通販型の自動車保険で失敗?リアルな失敗事例とその対処方法

あなたは車に乗っていますか?そして自動車保険に加入していますか?

おそらく車に乗っている場合は「加入している」、これから車を購入しようと思っている場合は「必ず加入しようと思っている」と考えているでしょう。

しかし自動車保険の年間保険料はあまり馬鹿にできず、車種や加入条件によっては年間で20万円以上も支払わなければならない場合も多くあります。

そんな自動車保険について「なんとかして安くする方法はないのかな…」と調べてみると、「通販型自動車保険であれば保険料が安くなる!」といった内容に辿り着いたでしょう。

そしてさらに踏み込んで調べてみると「通販型自動車保険は対応が最悪で失敗した」、「通販型は安いだけで、結果的に失敗した」と多くの方がネガティブな発言をしていることもしばしば。

そのためあなたは

  • せっかく安くなると思った通販型自動車保険は、本当に「失敗」することが多いの?
  • 実は「実際に加入した人の声」を聞いたことないけど、どのように思われているの?
  • なんとかしてもっと保険料を安くする方法はないの?

など、通販型自動車保険を含めた保険契約において、なんとかして安くお得な保険料で、さらに安心して加入する方法を模索しているでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンである筆者が、通販型自動車保険の「本当のところ」や「保険料を安心して安くする方法」について詳しく解説していきましょう。

保険のイメージとは裏腹に、内容も誰でも分かるほど簡単ですから最後までスラスラ気楽に読み進めてくださいね。

読み終わる頃には「通販型自動車保険ってこうなのか!」「保険料はこうすれば安くなるのか!」と納得することができますよ!

1.通販型自動車保険に加入すると失敗すると聞くけど…実際どうなの?

自動車保険の保険料は、冒頭でも述べたように「非常に高い」です。

そのため若者などは保険料が高くなってしまうことが原因で、車を持つことが困難である場合もあります。

そのため私やあなたを含めたすべての人が「なんとかして保険料を安くしたい!」と思っており、通販型自動車保険への加入を検討するのです。

しかし前評判は「最悪」「失敗」という声が多く、心配になってしまいますよね。

そこで本章では通販型自動車保険に加入している方の、実際の評判として口コミなどをご紹介していきましょう。

実際の口コミを見た結果、あなたはどう思うのでしょうか。

おそらく「意外と悪くないかも?」と思うはずですよ!

まずは念のため、2種類ある自動車保険の「代理店型」と「通販型」についてそれぞれ解説していきます。

自動車保険には「代理店型」と「通販型」がある

あなたもご存知だと思いますが自動車保険には2種類あり、それぞれ「通販型自動車保険」と「代理店型自動車保険」と呼ばれています。

そしてそれぞれの大まかな特徴としては

  • 通販型…店舗を持たないため運営コストが安く、結果的に保険料も安い
  • 代理店型…店舗を持ちスタッフを多く抱えているため運営コストが高く、保険料も高い

とされています。

これは本当のことで、実際に同社主導条件で保険料を比較してみると2倍以上の保険料差になることも珍しくありません。

しかしよく言われるのは「通販型自動車保険に加入して失敗した」という話。

本当にことか分かりませんが、まずは実際に筆者が代理店型自動車保険の営業マンをしていた際に実感していた、それぞれの特徴を比較表にしましたのでご覧ください。

保険の種類 保険料 保障内容 加入方法 サービスの質
代理店型 高い 充実 店舗または自宅でスタッフの
フォローを受けながら契約
良い時もあれば悪い時もある
通販型 安い 充実 主にインターネットにて
自分の力で契約
良い時もあれば悪い時もある

いかがでしょうか。

最前線でお客様と接していた筆者にはそれぞれの特徴はこのように映っていました。

この比較表をご覧になる限り「同じような条件だから、保険料の安い通販型の方が良さそう」だと思いますよね。

とはいえあくまで「筆者が実感してきたこと」がベースとなっている比較表ですから、実際に世間の皆さんが通販型自動車保険に対して、どのように思っているかを次にご紹介していきましょう。

実際に通販型自動車保険を利用した「良い声」と「悪い声」を見てみよう!

筆者の感覚としては通販型も代理店型もそれぞれ内容に違いはあまりなく、「そうであれば保険料の安い通販型自動車保険が良いだろう」というのが結論ですが、筆者以外の通販型自動車保険加入者が実際にどう思っているのかが気になりますよね。

そこでここでは、「良い声」と「悪い声」に分けてご紹介していきましょう。

通販型自動車保険を利用した「良い声」

早速ですが実際に通販型自動車保険に加入した方の「良い声」を下記に引用しましたのでご覧ください。

いかがでしょうか。

決して「良い声を一生懸命探した」というわけではなく、さらっと簡単に調べただけでこれだけの良い声が出てきました。

そしてすべての方に共通しているのが「あれ?意外と対応が良い感じだな」という感覚で、通販型自動車保険が最も力を入れている「顧客対応」という点で、非常に満足度の高い結果となっているようです。

また保険料の安さにも満足している方が圧倒的に多いため、やはり満足度としては「非常に高い」と言っても過言ではないでしょう。

一方、「悪い声」はどのようになっているのでしょうか。

こちらに関しても次にご紹介していきましょう。

通販型自動車保険を利用した「悪い声」

通販型自動車保険を利用した方が実際に漏らしている「悪い声」、つまり失敗だったと述べている声を先程と同様にまとめましたので下記をご覧ください。

ご覧になっていかがでしたか?

実は一生懸命探したのですが、悪い声については良い声ほど多くはなく、結果的にこれらを引用するにいたったのです。

そして気がついたかと思いますが、具体的に書かれている事例が少ないですよね。

例えるならば「噂に過ぎない」といった感覚でしょうか。

とにかく具体的に「こんな対応が悪かった」「こう失敗した」という点については触れられていないのです。

そのため信ぴょう性がないわけではありませんが、あくまで「参考程度」と考えることがベターだといえます。

またそれぞれについて気になる点がいくつかありましたので、念のため元自動車保険営業マンの目から指摘をしておきましょう。

街の保険屋の方が早い対応をしてくれる

実は自動車保険の事故対応は、代理店では「事故受け付け」といって「このような事故がありました」という報告を保険会社にするのみであり、結果的に事故対応は通販型でも代理店型でも「保険会社」が行うため、あまり対応の早さは変わりません。

また保険代理店が下手に介入することで修理金額が補償されなかったなど、お客様にとって損することも出てくるため、積極的な介入は避けるべきといえるでしょう。

過失割合に納得がいかない

→過失割合についてはどの保険会社に加入していても「仕方がない」という場合があります。

というのも過失割合は裁判の判例に基づいて決定されているため、「自分の方が悪くないと思っていたのに、実際は自分の過失割合の方が重かった」ということも発生してしまうのです。

そのためどこの保険会社に加入していても、その事故に関しては基本的に「過失割合は変わらない」ため、諦めるしかないのです。

事故をした時の対応に難あり

→事故対応については先程も述べたように、保険代理店は「受付」のみですから、結果的には保険会社の種類による違いはほとんどないのです。

このように、実は「一般ユーザーが知らないだけ」「イメージが先行している」ということが多々あるのです。

もちろん担当者の変更というような「あまり気分がよくない状況」が起こる可能性は否定できませんが、「代理店型でも状況はあまり変わらない」と思った方が良いといえるでしょう。

また「良い声」や「悪い声」に今後繋がるであろう、「その他の声」についてもまとめましたので、併せてご覧ください。

その他の声

その他の声としては、こちらも下記に引用しましたのでご覧ください。

 

ご紹介した声はネガティブなイメージばかりであるため、おそらく今後「悪い声」に変化していくでしょう。

しかしこちらに関しても「イメージ程度、噂程度」であるため、実はあまり参考にならないのです。

例えば「相手が加入していた通販型自動車保険から何度も電話がかかってきた」という点ですが、自分を相手側に置き換えた場合、実は「非常に良い対応」をしてくれていることに気がつきます。

なぜなら「万が一の際に自社の顧客を守ろうと、早期解決に向かって必死に動いている」という状況が見て取れるからです。

このように「冷静に見れば、実は良い対応をしている」という場合は少なくありません。

そのため「先入観やイメージ、噂話が先行し過ぎている」と覚えておくといいですよ!

次に今ご紹介してきた各「声」から見た通販型自動車保険の実際のところを、元代理店型自動車保険営業マンである筆者が解説していきましょう。

元自動車保険営業マンから見た「実際」はどうなの?

元代理店型自動車保険営業マンとしては、通販型自動車保険は「昔の敵」です。

そのためできれば擁護したくはないのですが…実際は「通販型自動車保険は非常に良い」と言わざるを得ません。

なぜなら先程からご紹介している「声」の評判の良さによる満足度が際立つほか、実は悪い声は「知らないだけ」ということが多く、裏を返すと「良い点」であったことなど、あなた自身も実感しているでしょう。

また実際に私自身が代理店型の自動車保険営業マンをしていた頃、すでに「通販型自動車保険にはかなわない」と感じていました。

なぜなら

  1. 保険料が安い
  2. 安定的に高いレベルの顧客対応をしている

という2点で負けていたからです。

代理店型の保険料が高いということは知っているかと思いますが、対応に関しては実は「素人営業マン」によるミスが多く、あまり積極的にオススメはできませんでした。

一方、通販型自動車保険では電話による対応ではありますが、「プロ中のプロ」が丁寧に分かりやすく説明をしていることは知っていましたので、勝ち目がなかったのです。

以上、実際の声や私の経験談を元に「非常に良い」という判定をしました。

特に現在の通販型の保険会社は「顧客対応を充実させ、シェアを拡大したい」と思っていますから、その安心感は抜群なのです。

結果的に保険会社による対応力にはあまり差がないことから失敗も少なく、結局のところ満足できるのは「安い保険料」だといえるでしょう。

そこで次章にて、「最も安い保険会社に加入する方法」をご紹介していきますので、引き続きご覧くださいね。

2.自動車保険一括見積もりを利用して、満足度を高めよう!

「満足できるのは保険料の安さである」と前述ましたが、これまでの説明をご覧になったあなたであれば納得の結果でしょう。

なぜなら保険会社の種類による対応力には違いがほとんどなく、あまり変わらないのであれば安い方が満足できるからです。

そのため少しでも安い保険料の保険会社を探さなければならないのですが、正直に述べると「すべての保険会社の保険見積もりを作成するのは面倒くさい」ですよね。

そこでオススメなのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

本章ではそんな自動車保険一括見積もりについて詳しくご紹介していきましょう。

自動車保険一括見積もりってなに?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録しているすべての保険会社に一括して保険見積もりの依頼をすることができます。

そのためすべての保険会社の保険料を比較して、最も安い保険会社を探すことが簡単にできるのです。

また申し込みには

  • あなたが乗っている車に関する情報
  • あなたが必要とする補償に関する情報
  • あなたに関する情報

を入力するだけであり、補償内容などが分からない場合であっても丁寧なガイドやフォローがありますから、安心してくださいね。

また申し込みにかかる時間も早い人で2分、遅くとも10分あれば十分に完了しますから、まさに「最も短時間で簡単に最安の保険会社を探すことができるサービス」ということができるのです。

とはいえ「私の個人情報は大丈夫なの?」と思ってしまいますよね。

結論から述べると「安心できる」といえます。

そこで次にあなたの個人情報に関して説明をしていきましょう。

本当に安心して利用できるの?

自動車保険一括見積もりに関して「安心して利用できる」と述べました。

しかし本当かどうか不安ですよね。

実は当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しており「個人情報保護方針」がきちんと定められています。

また自動車保険一括見積もりサイトに登録している保険会社も、あなたが耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いを徹底しているのです。

さらに自動車保険一括見積もりサイトに登録している保険会社は、あなたが申し込みを完了してからハガキ(DM)やメールによる見積もり提示のみで、その後の勧誘もあまり積極的ではありません。

そのためあなたが心配するような「個人情報の流出」や「しつこすぎる勧誘」はありませので、安心して利用できるのです。

【2017年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している
のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトを加盟保険会社数ランキングで並べてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました! 下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ

自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:保険の窓口インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

保険の窓口 インズウェブ

  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

保険窓口インズウェブ公式サイト

第2位:保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

保険スクエアbang!

  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

保険スクエアbang!公式サイト

第3位:価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

価格.com 自動車保険 比較・見積もり

  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場

価格.com 自動車保険の公式サイト

第4位:楽天 保険一括見積り

楽天 保険一括見積もり

楽天 保険一括見積もり

  • 最大6社から見積もりが取れる
  • 東証一部上場
  • 年間22万人が利用
  • 楽天会員なら楽天ポイントがもらえる

楽天自動車保険一括見積もり公式サイト

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! 価格.com 楽天
上場 上場(SBIホールディングス) 非上場(ウェブクルー) 上場 上場
サービス開始 2000年 1998年 不明 不明
利用料 無料 無料 無料 無料
一括見積入力時間 5分 5分 5分 5分
保険会社 オリコン満足度ランキング 最大20社 最大19社 最大18社 最大6社
イーデザイン損保 1位
セゾン自動車火災 2位
ソニー損保 3位
チューリッヒ 4位
アクサダイレクト 5位
AIU保険 6位
三井ダイレクト損保 7位
富士火災海上 8位
SBI損保 9位
日新火災海上 10位
東京海上日動火災 11位
損保ジャパン日本興亜 12位
朝日火災海上 13位
三井住友海上火災 14位
そんぽ24 15位
共栄火災海上 16位
あいおいニッセイ同和 17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済
※2017年6月時点の情報です。 ※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、
  • とにかく多くの会社から見積もりをもらいたい人=インズウェブ
  • プレゼントキャンペーンに応募したい人=価格.com
で分けられるのではないでしょうか。

ちなみに筆者は、「満足した自動車保険を加入するというメイン目的が一番叶う可能性が高い=比較できる自動車保険会社が一番多い」保険の窓口インズウェブをオススメしています。

保険窓口インズウェブ公式サイト

3.まとめ

以上、通販型自動車保険の失敗に関する解説を終了しますが、いかがでしたか?

以外にも通販型自動車保険の「良い声」が多く、実態を知ることでビックリしたのではないでしょうか。

最後にまとめると

  • 通販型自動車保険は「非常に良い」
  • 通販型自動車保険の悪い声は「噂やイメージ、勘違いが多い」
  • 自動車保険一括見積もりサイトを利用することで、確実に安い保険料で保険加入できる

ということになります。

特に自動車保険一括見積もりサイトに関しては、必ず保険料を安くすることができるため、期待感を胸にぜひ一度ご利用くださいね。

失敗するどころか、あなたの予想を超えた保険料で保険契約をすることができ、満足することができますよ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の車保険の仕組みってどうなっているの?自賠責と任意の違いは?

車保険で等級が下がることはあるの?下がった場合の保険料はどうなる?

軽から普通車に乗り換える人は必見!自動車保険を見直すべき3つの理由

自動車保険の解約は○日前に伝える!?いつまでに解約を申し出れば良いの?

ディーラーで加入した自動車保険を解約!解約手順とオススメの車保険

車の保険料ってどうやって計算しているの?自分で計算する方法はある?