自動車保険

1日(当日)だけ契約できる自動車保険の「落とし穴」と「正しい選び方」

突発的に自分以外の人の車を運転する機会って意外に多くありませんか?

例えば、電車で帰省した際に実家の車を使わせてもらったり、友人と車で旅行にでかけて途中で交代したり、そんなとき、自分が自動車保険の補償対象外と知りながら「ちょっとの運転だから大丈夫だよね?」と気軽な気持ちで運転してしまっている方も多いのではないでしょうか。

確かに、「一時的な運転のために自動車保険の契約内容(補償対象者)を変更してもらうのは気が引ける」という気持ちもわかりますし、せっかく楽しい旅行やドライブで、保険うんぬんと言って水を差したくないですね。

でも、一時的な運転でも事故は事故!当然、事故をしてしまえば損害賠償が待っています!

そこでオススメなのが、24時間単位で加入できる超短期型の「一日自動車保険」です!

今回は、この「一日自動車保険」にスポットを当てて、保険の概要や各社の特徴、加入方法までを徹底的にご紹介します。

実は、一日自動車保険のベストは「三井住友海上の1DAY保険」だと筆者は断言します!

もちろん筆者の場合は…ですが。

その理由もちゃんとご説明しますので、お楽しみに!

※この記事は1日のみ加入する車保険について説明しています。もし当日(即日)加入できる車保険をお探しの方は下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
車の保険を当日加入したい!オススメの保険会社と必要な書類一式最近、車を購入された方の中に、「納車日までに自動車保険に入らなきゃと思っていたら、あっという間に納車日が来てしまった…!」「納車日まで時...

※1日自動車保険は、暫定の自動車保険です。通常のお得な自動車保険をお探しの方は、下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2018決定版】使って分かった!自動車保険一括見積もりのオススメ自動車保険って「一度加入したら、車を買い替えない限りずっとそのまま同じ保険会社と契約」って人、まだまだ多いですよね。 確かに、大手...

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

保険スクエアbang!公式サイト

1.一日自動車保険に絶対入るべき理由

その日限り車を借りて運転する際に、

  • 一日くらい自動車保険に入っていなくても大丈夫!
  • 自賠責保険に入ってるなら大丈夫

と気軽な気持ちで他人の車を運転している方は、相当危険です!怖すぎます!

なぜなら、自動車事故の賠償金は、自賠責保険ではまかない切れない(ことが多い)から。

自賠責保険では賠償金を賄うことが難しいからこそ、任意保険(自動車保険)が存在しているのです。

そもそも自賠責保険、そして任意保険(一般的に言う自動車保険)がどういったものかご存知でしょうか。

自賠責保険とは

  • 自動車所有者には加入が義務付けられている保険
  • 事故被害者に対してのみ支払われる保険
  • 自賠責の保険金には限度額が設定されている
    • 傷害の場合、被害者1人につき120万円まで
    • 死亡の場合は1人につき3,000万円まで
    • 後遺障害による損害は1人につき4,000万円まで

任意保険とは

  • 自賠責保険では賄えきれない賠償金を賄うための保険
  • 保険料に応じて金額が異なる
  • プランによっては事故被害者だけでなく、自分自身や同乗者、車両の復旧に対しても適用される
あわせて読みたい
車保険の種類はいくつあるの?どれに加入すべきなのか徹底解説車に乗っている多くの方は自賠責保険や任意保険など、「保険」という言葉をよく耳にします。 しかし保険そのものに対して「難しい」「面倒...

自賠責保険の限度額を見ると、うーん…やっぱり少し心もとない感じはしますよね。

実際に、平成23年に3億7千万円を超える事故被害者への賠償命令が名古屋地方裁判所によって下されたこともあるのです。

もし、運よく死亡事故や後遺障害の残る大規模事故でなく、事故被害者のケガの賠償金を自賠責保険で賄えたとしても、相手の自動車の修理や自分の運転していた自動車の修理、そして自分自身や同乗者のケガの治療など、すべてを自分自身で負担しなければいけません。

その総額は少なくとも500万円に達するケースが多く、気軽な行動が一瞬にして人生をどん底に落とします。

ここまでご説明すれば、なぜ任意保険(自動車保険)なしで運転するのは怖すぎるのか、なぜ、「今日だけ運転したい」というときにも任意保険(自動車保険)は絶対入っておくべきか、ご理解いただけたでしょうか?

損害保険料率算出機構によって2017年3月に発行された「自動車保険の概況」では87.9%が任意保険に加入していると発表

では次は、そんな今日だけ運転の欠かせない「一日自動車保険」の基礎知識をご紹介します。

2.一日自動車保険の基礎知識

「一日自動車保険」とは、「1DAY保険(三井住友海上)」のように各社ともわかりやすい保険名を付けているので、イメージが付きやすいかもしれませんが、一日限りで加入できる自動車保険のことです。

対人・対物の補償が無制限という点は、年間契約の通常の自動車保険(任意保険)と原則同じ。

自損障害や搭乗者傷害も補償、ロードサービスも充実。車両保険もオプション加入できるなど、各社とも「一日」という短さに似つかわしくない充実の補償内容となっています。

一日自動車保険っていくらで入れるの?

どの保険会社も「ワンコイン500円」の契約プランをベーシックプランとしています。

そこに車両保険や手荷物保険など、各社の特徴的なオプションを加えることができますが、高くても2,000円以内で加入することができます。

具体的なプランと金額については、「一日自動車保険を比べてみよう!」にてご紹介します。

年間契約の自動車保険と何が違うの?

一日自動車保険は「自分の所有車を対象にできない」という点が一番大きな違いです。

一般的な年間契約の自動車保険を個人で契約する場合、普通は自分(や配偶者)名義の車を保険対象とします。

ですが、一日自動車保険は、「他人の車を借りるときに限定して加入する保険」と明確に定義しているため、自分の車は対象になりません。

また、一日自動車保険には「等級」という概念がありません。

等級とは、事故歴に応じて保険料の割引・割増を決めるための制度ですが、一日で契約満了となる一日自動車保険には等級という概念がなく、無事故を何度続けても保険料は同じです。

あわせて読みたい
自動車保険でたまに聞く「ノンフリート」等級とは?真相について徹底解説自動車保険では様々な専門用語がつかわれています。 そのためあなた自身、「何がなんだかよく分からない…」と思っていませんか? ...

1日自動車保険はこんなシーンでオススメ

  • 帰省中、親の車を借りたいが、保険対象者が親のみとなっている
    • 一日自動車保険があれば、親の保険を変えてもらうことなく、安心して借りられる!
  • 友人と車で旅行中、長距離運転のため、代わってあげたいが、保険対象者が友人本人のみとなっている
    • 一日自動車保険があれば、他の友人と交代で運転できる!
  • 引越しのため、親戚に軽トラックを借りたいが、保険対象外になっている
    • 一日自動車保険があれば、レンタカーを借りるより断然お得!
  • 自動車保険の更新のとき、年に数えるくらいしか車を使わない子どものために高い保険に入っている
    • 一日自動車保険があれば、被保険対象年齢を上げて保険料をお得に!

それ以外の方は、通常の自動車保険がオススメです。

お得な自動車保険を探す方法とオススメプランについて下記記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2018決定版】使って分かった!自動車保険一括見積もりのオススメ自動車保険って「一度加入したら、車を買い替えない限りずっとそのまま同じ保険会社と契約」って人、まだまだ多いですよね。 確かに、大手...
あわせて読みたい
これさえ読めば「安心」と「お得」が両立できる!自動車保険おすすめプランの決定版毎年更新される自動車保険、できるだけ安く抑えたいなと思いつつも、加入したときのままのプランを毎年継続してしまったり、代理店担当者に勧めら...

車両保険は付けられるの?

早速、下記に車両保険の付帯可否についてまとめた比較表を載せておきますから、ご覧になってください。

保険の名称 ちょい乗り保険 1DAY保険 ワンデーサポーター
加入できる保険会社名 東京海上日動 三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保
車両保険

国内では大手保険会社3社から1日自動車保険は提供されているのですが、ご覧になると分かる通り「すべての1日自動車保険で車両保険をつけることができる」ということが分かったかと思います。

実際のところ、加入するプランによっては車両保険が付けられないこともあるのですが、「どの1日自動車保険であっても車両保険をつけることは可能である」と覚えておきましょう。

車両保険は付けるべき?

1日自動車保険に加入した場合には、車の状態と相談してから加入すべきです。

なぜなら、例えば1日自動車保険に加入予定の車が「15~20年近く経過した個体」である場合に、仮に全損扱いになった場合でも「車両の価値分のみ補償される」ということになり、最大でも15万円程度しか補償されないという場合もあるからです。

つまり少しだけ難しい話になってしまいますが、減価償却(法律によって決められた価値の決め方)によって価値が少なくなり、補償される金額自体も低くなってしまうと思ってください。

そのため加入予定の車が古い場合には、車両保険を付ける必要は「あまりない」といえると覚えておきましょう。

とはいえ加入予定の車が新しい場合やレンタカーを借りて運転する場合などは、確実に修理をしなければならないため、車両保険は「付けるべき」と覚えておきましょう。

3.一日自動車保険の選び方

では、いざ加入しようと思ったときに、どの一日自動車保険を選べばいいのか、オススメはどれなのか、迷ってしまいそうですよね。

各社の特徴を見比べて、一日自動車保険を選ぶポイントをご紹介します。

一日自動車保険の種類は3つ

現在販売されている一日自動車保険はこの3つ。

  1. 東京海上日動「ちょいのり保険
  2. 三井住友海上「1DAY保険
  3. あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター

※ドコモの「ワンタイム保険」の中身やローソンや楽天、パーク24で加入できる一日自動車保険も、東京海上日動の「ちょいのり保険」なので、ここでは割愛します。

2012年1月に発売された「ちょいのり保険」に追随する形で、2015年9月に登場した「1DAY保険」と「ワンデーサポーター」。

やはり老舗だけあって、2018年8月時点では、「ちょいのり保険」が300万件、「1DAY保険」と、累計契約数では「ちょいのり保険」が圧勝のようですが、保険内容、サービス内容はほぼ横並び。

それでも、比較してみると各社の特徴が見えてきます。次は、各社の一日自動車保険を具体的に比較してみましょう。

一日自動車保険を比べてみよう!

「ちょいのり保険」、「1DAY保険」、「ワンデーサポーター」の3つの一日自動車保険を比べてみましょう。

 項目 ちょいのり保険 1DAY保険 ワンデーサポーター
東京海上日動 三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保
補償期間 24時間 24時間 24時間
保険料 A:500円、B:1,500円、C:1,800円 A:500円、B:1,500円、C:1,800円 A:500円、B:1,500円
基本補償 対人賠償保険
対物賠償保険
対物超過修理費用保険
自損傷害保険
搭乗者傷害保険
ロードサービス
車両復旧費用保険 〇(B、Cのみ) 〇(B、Cのみ) 〇(Bのみ)
車内手荷物等特約 × 〇(Cのみ) ×
弁護士費用特約 〇(Cのみ) × ×
加入方法 スマートフォンからの申込 docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank
ガラケーからの申込 docomo、au、SoftBank × ×
コンビニでの申込 × セブンイレブン ×
被保険者の追加 250円/3名 480円/名 480円/名

東京海上日動「ちょいのり保険」の特徴

  • ガラケーからも申込可能
  • 指定被保険者の追加が一番安い、みんなで乗るならお得
  • 弁護士特約で被害者になったときの賠償請求が安心

三井住友海上「1DAY保険」の特徴

  • セブンイレブンから申し込み可能、格安SIMスマホユーザーも加入できる
  • 手荷物補償でゴルフや旅行に最適

あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」の特徴

  • 特になし

いかがですか?ちなみに筆者はdocomo、au、softbankの3大キャリア以外の格安SIMスマホユーザーなので、三井住友海上の「1DAY保険」一択です!セブンイレブンのレジでそのまま支払えるのも、手軽で良いですね!

オススメの一日自動車保険

次は、利用シーンやユーザーの特徴別にオススメの一日自動車保険をご紹介。

特徴が見えてくると、どんなシーンで、どんな人は、どの一日自動車保険を選べばいいかも見えてきますね。

複数人でのドライブ、交代で運転するなら「ちょいのり保険」

指定被保険者の追加が250円/3名と一番安い、東京海上日動「ちょいのり保険」

ちょいのり保険はコチラ

ゴルフクラブなど、高価なものを乗せるなら「1DAY保険」

手荷物補償の三井住友海上「1DAY保険」

1DAY保険はコチラ

スマホを持っていない方は「ちょいのり保険」

ガラケーでも加入申込ができる、東京海上日動「ちょいのり保険」

ちょいのり保険はコチラ

格安SIMスマホを使っている方は「1DAY保険」

セブンイレブンから加入申込ができる、三井住友海上「1DAY保険」

1DAY保険はコチラ

気が弱く、被害者になったときの賠償請求が不安な方は「ちょいのり保険」

弁護士特約のある、東京海上日動「ちょいのり保険」

ちょいのり保険はコチラ

4.いざというとき迷わない、一日自動車保険の入り方

加入したい一日自動車保険が決まったら、いよいよ契約!

実際に、よく使われるスマホとコンビニでの手続きをそれぞれ見ていきましょう。

スマホでの加入方法

スマホでの加入はもちろん365日24時間申し込みが可能。

ここでは、東京海上日動の「ちょいのり保険」にdocomoのスマホから加入する例をご紹介します。

※コンビニで手続きすると決めている方は読み飛ばしてもらって構いません。「4-2.コンビニでの加入方法」をご覧ください。
※Wi-Fiやテザリング接続時は利用できないので、ご注意ください。

ステップは大きく分けてこの2つ。

  1. 運転者ご本人(記名被保険者)情報の事前登録
  2. 利用申込み

まずは、①運転者ご本人(記名被保険者)情報の事前登録の流れです。

  1. Webサイトの事前登録QRコードにアクセス
  2. 空メールを送信
  3. 事前登録URLが記載されたメールを受信
  4. メール本文のURLをクリック
  5. 本人確認情報を入力
  6. 完了

詳しくは東京海上日動「ちょいのり保険」のWebサイトをご確認ください。

次に②利用申し込みです。

  1. 本人確認
  2. 加入者情報・運転者情報の入力
  3. 保険期間の入力
  4. 借りるお車の登録
  5. 重要事項の確認
  6. 申込内容の確認
  7. 完了

詳しくは東京海上日動「ちょいのり保険」のWebサイトをご確認ください。

コンビニでの加入方法

コンビニでの加入も年中無休のコンビニなら365日24時間いつでも申し込みが可能。

ここでは、三井住友海上の「1DAY保険」にセブンイレブンで加入する例をご紹介します。

ステップはこの3つ。

  1. Webサイトから事前予約
  2. マルチコピー機でお申し込み
  3. レジでの支払い

まず、「①Webサイトから事前予約」ですが、あくまでも店頭でスピーディに契約できるように、Webサイトから事前に必要情報を入れておくものですので、行わなくても大丈夫です。

三井住友海上の「1DAY保険」ネット予約登録サービス

次に、「②マルチコピー機でお申し込み」ですが、マルチコピー機のメニューから「保険」→「1DAY保険」をタップし、必要な情報を入力します。

このとき、①の事前予約をしていれば、運転者の情報や対象となる車の情報を店頭のコピー機の前でポチポチと入力する手間が省けます。

そして、「③レジでの支払い」はその名の通り。これで契約完了です。

5.まとめ

いかがでしたか?一日自動車保険の大切さ、一日自動車保険の選び方、一日自動車保険の入り方は、ご理解いただけましたか?

もしかしたら、一日自動車保険にちゃんと入ることは、車を借してくれる方への最低限のマナーなのかもしれませんね。

「少しの時間だから」という甘い考えは一切捨てて、手軽に加入できる「一日自動車保険」を利用してみてはいかがでしょうか。

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

ユーカーパック公式サイト