車売却

車を売る4つの方法と最高額で車を売るための5ステップ

車売るとき、必ずあなたは「最高額で売りたい」と思いますよね。

とはいえ実際に車売るとなると、心配なのは下記の通りでしょう。

  • 車を高く売るには、どんな方法が一番良いのだろう
  • 車売るならスムーズに進めていきたい
  • 最速&最高額で車売るにはどうすればいいのだろうか

たしかに車売る手順や最高額を引き出す方法など、事前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、元自動車ディーラーの査定士をしていた筆者が、車売る方法や手順について「あなたにとってのベスト」を紹介していきましょう。

間違いなくスムーズかつ最高額で車売ることができるようになりますから、必ず最後までご覧になってくださいね。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.車売る方法は4つ

はじめに車売る方法について、4つの選択肢があるためか気に箇条書きしておきました。

  • ディーラーの下取り
  • 買取専門店の買取
  • 車一括査定
  • 個人売買

それぞれに特徴がありますから、以下に各方法のメリットやデメリット、オススメの人を紹介していきます。

売却方法1.ディーラーの下取り

ディーラー下取り(買取)は、その名の通り「ディーラーに直接下取りをしてもらう」ということを指しています。

つまり買い替えをする際に、そのまま車も引き取ってもらうということですね。

そんなディーラーのメリットとデメリットを以下に分けて紹介していきます。

メリット

ディーラー下取りのメリットは、なんといっても「ラクさ」です。

というのも買い替えの際には新車商談も同時進行でしていくのですが、なんと新車の見積もりの中に「値引きと同様に」下取り価格が載せられるのです。

つまり一回の処理で、購入と買取を相殺してくれるのです。

そのため単純に車を交換し、さらに値引き額が増えるという感覚を持つことができます。

デメリット

一方、ディーラー下取りのデメリットは「安いケースが多い」ということに尽きます。

というのもディーラーとしては新車の販売をすることによって

  • 新車の単純な利益
  • メーカーからのインセンティブ

という2種類の利益を上げています。

そして新車の販売台数はメーカーからノルマ化されていますので、新車の販売ばかりに力を入れています。

その結果中古車の販売にはあまり力を入れておらず、結果的に中古車在庫の源泉となる下取りにもあまり力を入れていないのです。

そのため次に紹介する買取専門店の査定額にはどうしても負けてしまう傾向にあります。

ちなみに下取りは「値引きのようなもの」と述べましたが、実は下取り価格が高い場合には「新車そのものの値引きが極端に少ない」というケースがあります。

これは新車販売のノルマの一つでもある「新車の利益確保」のためですが、顧客であるあなたにとっては「見せかけだけ査定額が高くなっている状態」ですから、注意が必要です。

オススメの人

ディーラー下取りがオススメの人は、「ディーラーにすべてを任せたい」という人です。

あくまで金額ではなくラクさを求める人と言えば、イメージしやすいでしょう。

実際、ディーラーに下取りを任せてしまえば本当にスムーズに商談すべてを完了させることができます。

ただし次に紹介する買取専門店と比較して20~30万円安いというケースも多いため、その分の金額を我慢できる人でなければオススメできません。

売却方法2.買取専門店の買取

買取専門店は「買い取った車を中古車として再販する業者」です。

そのため買取=在庫車確保となり、利益の源泉となっています。

そんな買取専門店による買取のメリットとデメリットも、以下に分けて説明していきます。

メリット

買取専門店の買取のメリットは、なんといっても「査定額の高さ」です。

先ほどもお話ししましたが、ディーラーと比較した時に20~30万円程度高くなることも普通で、間違いなくお得になります。

その理由は単純で、買取をしなければ利益を上げることができないから。

実際、今は中古車人気によって買取店の中古車販売は絶好調です。

しかし中古車人気の影響から在庫車が不足しているのです。

そのためさらなる利益を上げるためには、在庫車の確保が必要ですよね。

だからこそ在庫車確保=買い取りに力を入れており、ディーラーと比較すると高くなりやすいのです。

デメリット

買取のデメリットは、新しく車を購入する場合に「購入金額との相殺ができない」ということです。

つまりひと手間だけ増えてしまうんですよね。

しかしひと手間増えるだけで、数十万円程度もお得になるのであれば、筆者としては絶対にディーラーではなく買取専門店に依頼すべきだと断言します。

オススメの人

買取専門店がオススメの人は「できる限り高く売りたい」と思っている人です。

その理由はもうお分かりだと思いますが、ディーラーよりも高く買取ってくれるからです。

また買取専門店ではどこの業者も「自社で絶対に買取を実施したい」と思っているため、足元を見た価格提示をすることはほとんどありません。

そのため「騙される心配も少ない」と思っても、ほとんど間違いではないのです。

車一括査定

車一括査定とはインターネット上のサービスで、申し込みをすると「複数の業者に一括して出張査定が依頼できる」というものです。

つまり一気に競合させるにはもってこいのサービスと言えます。

そんな車一括査定のメリットとデメリットも、以下に分けて説明していきましょう。

メリット

メリットは「ラクして確実に最高額を引き出せる」ということです。

というのも先ほど説明した買取専門店のことを覚えていますか?

そう「どの買取専門店も自社で絶対に買取を実施したい」と思っているのです。

そのため一括査定で一気に買取専門店を3~5社呼び、一気に競合させることで徐々に査定額が上昇し、最終的には最高額を引き出すことが可能になるのです。

また競合させるという意味では複数の買取専門店をまわっても良いのですが、車一括査定では

  • 自力で買取専門店を探さなくても良い
  • 出張査定も一括依頼できるので、自分が動く必要がない

というメリットもあります。

つまりまとめると、ラクして最高額を引き出すことができるということです。

デメリット

デメリットは「申し込み後に電話が多くかかってくる」ということです。

実際に試したみたところ、下記のようにひっきりなしで電話が掛かってきます。

車一括査定申込後の着信履歴車一括査定申込後の着信履歴

その結果、誰もが嫌な気持ちになるといっても過言ではないのです。

とはいえアポさえ取れれば各社の電話は止まります。

そのためあらかじめアポの日時さえ決めておけば、一度電話でやり取りするだけで済むということができ、煩わしい気持ちを最小限に抑えて最高額が引き出せるのです。

オススメの人

車一括査定がオススメな人は、「とにかく最高額で車買取をしてもらいたい」という人。

特に新車購入などで値引きが渋く、

  • 少しでも購入費用を抑えたい
  • 今後の予算を確保しておきたい

という人にはオススメです。

申し込み自体も1分あれば完了するほど簡単ですから、ぜひ利用してくださいね。

車一括査定を使えば電話対応のデメリットを引き換えに最高額で車が売れる 車一括査定というサービスは、申込むとあなたの住んでいる近くの車買取店複数社に、一気に査定依頼ができるサービス つまり買...

売却方法4.個人売買

最後に紹介する方法は個人売買です。

そして先に結論を述べておきますが、個人売買は「あまりオススメではない」というのが本当のところです。

コチラもメリットとデメリットを分けて解説していきますから、ご覧ください。

メリット

個人売買のメリットは「自分で自由に価格設定ができる」ということです。

つまり買い手さえ納得すれば、相場より高くしても全く問題ないのです。

また仮に相場の適正価格で出したとしても、業者に中抜きされることがなくなるため、基本的に「お得になる」ということは間違いないでしょう。

デメリット

一方、デメリットは「非常に面倒くさい」ということです。

というのも個人売買という性質上、

  • 適正価格の調査
  • 車の名義変更
  • 陸送の手配

など、自動車ディーラーや買取専門店などの「プロがする作業のすべて」を自力で実施しなければなりません。

そして仮にミスがあった場合には、責任を負う可能性もあります。

そのため「手間がかかる上、同時にリスクも背負うことになる」ということができるのです。

オススメの人

個人売買がオススメの人は「車の販売や売却のプロ」です。

つまり単純に業者の人にしかオススメできないのが現状なのです。

もちろん今は情報社会ですから、素人でも不可能ではありません。

しかし万が一責任を負うことになったとき、賠償問題になると面倒くさいですよね。

そのためプロ以外にはまったくオススメすることはできません。

※ちなみに筆者はプロですが、それでもリスク回避のために個人売買をすることはありません。


以上で車売る方法に関する解説を終了しますが、あなたにマッチした車売る方法は理解できましたよね。

そこで次章では、実際に車売るステップを紹介していきましょう。

2.車売る5ステップとポイント

車売るステップは、下記に箇条書きした5段階になります。

  1. 業者選択
  2. 競合
  3. 契約
  4. 必要書類の準備
  5. 車両引き渡し

それぞれ以下に分けて解説していきます

ステップ1.業者選択

業者選択に関しては、先程紹介した「ディーラーの下取りがオススメの人」に当てはまらない場合は、絶対に買取専門店の買取を選択してください。

おさらいすると「高く車を売りたければ買取専門店」ということです。

そのため筆者としては買取専門店を選択をオススメします。

また買取専門店は競合させることで徐々に査定額が上昇していきますから、次の「競合」につながる業者を3~5社程度用意する必要があります。

ステップ2.競合

競合させる複数の業者を探すときは、先程紹介した「車一括査定」というサービスがオススメです。

なぜなら車一括査定では申し込み後に「あなたの身近にある買取専門店複数社」をピックアップして、選択することができるからです。

また車一括査定を利用することによって

  • ラクに複数の業者を探すことができる
  • 一気に複数業者を競合させることができる=すぐに最高額が出る

というメリットを享受することができますから、やはり利用するべきだと断言します。

ちなみに具体的に競合させる方法は下記の通りです。

  • 複数社に同日同時刻のアポを取り、一度に出張査定をしてもらう
  • 査定額を名刺裏に書いてもらう
  • 上位2社だけを残し、再度「もう少し査定額を上げてほしいので2社で頑張ってください」と伝える
  • 次に出てきた価格の内、高い方で決定

この手順通りにいけば、ほとんど間違いなく相場の上限付近の価格で査定額が提示されます。

ステップ3.契約

競合させた最高額で、契約をしていきます。

契約時には署名と捺印をするだけで完了するため、手間はほとんどかからないと思っても問題ありません。

しかし契約時には注意点があります。

それは下記の2点。

  1. 再査定についての確認
  2. 自動車保険の手続き

それぞれ以下に分けて説明していきます。

注意点1.再査定についての確認

買取専門店が悪質な場合には、売買契約後に改めて車両の減点を確認して、「減額請求がされる」というケースがあります。

これを再査定と呼ぶのですが、基本的に一度契約を結んだ後に金額の変更をすることはルール違反です。

もちろんあなた自身が正直に車両の状態を申告していることが前提となりますが、必ず「後から減額するなんてことはないですよね?」と確認しておきましょう。

また売買契約書には、細かい字で様々なことが書かれています。

あなたにとって不利な条件が書かれていないか、その点についてもしっかり確認しておきましょう。

注意点2.自動車保険の手続き

車売るということは、車を手放すだけ、もしくは車の買い替えをしますよね。

その場合は自動車保険の手続きとして

  • 中断…等級の保存
  • 車両入替…等級を他の車両に入れ替える

をしておくことで、等級の割引率で損することがなくなります。

そのため必ず加入している保険代理店または保険会社に連絡し、手続きを完了させてください。

車の乗る可能性があるなら自動車保険は解約ではなく「中断」にする自動車保険には「中断」という仕組みがある。 この仕組みは自動車保険を語る上では欠かすことのできないもので、特に「これから一旦、自動...

ちなみに手続き自体は非常に簡単で、「連絡するだけ」で大丈夫です。

(車の買い替えの場合は、新しい車両の車台番号などの情報が必要ですので、車検証を用意するとスムーズです)

また買い替えに伴う車両入替をする場合には、このタイミングで「自動車保険の見直し」をすると、保険料が半額以下になるケースもあるためオススメです。

車の買い替えは8ステップ!誰よりも損せず買い替えるための全知識車の買い替えは非常にうれしく、楽しみなことですよね。 しかし車買い替えをしていくには「流れ」というものが存在しており、実際に流れを...

ステップ4.必要書類の準備

契約が完了したら、必要書類の準備をします。

そして車売るときの必要書類は下記の7点になります。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 自動車納税証明書
  5. 所有者の印鑑証明および実印
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

コチラもそれぞれ以下に分けて説明していきましょう。

書類1.車検証

車検証には所有者などの名義が書かれています。

そのため車売った後は、買取専門店も名義変更をするために、車検証が必要になるのです。

そして車検証は車のダッシュボード内にある車検証例という手帳のようなケースに保管されていることが多いです。

書類2.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も車検証入れの中で保管されていることの多い書類です。

そして自賠責保険証明書も、名義変更の必要があるため必須の書類といえます。

仮に紛失してしまった場合には、加入している保険代理店または保険会社に連絡すると1週間~1カ月程度で再発行してくれます。

ただし車検切れの車を売る場合には、そもそも自賠責保険の期限も切れているため、必要ありません。

書類3.リサイクル券

リサイクル券も車検証入れの中に保管されていることの多い書類です。

ただし、実は紛失していても何ら問題ない書類でもあります。

というのも買取専門店としては、リサイクル券に記載された「預託金」という金額が知りたいだけなのです。

そして預託金の金額は、買取専門店がネット上で簡単に調べることができます。

そのため特別確認して用意しておかなくても、とりあえず大丈夫だと思ってOKです。

書類4.自動車納税証明書

車を売った後に業者が名義変更をするためには、その車が「きちんと納税されていること」が条件になります。

そのため自動車納税証明書の添付を求められることが非常に多いです。

ただし自動車納税証明書はレシート大の小さな書類であるため、紛失してしまうケースが多いです。

しかし安心してください。

というのも自動車納税証明書は都道府県税事務所の専用端末にて、簡単かつ無料で再発行可能だからです。

そして簡単かつ無料であるため、買取専門店の担当者が無料で代行してくれるケースも多いのです。

そのためあまり心配せずとも、特別に用意しなくても良い書類ということができます。

書類5.所有者の印鑑証明および実印

後述する譲渡証明書や委任状には、所有者の実印を押印し、「所有者本人が認めた」という証明をします。

そのため所有者本人の印鑑証明および実印を用意しておく必要があります。

印鑑証明に関しては市区町村役場または出張窓口などで、200~300円程度の手数料を支払うと発行可能です。

また所有者がローン会社などとなっている場合には、ローン会社に連絡すると残債などの確認の後に、印鑑証明を送付してくれますので安心してください。

書類6.譲渡証明書

譲渡証明書は、名義変更の手続きに直接関係する書類です。

そのため車売る際の超重要書類ということができます。

そして書類自体は売買契約時に、買取専門店の担当者からその場で入手可能であり、実印の押印が必要になります。

また所有者がローン会社となっている場合には、印鑑証明の送付依頼をしたときに、同封して送付してくれますので安心してください。

書類7.委任状

委任状は買取専門店に名義変更手続きを代行してもらうために必要な書類です。

そしてこの書類にも実印の押印が必要になりますので、覚えておいてください。

またローン会社が所有者となっている場合には譲渡証明書と同様に、委任状も印鑑証明と同封して送付してくれます。

ステップ5.車両引き渡し

必要書類をそろえて買取専門店の担当者に渡すと同時に、車両引き渡しをしていきます。

車両の引き渡し自体はそのまま「渡して終わり」なのですが、ここで1点だけ注意すべきことがあります。

それは「入金日の確認をする」ということ。

あくまでお金がかかわる問題ですから、必ず入金日の確認だけはしておきましょう。

3.まとめ

以上、車売る方法や流れに関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 車売る方法は4種類あるが、オススメなのは「車一括査定を利用して、複数の買取専門店を競合させる」ということ
  • 車売る流れは5段階に分けられていて、手順通りに進めれば簡単に最高額で車売ることが可能
  • 車売る手順の中でも特に重要なのが「競合」で、やはり車一括査定を利用するのがオススメ

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック