車保険のプロが教える!20代でも安く加入できる車保険はこれに決まり

車に乗っていると必然的に自動車税や車検・整備費用をはじめとした多額の維持費が必要となるため、「こんなにもお金が取られるのか…」と悲しい想いをしてしまいますよね。

そんな車の維持費の中で最高レベルにコストがかかるもの、それは「車保険」でしょう。

実際にあなたのような20代の若者では年間で10~20万円以上の保険料を支払っている場合も多く、「まだそれほどお金を稼げていないのにこんなに多く保険料を取られると困ってしまう」と感じていませんか?

そのため

  • 20代は「保険料が高い」と諦めるしかないのか
  • 20代でも保険料が安くなる方法はないのか

と、保険料に関する悩みばかりが出てしまいますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤めていた経験を持つ筆者が、20代の年間保険料事情や、保険料を大幅に下げる方法について詳しく解説していきましょう。

「保険」という言葉が付くため「難しい」というイメージを持っているかと思いますが、この記事の内容はどちらかというと「簡単な知識の紹介」であり、あなたにもしっかり分かりやすくなっていますのでぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には保険料で悩んでいたあなたにも、「これなら確実に保険料が安くなるぞ!」と自信が付きますよ!

1.20代のための安い車保険はないの?保険料が高すぎて困っているあなたへ

「20代の車保険は高い」と昔から噂されていますが、現実問題としてまさに今現在保険料の高さに悩んでいるあなたにとっては「この問題は無視できない」と感じていることでしょう。

しかし実際には「たしかに20代の車保険が高いというのは本当だ」と思っているため、どうすればいいのか具体的な解決策が分からないかと思います。

そこで本章ではまず「なぜ20代の車保険は高いのか」をご紹介していきましょう。

同じ20代でも保険料が変わるということがよく分かりますよ!

20代は車保険が高い?

20代の車保険は高いと言われていますが、なぜ20代であることが「=保険料が高い」ということに結び付くのかご存知ですか?

30代、40代の方と同じ運転免許証を持っているにもかかわらず、あまり納得することができませんよね。

そこで20代の保険料が高い理由について説明させていただくと、実は「経験値による違い」が関係しています。

経験値とは「車に乗ってきた年数」のことで、保険業界では統計データを参考にしているため「年上の方がこれまでに多く運転しており、運転に慣れている=事故をする確率が低い」とされているため、結果的に保険料が安くなっているのです。

そのため「あのおばさんの方がじぶんよりも運転がへたくそで事故をしそうなのに、なぜ自分の方が保険料を多く払わなければならないのか」と納得できない気持ちもあるかと思いますが、あくまで保険会社は統計データを元にしており個々人を見ていないため、「仕方がない」と諦めるほかありません。

しかしここまでご覧になってきたあなたであれば「じゃあ、20代でも後半に突入した場合には保険料が安くなるの?」と思ったことでしょう。

その答えは…おおむね正解です。

なぜなら前述したように、「20代後半になるほど経験値が高く、事故の確率が低い=保険料が安くなる」といえるからです。

とはいえ1歳ごとに保険料が下がるわけではなく、基本的には20代を3カテゴリに分けて年齢区分が決められており、そのことを「年齢条件」としています。

3つのカテゴリに分けられた20代の年齢条件は下記に箇条書きした通りです。

  1. 20歳
  2. 21歳~25歳
  3. 26歳以上

それぞれ、以下にて簡単に説明していきましょう。

20歳の年齢条件

20歳の年齢条件は「20代の内最も保険料が高くなる年齢条件」といえます。

なぜなら前述したように「20代の中で最も経験値が低いから」です。

また正式な年齢条件の区分では「全年齢」という区分になり、軽自動車の保険料であっても高い場合には年間で40万円を超えるケースもあります。

そのためあなたがもし20代になったばかりであれば、「保険料はビックリするほど高い」と覚えておきましょう。

21~25歳の年齢条件

21~25歳の年齢条件は一般的に「21歳以上」という区分をされています。

そして保険料に関しては「年間で10万円を超える場合もあるが、等級によっては大幅に保険料を抑えられる」という特徴があります。

そのため「ケースバイケースではあるものの、保険料はあまり高くなりすぎない可能性が高い」と覚えておきましょう。

26歳以上の年齢条件

26歳以上の年齢条件に当てはまる場合、先に結論を述べておくと「それほど保険料は高くならない」という傾向にあります。

実は26歳以上の年齢条件は、保険会社にもよりますが年齢条件の上から2番目または3番目という「比較的保険料が安い年齢条件」に該当するのです。

その結果、条件にもよりますが年間保険料が10万円未満になることが多く、20代としては「それほど大きすぎる負担ではない」と結論付けることができます。

とはいえ月換算をすると数千円以上してしまうため、後述する「保険料を安くする方法」をご覧になって少しでも保険料を安くし、余暇資金を遊びや将来への貯蓄に回すことで豊かな人生が送れますよ!

ここまでは20代の年齢条件についてご消化してきたため、あなたが該当する年齢条件の保険料について「高そうだな…」「なんとかなりそうかもしれない…」と、様々な感覚を抱いたでしょう。

とはいえ実際の保険料を具体的に知りたいと思いませんか?

そこで次に、先程ご紹介した3つの年齢条件で算出した保険料の比較表をご消化しいていきますので、引き続きご覧くださいね。

20代を年齢条件別に保険料比較!一体いくら違うの?

20代には3種類の年齢条件によって保険料に違いがあるということは分かったかと思いますが、実際にどの程度の違いがあるのか気になりますよね。

そこで年齢条件以外の加入条件を均一にした保険料を比較してみましたので、早速下記の比較表をご覧ください。

年齢条件 年間保険料(円)
20歳 551,840
21~25歳 264,040
26歳以上 74,950

保険料算出条件

  • 車種:スズキ ワゴンR(平成28年12月登録のMH34S型)
  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランを選択
  • 等級:セカンドカー割引を想定して7等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 免許の色:20歳はグリーン、21歳以上はブルー
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランを選択

ご覧になると「本当にこんなにも差が付くの…?」とビックリしたことでしょう。

しかし年齢条件以外は上記した「固定条件」での比較になりますので、基本的にはこの通りの結果だと思って間違いありません。

そのため現状で出た結果としては

  • 20歳の場合と21歳~25歳以下を比較すると、保険料は半分以下になる
  • 26歳以上の場合には、20歳の場合の7分の1以下の保険料になる

ということになります。

とはいえ実際には親名義の自動車保険の等級をもらうことで、進んだ等級になることもあり、この保険料よりも大幅に保険料が下がる場合もあります。

またすべての年齢条件の場合でこれまでに保険加入をし、保険等級が進んでいる場合にも、現状の保険料よりも大幅に安くなっている場合もあるのです。

そのため今ご覧になった比較表の結果は「あくまで一例であり、高い例でもある」と覚えておくことをオススメします。

しかし実際に試算した結果が「高い保険料になってしまう試算結果」であるとはいえ、ご覧になると少し不安になってしまう気持ちはありますよね。

そこで次章にて、保険料を少しでも安くするために必要となる「補償の見直し」について解説していきましょう。

2.保険料を安くするには、まず補償内容を見直そう!

20代では車保険の保険料が非常に高いということがよく分かったでしょう。

そのため「正直ガッカリした…」と思ってしまったかと思います。

しかし先程ご紹介した車保険の補償内容はあくまで「オススメプラン」ですから、実際には保険料を安くするために補償はまだまだ削ることができるのです。

そこで本章では20代の車保険で見直すべき補償内容について解説していきましょう。

早速、見直すべき補償内容である5点を下記に箇条書きしましたのでご覧ください。

  1. 車両保険
  2. 運転者の範囲
  3. 等級の引き継ぎ
  4. 車の使用用途
  5. 補償被り

以下にて、それぞれ述べていきます。

車両保険

車両保険とは「事故で車両の修理が必要になった際に補償してくれる保険」のことをいいます。

そして車両保険には

  1. 一般条件
  2. 一般条件(免責金額の設定あり)
  3. 車対車限定条件

という、3種類の補償があるのですが、それぞれ上から順に保険料が高くなっていくのです。

車両保険は保険料が高くなる要因の中でも大きな割合を占めていますので、結果的にひとつ下の条件になるごとに「25~50%程度」、全体の保険料が安くなるとイメージできます。

それぞれの条件の意味としては

  • 一般条件…自損事故を問わず、基本的に車に起こる事故すべてに対して補償される
  • 一般条件(免責金額の設定あり)…免責金額といって「事故時の修理金額の内、決められた金額」を実費で支払うことで残りの金額を補償してくれる
  • 車対車限定条件…事故の対象が車と車が接触した場合のみ補償してくれるため、自損事故で開いて車両がいない場合には補償されない

となりますので、「必ず事故を起こしそうだ」という方は一般条件、「事故を起こしそうだが起こさない可能性が高いので、少し安い方が良い」という方は免責金額ありの一般条件、「絶対に事故を起こさない自信があるが、万が一のことを考えたい」という方は車対車限定条件を選択することがオススメですよ。

運転者の範囲

運転者の範囲は車保険に加入する際に必ず決めますが、基本的には

  • 限定なし
  • 家族限定
  • 本人・配偶者限定

の順に保険料が高くなります。

そのためあなたの車に別の誰かが乗る可能性がある場合には、家族なのか、配偶者なのか、それとも他人なのかをよく考えて、適正な運転者の限定をしましょう。

保険料としてはそれほど大きな影響を与えませんが、多少の減額をすることは可能になりますよ。

等級の引き継ぎ

等級の引き継ぎに関して、先程も少しだけ触れましたが車保険では「親名義の自動車保険の等級をもらうことができる」ため、もし親名義の等級が進んでいる場合には大幅に保険料を安くすることができます。

実際に親から20等級をもらえた場合ともらえずに新規加入した場合の比較表をご覧ください。

項目 等級をもらわなかった場合(7等級新規) 等級をもらった場合(20等級) 差額(円)
年間保険料(円) 445,100 154,000 291,100

保険料算出条件

  • 車両保険:損保ジャパンの補償充実プラン
  • 等級:20等級(事故有0)と複数所有割引適用による7等級新規(事故有0)
  • 運転者限定:家族限定
  • 年齢条件:全年齢
  • 免許の色:グリーン
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:損保ジャパンの補償充実プラン

なんと上記した条件で比較した場合には約30万円の差額が付きました。

そのためもしあなたの親御さんが「等級をあげる」と言ってくれた場合には、引き継ぐことで大幅に保険料を安くすることができますよ!

車を初めて購入した!親から車をもらった!というそこのあなた、おめでとうございます。 これからあなた自身の行動範囲が広がり、楽しいカーライフ...

車の使用用途

車の使用用途とは、その車を運転する人が「主にどのような用途で使用しているか」を定めるものです。

具体的には

  • 業務使用
  • 通勤・通学使用
  • 日常・レジャー使用

の3種類に絞られ、上から順に保険料は高くなります。

そして使用用途を選ぶ基準は「月に15日以上使用する用途」であることが多いため、「あなたが使用する用途の中で最も多い頻度のもの」を選んでおけば問題ありません。

そのため適正な用途を選択することで、多少ではありますが保険料が安くなるでしょう。

補償被り

補償被りとは「あなた以外の家族の車保険に付帯していれば、あなたの車保険でも有効である補償」が、あなたの車にも付帯されて重複してしまっている状態のことをいいます。

つまりあなたは「他の人が付帯させているから補償されるにもかかわらず、間違って付帯させてしまっている」という状態なのです。

しかしどんな補償や特約が「補償被り」の状態になるのか分かりませんよね。

それは主に

  1. 弁護士費用特約
  2. 人身傷害
  3. ファミリーバイク特約

の3点です。

以上の特約や補償を、家族間できちんと共有して確認しておくことで、あなたは最高で年間1万円以上の節約をすることができますよ!

以上、車保険の補償内容の見直しに関する解説でしたがいかがでしたか?

車両保険の条件や、等級の引き継ぎなどに関しては大幅に保険料が安くなるため、「これなら自分の車保険も安くなるかも」と思ったことでしょう。

実際に筆者の元お客様ではすべての補償内容を見直すことで、保険料が半額以下になったケースもありましたので、補償内容の見直しは意外と効果的な方法なのです。

しかし「さらに保険料を安くする方法がある」と聞いた場合、あなたは知りたいですか?

実は「自動車保険一括見積もり」というサービスを利用することで、さらに大きく保険料を安くすることができるのです。

20代のあなたの保険料負担を軽くする方法として、筆者が最もオススメする方法ですのでぜひ参考にしてくださいね。

3.もっと安くするなら、自動車保険一括見積もりがオススメ!

20代の保険料を安くする方法として「自動車保険一括見積もり」というサービスをご紹介しましたが、実際にどんなサービスなのかよく分かりませんよね。

ひとことで表すと「保険料が最も安くなるサービス」なのですが、なんとなく「怪しい」「不安」という気持ちになってしまうでしょう。

しかし安心してください。

先に結論を述べておくと「あなたが耳にしたことがある大企業が運営しているサービス」ですから、安心して利用することができるのです。

本章では「本当に安心して利用できるのか」という視点も交えて、自動車保険一括見積もりに関して詳しく解説していきますから、しっかりとご覧になってくださいね。

自動車保険一括見積もりってなに?

まず「自動車保険一括見積もりって、そもそも何なの?」と思ったかもしれませんね。

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括してほとんど同条件の見積もり依頼をすることができます。

そのためまずは「あなたが希望する条件で、最もお得な車保険が分かるサービス」と覚えておきましょう。

また申し込み方法は非常にシンプルで、

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなた自身に関する情報

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも10分あれば完了してしまいます。

そのため先程ご紹介した「補償内容の見直し」を行った上で大まかなプランを決定しておき、その後自動車保険一括見積もりに申し込むことで、「最短時間で簡単に最もお得になることができる」といえるのです。

しかし「個人情報を入力して本当に大丈夫なの?」「申し込み後にしつこい電話連絡が来るのは嫌だ」と、心配してしまいますよね。

そこで次に自動車保険一括見積もりは安心して利用できるのか、詳しくご消化していきましょう。

本当に安心して利用することができるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができます。

特に当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、前述したように大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されていますし、自動車保険一括見積もりに登録している保険会社もあなたが一度は耳にしたことがあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報が不正に取り扱われることはないのです。

また申し込み後は電話によるしつこい勧誘は一切なく、ハガキ(DM)またはメールにて見積もり提示やお得情報の案内がされるだけですから、もし迷惑だと感じた場合には配信を停止するだけで構わないのです。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、「安心して利用できる上、簡単に最短時間で最もお得に車保険に加入できるサービス」ということができます。

本当に簡単に利用でき、最もお得な保険料の車保険を見つけられますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、20代のあなたでも安い保険料で車保険に加入できますよ!

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

4.まとめ

以上、20代の車保険の保険料に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「20代の自分には高すぎる保険料も、なんとか安くなりそうだ」と感じたことでしょう。

最後にまとめると

  • 20代には3種類の年齢条件があり、年齢が高くなれば保険料が大幅に下がる
  • 20代の保険料を安くするには「補償内容の見直し」が効果的
  • さらに安い保険料で車保険に加入するには、自動車保険一括見積もりを利用する

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に誰でも簡単に利用することができ、さらに最も安い保険料で車保険に加入することができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずお得な保険料を提示され、満足のいく車保険に加入することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事故によって等級はいくつ下がる?自動車保険の等級について徹底解説!

自動車保険の代理店型の料金相場が高いのは本当?実際に計算してみた

これを見れば一目瞭然!車保険のネットとディーラーの違いを徹底解説

自動車保険の解約と新規契約の謎を徹底解剖!解約した後の新規契約は有効?

リスクを低減させるなら長期自動車保険!通常加入保険との違いは?

選び方はたった3ステップ!賢くお得に自動車保険会社を見つけよう!