車売却

車売るベストな時期2つと最高額を引き出す4つの重要ポイント

次々に新しい車が販売され、そして今乗っている車はどんどん古くなっていきます。

そのため車売ることを考えることもあるかと思いますが、どうせ売るなら「高く売れる時期が知りたい」と思いますよね。

ただ、筆者としては「売りたいと思った時が売り時」だと考えています。

「あと少し待てば、もっと高く売れたのに・・・」

こんな後悔をしたくないのも事実。

1円でも高く売れれば、間違いなく家計にも予算的にも助かるからです。

まとめると下記のようなことが知れれば満足できるはず。

  • 車売るのに最適な、最高額で売れる時期があれば先に知っておきたい
  • 高く車売るのに絶対に重視すべきポイントがあれば教えてほしい
  • 高く車売りたいのはやまやまだけど、時期が合わなければそのまま最高額で売りたい
  • もっというと、あまりに手間がかかって、面倒くさいのだけは勘弁してほしい

そこで今回は、元ディーラー営業マンである筆者が、高く車売ることが可能な時期や「100%高く車売ることができる方法」について、詳しく解説していきましょう。

間違いなくお得にあなたの車売ることはできますから、当ページを最後までご覧になることをオススメします。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.高く車売ることができる時期は1~2月と7~8月

早速結論を述べてしまうと、高く車売ることができる時期は1~2月前後と、7~8月前後になります。

というのも車が高く売れるという時期は、それだけ買取店や中古車販売店が「在庫車確保をしたいと思っている」という時期なのです。

そしてその時期は、「たくさん中古車が売れる時期の直前ごろ」となります。

その証拠に販売台数の推移を下記に載せておきましたのでご覧ください。

年/月123456789101112
2016118,184131,640184,35694,334103,432135,335123,639102,554151,324112,198117,285115,881
2017119,767143,839209,63497,719112,036143,427121,213101,290148,623108,357117,515124,794
2018115,373140,477216,55796,648108,270137,356127,410110,031152,075123,388133,542121,801

※出典元:一般社団法人日本自動車販売協会連合会のホームページより

上記は新車の登録・販売台数の推移となりますが、基本的に中古車が良く売れる時期と変化はありません。

ただし、ただ単に数字を眺めてるだけでは分かりにくい・・・

ということで折れ線グラフを作ってみました。

月別の新車登録台数の推移月別の新車登録台数の推移

そうすると、3月と9月が大きく伸びているということが分かりますよね。

3月9月が繁忙期となるのですが、その直前の1~2月・7~8月に在庫車をしっかり確保して、繁忙期に臨むことになり、結果的に高く車売ることができる時期

とはいえ高く売りやすいというだけであって、それ以外の時期であっても「意外と問題なく最高額は引き出すことが可能」というのも本音です。

その理由について、次章にて紹介していきましょう。

2.高く車売れる時期は関係ないと思っても大丈夫

先ほどのグラフをご覧になる限り、時期に合わせて車売る方が賢いと思いましたよね。

しかし実際のところ、前述した時期では高く売りやすいというだけであって、

  1. 高く売れる確約があるわけではない
  2. その他の時期で高く売れないわけではない

という逆説的な考え方をすることができます。

そして筆者自身、長年ディーラーの営業マンをしてきましたが「ぶっちゃけ時期を気にしなくても余裕で高く車売れる」というのが本当のところです。

というのも車業界はたびたび様々な車種のモデルチェンジがされていますが、そのすべては特に繁忙期を狙ったものではありません。

そして人気車種のモデルチェンジともなれば、モデルチェンジの前後で中古車価格の高騰が起こり、その結果買取相場も大幅に高騰します。

逆にモデルチェンジ前の現行車の人気が低く、モデルチェンジ後の新型車の人気が高い場合のときには、買取相場が恐ろしく下がるケースもあります。

そのため一概に先ほど述べた高く車売れる時期が正解ではないと思っておきましょう。

そしてここまでご覧になったあなたは、次章にて紹介する「高く車売るのに重要な4つのポイント」をしっかり理解すれば、間違いなく高く車売ることができると確信できます。

3.高く車売るのに重要な4つのポイント

時期は絶対的なものではなく、あくまで目安程度に考えることができましたよね。

では一体、どのようにすれば高く車売ることができるのかと心配になっていませんか?

そこで早速、プロが教える高く車売るための重要ポイントを4つかじょうがきしておきましたのでご覧ください。

車を高く売る4つの重要ポイント
  1. 車そのものの需要
  2. 年式、走行距離
  3. 内外装の状態
  4. 車売るための方法

正直なところ、この4点だけをしっかりと意識して車売れば間違いなく高額査定を引き出すことが可能です。

そこでそれぞれを分けて、以下に解説していきますのでしっかりとご覧になってください。

ポイント1.車そのものの需要

まず高く車売るのに重要なのは、あなたの車にどれほどの需要があるのかということです。

当たり前のことですが人気車種であれば高く車売れますし、逆に不人気車種では安くなってしまいます。

そのためギャンブル的な要素があるかと思われがちですが、実はそうでもありません。

というのもあなたが今国産車に乗っているのであれば、正直なところ「まず高く売れると思って間違いない」といえるからです。

なぜなら国産車は国内で不人気だったとしても、実は海外では大きな需要を持っているからです。

特に東南アジアやアフリカなどの海外新興国では、ボロボロであったとしても「故障しらずの日本車」というイメージが強く、ビックリするほどの需要があります。

そのため海外への輸出ルートを持った買取業者に依頼すれば、ほぼ間違いなく、時期にも左右されず高く車売ることができると思ってください。

ちなみに海外への輸出ルートを持つ業者は、あなたが一度は耳にしたことがあるような大手買取業者であれば、ほぼ間違いないと思って良いでしょう。

また後述しますが、大手買取業者は高額査定を引き出すために重要なポイントとなりますので、必ず選択肢に入れておくことをオススメします。

ポイント2.年式、走行距離

車の需要と関係があるのですが、中古車として売られる場合には年式や走行距離が非常に重要視される傾向にあります。

あなたが中古車を買う時のことを考えればわかることだと思います。

年式と走行距離だけに関していえば5年落ち5万キロ程度までが高く売れる境界線ということができます。

ただしこれも絶対条件ではありません。

なぜなら前述した「海外需要」を考えたときには、10年落ち10万キロオーバーだったとしても「まだまだ全然使えるし、むしろピカピカの部類」と考えられるため、結果的に高く売れるからです。

また車種によっては国内でも高い需要を持っているケースもありますし、心配しすぎる必要はありません。

ポイント3.内外装の状態

内外装の状態も需要と関係あり、これまで同様に

  • 状態がキレイなら高く売れる
  • ただし海外需要に目を向けると、国産車なら間違いなく高くなる

ということができます。

しかし内外装では需要よりも、査定のチェックポイントとして考えてください。

というのも内外装がキレイでない場合、査定士は「汚れの下に細かいキズなどが隠れているのではないか」という最悪の予想をして、車査定をしていきます。

その結果として、あらかじめ買取店が損しないように「あえて低い価格提示」がされてしまうのです。

ですから内外装は査定前にキレイに清掃・洗車して、実際に車査定をしてもらうと「高くはならないが余分な損を防ぐことができる」と覚えておきましょう。

ポイント4.車売るための方法

最後のポイントは「車売るための方法」です。

そして車売る方法は一般的なもので下記の4つがあります。

  1. ディーラーによる車下取り
  2. 買取専門店による車買取
  3. 個人売買
  4. 一括査定の利用

それぞれ以下に分けて解説していきますが、ディーラーの車下取りと個人売買に関してはまったくオススメできませんので、しっかりご覧ください。

また車売る方法によって、あなたの車が高く売れるかどうかが変わりますから、チェックした内容をしっかり覚えておいてください。

ディーラーによる車下取り

ディーラーの車下取りはオススメできないと述べました。

その理由は単純に査定額が低いからです。

というのもディーラーの主な業務は新車の登録・販売なのですが、実はメーカーからシェア率などをノルマ化されています。

そしてノルマ達成をすることで仕入れ金額の低減交渉などができるため、新車にしか目を向けていないと言っても過言ではありません。

その結果、中古車販売の源泉となる車下取りにあまり力を入れておらず、それほど高い査定額が提示されないのです。

またごくまれに高額査定となるケースもありますが、その場合は基本的に「新車値引きが極端に少ない」ということが多いです。

なぜならディーラー営業マンの成績は下取りと新車販売は全くの別物であるケースが多く、「新車販売の方が非常に重要視されている」という背景があるからです。

つまりディーラーの営業マンとしては下取りで多少の損をしたとしても、新車の利益を「見かけ上はしっかりとっておきたい」と思っているのです。

その結果、見た目だけ下取り査定が高くなっていたとしても、結局は別にお得にはなっていないということになります。

以上の理由から、車下取りは避けた方が良いと思ってください。

買取専門店による車買取

買取専門店による車買取はオススメです。

なぜならディーラーとは異なり、車買取店は仕入れた=買い取った車を中古車として再販することで利益を上げていますから、ディーラーよりも必死になって査定をしてくれるからです。

また昨今の中古車人気の影響で、実はどの車買取店も在庫車が不足しているという現状があります。

その結果、買取専門店ではあなたが想像しているよりも必死に車買取を実施しており、ディーラーと比較した時に「かなりの高額査定」ということも珍しくないのです。

そのため、買取専門店には積極的に依頼しても大丈夫と覚えておきましょう。

ただし買取専門店に対して効果的に依頼することで、簡単に最高額を引き出すことができますから、引き続きご覧になってください。

個人売買

個人売買はディーラーの車下取りよりもオススメできません。(ただし、業界通の場合は除く)

というのも個人売買は個人間で自由に価格設定ができるため、最も高く車売ることができる方法ともいえるのですが、あまりにもリスクが高いのです。

例えば

  • 名義変更手続き
  • 陸送の手配
  • 車両状態の説明

などをしなければなりませんが、それぞれに不備がある場合には損害賠償請求をされる可能性が極めて高くなるのです。

その結果、莫大な負債を抱える可能性もありますから、リスクがいかに高いか簡単にイメージできますよね。

そのため個人売買は「買取や販売、整備などのプロだけ」と覚えておきましょう。

ちなみに筆者自身は買取や販売に関してはプロですが、整備技術があるわけではないため、絶対に個人売買をすることはありません。

一括査定の利用

最後の方法が「車一括査定」というサービスを使う方法なのですが、実はこの方法が最もオススメということができます。

そこで先にサービスの概要を説明しておきましょう。

車一括査定というサービスを簡単に説明すると、サービスと提携している何十~何千社もの車買取店に対して一気に査定依頼をし、競合させることができます。

そしてこの「競合」こそが非常に重要なのです。

というのも先ほど筆者が述べた通り、車買取店は在庫車確保に必死になっていますから、どの業者も「自社で絶対にあなたの車を確保したい」と思っています。

その結果、競合させていくことで徐々に査定額が上昇していき、最終的には相場の上限値付近の価格が提示されるのです。

ですから、車買取店に依頼する場合には、車一括査定を利用して「ガッツリ複数社を競合させる」ということが最もオススメだと覚えておきましょう。

そしてぶっちゃけた話ですが、車一括査定を利用しておけば「その他のポイントが気にならなくなるほど、しっかり高く車売ることができる」といえます。

そのため他のポイントは実践できなかったとしても、絶対に車一括査定だけは利用することをオススメします。

数ある一括査定の中でも「カーセンサー」「ユーカ―パック」がオススメ。

車一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

車一括査定のイメージ図
車一括査定を使えば電話対応のデメリットを引き換えに最高額で車が売れる 車一括査定というサービスは、申込むとあなたの住んでいる近くの車買取店複数社に、一気に査定依頼ができるサービス ...

4.まとめ

以上、車売る時期に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 高く車売るためのベストな時期は理論上、繁忙期直前の1~2月・7~8月となる
  • ただし実際にはモデルチェンジなどのタイミングによって大きく異なり、さらに時期を気にせずとも高く車売ることは可能であるため、あまり時期は気にすべきではない
  • 時期に関係なく高く車売るためには、4つの重要ポイントを実践する必要がある
  • とはいえ実際に最も重要なのは買取専門店を複数社競合させることであり、そのためには「車一括査定」というサービスを利用するのが最もオススメ

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック