車保険の30代相場はどれぐらい?損しない選び方はどうする?

あなたは車を持っていますか?

そして自動車保険に加入していますか?

おそらく車を持っている方であれば、義務ではないものの自動車保険に必ず加入しているでしょう。

しかし「もっと保険料が安くならないかな」と思いますよね。

そんな安くする方法で「30代だから年齢的に安くなる」なんてことを聞いたことはありませんか?

実は自動車保険には年齢によって保険料が安くなる場合があるのです。

  • 30代の自動車保険には年齢的な相場があるのか
  • 30代であることでどのぐらい保険料が安くなるのか
  • 最も安く保険加入する方法はあるのか

ということが気になるでしょう。

そこで今回は30代の自動車保険の相場やもっと安くする方法について、元自動車保険営業マンである筆者が詳しく解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、30代であるあなたの自動車保険がどの程度の相場で、さらにどのように保険料を安くすることができるのかよく分かりますよ!

「保険」という難しそうなイメージとは裏腹に、内容も簡単になっていますから最後まで気楽に読み進めてくださいね。

1.30代の自動車保険に相場ってあるの?

30代であるあなたは「年齢的に安くなる」ということをご存知ですか?

実は自動車保険には年齢条件というものがあり、契約自動車を運転する人の年齢を限定することによって保険料の割引をすることができます。

そして年齢条件は主に

  • 全年齢
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上

というように分かれている保険会社が多く、それぞれに適用される割引率は異なります。

それを踏まえて本章では「30代の自動車保険の相場」についてご紹介していきましょう。

等級によるため相場はない

先に結論を述べておきますが、自動車保険は年齢条件よりも「等級」の方が保険料割引に大きく影響を与えることから、年齢による相場はありません。

つまり保険料に与える影響は、「年齢条件<等級」ということがほとんどなのです。

そのため「保険料の相場=等級ごとの相場」と覚えておくと分かりやすいでしょう。

しかし単純に相場が無いと言われても納得はできませんよね。

そこで下記に、ある程度の条件を固定して年齢条件だけを変えた「年齢別の保険料比較表」を載せておきますのでご覧ください。

年齢 車両保険なし(円) 車両保険あり(円)
等級 14等級 20等級 14等級 20等級
18 48,570 37,390 107,070 80,680
21 26,680 21,190 56,210 43,040
26 25,310 20,160 51,920 39,850
30 21,190 17,110 42,730 33,050

※イ―デザイン損保の見積もり結果(平成29年年6月21現在)
※契約車両:ステップワゴンRP3型(初度登録:平成29年7月)
※主な運転者:契約者本人
※免許証の色:ゴールド
※主な使用用途:通勤通学
※運転者の限定:本人家族限定
※事故有係数:0
※前年の走行距離:5,000km超10,000km以下
※各条件の補償内容は入力完了後に出てきたオススメプラン

細かな条件の設定や保険会社による違いもあるため、一概に「この通りの保険料になります」とはいえませんが、ある程度の参考値にはなるでしょう。

そしてご覧になるとよく分かると思いますが、どの条件で見ても18歳(全年齢)と比較して30歳以上の保険料は半分以下になっています。

そのためあなたが30代であることで、いかに保険料を抑えることが可能であるか分かるでしょう。

また先程も述べたように、等級によって保険料が大幅に異なることも良く分かったかと思います。

以上のことから、「相場は条件によって大きく異なるが、30歳以上という条件を付けることで大幅に保険料が抑えられる」と覚えておきましょう。

しかし保険料が安く抑えられることは分かっても、実際にどのような条件で保険料が決定されるか分かりませんよね。

そこで次に保険料が決まる仕組みについて簡単に解説していきます。

保険料はどう決まる?

もうおおかたの予想はできているかもしれませんが、保険料は

  • 車の型式
  • 年齢、運転者の範囲
  • 補償内容
  • 等級

の4つの要素で決定されます。

それぞれに割引率があり、保険会社によっては公表されていないものも多くありますので一概には言えませんが、以下にてそれぞれの要素を簡単に解説していきましょう。

車の型式

車の型式については、なぜ保険料に関係してくるのか分からない方が多くいるかと思います。

実は車には自動車保険の統計上、「事故の起きやすい(保険を使いやすい)車」というものがあり、事故の起きやすい車に関しては保険料が高くなる傾向にあるのです。

そのため「保険料率クラス」という事故の起きやすい車をランク分けしたものにもとづいて、対人・対物補償などの保険料が決定されています。

また車両保険を付ける場合には車の購入価格なども関係してくるため、

  • 購入価格が高い=保険料が高い
  • 購入価格が安い=保険料が安い

という結果になるのです。

しかし一般的には「スポーツカーや高級車のみが高くなる」といわれていますから、普通の車に乗っている方は安心してくださいね。

以上のことから、あなたが乗っている車によって保険料が変わるということを覚えておきましょう。

年齢、運転者の範囲

自動車保険は本記事のテーマである「年齢」や、運転者の範囲を限定することによって保険料に違いが出てきます。

例えば先程ご紹介した表では年齢によって差額が大きくなるということが分かりました。

そして下記の表をご覧ください。

運転者の範囲 年齢 等級 車両保険なし(円) 車両保険あり(円)
本人・家族限定 30 20 17,110 33,050
限定なし 27,830 44,050

この表は運転者の範囲による保険料の違いを比較したものですが、限定なしになると1万円程度の価格差が出てしまいます。

そのため「条件にもよるが、年齢と運転者の範囲によって保険料は大きく変わる」と覚えておきましょう。

補償内容

保険料はあなたが「こうしたい」と思う補償内容によっても変化します。

例えば先程の表をご覧いただくと、車両保険の有無によって保険料が大きく異なることが分かるでしょう。

また賠償できる限度額などによっても保険料は異なります。

そのため「あなた自身が入りたいと思う補償」によって、保険料は段違いに変わることは覚えておく必要があるのです。

等級

前述しましたが、保険料が決定される最も大きくメジャーな要素は「等級」でしょう。

特に最も良い等級である「20等級」では60%を超える割引率であるのに対し、最も悪い等級である「1等級」では割増率が60%を超え、非常に保険料が高くなってしまうのです。

その差は天と地ほどに離れているため、筆者の説明が無くてもよく理解しているかもしれませんね。

以上、保険料が決定する主な要素でしたが、なんとなく「30代であること」に関係しているのはひとつだけだと思いませんでしたか?

次に30代であることが関係する要素について説明していきます。

30代に関係あるのは「年齢条件」のみ

先に結論を述べておきますが、あなたが30代であることに関係しているのは「年齢条件」だけです。

つまり

  • 車の型式→人それぞれ
  • 補償内容→人それぞれ
  • 等級→人それぞれ
  • 運転者の範囲→人それぞれ
  • 年齢→あなたの年齢=30代であることで、大幅な割引を受けることが可能

ということになります。

そのため、あくまで「30代の保険料に相場はない」と覚えておくことが重要です。

しかし30代であることでどれほどの割引が受けられるか、具体的に知りたいですよね。

そこで次章にて具体的な割引率をご紹介していきます。

2.30代は割引率が違う?

30代に適用される割引率は非常に高く、お得に自動車保険の加入ができるということは分かったかと思いますが、実際にどの程度の割引率であるか気になりますよね。

たしかに割引率を知ることで「今自分がどのくらいお得になったのか」を知ることができるため、非常に重要なことです。

そこで次に年齢条件による割引率を詳しくご紹介していきましょう。

年齢条件別の割引率はどのくらい?

先に結論を述べておきますが、年齢条件による割引率は「正確には分からない」です。

というのも保険会社ごとに年齢条件による割引率を公表しておらず、「保険見積もりの作成が完了して初めて保険料が算出されるから」です。

そのため基本的には年齢別の割引率は分からないと覚えておきましょう。

とはいえそれでは納得できないですよね。

そこで先程の「年齢別の保険料比較表」をもとに、割引率をおおまかに算出しましたのでご覧ください。

年齢 車両保険なし
14等級(円) 割引率 20等級(円) 割引率
18 48,570 0% 37,390 0%
21 26,680 45% 21,190 43%
26 25,310 48% 20,160 46%
30 21,190 56% 17,110 54%

先程の条件を元に年齢条件のみの割引率を算出しましたが、おおむね正しいといえるでしょう。

実際に私が自動車保険の営業をしていた際は

  • 21歳以上で45%前後
  • 26歳以上で45~50%程度
  • 30歳以上で55%前後

であるとお客様に説明していましたから、大きく間違ってはいないでしょう。

おおむねこの条件に当てはまりますから、30代のあなたは「半額以上の割引を受けている」と思っておけば大丈夫ですよ!

しかしひとえに「半額以上もの大幅割引を受けられる」と思ってしまうと危険な場合があります。

特にあなたの車に「同居の親族」または、「別居中である未婚の子」が乗る場合には注意が必要なのです。

年齢条件を付ける際の注意点

ここまでの説明でも述べていますが、保険料が決まる条件には「運転者の範囲」も影響しています。

そのため運転者の範囲を

  • 限定なし
  • 本人・夫婦限定
  • 家族限定

の内、「本人・夫婦限定」「家族限定」に限定している場合には、「あなた以外の家族が30歳以上の条件に当てはまっているか」に注意する必要があるのです。

自動車保険によって定義されている家族は「同居の親族または別居の未婚の子」とされていますから、結果的にその条件に当てはまる人の内、あなたの車を運転する可能性がある方の年齢に合わせておく必要があるのです。

具体的にひとつ例を挙げてみましょう。

例:あなた(30歳)、奥様(28歳)、両親(60代)の4人暮らしで、奥様やご両親もあなたの車を運転する可能性がある場合→最も年齢の若い奥様に合わせて「26歳以上の年齢条件」で、限定しておく

というようになりますので、今回の例のように「家族内であなたの車に乗る可能性がある方の内、最も若い方の年齢条件に合わせなければならない」と覚えておきましょう。

そうすることで万が一の際は補償を受けることが可能になりますよ!

ここまでの解説で年齢条件の設定をする際に注意が必要だということは分かったかと思いますが、それでも「できるだけ安くしたい」と思いますよね。

そこで次章では「相場の無い30代の自動車保険」を安くするためにはどのようにすればいいかを詳しく解説していきます。

3.相場はないが、安くすることはできる?

相場の無い30代の自動車保険では、あなたの家族限定がどの範囲まで適用されるかによって保険料が変わることがよく分かったでしょう。

そのため前述したように「せっかく30歳以上の年齢条件が適用されるかと思ったのに、26歳以上になって割引率が下がってしまった…」というような状態になりかねません。

そこで本章では、年齢条件に関わらず安くなるための方法についてご紹介していきましょう。

保険会社を見直そう!

まず保険料を安くするためには「保険会社の見直し」が重要なポイントとなります。

実は保険会社には「代理店型」と「通販型」と呼ばれるものがあり、それぞれ以下のような特徴があるのです。

保険型 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

おおまかな違いとしては保険料が「代理店型>通販型」であることと、加入方法が「代理店型:スタッフの説明を受ける、通販型:ネット上でオススメプランを教えてもらう」ということが挙げられます。

そのため、保険料を抑えるためには通販型の保険会社で自動車保険に加入する必要があるのです。

また加入方法については通販型であっても、電話や見積もり入力画面上で十分すぎるほどのサポートを受けられますので、安心してくださいね。

以上のことから、保険料を安く抑えるためには「通販型の保険会社で自動車保険に加入するべき」だと覚えておきましょう。

実際に筆者も、年間8万円程度支払っていた保険料が4万円程度になりましたよ!

もし「もう通販型に加入している」という方は、次にご紹介するように補償内容の見直しを検討してください。

補償内容を見直そう!

あなたは自分の自動車保険の契約内容を詳細に知っていますか?

新規加入する方であればある程度知っているかと思いますが、長い期間同じ内容で契約している方は「実は意外と知らない」という方も多いんですよね。

そこでオススメなのが補償内容の見直しです。

具体的には下記3点の内容を見直すことがオススメですよ!

  1. 車両保険
  2. 主な使用用途やその他の条件
  3. 補償被り

それぞれ以下にて解説していきます。

車両保険

あなたの自動車保険には「車両保険」をつけていますか?

もしつけているのであれば、見直すことで大幅に安くすることができます。

特に10年以上経過した車では、車両としての価値が20万円を切ることも珍しくありません。

そのため「車両保険を解除する」や「車対車限定型(対車との事故のみ補償される)」に切り替えることで、車種にもよりますが3~5万円程度安くなることも一般的ですよ!

主な使用用途やその他の条件

使用用途とは、保険加入をする際に選択しなければならない

  • 業務使用
  • 通勤・通学使用
  • 日常・レジャー使用

のことを言います。

そして上から順に保険料が高くなります。

また、それぞれを選択する判断基準として「1ヶ月に15日以上使う用途=最も使用頻度が高い用途」を覚えておけば問題ありません。

さらに保険料としては、それぞれの使用用途によって1万円以上変わることも珍しくありませんので、ぜひあなた自身の使用用途をよく考えて補償内容を決定してくださいね。

補償被り

補償被りとは「家族の車で1台契約していればあなたも同様の補償を受けられる」という補償に、家族間で複数名加入していることをいいます。

そして下記のような補償に注意しておく必要があるのです。

  • 弁護士費用特約
  • 人身傷害
  • ファミリーバイク特約

それぞれ加入するためには年間で数千円程度の保険料アップになりますが、家族全員が加入してしまった場合には1万円以上の損をしてしまうことになってしまうのです。

そのため必ず上記した3点は再度よく確認をして、被っている場合は1台を残して他の車の分はすべて外しておきましょう。

以上で保険料を安くするために必要なポイントの解説を終了しますが、実はもっと簡単に保険料を抑えられる方法があることをご存知ですか?

それは「自動車保険一括見積もり」を利用することです。

詳しくは次章にて解説していきますので、引き続きご覧くださいね。

4.もっとお得になるなら「自動車保険一括見積もり」がオススメ!

あなたは自動車保険一括見積もりというサービスをご存知ですか?

実はこのサービスを利用することで、最大で5万円以上お得になることもあるのです。

そのためこれまでにご紹介してきた保険料を安くする方法よりも、強力な効果を期待することができます。

そんな自動車保険一括見積もりについて、詳しくは次に解説していきましょう。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとは、インターネット上で複数の保険会社に一括して保険見積もりを依頼することができるサービスのことで、依頼後に送られてきた保険見積もりに記載された保険料を簡単に比較することができ、結果的にあなたは保険料だけを見て、最もお得な保険会社と保険契約することができるのです。

そして提示された保険見積もりの内、最も高い保険会社と最も安い保険会社では5万円以上の差額がつく事もあります。

また保険見積もりに関してはハガキ(DM)またはメールにて送られてきますので、電話による迷惑な勧誘については心配しないでくださいね。

次に利用方法についてもご紹介していきます。

利用方法は?

利用方法は非常にシンプルで、見積もり申し込み時に

  • あなたの車に関する情報(型式や年式など)
  • あなたの個人情報(見積もりを送るために必要な住所等)
  • 大まかな補償内容

の3点を簡単に入力するだけとなっています。

そのため早い人であれば3分程度、遅い人でも10分程度あれば申し込みが完了してしまいます。

結果的に誰でも簡単に、最もお得になることができるサービスといえるのです。

本当に簡単に利用することができ、最も安い保険料で自動車保険を契約することができますので、ぜひ一度お試しくださいね。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

]

5.まとめ

以上で30代の自動車保険の相場に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく保険料の例などは非常に参考になったかと思います。

最後に、まとめると

  • 30代の自動車保険には相場はないが、高確率で非常に安くなる
  • 安くはなるが、運転者の範囲に注意が必要
  • 自動車保険一括見積もりを利用すると、非常にお得になる

ということを覚えておけば間違いなく安く保険加入することができます。

特に自動車保険一括見積もりに関しては誰でも簡単に利用できる上、本当にお得な保険会社を探すことができますから、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたが納得のいく保険料で保険契約をすることができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車保険の使用用途「レジャー」「通勤」は違っているとどうなるの?

満足できる自動車保険の決め手!おすすめ特約TOP10を大公開!

車保険のプロが教える!20代でも安く加入できる車保険はこれに決まり

車保険の自動更新は待った!お得な保険なのかを確認する4つのチェック

任意の自動車保険は車種やグレードによって保険料は違うの?

他社に乗り換えがオススメ?自動車保険の更新と料金をプロが解説