車購入

車購入の4つの方法・5つの支払い方法とメリット・デメリット

車購入の検討をする中で、様々な「購入先」があってどの業者に依頼すれば良いのか分からなくなってしまいますよね。

また業者だけではなく、実際の支払方法についても気になっているはず。

そのため下記のような内容を、ひとまとめに知りたいと思っているでしょう。

  • 車購入の方法・業者はどんな種類があって、何を選択するのがベストなのか
  • 車購入の支払方法は、どんな種類があって、何を選択するのがベストなのか
  • 損したくないから、正しくお得になるオススメの方法が知りたい
  • 車購入であらかじめ用意する書類があれば知りたい

そこで今回は、元ディーラー営業マンだった筆者が、車購入の方法について詳しく解説していきましょう。

実は業者選びや支払い方法は多くの人が勘違いしており、あなたもその一人かもしれません。

そのためぜひ当ページの内容はしっかりご覧になって、絶対に損しない車購入をしてくださいね。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.車購入の方法は4つある

まず車購入の方法(購入先)について紹介しておきますが、現代では下記の4つが主流となっています。

車購入方法は4つある
  1. ディーラー
  2. 中古車販売店
  3. インターネット
  4. 個人売買

それぞれをまとめると下記の通り。

車購入の方法
(購入先)
ディーラー 中古車販売店 インターネット 個人売買
メリット ・安心感がある
・新車購入ができる
・ディーラーよりも車両価格が安い
・極上車が見つけられる
・通常の価格よりも安い可能性がある
・交渉なしでお得な車購入ができる
・安く購入できる可能性が高い
デメリット ・新車以外なんでも高い ・新車が購入できない ・騙されることもある
・販売店で購入した方がお得な場合がある
・自力で手続きをしなければならないケースが多い
・故障のリスクが高い
・故障しても保証がない
・陸送手配や名変など、自力の手続きが多すぎる
・手続きに失敗すると公道を走行できない可能性がある
オススメ度 ★★★★ ★★★★

そして一覧表でご覧いただいた通り、メリットとデメリットもありますから、詳しく紹介していきましょう。

購入方法1.ディーラーで購入する

ディーラーで車購入をするということは、あなた自身も頭の中の選択肢として迷っていたのではないでしょうか。

その考えは間違いではなく、筆者自身も上で載せた一覧表の通り、オススメ度はかなり高いということができます。

ディーラーで車購入をするメリット

ディーラーで車購入をするメリットは、なんといっても「安心感がある」ということです。

実際、ディーラーはメーカーから特別な許可を受けて「新車を販売させてもらっている」という立場になっています。

つまり販売の大元となる、メーカー自体が信頼していなければ販売させてもらえないということなのです。

またディーラーは自社の取り扱い車種に関しては、どこの業者にも負けないほどのスペシャリストですから、間違いなく安心して整備などを任せられます。

その他にも、万が一不具合が出た場合のクレーム対応や新車保証なども、メーカーとのやり取りが非常にスムーズにできるため、早期解決もしてくれます。

そのため筆者としては、安心を求める人には積極的にオススメです。

ディーラーで車購入をするデメリット

逆にディーラーのデメリットとしては「なんでも高い」ということだけです。

というのもディーラーや安心感と裏腹に、

  • 中古車価格
  • 作業工賃
  • 部品代金

 

など、様々な物が高いというケースが多いのです。

例えば作業工賃に関しては、個人経営の整備工場が7,000円/時間だとすると、ディーラーは8,000~10,000円/時間といったイメージです。

そのため安いトコロと比較すると、1~2割程度は確実に割増になると思った方が良いでしょう。

ただし新車購入をする場合には、ディーラーで購入した方が絶対に安くなる

なぜなら個人経営の販売店の場合には、スズキやダイハツの代理店をしていない限り、メーカーから直接新車を仕入れることができないからです。

つまり新車をお客様に販売したい場合には、ディーラーから売ってもらい、自分のお客さんにまた売らなければならないのです。

そのため新車購入をする場合に限り、ディーラーで購入した方が確実に安くなると覚えておきましょう。

購入方法2.中古車販売店で購入する

中古車販売店で車購入をする場合、基本的には「中古車を狙う」ということになります。

しかし今どきの中古車販売店では様々な車を扱っているほか、ピカピカで新車同然の車などの取り扱いもあるのです。

そのためディーラーに次いで購入先の候補となっているかと思いますが、比較的オススメできると思っても問題ありません。

中古車販売店で車購入をするメリット

中古車販売店で車購入をするメリットは、「ディーラーよりも安い」ということです。

というのもディーラーでは工賃などが高いことを述べましたが、それ以上に車両価格自体で「中古車販売店よりも利益を確保したい」と思っています。

つまり中古車販売店の方が利益率が低く、その分販売台数で勝負しているのです。

そのため中古車販売店で中古車の購入をした方が、ディーラーと比較して安くなりやすいということは覚えておいてくださいね。

中古車販売店で車購入をするデメリット

中古車販売店で車購入をするデメリットは、なんといっても「新車が購入できない」ということでしょう。

というのも先ほども述べた通り、中古車販売店はメーカーと契約していないため、新車の仕入れができないのです。

つまりもしも新車を売るとしたら、ディーラーから購入することになります。

しかし詳細は後述しますが、実は中古車販売店では「新古車」や「未使用車」といった、新車同然でありながら、格安で超お得な自動車を取り扱っています。

そのため新車の購入はできませんが、間違いなくお得に車購入ができると思っても間違いないでしょう。

購入方法3.ネットから購入する

ここ最近ではネット通販でお買い物をするように、インターネットから車購入をすることもできます。

そのためこれからは一般的な購入方法になる可能性もあるといえるでしょう。

ただし現状としてのプロの意見は「あまりオススメではない」というのが正直なところです。

ネットから車購入するメリット

ネットから車購入をするメリットは「安く購入できる可能性が高い」ということです。

あなたもネット通販でこんな経験がありませんか?

  1. Amazonで見るよりも、楽天の方が安くてポイントがいっぱいもらえた
  2. そもそもネットからの購入なら、最初から1割引きされていた
  3. 下手に交渉しなくても安い商品が見つけられるからラク

 

このように、今までネット通販に求めていたことすべてが、車購入でも享受することができるのです。

ネットから車購入をする3つのデメリット

一方、ネットから車購入をするデメリットは、やはりネット通販のデメリットと同様です。

ネット購入の3つのデメリット
  1. 場合によっては「騙される」という可能性がある
  2. 安いと思って購入したが、普通に販売店で購入した方がお得だった
  3. 自力で書類などの手続きをしなければならず面倒くさい

このように、ネット通販あるあるのようなデメリットばかりなのです。

そのため筆者としては「自己責任で、万が一数百万円の損をしても大丈夫」という人以外には、絶対にオススメすることはありません。

ただし、中には非常に丁寧に対応をしてくれる業者もいますし、保証などを付けてくれる業者もいますから、「オススメではないが良い業者ならナシではない」と思ってください。

購入方法4.個人売買

個人売買に関してはインターネットから購入するよりも、圧倒的にオススメできません。

その理由はデメリットをよく見ると分かるのですが、メリットが全く無いわけではないため、これまで通り順に紹介していきます。

個人売買のメリット

個人売買のメリットは「安く購入できる可能性が高い」という点にあります。

というのも通常では「個人→業者→個人」という流れで車購入をしますが、個人売買では「間の業者を抜かすことができる」といえるからです。

つまり単純な話、中抜きをさせることが無くなるため、買う側も売る側も、少しだけお得に売買ができるのです。

しかし、ただ「可能性が高い」というだけの話

デメリットが非常に重要なので、しっかりご覧ください。

個人売買で購入する6つのデメリット

個人売買のデメリットは下記に挙げた通り、かなりリスクのあるものです。

個人売買の6つのデメリット
  1. 個人が中古車販売店の売値を参考にしていると安く購入できない
  2. 個人から安く譲ってもらっても、そもそもメンテナンス歴や納車前の点検が無いため、すぐに故障するリスクがつきまとう
  3. すぐに故障したとしても、保証をしてもらうことはできない
  4. 購入後の陸送手配は、基本的に自力でしなければならない
  5. 陸送手配だけではなく、書類の準備や名義変更なども自力になる
  6. しかも書類などに不備があると、一生自分の物にならず、公道も走行することができない可能性がある

このように、挙げればきりがないほど「大きなリスクばかりを背負う可能性がある」ということができるのです。

そのため個人売買に関しては、完全に「業者向け」と考え、完全に素人の個人が実施すべきではないと覚えておきましょう。


以上、車購入の方法(購入先)についての解説をしてきましたが、ご覧の通りオススメできるのは「ディーラー」もしくは「中古車販売店」になります。

その理由はありとあらゆるリスクが「比較的少ない」ということができるからです。

そのためあなたがよほど車関係の手続きに精通していない限りは、ディーラーか中古車販売店で車購入はしてください。

そしてディーラー・中古車販売店では、購入代金の支払方法が限られています。

そこで次章では、車購入の支払方法について紹介していきましょう。

2.車購入の際の支払方法は5つ

車購入をする際の支払方法は、下記に挙げた5つです。

車購入時の5つの支払方法
  1. 現金一括払い
  2. ディーラーローン
  3. 銀行ローン
  4. 自社割賦対応(自社ローン)
  5. 残クレ

基本的にどのディーラー・中古車販売店でも受け付けてもらえるメジャーな支払方法ですから、それぞれ説明していくとともにメリット・デメリットを紹介していきましょう。

支払い方法1.現金一括払い…★★★★

その名の通り「車購入の代金を手持ちの現金で一気に支払う」ということ

コンビニで商品を購入するのと同じく、単純な仕組みですからメリットとデメリットも非常に分かりやすいと思って間違いありません。

現金一括払いのメリット

現金一括払いをするということは、後述するローンなどのように「金利支払い」をする必要がありませんから、結果的に損をすることはまずありません。

そのためシンプルかつ絶対に損のない購入方法だと思っても間違いありません。

現金一括払いのデメリット

一方、デメリットとしては「一気に貯蓄が無くなってしまう」という点があげられます。

車購入をするためには新車でも中古車でも、数十~数百万円のお金がかかってしまいますよね。

これまで貯め続けてきた貯蓄の大部分が無くなりかねませんし、結婚や出産など、大きなライフイベント時には多くのお金がかかります。

そのためいざというときの資金が無くなるというのは、一種のリスクということができるでしょう。

ですから車購入ぐらいではビクともしない程度の貯蓄をしている人以外は、損することが無くても「積極的にオススメできない」というのが本音です。

支払い方法2.ディーラーローン…★★

ディーラーローンはディーラーやメーカー系の金融機関からお金を借りて、車を購入する方法

そしてこの支払方法は非常に一般的で、実際にディーラーに行った人のほとんどが営業マンから勧められます。

そんなディーラーローンのメリット・デメリットは以下の通りです。

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンのメリットは「審査が緩め」ということです。

というのもディーラーローンであれば自営業者やその他にローンを抱えている人でも比較的借りやすく、車の購入を容易にすることで「販売台数を伸ばしたい」という狙いがあるのです。

ですから条件の悪い人でもお金を借りられ、車購入ができると思っても問題ないでしょう。

ディーラーローンのデメリット

逆にデメリットとしては、借りやすい反面「金利が高いことが多い」ということが挙げられます。

というのも次に紹介する銀行ローンが年利2~3%前後であるのに対し、ディーラーローンでは4~5%程度であることが一般的なのです。

金利が2%変われば、例えば5年間の返済総額で数十万円単位となるため、大きな損と言わざるを得ません。

しかしすべてのケースがそうとも限りません。

というのもディーラーローンでは「今メーカーが売りたい車種」などに限定して、超低金利キャンペーンなどを実施しているケースがあるからです。

そのため一概にはいえませんが、

  • お金が借りられない、借りにくい人
  • 超低金利キャンペーンの対象となっている場合

には積極的にオススメできると思って間違いないでしょう。

支払い方法3.銀行ローン…★★★★★

銀行ローンは一般的な都市銀行や地方銀行、信用金庫などでお金を借りて、車購入をすること

一見すると「お堅い銀行が相手をしてくれるのだろうか…」と不安になるかもしれませんが、相対的に筆者は最もオススメだと断言します。

コチラについても以下にメリットとデメリットを紹介していきましょう。

銀行ローンのメリット

銀行ローンのメリットは、金利が「低く安定している」ということです。

実際、先ほども述べましたがディーラーローンと比較すると、多くのケースで「銀行ローンの方が低金利」ということができます。

そのため返済総額では基本的にお得になると思っても間違いありません。

また銀行ローンでは審査が厳しいと思われがちですが、

  • 多重債務者ではない(住宅ローンは除く)
  • サラリーマンである

という条件に合致した人であれば、よほどの超高級車ではない限り審査に通過するケースがほとんどです。

つまり定期的に安定した給料が得られれば問題ないと思っても間違いありません。

そのためほとんどの人はそれほど心配する必要がないでしょう。

ちなみに銀行は堅苦しくて行きづらいと思っているかもしれませんが、実はそんなことありません。

というのもあなたはお客様ですし、銀行としては「返済できる確率の高い人にはドンドン融資したい」と思っています。

そのため快く話を聞いてくれますし、対応もすこぶる良いため安心してくださいね。

銀行ローンのデメリット

銀行ローンのデメリットは、ディーラーローンほど審査が緩くないことです。

しかしメリットで述べていますが基本的には「定期的に安定した収入がある人」であれば、審査に通過します。

そのため自営業者や多重債務者にはオススメできませんが、いわゆる「普通の人」であれば大丈夫だと思って良いでしょう。

ちなみに銀行ローンは、金融機関によっても金利が変わります。

そのためインターネットで構わないので、もしローンを検討するのであればいくつかの金融機関で金利をチェックしてすることをオススメします。

一応、筆者が調査した結果を下記に載せておきますので、コチラも参考にしてくださいね。

金融機関名 固定or変動 最小金利(%) 最大金利(%)
損保ジャパン日本興亜 1.900 2.850
三菱UFJ銀行 1.700 2.450
三井住友銀行 4.475
静岡銀行 2.400 4.400
大垣共立銀行 3.475
名古屋銀行 2.300 3.200
十六銀行 2.475 3.975
愛知銀行 2.100 3.400
東海ろうきん 2.300 2.800
2.000 2.500
平均値 2.513 3.353
2.933

※2019年1月現在の調査結果

支払い方法4.自社割賦対応(自社ローン)…★★

ディーラーなどの販売店に対して分割対応をしてもらう方法

自社割賦は「自社ローン」等とも呼ばれている支払方法で、実は現代ではあまり一般的ではありません。

信頼関係があってこその支払方法ですが、メリット・デメリットがありますので以下をご覧ください。

自社割賦対応(自社ローン)のメリット

自社ローンは販売店が対応してくれる場合には、特別に金融機関などでローンを組まなくても良いため、金融機関同士が情報共有している「信用情報」にキズが付かないケースが多いです。

また筆者がこれまでに見てきた自社ローンでは

自社ローンの条件例
  • ある時払い
  • 毎月現金で店舗にて支払う
  • 15年の超長期分割払い

といったように、販売店によってはかなり自由度が高いという特徴があります。

しかし大きなデメリットがありますから、続けてご覧ください。

自社割賦対応(自社ローン)のデメリット

自社ローンは販売店とお客様が独自のルールで支払方法を定めるケースが非常に多いです。

その結果、実は超高金利で対応されることがあるのです。

そのため例えば年利で10%前後を取られるケースもあり、金利での損は計り知れない部分があります

なぜなら自社ローンではお客さんに逃げられてしまうと、販売店としては丸々大損をするからです。

そのリスク回避として、現代においてはほとんどの販売店で自社ローンを実施していないのです。

ちなみに個人が経営している販売店などでは、付き合いの深く、身分のよく分かっている地元の人などに対しては「無金利で5年対応」などをしているケースがあります。

もし身近にそのような対応をしてくれる人がいるのであれば、積極的にオススメします。

ですが基本的にこのようなケースは極めて少ないですから、筆者としては「最初から考えなくてもOK」と断言しておきます。

支払い方法5.残クレ…★

残クレはここ最近よく聞くようになった車購入の支払方法なのですが、仕組みとしては下図のように残価を引いた分に対して、分割払いをしていく」というスタイルになっています。

残クレ図解残クレ図解

残価とはディーラーが指定した「契約年数後に売却する際の予想金額」です。

その分を差し引いて支払いをしていくというわけですね。

そのため各メーカーともに「新しい車の買い方」「賢く新車に乗り続ける方法」などと、よく宣伝しています。

詳しくは下記のメリット・デメリットで紹介していきましょう。

残クレのメリット

残クレのメリットは「月々の支払額が抑えられる」ということです。

実際、設定できる残価は乗用車で3~4割程度になるものが多く、残った6~7割分を分割払いしていくため、支払額は本当に少なくなるのです。

そのためボーナス払いなどと併用すると、例えば月々2~3万円の支払いで、アルファードやランドクルーザープラドといった、高級車を狙うことも可能になります。

残クレで支払う際の3つのデメリット

一方、デメリットとしては下記の点が挙げられます。

残クレの3つのデメリット
  1. そもそも金利が高すぎる
  2. 車が自分の物にならない
  3. 相対的に損しかしない

まず金利に関してですが、これはディーラーローンと同じく4~5%前後で設定されていることが多く、銀行ローンなどと比較すると高金利ということができます。

また一部を除いた残りの部分を契約年数で支払っていくのですが、契約満了後はどうなるかご存知でしょうか。

そう、実は支払いがせっかく完了しても車を返さなければならないのです。

つまり自分の物にはならないということであり、続けて新しい車を残クレで契約することになります。(というかそうなるように、ディーラー側が勧めてきます)

そのため一生高金利で、車のローンを支払い続けることになるのです。

ちなみに車を自分の物にしたい場合には、契約満了後に「設定した残価を一括払いする」という必要があります。

つまり新車価格の3~4割を一括払いしなければならないため、100万円以上の出費がそこで発生する可能性があるのです。

筆者としてはそんなお金が用意できるのであれば、最初から頭金として入れておき、残りの部分だけを銀行ローンで支払うべきだと断言します。

相対的に「金利面」でも「所有できない」という点においてもデメリット

また上記をご覧になる限り、損しかないということは理解できますよね。

しかし一部車種などに関しては、ディーラーローンと同じく超低金利キャンペーンの対象となっているケースがあるため、1%台の金利であれば「ちょっとこの車種を試してみたい」という場合にのみオススメします。


以上、ここまでで車購入の方法(購入先)と支払方法について、すべてを説明してきました。

そこで筆者がプロ目線で見た時に、最もオススメできる方法を次に結論として述べていきましょう。

3.結論、筆者のオススメは「店舗」で「銀行ローン」

筆者が実際にお客様側だと仮定すると「ディーラーもしくは販売店にて銀行ローンによる支払いをする」というのが最も安心です。

もちろん貯蓄がふんだんにある人は一括払いの方がお得ですが、筆者はあまりお金がないため金利が低い銀行ローンにします。

そして確実に「店舗」にて購入すれば、間違いなく保証や整備などの面で安心することができます。

ただしこれまでにも述べてきたように、金利などの条件は様々です。

そのため下記のように、状況に応じて対応してくださいね。

  • 自営業で銀行から断られた…ディーラーローンで車購入をする
  • 超低金利キャンペーンで、1.5%になっていた…ディーラーローンや残クレで車購入をする
  • 親戚で車屋を経営している人が、自社ローンを無金利で対応してくれた…自社ローンで車購入をする

そうすれば間違いなくリスク回避をしながら、最もお得な車購入が可能になります。

またここまでの説明で来る購入の方法は理解できたかと思いますので、次章では実際に車購入をする際の「必要書類」について紹介していきましょう。

4.新車・中古車購入の必要書類は3つ

実は車購入をする際に必要な書類は、下記に挙げた3つになります。

車購入時の必要書類は3つ
  1. 印鑑証明書(と実印)
  2. 委任状
  3. 車庫証明

それぞれ分けて説明していきますから、そのまま最後まで読み進めてくださいね。

書類1.印鑑証明書(と実印)

印鑑証明書とはあなたの実印を証明する書類です。

そして所有権者であるあなたが車の登録を代行してもらうために必要な「委任状」に実印を押印するため、その証明として必要となると覚えておきましょう。

実印の登録をまだしていない場合には、住民票のある市区町村役場または出張窓口にて、簡単に登録できます。

また同じ窓口にてそのまま発行もしてもらえますから、200~300円程度を支払って発行してもらいましょう。

ちなみに金融機関などが所有権者となる場合には、ディーラーの担当者に金融機関の担当者の連絡先を教え、連絡しておいてもらうと登録日に合わせて送付してもらえます。

書類2.委任状

委任状は今述べた通り、車の登録を代行してもらうために必要な書類です。

そしてこの書類には実印を押印するほか、実印を証明する印鑑証明を添付して提出しなければなりません。

また今述べましたが、金融機関などが所有権者となる場合には、金融機関に伝えておくと印鑑証明と同封して、ディーラー宛に送付してもらうことができます。

このあたりもディーラー・金融機関の担当者を双方連絡させておけば、自動的に手配してくれますので安心してください。

書類3.車庫証明

車庫証明とは、車の保管場所を証明する書類で、車の登録をするために必要となります。

そして販売店の見積もり上では取得の代行費用として1~2万円が記載されることが多いのですが、自分で取得すれば2,500~3,000円程度で済ませることが可能です。

また申請~取得自体も非常に簡単ですから、ぜひ下記のリンクをご覧になって実践してください。

自動車保管場所証明申請書
超カンタン申請!車庫証明は自力申請で最大約2万円もお得になる!車を購入すると、ディーラーや販売店にお願いして「車の登録」という業務を代行してもらうことになります。 そうすると晴れてその車を公道...

手順としてはザックリ言うと

  1. 車の大きさや車庫地の住所などを記入する
  2. 車庫の場所を図解する
  3. 車庫の所有者に使用承諾をしてもらう

という3ステップで、本当に簡単に作成できます。

ちなみに入社後の研修が終了後、いきなり筆者は書かされましたが「普通に取得できた」という書類ですので、素人でも十分簡単ですから安心してくださいね。


以上が車購入の必要書類でしたが、どれもあまり心配しなくても大丈夫です。

というのも販売店の営業マンとしては「滞りなく納車までしたい」と思っていますし、納車までしなければ自分の手当にもなりません。

そのため間違いなく親身になって指示をしてくれますし、場合によっては車庫証明を「実費だけで結構です」と気持ちよく対応してくれます

ですから全然心配しなくても大丈夫ですよ!

ちなみに最後に紹介しておきますが、実は新車同然の「新古車」「未使用車」といった優良中古車を、簡単かつ手間なく探せるサービスがあるのをご存知ですか?

購入予算をギリギリにしても優良中古車が探せますし、すべて整備や保証などの面で安心できる車両しかありませんから、ぜひ次の説明をご覧になって利用してくださいね。

5.安心&格安の優良車両を探すなら「なびくる+」と「クルマコネクト」がオススメ

希望の予算で故障のない優良車種を探すなら「クルマコネクト」と「なびくる+」をオススメ。

上記サービスは、極上の「新古車」や「試乗車落ちといった新車同然で安い車を探せるだけではなく、通常の中古車もあなたの希望通りに探すことができます。

というのも今あげた2サービスは中古車販売の最大手であるガリバーと提携しており、全国各地にある数千台もの在庫車や非公開車両の中から、あなたの希望予算に合致する最良の車両を紹介してくれるのです。

また両サービスの違いとしては

  • クルマコネクト…チャット機能による対応のため、ザックリとした希望条件しか決まっていない人にオススメ
  • なびくる+…電話による対応のため、詳細な希望条件が決まっている人はサクッと完了する

となりますから、あなたが希望する条件に合わせて、上記サービスのどちらかを利用することをオススメします。

間違いなく希望の予算で、最良の車を引き当ててくれますよ!

【1分完了】クルマコネクトで中古車提案をGET
※ガリバーからの営業電話は一切ありません。

【1分完了】なびくる+で中古車提案をGET

6.まとめ

以上、車購入の方法について解説してきましたが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • 車購入をする方法(購入先)は、絶対に店舗を持っている「ディーラー」や「中古車販売店」がオススメ
  • 車購入の支払方法に関しては、一部の例外的なケースを除いて「銀行ローン」が絶対にオススメ
  • 車購入の必要書類はたったの3種類で、販売店の担当者などがしっかりフォローしてくれるため心配しなくても大丈夫
  • 新古車や未使用車といった極上の中古車を探して購入するなら、「なびくる+」や「クルマコネクト」を利用するのがオススメ

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「ユーカーパック」を使うことです。

ユーカーパックを使うと、全国の買取店2,000社以上からあなたの車に対して入札が入ります!

そうです。いわば車のネットオークションができるというわけです。

オークションのメリットは、説明しなくても大丈夫ですよね。値段がどんどんつり上がっていくこと。

あなたはディーラーよりも高く売れる可能性がグッと上がるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

ネットで気楽に入札状況を見ていればいいのです。

さらに、ユーカーパックは申し込み直後に愛車の相場が分かるので大変便利ですよ!

30秒で完了!ユーカ―パックで最高額をチェック