼する方法

一方「通販型」の保険会社に保険見積もりを依頼することに関して先に結論を述べておきますと、「非常に楽で簡単」といえます。

通販型の保険会社は代理店型とは異なり、基本的に「店舗を持たずにインターネット上で見積もり依頼や契約をする」という特徴がある

そのため保険見積もりを出すための流れは

  1. 自分の求める補償内容を先に入れておく
  2. その場ですぐ見積もり結果を見ることができる
  3. 見積もり結果を見て変更したい箇所のみを即座に修正→再見積もり
  4. いくつかのパターンを自分で試して最も合うもので契約

という流れになるのです。

結果的に見積もりが出てくるのを待つ時間が非常に少なく済むため、即座に見積もりを確認することができるようになるのです。

とはいえ自分で補償内容を確認することを「難しい」と感じる人は少なくないと思います。

その場合は通販型の強みであるオススメプランから、少しずつ補償内容を変更していくことで簡単に対応することができますし、補償内容についての解説も、見積もり作成画面で簡単に詳しく解説されていますから安心してくださいね。

ここまでの解説で、「代理店型」と「通販型」それぞれの見積もり依頼方法について理解できたかと思います。

そこで次に保険代理店で営業マンをしていた私が、保険見積もりを出すためにオススメの保険会社がどちらなのか、ご紹介していきましょう。

【結論】お手軽で早く見積りが出るのは通販型

先に結論を述べておきますが、私が保険見積もりを出す上でオススメするのは「通販型」です。

なぜなら通販型では「お手軽で楽に」保険見積もりを出すことができるからです。

また補償内容に関しても専門家と話さずに、簡単に自分の求める補償内容で車の保険を契約をすることができることもオススメする理由のひとつといえるでしょう。

しかし車の保険は「依頼が簡単」というだけで選ぶものではありません。

もちろん簡単に依頼できることも重要な要素のひとつではありますが、基本的には「少しでも保険料を安くできる」という要素や「あなたが最も安心して車に乗れる」という要素こそ、最も重要な部分なのです。

そして最も安心して乗れるような補償はあなた自身の選び方にかかっていますが、少しでも保険料を安くする方法については保険会社の選び方を知る必要があります。

そこで次章ではお得に車の保険に入る方法について、詳しく解説していきましょう。

2.お得に車の保険に入るにはどうすればいいの?

車の保険をお得に入るためには、まずは先程ご紹介した「代理店型」と「通販型」それぞれの保険料について知る必要があります。

代理店型と通販型それぞれの保険料は一体どのようになっているのでしょうか。

代理店型の保険料は高い?

結論として、代理店型の保険料は基本的に「高い」場合が多いです。

その理由は先程もご紹介したように、代理店型では店舗を持ち、さらに担当スタッフを複数人抱えて運営しているからです。

つまり「運営コスト」が非常に多くかかるため、保険料が高くなってしまうといえます。

もちろん担当者による補償内容等の解説もありますから「専門家に直接依頼するために保険料が高くなる」と覚えておくと分かりやすいかもしれませんね。

車を持つ前、免許証を取得するためにあなたが自動車教習所へ通っていた頃に「車に乗るときは任意保険には必ず加入すべき」と言われたことはありませんか?...

通販型の保険料は安い?

通販型の保険料は基本的に「安い」です。

なぜなら代理店型とは異なり基本的に店舗を持たずインターネット上で運営しているため、店舗運営にかかるコスト分が保険料からカットされているからです。

結果的に代理店型と比較すると、年間で2~5万円程度安くなる場合が多く、保険料を少しでも安くしたい方にはオススメといえます。

しかし代理店型の最大のメリットである「担当者に直接補償内容を相談できる」ということはなく、あくまで自分自身の責任によって補償内容などを決めなければならないということを覚えておきましょう。

自動車保険にこれから加入しようと思っている、または今加入している自動車保険を違う保険会社に乗り換えることを検討しているそこのあなた! 「な...

ここまで双方の保険料についてご紹介してきましたが、元保険代理店営業マンである私がオススメするのはどちらでしょうか。

次にどちらがオススメかご紹介していきますね。

安い通販型の方がオススメ?

私の個人的な意見としては「通販型」の車の保険の方がオススメです。

なぜなら単純に「安い」からです。

しかし補償内容などを自分自身の責任で決めることに対して、あまり良い印象を受けませんし「面倒くさい」と感じてしまいますよね。

たしかに代理店型で保険契約をすれば担当者がひとつひとつ教えてくれます。

しかしその担当者が「実は保険に関しての素人だった」という場合、イメージとは異なる補償内容で車の保険に加入している可能性があるのです。

実は保険代理店に勤める方の中には、「保険契約に詳しくない人」というのが一定数います。

実際に私が勤めていた保険代理店では営業マン12人中4人が「ほとんど保険について知らない素人」でした。

そのためお客様のイメージする保険契約とは異なる保険契約をしていたという問題も発生していたのです。

結果的にお客様自身も自分の保険について、ある程度自分の責任で保険契約をしなければ、万が一の際には誰も責任を取ってくれないのです。


以上のことから、結局のところ自分の責任で保険契約をするのであれば、少しでも保険料の安い通販型で車の保険には加入するべきといえるでしょう。

特に「信頼できない他人に自分の万が一の際を任せられない」という方は、通販型で車の保険に加入することがオススメですよ!

とはいえ車の保険に加入できる保険会社は無数にあるため、どの保険会社を選べばいいのか分かりませんよね。

そこで次章ではお得な保険会社を簡単に見つけることができる「自動車保険一括見積もりサービス」について詳しく解説していきます。

3.お得な保険会社を探すなら「自動車保険一括見積もりサービス」を利用する

代理店型よりも通販型の方がオススメということは分かったかと思いますが、通販型の中でもよりお得な保険会社を見つけるためには「自動車保険一括見積もりサービス」の利用をオススメします。

しかし自動車保険一括見積もりサービスとは何なのでしょうか。

詳細は次に解説していきますので、ご覧くださいね。

自動車保険一括見積もりサービスってなに?

自動車保険一括見積もりサービスとは、インターネット上で複数の保険会社に一括して見積もり依頼ができるサービス

そのため「どこの保険会社がいいのかな」と複数の保険会社に個別に見積もり依頼をする手間が省け、結果的に一気に複数の保険会社の比較をすることができるのです。

利用方法などについては次をご覧ください。

利用方法は?本当にお得な保険会社を探せるの?

利用方法は非常に簡単で、自動車保険一括見積もりサービスのページにて、あなたの車に関する情報や補償内容に関する情報など、車の保険に必要である基本的な情報を入力するだけで申し込みは完了します。

また手元に車検証や現在加入している保険の保険証券等が無くても、大まかな内容である程度の保険料を知ることができますので安心してくださいね。

そして申し込みが完了するまでの時間は5分あれば十分ですから、あなたの時間を大幅に割くことはありません。

申し込みが完了したら、最後は出てきた見積もりを比較して「お得な保険料」の保険会社を探すだけです。

結果的に、5分であなたにとって最もお得になる保険会社を見つけることができるため、最短時間で最もお得な保険会社を見つけることのできる、最高のサービスということができるでしょう。

本当に誰でも簡単に利用できるサービスですので、ぜひ一度利用してお得になってくださいね。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年12月5日時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

]

4.まとめ

以上で車の保険見積もりに関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

あなたの予想よりも簡単で「意外と保険見積もりって、難しくないかも」と思ったのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 「代理店型」に比べて「通販型」の方が保険見積もりを手軽に依頼できる
  • 「代理店型」よりも保険料が安い「通販型」の方がオススメ
  • 「自動車保険一括見積もりサービス」を利用することで、簡単にお得な保険会社が探せる

ということを覚えておくことで、簡単に保険見積もりを依頼することができ、最もお得な保険会社を簡単に探すことができるようになります。

特に自動車保険一括見積もりサービスに関しては、誰でも利用可能な上、ビックリするほどお得に保険加入することができますので、オススメですよ

ぜひ一度利用して、お得になることで必ず満足できますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの保険料は安くなる!車の保険料の平均は「月7,000円」

2台目を自動車保険を加入!等級はどうなる?気になる保険料は?

車保険を更新しないという選択肢はOK?更新しないための手続き方法全ガイド!

自動車保険の等級を夫婦間で引継ぎ?「等級引継ぎ節約術」を徹底検証

自動車保険のプロが解説!損保ジャパンの3つの特徴とリアル評判まとめ

代理店で加入する自動車保険はなぜ保険料が高い?仕組みや特徴を徹底解説!