工夫次第でお得感満載?運転者限定特約の割引率は無視すべきだ!

【裏技】保険料が圧倒的にお得になる!

ディーラーや中古車屋、親や知り合いからの紹介で自動車保険に加入していませんか?YESの人!おそらくあなたは車の保険料が半額以下になる可能性が大

自動車保険一括見積もりを利用すると、あなたが本当に支払うべき保険料の相場が分かります。利用は無料で、営業電話も一切なし、自宅に各保険会社からの見積もりハガキが届くだけ!

自動車保険一括見積りのハガキ保険料がリアルタイムで分かる自動車保険見積もりはコチラ
>>https://www.insweb.co.jp/

車に乗っている限り逃れることのできないお金はいくつかあり、「車検代」や「自動車税」などが挙げられます。

それらはすべて「維持費」として考えられるのですが、必ず支払わなければならない費用である上、高いお金が必要になってしまうため、「車に乗るということは大変だなあ…」などと思ったことがあるでしょう。

そんな車の維持費には任意という名は付くものの、条件によっては年間で20万円以上もの大金が必要な場合があります。

そう、その維持費とは「自動車保険」です。

自動車保険はいざという時のために加入しておくべきものなのですが、非常に高額になってしまうケースが多く、あなた自身も多くのお金を支払っていることでしょう。

しかしそれほど高い保険料に悩まされてしまうため「できる限り安くするために、運転者限定特約を見直そうかな?」と考えたことはありませんか?

とはいえ実際に見直そうと思っても

  • そもそも運転者限定特約って、どんな種類があるのだろう
  • 運転者限定特約による割引率は大きいと聞くけど、実際にどの程度割り引かれるのだろう
  • 運転者限定特約に限らず、年間保険料を安くする方法があれば知りたい!

と思ってしまうことから、具体的な行動に起こすことが困難になっているかと思います。

たしかに自動車保険の業界で働いていないあなたにとって、これらの情報をすべて収集するのは骨が折れますよね。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、あなたが知りたいと思っている運転者限定特約やその割引率、そしてお得な自動車保険に加入する方法について詳しく解説していきましょう。

自動車保険という内容であるため「難しい」と思っているかもしれませんが、非常に簡単で分かりやすく解説していきますので、安心して最後までご覧になってくださいね。

読み終わる頃には「運転者限定特約による割引率はこのぐらいなのか!」「運転者限定特約を無視しても、お得な自動車保険に加入できそうだ」ということが良く分かりますよ!

1.運転者限定特約にはどんな種類がある?

あなたは「運転者限定特約」について、どのように理解していますか?

字面からおおかたの予想はできているかと思いますが、その名の通り「契約自動車を運転できる人の範囲を決めることで保険料を安くすること」という意味を持っています。

しかし実際に運転者の限定の仕方には、いくつかの選択肢があることをご存知ですか?

実は運転者限定特約には大きく分けて3つあります。

それは

  • 本人限定
  • 本人・配偶者限定
  • 家族限定

という3パターンになるのですが、それぞれの簡単な特徴と補償される範囲についてご紹介していきましょう。

本人限定

本人限定はその名の通り、被保険者(主に運転する人)本人のみが補償される限定条件です。

そのため運転者の範囲としては基本的に最も範囲が狭くなってしまうため、それだけ補償をする可能性が低くなります。

つまり「保険会社として保険金を支払わなければならない対象が最も少なくなるため、結果的に保険料も安くすることができる」ということになるのです。

そのためここまでは「本人限定が最も安くなる」と覚えておきましょう。

突然ですが質問です。あなたは車の保険には入っていますか? おそらくほとんどの方が「入っている」と答えるでしょう。 それでは質問を変え...

本人・配偶者限定

本人・配偶者限定特約も字面をご覧になった通り、「被保険者とその配偶者のみを補償する」というものになります。

そのため簡単にまとめると「2人だけが補償の対象になる」ということになるため、やはり先程の本人限定に次ぐ保険料割引を受けることができるのです。

家族限定

家族限定も字面で判断できそう…かと思いきや実は少しだけ複雑な仕組みになります。

なぜなら自動車保険でいう「家族」とは、被保険者から見て

  • 同居している3親等以内の親族(正確には6親等以内の血族、3親等以内の姻族)であること
  • 別居中の未婚の子は含めること(例:下宿中の大学生の息子などのことで、実態により判断される)

という2つの条件によるからです。

そのためこれらの条件に当てはまる人があなたの車を運転する可能性が高い場合、家族限定で運転者限定特約を付帯させる必要があると覚えておきましょう。


以上が運転者限定特約の範囲についての解説でしたが、いかがでしたか?

これらの条件に当てはまらない場合には必ず「家族限定特約なし」または「限定なし」といった選択をする必要があります。

しかし保険会社には「家族外限定」のように、親族以外で同居している方でも補償がされるタイプの運転者限定特約もありますから、細かく運転者の範囲を限定したい場合には参考にしてくださいね。

さて、次章ではあなたが最も気になっているであろう「運転者限定割引」の割引率についてご紹介していきましょう。

意外な結果にビックリすること間違いなしですよ!

2.運転者限定特約の割引率はどのくらいなの?

あなたは運転者限定特約の割引率がどの程度になるか予想できていますか?

おそらく「何となくだけど、そこそこの割引率である気がする…」と思っているでしょう。

そこで本章では、実際に運転者限定特約がどの程度の割引率なのか、ご紹介していきましょう。

早速、第3者機関による自動車保険のランキングをもとに、TOP10の割引率を一覧表にまとめましたので、下記をご覧ください。

ランキング 保険会社名 運転者限定の割引率(%)
本人限定 本人・配偶者限定 家族限定
1 セゾン自動車火災保険 不明
2 SBI損害保険 8% 7% 1%
3 チューリッヒ保険 不明
4 三井ダイレクト損保 不明
5 ソニー損害保険 7% 6% 1%
6 アクサ損害保険 不明
7 損保ジャパン日本興亜 不明 7% 1%
8 東京海上日動 不明
9 三井住友海上火災 不明 7% 1%
10 あいおいニッセイ同和損保 不明

※出典元:NTTイフの自動車保険「総合ランキング」より

ご覧になるとよく分かるかと思いますが、実は運転者限定特約の割引率を公開している保険会社は少ない傾向にあります。

そのため実際にはどの程度の保険料割引なのか分かりませんが、基本的には

  • 本人限定…7~8%程度の割引
  • 本人・配偶者限定…7%前後の割引
  • 家族限定…1%程度の割引

と覚えておくとほとんど正しい結果が出ますから、このように覚えておくことをオススメします。


そのためもう結論として「運転者限定特約は、本人限定もしくは本人・配偶者限定にすることで保険料を大幅に抑えることができる」と思いますよね。

しかし同時に、あなた自身の家庭の状況によっては運転者を制限することが困難かと思いますので、「やはり今自分が契約している運転者限定特約しか適用できない」と感じたでしょう。

そんなあなたにはっきりと言っておきますが、ガッカリする必要はありません。

なぜなら運転者限定特約だけが年間保険料の大きな要因ではないからです。

そのため次章にてご紹介するように、運転者限定特約による割引以外の部分で、大きく保険料を抑えれば大丈夫なのです。

もしあなたが「今よりも安くしたい!」と思うのであれば、次章をしっかりとご覧になってくださいね。

3.保険の割引は運転者限定だけじゃない!これを覚えてさらに割引の可能性を上げよう!

これまでの説明をご覧になったあなたは、運転者限定の範囲が狭まるほど割引率が上がるということを理解したかと思います。

しかし実際にはあなたの車に乗る方は家族間で決まっており、補償の対象外にすることは困難ですよね。

そこで運転者限定特約以外の要素で、比較的大きく保険料割引が適用されるものや見直すべき補償内容についてご紹介していきましょう。

早速、下記に箇条書きしましたので、ご覧ください。

  • 年齢条件
  • ゴールド免許割引
  • 車両保険の有無や種類

こちらについてもそれぞれを分けて、以下にて解説していきます。

年齢条件

年齢条件とは運転者限定特約のように「運転者の範囲を決めること」を指しています。

そのため年齢条件の範囲が広ければ保険料が高く、逆に狭ければ保険料は大幅に割引されるのです。

そして年齢条件は主に

  • 全年齢
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償

という4種類から選択することができ、こちらについても運転する可能性のある方の内、最も年齢の若い方に合わせて選択していきます。

そして割引率については…やはり保険会社が公表していないため「不明」となってしまいます。

しかし一例として、年齢条件のみを変更して試算した保険料の一覧表を載せておきますので、ご覧ください。

年齢条件 車両保険なし(円) 車両保険あり(円)
14等級 20等級 14等級 20等級
全年齢 48,570 37,390 107,070 80,680
21歳以上 26,680 21,190 56,210 43,040
26歳以上 25,310 20,160 51,920 39,850
30歳以上 21,190 17,110 42,730 33,050

イ―デザイン損保の見積もり結果(平成29年年6月21現在)

  • 契約車両:ステップワゴンRP3型(初度登録:平成29年7月)
  • 主な運転者:契約者本人
  • 免許証の色:ゴールド
  • 主な使用用途:通勤通学
  • 運転者の限定:本人家族限定
  • 事故有係数:0
  • 前年の走行距離:5,000km超10,000km以下
  • 各条件の補償内容は入力完了後に出てきたオススメプラン

ご覧になると、全年齢という条件にした場合の年間保険料が、21歳以上、26歳以上の年間保険料の2倍近くになっていることが分かります。

つまり21歳以上という年齢条件以上のランクを選択しておくことで、大幅に保険料が削減できるのです。

運転者の年齢条件は自動で更新される場合もありますが、加入した当初のままとなっている場合もありますので、必ずチェックして変更しておきましょう。

車の運転をする上で欠かせないものはいくつもありますが、中でも「必須」といえるものは数えるほどしかありません。 そんな車の運転をする上で必須...
あなたは自動車保険に加入していますか? 車に乗っているのであれば、基本的には加入していますよね。 しかし実際に加入しているものの、万...

ゴールド免許割引

あなたはゴールド免許割引という言葉を聞いたことがありますか?

実はほとんどの保険会社が「ゴールド免許所持者=優良ドライバー」として判断をし、事故率が低いと期待できるため保険料割引を行っているのです。

そして保険会社にもよりますが、その割引率はなんと「10~20%程度」であることがほとんどで、あなたの年間保険料を大きく削減することができます。

また当記事のメインテーマである運転者限定特約の割引率と比較すると、基本的にはゴールド免許割引による保険料削減の方が現実的に安くなるため、オススメです。

こちらに関してもあなた自身の補償内容を確認し、更新のタイミングできちんと反映させておきましょう。

あなたは自動車保険には様々な割引があることをご存知ですか? おそらく割引と聞くと「等級」や「年齢条件」などがすぐに思い浮かんだことでしょう...
自動車運転免許が「ゴールド」だと、自動車保険が割引になることを知っていますか? 違反がなければ免許更新までに5年間(グリーンは3年)もあり...

車両保険の有無や種類

最後に補償内容を見直して保険料を抑える方法として、「車両保険の有無と種類」について説明していきます。

すでにご存知かもしれませんが自動車保険の年間保険料の内、車両保険の占める割合は非常に高く、車両保険を付帯させた場合と抜いた場合では年間保険料に2倍の差を生む場合もあるのです。

実際に試算した結果を先程と同様に載せておきますので、ご覧ください。

車のカテゴリ 車種 車両保険付き
保険料(円)
車両保険無し
保険料(円)
差額(円)
軽自動車 ワゴンR 55,490 29,760 25,730
コンパクトカー フィット 58,320 28,900 29,420
ミニバン ステップワゴン 68,460 25,380 43,080

保険料算出条件

  • 等級:ノンフリート15等級(事故有係数0)
  • 車両保険:一般条件で免責金額は0-10
  • 運転者の範囲:本人・配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学片道10km未満
  • 年間走行距離:5,000~10,000km

車両保険がどの程度保険料に影響しているかがよく分かりますよね。

ただし車両保険を外しても大丈夫な場合は、基本的に「車両保険の補償限度額が、非常に低くなった場合」ですから、もし車両の価値がまだ高い場合には「車対車限定型」または「免責金額の設定」をして、保険料を抑えることがオススメです。

車両保険による影響や外すタイミングについては、コチラの記事で詳しく述べていますので、気になる方は併せてご覧くださいね。

車に乗っていると嫌でも加入しなければならない自動車保険。 あなたも車に乗っている内は「任意ではあるけど、必ず加入しておかないと不安だよね」...
車に乗っている人のほとんど全てが加入している自動車保険に、あなたも加入していますか? おそらくあなた自身、車に乗る可能性が少しでもある場合...
あなた自動車保険に加入していますか? 車に乗っているのであれば、おそらく加入していることでしょう。 しかし自動車保険の保険料は高くて...

以上が運転者限定特約以外の要素で、年間保険料を削減する方法についてのご紹介でしたが、いかがでしたか?

あなたの条件によっては「いくらか保険料が抑えられそうだ」と感じたかもしれませんね。

しかし実は、これまでにご紹介してきた「運転者限定特約」や「その他の割引と補償内容の見直し」以外の方法で、大幅に年間保険料を抑える方法があるのです。

その方法とは…ズバリ、自動車保険一括見積もりというサービスを利用することです。

実はこのサービスを利用することで、最も安い保険料の自動車保険を簡単に探し出し、今よりも安い保険料で自動車保険に加入することが可能になります。

自動車保険一括見積もりに関しては次章にて詳しく述べていきますので、引き続き最後までご覧になってくださいね!

4.割引率を気にせず一番安い自動車保険を探すなら自動車保険一括見積もりがオススメ!

これまでの解説をご覧になったあなたは「運転者限定の割引率よりも、他の要因に気をつけた方が保険料は安くなりそうだ」と感じたことでしょう。

実はその感覚は正しくて、本当にお得になるためには「補償内容の見直し」や「その他の要素の割引率に気をつけること」の方が効果的な場合が多いのです。

しかしそれよりも有効な方法は「自動車保険ごとの保険料を比較すること」の方が重要であり、実際に下記に挙げた表をご覧になると結果は一目瞭然です。

車種 車両保険 損保ジャパン保険料(円) チューリッヒ保険料(円) 差額(円)
ステップ
ワゴン
あり 113,660 61,660 52,000
なし 44,130 25,380 18,750

保険料算出条件

  • 車両保険:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択
  • 等級:15等級(事故有0)
  • 運転者限定:本人配偶者限定
  • 年齢条件:26歳以上
  • 免許の色:ゴールド
  • 主な使用目的:通勤通学
  • 年間走行距離:5000~10000km
  • 補償内容:それぞれチューリッヒのオススメプランとSJNKの補償充実プランを選択

この試算結果ではほとんど同じ条件であるにもかかわらず、最大で2倍近くの保険料差になっていますよね。

このように自動車保険の保険料は、あなたが加入したい条件によって大きく保険料の差が出ることが当たり前なのです。

しかし「何社もの自動車保険の見積もりを作成し、比較することは現実的に難しい」と感じてしまいますよね。

そこでオススメのサービスが自動車保険一括見積もりなのです。

本章ではそんな自動車保険一括見積もりについて詳しく解説していきましょう。

自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスに登録している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを依頼することができます。

つまり一度の申し込みをするだけで、前述した「何社もの自動車保険を一気に比較することが可能になる」ということになるのです。

そして申し込みに関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要とする補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけですから、早い人で2分、遅い人でも5分程度あれば十分に完了させることができます。

以上のことから自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探すことができるサービス」ということができ、運転者限定特約やその他補償内容などを気にすることなく、現状のままで最もお得な自動車保険を見つけられるといえるのです。

とはいえ「自分の個人情報を入力することは少しだけ不安がある」「一括○○というサービスは申し込み後にしつこく電話勧誘がかかってきそうで嫌だ」と思ってしまいますよね。

そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用することができるサービスなのか、述べていきましょう。

安心して利用することはできるの?

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは安心して利用することができるサービスです。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりサイトは、すべて大手企業が運営しており、「個人情報保護方針」が明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることはありません。

また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社も、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり細心の注意を払っており、不正に使用されることや流出してしまう可能性は極めて低いのです。

そして申し込み後の電話勧誘についても一切無く、ハガキ(DM)やメールによる見積もり提示やお得なプレゼントキャンペーンなどの案内が週に1回程度あるか無いかであるため、あなたに迷惑がかかることはありません。

もちろんあなたが「案内が配信されるのは邪魔だ」と感じた場合には、簡単に配信の停止依頼をすることができますから安心してください。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、安心して利用することができるサービスということができるのです。

利用は本当に簡単ですし、あなたが気にしていた運転者限定特約についても無視できるほどお得になりますから、ぜひ一度お試しくださいね。

必ずあなたが満足のいく保険料で自動車保険に加入することができますよ!

自動車保険一括見積もりサイトはコチラ

5.まとめ

以上で運転者限定特約の割引率や、保険料をできるだけ抑える方法についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「運転者限定特約の割引率を見る限り、その他の要因の方が効果的だ」「意外と保険料を抑えることは簡単そうだ」と感じたことでしょう。

実践してみるとよく分かるのですが、保険料を抑えることはそれほど難しく無く、むしろ「簡単だった」と思うことの方が多いと覚えておいてくださいね。

最後にまとめると

  • 運転者限定特約の割引率は、最大でも8%前後の割引になる
  • 運転者限定特約以外の要素に注意した方が効果的に保険料を抑えられる
  • 簡単に最もお得な自動車保険を探すためには、自動車保険一括見積もりがオススメ

ということになります。

特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては、本当に簡単な申し込みをするだけで最もお得な自動車保険を探すことができ、運転者限定特約の割引率を無視できるほどに保険料を抑えることが可能になりますので、ぜひ一度ご利用くださいね。

必ずあなたの予想以上の保険料が提示され、満足して自動車保険に加入することができますよ!

あなたの車の最高額をチェック!

あなたの車の最高額がたった30秒で分かる!

さらに最大2,000社があなたの車に入札、最高額で車が売却できます。もちろん、必ず売る必要はありません。まずは最高額をチェックして売却するかどうかを判断しましょう。

あなたの愛車の最高額をチェック
>>https://ucarpac.com/

 この記事へのコメント

  1. […] 工夫次第でお得感満載?運転者限定特約の割引率は無視すべきだ!車に乗っている限り逃れることのできないお金はいくつかあり、「車検代」や「自動車税」などが挙げられます。 それらはすべて「維持費」として考え…車の保険.net 車の保険は「本人のみ(本人限定)」が良いの?どれぐらいの割引率になる?突然ですが質問です。あなたは車の保険には入っていますか? おそらくほとんどの方が「入っている」と答えるでしょう。 それでは質問を変え…車の保険.net […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車保険の更新って免許の色は関係ある?ゴールド免許だと安くなる?

車保険の加入するために必要な日数はどれぐらい?

1日(当日)だけ契約できる自動車保険の「落とし穴」と「正しい選び方」

自動車保険に年間12万円って高い?高くなる理由や安くする方法をご紹介!

本当は教えたくない!自動車保険のプロによる10個の節約方法を大暴露

代理店で加入する自動車保険の事故対応は良いの?それとも悪い?