お手軽に加入できる1日自動車保険って、車両保険をつけることはできるの?

車に乗る際には必ずといって良いほど必要になる自動車保険。

この自動車保険は条件によっては年間で20万円以上もの保険料を支払う必要があるため、「できる限り年間保険料を安く収めたい」と思っているでしょう。

たしかに年間保険料は車の維持費の中でもトップクラスに高いため、車の維持費を削減するためには非常に重要な要素であるということができるのです。

とはいえ通常の自動車保険に加入するには車の使用頻度が低いため、「できれば安くて1日で加入できる自動車保険に加入したい」と思ったことは1度や2度ではないでしょう。

そのため俗に「1日自動車保険」と呼ばれる自動車保険に加入して、使用頻度に応じて加入をしたいと考えていませんか?

とはいえ、実際に1日自動車保険の加入を検討する場合に、

  • そもそも1日自動車保険ってどのような保険なの?
  • 1日自動車保険に加入する場合、車両保険に加入することはできるの?
  • 1日自動車保険はどこの保険会社の商品がオススメなの?

といったように、1日自動車保険に関して「車両保険の有無」をはじめとする疑問点が多くあるため、なかなか具体的な行動を起こすことができませんよね。

たしかに何も知らない1日自動車保険に加入するには、何も知らないまま契約するには不安で仕方ないでしょう。

そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、「1日自動車保険とはどのようなサービスなのか」「1日自動車保険って車両保険は付けられるのか」といったことについて、詳しく解説していきましょう。

1.そもそも1日だけ加入できる自動車保険ってあるの?

あなたはこれまでに「もともと車に乗る機会がそれほどないため、“車の運転をするその日だけ”使える自動車保険は無いかな」と思ったことはありませんか?

そして1日自動車保険について知ったのではないでしょうか。

そこで結論を述べておきますが、1日自動車保険という保険商品は本当にあります。

また1日自動車保険の特徴は、実は24時間の加入という点を除くと「ほとんど通常の自動車保険と同じもの」ということができるため、あなたがそれほど車の運転をするわけではない場合には、オススメの商品といえるのです。

さらに補償内容に関しても、基本的には各1日自動車保険で松・竹・梅のようなプランがあらかじめ設定されており、最も安いプランではどこの1日自動車保険でも500円程度~加入することができます。

そのためここまでは「1日自動車保険は実際にあり、24時間という制約やプランによる制約はあるものの通常の自動車保険と同じような内容で加入することができる」と覚えておきましょう。


しかしあなた自身それほど運転するわけではないため、「運転技術に関しては自信が無いため、できれば車両保険も付けたい」と思いませんか?

とはいえ1日自動車保険では車両保険を付けられるのか分からないため、まだ安心して利用することはできませんよね。

そこで次章では、各保険会社から提供されている1日自動車保険の内、どの1日自動車保険であれば車両保険を付けて加入することができるのか、述べていきましょう。

車両保険ではなく、通常の自動車保険を1日だけ加入したい場合は、下記記事にて詳しく解説しています。

突発的に自分以外の人の車を運転する機会って意外に多くありませんか? 例えば、電車で帰省した際に実家の車を使わせてもらったり、友人と車で旅行...
あなたが車に乗る機会は、どの程度の頻度ですか? 週1回?それとも月に1回?もしくは年に数回ということもあるかもしれませんね。 そのた...

2.どこの保険会社から販売されている1日自動車保険であれば、車両保険も付けられるの?

前章の解説をご覧になると「1日自動車保険というものは時間的な制約があるだけで、基本的には通常の自動車保険と同じような内容で加入できる」ということが分かったかと思います。

しかし実際のところ、「車両保険が付けられるかどうか」があなたにとって重要な問題となりますよね。

たしかに車両保険を付けられなければ万が一自損事故をして車の修理が必要になった場合に、修理費用を自腹で支払わなければならないため当然のことでしょう。

そこで本章では、各保険会社から提供されている1日自動車保険について、車両保険をつけられるかどうかご紹介していきます。

早速、下記に車両保険の付帯可否についてまとめた比較表を載せておきますから、ご覧になってください。

保険の名称 ちょい乗り保険 1DAY保険 ワンデーサポーター
加入できる保険会社名 東京海上日動 三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保
車両保険

国内では大手保険会社3社から1日自動車保険は提供されているのですが、ご覧になると分かる通り「すべての1日自動車保険で車両保険をつけることができる」ということが分かったかと思います。

実際のところ、加入するプランによっては車両保険が付けられないこともあるのですが、「どの1日自動車保険であっても車両保険をつけることは可能である」と覚えておきましょう。

とはいえ本当に1日自動車保険に加入するべきなのか、そして1日自動車保険に加入した場合には車両保険を付けるべきなのか、まだ悩んでしましますよね。

そこで次章では、あなたが1日自動車保険に加入すべきかどうかを詳しく述べていきましょう。

3.1日自動車保険には加入すべき?車両保険も加入すべき?

前章までの解説では「1日自動車保険とはどのような自動車保険なのか」そして「1日自動車保険には車両保険をつけることができるのか」といった内容について解説してきました。

そのためあなた自身、今のところは「1日自動車保険は通常の自動車保険と同様に利用することができそうであるため、車の運転をする際には安心して利用することができそうだ」と感じたことでしょう。

とはいえ、そもそも運転することが少ないあなたが、たまたま運転していたタイミングで事故を起こしてしまう可能性は「それほど高いわけではない」といえるため、「1日自動車保険には加入せずに、少しでもお金を浮かせよう」と思ってはいませんか?

たしかに現役営業マンのときに毎日50~100km前後を運転していた筆者でも、これまでに事故を起こした経験はありませんから、運転する機会が限られているあなたにとっては「確率的には非常に低いだろう」と思うでしょう。

そこで本章では「本当に1日自動車保険に加入すべきか」といった点について、詳しくご紹介していきます。

そもそも1日自動車保険には加入すべきなの?

先に結論を述べておきますが、「1日自動車保険には加入すべき」といえます。

もちろん一般論としては加入すべきと言われていますから、何となく重要性については理解しているかと思いますが、その理由についてはあまり深く考えたことが無いのではないでしょうか。

実は自動車事故が起こる可能性はそれほど高くないというのは本当のことなのですが、実際に事故を起こしてしまったときのことを考えるべきなのです。

  • なぜなら万が一自動車事故を起こしてしまった場合に、示談交渉や裁判所命令で提示される「損害賠償金額」は、非常に高額になってしまう場合が多いからです。
  • 例えば開業医である医師を事故により死亡させてしまった場合、5億円以上もの賠償命令が出されました。

また高額商品などを運送しているトラックに衝突した場合などは、その商品価値や運送費用、またトラックの修理費用等が重なり数千万円もの賠償命令が出されることも珍しくありません。

そのためあなたが仮に大金持ちで「それぐらいの賠償は、簡単にできる」という場合以外には、万が一のことを考えて加入する必要があるのです。

もちろん日本の法律上、「お金が無くて支払うことはできない」といってしまえばそれまでなのですが、その場合には「刑務所に服役する」という必要がある場合もありますので、結果的には加入する必要があると思ってください。

また頻繁に運転することのないあなたは、おそらく「親族の車」や「レンタカー」、「友人の車」を運転する可能性が高いかと思いますが、実際に運転してみると「どれも操作方法やクセが違う」と感じることでしょう。

つまり「毎回乗り慣れていない車に乗っている」ということになるため、実は少しだけ一般的なドライバーよりも事故率は上がってしまうのです。

以上のことからもわかるように、1日自動車保険であっても「車を運転する際には必ず加入すべき」と覚えておきましょう。

1日自動車保険に加入する場合、車両保険も付けるべき?

前述した内容をご覧になると「1日自動車保険には加入すべき」ということが分かったかと思いますが、続いて「車両保険には加入すべきなのかどうか」といった疑問も出てきますよね。

そこでここでは、1日自動車保険に加入した場合に車両保険を付けるべきかご紹介していきましょう。

早速、結論を述べていきますが、1日自動車保険に加入した場合には、車の状態と相談してから加入すべきといえるのです。

なぜなら、例えば1日自動車保険に加入予定の車が「15~20年近く経過した個体」である場合に、仮に全損扱いになった場合でも「車両の価値分のみ補償される」ということになり、最大でも15万円程度しか補償されないという場合もあるからです。

つまり少しだけ難しい話になってしまいますが、減価償却(法律によって決められた価値の決め方)によって価値が少なくなり、補償される金額自体も低くなってしまうと思ってください。

そのため加入予定の車が古い場合には、車両保険を付ける必要は「あまりない」といえると覚えておきましょう。

とはいえ加入予定の車が新しい場合やレンタカーを借りて運転する場合などは、確実に修理をしなければならないため、車両保険は「付けるべき」と覚えておきましょう。


以上、1日自動車保険に加入すべきかどうか、そして車両保険をつけるべきかどうかについての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらくあなたは「1日自動車保険が必要であり、車両保険に関しては“要検討”である」と思ったことでしょう。

そこで次章では、3社の保険会社の1日自動車保険について、どれがオススメなのかご紹介していきましょう。

4.実際のところ、どこの保険会社の1日自動車保険がオススメなの?

これまでの解説をご覧になると、車の運転をする際に1日自動車保険に加入する必要があるということは分かったかと思いますが、3社ある保険会社の内どれがオススメなのか分かりませんよね。

そこで本章ではあなたにとって、どの1日自動車保険がオススメなのかお教えしましょう。

まずは下記に3社の1日自動車保険についてまとめた一覧表をご覧ください。

保険の名称 ちょい乗り保険 1DAY保険 ワンデーサポーター
加入できる保険会社名 東京海上日動 三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保
補償期間 24時間 24時間 24時間
保険料 A:500円
B:1500円
C:1800円
A:500円
B:1500円
C1800円
A:500円
B1500円
基本補償 対人賠償
対物賠償
対物超過
自損傷害
搭乗者傷害
ロードサービス
車両復旧費用 ○(B、Cのみ) ○(B、Cのみ) ○(Bのみ)
車内手荷物等 × ○(Cのみ) ×
弁護士費用 ○(Cのみ) × ×
加入方法 スマートフォンからの申し込み docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank
ガラケーからの申し込み docomo、au、SoftBank × ×
コンビニでの申し込み × セブンイレブン ×
被保険者の追加 250円/3名 480円/名 480円/名

ご覧になると各社の1日自動車保険がどのようなものなのか、よく分かるかと思います。

しかしすべての内容を把握することは難しいかと思いますし、実際のところ「ケースバイケース」ということができますから、以下にケースごとのオススメを分けてご紹介していきます。

コンビニでお手軽に加入したい場合には「1DAY保険」がオススメ

まず加入方法についてですが、お手軽かつ「現金で」加入申し込みまでを完了させたいと思っている場合には、三井住友海上の「1DAY保険」がオススメです。

なぜなら三井住友海上の1DAY保険は、セブンイレブンで申し込み~支払いまでを完結させることができるからです。

そして実際の申し込み方法としては「セブンイレブンのマルチコピー機で申し込みをする→レジで保険料の支払いをする→保険契約の開始」という流れになるため、実は1店舗で完了させることができると覚えておきましょう。

4人の割り勘で保険契約をする場合には「ちょい乗り保険」がオススメ

1日自動車保険は基本的に3社間での補償の違いはそれほどありません。

しかし東京海上日動から提供されているちょい乗り保険に関しては、実は「他に運転する人(被保険者)が3名増える場合、1名あたり250円で増やすことができる」といえるのです。

実際に友人と交代で同じ車を運転し、どこかへ行く機会はあるでしょう。

その場合には東京海上のちょい乗り保険に加入することで、少しではありますがお得になることができるのです。

シンプルに2つのプランから選びたい場合は「ワンデーサポーター」がオススメ

1日自動車保険は基本的に松・竹・梅という3つのプランがあるということは、先程ご紹介したため分かっているかと思いますが、それぞれ基本的に500円、1500円、1800円という3種類があるのです。

そのため補償内容に関しては、大きく分けると「車両保険の有無」による違いしかないのですが、それでも3つのプランの中から1つを選ぶということは難しいですよね。

そこで「できるだけシンプルに選びたい」という場合には、2つのプランのみ用意されている、あいおいニッセイ同和損保から提供されている「ワンデーサポーター」がオススメなのです。

一覧表をご覧になったのであればお分かりかと思いますが、実はワンデーサポーターには2つのプランしかないにもかかわらず、車両保険もつけることが可能になります。

そのためあなたが「どのプランにするか決め切れない、面倒くさい」と思っている場合には、ワンデーサポーターを選択することがオススメですよ!


以上、1日自動車保険に加入する場合のオススメをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

おそらくこの中のどれか一つに、あなたに当てはまる1日自動車保険があったことでしょう。

そのため、あなたが運転する機会がある場合には、必ず上記した3社の保険会社から提供されている1日自動車保険に加入してくださいね。

5.まとめ

以上、1日自動車保険の特徴や車両保険の可否についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

おそらく「意外と重要度が高く、加入すべきだと思った」「車両保険はすべての1日自動車保険で付けることができる」ということが分かったでしょう。

そして最後にまとめると、

  • 運転するタイミングがあれば、万が一に備えて必ず1日自動車保険には加入すべき
  • 1日自動車保険は3つの保険会社から提供されており、車両保険も付けることが可能
  • 1日自動車保険はケースバイケースで、あなたのオススメに加入すべきである

ということになります。

1日自動車保険は誰もが加入することができますし、さらに万が一のリスクにしっかりと備えることができますから、必ず加入することをオススメなのです。

そのため車の運転をする機会が少ないあなたであっても、運転をするタイミングが訪れた場合には必ず加入すべきだと覚えておきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

意外と迷う!車両保険を使う・使わないの判断基準をプロが徹底解説

車保険の1つ「車両保険」とは?必要な人と不要な人の判断基準

車両保険のランキングってあるの?自動車保険のプロが車両保険のナゾを解明

自動車保険の車両保険は保険料が高くなるからいらない?やっぱりいる?

自損事故で車両保険を使うと等級や保険料はどうなってしまうの?

車両保険を外すタイミングは「全損時の補償額」によって決める