車保険会社

先進的なSBI損保の自動車保険はココがすごい!4つの特徴をプロが徹底解説

sbi損保

保険会社の数は多すぎるため、なかなか選びきれない人が多くいます。

そんな中、少しだけ特徴的な保険会社があります。

それがSBI損保という保険会社です。

とはいえ特徴的と言いつつも、具体的には下記のような内容が知りたいと思っているでしょう。

  • SBI損保はどのような保険会社なのか
  • SBI損保の中でも特に自動車保険はどのような特徴があるのか
  • 実際にSBI損保の自動車保険を使った人の評判が知りたい
  • プロから見た場合にSBI損保はオススメできるのか

そこで今回は、元自動車保険営業マンである筆者が、プロとしての厳しい目線でSBI損保について解説していきましょう。

また内容については全く難しいことはなく、簡単でスラスラ読み進められるように説明していきますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!?

自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか?

実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。

なので、複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。

と言われても面倒ですよね・・・

そこでオススメなのが「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積りサービスです。

自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。(営業電話などは一切掛かってきません。)

自動車保険一括見積りのハガキ

これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。

同じ保証内容なのに・・・半額以上安くなるかも!?

特に親や知人から紹介された人は半額以上安くなる可能性大

【2分完了】保険スクエアbang!で最安値をチェック ※保険会社からの営業電話は一切ありません。

1.SBI損保とはどんな保険会社なのか

SBI損保とは名前からも分かるとおりSBIホールディングスのグループ企業

つまり超カンタンに説明すると「超大手組織の一角を担っている保険会社」という立ち位置になります。

そのため単純な安心感としては、バツグンであることは言うまでもないでしょう。

そんなSBI損保では、下記に挙げた8種類もの保険商品を提供しています。

SBI損保には8種類の保険商品がある
  1. 自動車保険
  2. 医療保険
  3. がん保険
  4. 生命保険
  5. 火災保険
  6. 自動車部品保険
  7. 地震補償保険
  8. 海外旅行保険

あなたが気になっているのはこの中の一部保険商品かもしれませんが、それぞれ下記に簡単な特徴を紹介していきましょう。

商品1.自動車保険

SBI自動車保険SBI自動車保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

SBI損保の中で、収益の主力となっているのが自動車保険です。

そのため正味収入保険料、平たく言うと「売上」の構成比率としては平成29年度で95.4%となっているのです。

ですからその他の保険商品にも加入はできますが、ほとんどの人が自動車保険目当てであることが分かります。

おそらくあなた自身も、同様に自動車保険メインで考えていますよね。

そこで自動車保険の特徴については後に詳しく紹介していきますので、引き続きご覧になってください。

商品2.医療保険

SBI医療保険SBI医療保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

医療保険では終身型と短期型の2種類が提供されていますが、正直なところ特筆するような大きな特徴があるわけではありません。

つまり簡単に言ってしまうと「普通の内容」というのが本当のところ。

とはいえ何かレベルが低いということもなく、十分な補償を受けることは可能です。

そのため自動車保険などと保険会社を一本化したい人にとってはオススメということができるでしょう。

また医療保険は「ネオファースト生命」や「朝日生命」の商品も仲介してくれるようです。

その結果幅広い選択肢が持てるということができます。

商品3.がん保険

SBIがん保険SBIがん保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

ガン保険に関しても医療保険と同じく「他社とそれほど大きく変わることはない」ということができます。

そのため例えば「先進治療」や「自由診療」に関する補償も充実していて、実質自己負担額も0円にすることが可能です。

ですから加入しておくと安心できるのは間違いないでしょう。

商品4.生命保険

SBI生命保険SBI生命保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

生命保険では「定期保険(いわゆる一般的な生命保険)」と「死亡保険」の2種類が提供されています。

そして保険料は年齢などによって決まっており、ライフステージごとの保険金額見直しが可能となっています。

また死亡保険ではお葬式費用程度の保険金が支払われるなど、最低限の補償が安価に受けられる保険商品となっています。

商品5.火災保険

SBI火災保険SBI火災保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

SBI損保の火災保険は、実は少しだけ特徴的な商品となっています。

というのも他社の火災保険の多くは「パッケージ化された商品」となっているため、余分な補償がついてきてしまうケースが多いのです。

その結果、余分に多くの保険料支払いをするケースがありました。

一方、SBI損保の火災保険では、必須の補償以外の部分は「自由に選べる」という優れもの。

そのため最適な保険料で火災保険に加入することができ、ムダにお金がかかることはありません

商品6.自動車部品保険

SBI自動車部品保険SBI自動車部品保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

自動車部品に関する保険は、筆者の知る限り他社製品ではないのが現状です。

そしてこの保険の特徴としては、「車が故障をしたときに部品代や修理費用を最高で200万円まで補償する」というもの。

つまり自動車の「期間保証」のようなサービスなのです。

そのため万が一の故障などを警戒する場合には、加入しておいた方が良い保証ということができるでしょう。

ちなみに保険料に関しては、最も安いプランで年間5,400円と比較的リーズナブルな価格設定がされています。

ですから車の故障にはしっかり備えたい人に対しては、間違いなくオススメできる保険商品だと言えます。

商品7.地震補償保険

SBI地震補償保険SBI地震補償保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

SBI損保では火災保険だけではなく、地震補償保険も用意されています。

そして特筆すべきなのが、実はこれまでに加入している火災保険や地震保険などの上乗せとして加入することができる点。

つまり今まで加入している火災保険などの補償に対して、さらなる上乗せをすることで安心感が得られるということができます。

また一方で、火災保険や地震保険に加入していなくても、単独での加入も可能です。

ですから例えば「津波の心配はあるけど、倒壊の対策をするほど新しい家でもないし…」という場合などにオススメできます。

商品8.海外旅行保険

SBI海外旅行保険SBI海外旅行保険

出典元:SBI損保の公式ホームページより

SBI損保でも今どき人気の高い海外旅行保険が提供されています。

しかし正直なところ特筆すべきことはなく、一般的な内容の補償がされます。

ですから例えば保険料も「目的地ごとの設定」ができますし、「グループ加入」として多人数での加入も可能です。


以上がSBI損保の保険商品に関する簡単な説明でしたが、先ほども述べた通りメインは自動車保険になります。

あなた自身も自動車保険の検討をしていませんか?

そこで次章では、SBI損保の自動車保険について詳しく特徴を解説していきましょう。

2.SBI損保の自動車保険の特徴4つ

SBI損保の自動車保険の中で、特筆すべき特徴は下記の4つです。

SBI損保の自動車保険の特徴4つ
  1. LINEでカンタン自動車保険見積もり
  2. 専任の担当者がつく
  3. 保険料が安い
  4. 業界最高水準のロードサービスが無料付帯される

それぞれかなり重要かつ、決め手ともなりえるポイントですから、以下の説明をじっくりご覧ください。

特徴1.LINEでカンタン自動車保険見積もり

SBI損保の自動車保険では、画期的な仕組みとして「LINEで写メを送ると見積もりをしてもらえる」というサービスが提供されています。

そして簡単な流れとしては下記の通りです。

LINEによる自動車保険見積もりの流れ
  1. 保険証券の写真をSBI損保のLINEに送る
  2. 見積もりが提示される

シンプルな仕組みですよね。

実は自動車保険の見積もりは作成しようと思っても「ちょっと面倒くさい」というのが本当のところです。

ですからLINEで写メを送るだけでOKというのは本当にラクで、自動車保険に詳しくない素人の人でも確実で穴のない保険見積もりを手に入れることができます。

特徴2.専任の担当者がつく

SBI損保の自動車保険では、万が一事故を起こしてしまった場合に「専任の担当スタッフ」が付きます。

今どきの自動車保険では多くなってきたこの仕組みですが、実は非常に重要なのです。

というのも専任の担当者が付くということは、様々な状況を伝える相手が一人だけで済みますよね。

そのためあなたとしては保険会社に対してスムーズに情報共有をすることができ、結果的に事故後の解決が円滑に行われやすいのです。

代理店型の自動車保険の場合には担当営業マンが解決のために動いてくれますが、それと同じだと思ってもそん色ありません。

もっと言うと代理店型の自動車保険とは異なり、担当者は紛れもなく自動車保険のプロになりますから、安定的に高レベルの対応をしてもらえるのは間違いないでしょう。

特徴3.保険料が安い

SBI損保の自動車保険は、保険料が「安い部類になる」というのが本当のところです。

というのも自動車保険には大きく分けると「代理店型」と「通販型」の2種類に分けられるのですが、下記の特徴によって通販型の方が保険料が安くなるのです。

自動車保険の種類と特徴
  1. 代理店型の自動車保険…店舗で加入するタイプの自動車保険で、人件費や店舗維持費などのコストがかかり、その分保険料が高くなってしまう
  2. 通販型の自動車保険…店舗を介さずインターネットなどで直接保険会社などと契約するタイプの自動車保険で、間に店舗を挟まないことでコストがかからず、その分保険料が安くなる

そしてSBI損保の自動車保険は「通販型」に分類されています。

そのため保険料自体は非常に安くなるのは当たり前なのです。

とはいえ気になるのは、実際にどの程度保険料が安くなるのかということですよね。

実際に筆者が下記に保険料を比較しましたのでご覧ください。

保険会社名年間保険料(円)差額(円)
SBI損保96,89025,810
東京海上日動火災122,700

ご覧の通り、代理店型である東京海上日動と比較すると、2万5,000円もの差額が出ました。

また場合によっては代理店型と比較して、倍以上の保険料差となるケースもあります。

そのため安くて安心な自動車保険に加入したい人にとっては、非常に良い選択肢ということができます。

特徴4.業界最高水準のロードサービスが無料付帯される

SBI損保の自動車保険は、無料付帯されるロードサービスの内容が非常に充実しています。

というのも下記のような内容となっているからです。

ロードサービスの主な内容
  1. レッカー移動距離無制限
  2. 帰宅宿泊費用のサポート
  3. ガソリン給油サービス
  4. 30分程度の緊急対応が無料(キーとじ込みやバッテリー上がりなど)
  5. 落輪引き上げサービスや雪道砂浜のスタック無料引き上げ

他社の自動車保険でもロードサービスはありますが、実はこれほどまでに充実している自動車保険はありません

例えば同じ通販型の自動車保険であるイーデザイン損保では、帰宅・宿泊費用の補償はありません。

そのためサービスの内容で満足できるのは間違いないでしょう。

これらの特徴を持っているSBI損保の自動車保険を見てみると、やはり魅力的な保険会社であることは紛れもない事実といえるでしょう。

とはいえ実際のところ、本当に利用したことのある人がどのように思っているのか気になりませんか?

そこで次章からは、ネット上で述べられているリアルな良い評判と悪い評判を紹介していきましょう。

3.SBI損保の正直な評判はどうなのか

SBI損保の自動車保険を見てみると、「No.1」といった言葉が使われています。

しかし例えば食品メーカーが「金賞受賞」と言っているように、何となく胡散臭い感じがしてしまいますよね。

そこで実際の利用者がどのように思っているのか、良い評判と悪い評判に分けて紹介していきましょう。

SBI損保の自動車保険の良い評判

まずは良い評判について紹介していきましょう。

ザックリまとめると、下記に箇条書きしたような内容が述べられているケースが多いです。

SBI損保の自動車保険に多い、良い評判3つ
  1. 保険料が安い
  2. 対応が良い
  3. 保険料支払いやロードサービスがしっかりしている

それぞれ以下に分けて紹介していきます。

良い評判1.保険料が安い

https://twitter.com/koncho41/status/1101726226740260865

保険料が安い点については特徴でも説明していますが、やはり多くの人が実感しているという結果になりました。

そのため保険料を抑えたい人にとっては、オススメできるのは間違いありません。

とはいえ保険料を抑える場合には、SBI損保しか選択肢が無いわけではありません。

ですから引き続き当ページをご覧になって、確実に安くて安心な自動車保険を探す方法を実践してくださいね。

良い評判2.対応が良い

 

保険料が安いというメリットを持つ反面、やはり気になるのは「保険料の安さ=対応の悪さではないのか」ということです。

しかしこの評判にもある通り、実はそれほど心配するようなものではありません。

なぜならSBI損保に限らず通販型の自動車保険では、そのすべてで電話対応などをしてもらう際に「絶対に保険知識が豊富なプロが対応してくれる」という特徴があるからです。

つまりそれは間違った知識の元、間違った対応をされる可能性が極めて低いということ。

そのため安心できるのは間違いないのです。

一方、対面によって担当営業マンがついてくれる代理店型の自動車保険の方が安心なのでは?というイメージもありますが、それは必ずしも正しいとは言えません。

というのも代理店の保険営業マンになるには比較的難易度の低い資格試験に合格するだけであるため、結果的に保険知識が乏しいまま「素人営業マン」のような形で対応される可能性があるからです。

そのため代理店型の自動車保険では担当者に「当たり」もありますが、一方で「ハズレを引く可能性も高い」ということは先に覚えておくべきなのです。

良い評判3.保険料支払いやロードサービスがしっかりしている

 

ロードサービスは他社と比較してもトップクラスに充実していることは、先ほどもお伝えしました。

そして実際にロードサービスで満足している声が挙げられていますよね。

また同時に保険料支払い(費用の補償)が円滑に実施されている点も、大きく評価されています。

そのため万が一事故を起こしてしまった場合でも、お金の面に関しては「安心度が高い」と思っても大丈夫でしょう。


以上がSBI損保の自動車保険に関する良い評判の紹介でしたが、悪い評判についても続けて紹介していきます。

SBI損保の自動車保険の悪い評判

SBI損保の自動車保険で述べられている悪い評判は、主に下記に挙げた2つです。

SBI損保の自動車保険に多い、悪い評判2つ
  1. 対応が悪い
  2. 古い車には車両保険が付けられない

それぞれ以下に分けて紹介していきます。

悪い評判1.対応が悪い

先ほど対応が良いと述べましたが、逆に「対応が悪い」と感じる人が多いのも事実です。

そのため対応の良さと同じくらい対応の悪さに関する評判もありました。

しかし実は悪い評判の多くは、「SBI損保が相手になった時」の物ばかりなのが実情です。

つまり事故の相手がSBI損保に加入していた場合、対応が悪くなる(ように見えている)というのが本当のところ。

というのも保険会社としては自社の顧客の利益を最大限に重視しますから、お互いに過失割合の付く事故の場合には、できる限り顧客を守る方向で対応していきます。

ですから相手にとっては「対応が悪い」と思われてしまうことが多いのです。

しかし言い換えると、契約者にとってはかなり良い保険会社ということができますから、加入した際には安心できることは間違いないでしょう。

悪い評判2.古い車には車両保険が付けられない

保険会社の多くは10年を過ぎた車に対して、車両保険を付けることができないケースが多々あります。

そのため正直なところ「仕方がないのでは…」というのが本音です。

また実際のところ、仮に10年オーバーの車で車両保険を付けられた場合、筆者はオススメしないケースが多いです。

というのも、仮につけられたとしても補償限度額が10~20万円程度となってしまうことが多いからです。

そして年間保険料自体は5~10万円も上がることになるため、結果的に損している可能性が高くなってしまうのです。

そのため仮に古い車で車両保険を付帯できなかったとしても、それは特に悪いことではないことが多いと覚えておいてください。


以上の良い評判と悪い評判を踏まえて、次章にて筆者がプロとしての見解を述べておきます。

4.プロからすると評判は正しいのか

正直なところ筆者としては評判は正しいということができます。

そのため良い評判に関しては「保険料が安く安心できる自動車保険」ということができますし、悪い評判に関しても「相手になると厄介で補償の制約はあるけど、実は契約者にとって気にするほどのものではない」といえるでしょう。

そのため筆者としては、ぶっちゃけオススメできる自動車保険ということができます。

とはいえSBI損保の自動車保険だけが、保険料が安くて対応や補償に関して安心できる自動車保険というわけではありません。

というのも通販型の自動車保険に関しては、全般的にSBI損保の自動車保険と同様に、安くて安心できる保険会社が多いからです。

そのため筆者としては通販型の自動車保険で何社もの保険見積もりを作成し、保険料で比較して決めることをおすすめしているのですが、正直なところ面倒くさいですよね。

そこで筆者がオススメするのが「自動車保険一括見積もり」というサービスです。

このサービスを利用すれば一気に最安で安心の自動車保険が見つかりますから、ぜひ次章の説明をご覧になって利用してくださいね。

5.自動車保険一括見積もりとはどのようなサービスなのか

自動車保険一括見積もりとはどのようなサービスなのか

自動車保険一括見積もりとはインターネット上のサービスのことで、サービスと提携している最大20社もの保険会社に一括して、ほとんど同じ条件の保険見積もりを依頼することができます。

そのためあなたは一度の申込みをするだけで、複数の保険会社の中から「最も年間保険料の安い自動車保険」を探し出すことができるのです。

また申込方法に関しても非常に簡単で、

  • あなたが乗っている車に関する情報(車種や年式、年間走行距離など)
  • あなたが必要としている補償内容に関する情報(車両保険の有無や損害賠償限度額など)
  • あなた自身に関する情報(見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など)

を入力するだけであるため、早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申込みを完了させることができます。

つまり自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができ、お得になりたいあなたにとっては最適なサービスなのです。

とはいえまだ不安がありますよね。

その理由は「個人情報の入力には不安がある」「一括〇〇というサービスは申し込み後にしつこく電話がかかってきそうで嫌だ」というものでしょう。

そこで次に、自動車保険のプロである筆者が、自動車保険一括見積もりは安心して利用することのできるサービスなのか説明していきますので、そのままご覧ください。

安心して利用することはできる

先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「安心して利用することができるサービス」ということができます。

なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべてが大手企業によって運営されているため「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」がしっかりと明記されており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用されることは無いからだ。

また自動車保険一括見積もりと提携している保険会社に関しても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取扱には最新の注意を払っており、あなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいのです。

そのため自動車保険一括見積もりの申込みをするにあたり、個人情報の入力は心配ないと思ってください。


また申し込み後の電話勧誘に関しては、実は一切ありません。

というのも自動車保険一括見積もりを経由して保険会社に保険見積もりを依頼すると、ハガキ(DM)またはメールにて保険見積もりや、オトクなプレゼントキャンペーンの案内が提示されるだけであり、あなたに迷惑がかかることはないのです。

仮にキャンペーンの案内が邪魔だと感じた場合でも、簡単に配信の停止依頼をすることができますから、やはり安心できると思ってください。

以上のことから自動車保険一括見積もりは、最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるだけでなく、「安心して利用することのできるサービスである」ということができるのです。

そのためぜひ一度、簡単な申込みをして利用してくださいね。

意外なほどお得な保険料が提示され、満足できること間違いなしですよ!

【2019年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ

ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか?

正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。

自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、

  • 運営会社が大きい
  • 長期に渡ってサービスが継続している
  • 多くの保険会社が加盟している

のポイントを満たすサイトを選ぶべきだと考えています。

そういう視点で筆者が選んだ自動車保険一括見積サイトをオススメ順でにしてみました。

実際に自動車保険一括見積もりを申し込みました!
下記のように各保険会社よりハガキで見積りが届きます。

自動車保険一括見積りのハガキ自動車保険一括見積りのハガキ

第1位:1998年から運営と一番の歴史をほこる「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!保険スクエアbang!
  • 最大19社から見積もりが取れる
  • 元東証マザーズに上場の株式会社ウェブクルーが運営(2017年現在は上場を廃止)
  • 1998年から自動車保険一括見積サービスを開始した、運営歴19年の老舗

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第2位:参加保険会社数がNo.1「保険の窓口インズウェブ」

保険の窓口 インズウェブ保険の窓口 インズウェブ
  • 最大20社から見積もりが取れる
  • 利用者累計900万人
  • 2000年に自動車保険一括見積サービスを開始した、17年の実績
  • gooランキング調べでは利用者数、使いやすいさ、わかりやすさ、安心度No.1(2016年4月調査)
  • SBIホールディングス(東証一部)が運営

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

第3位:家電などが当たるキャンペーンを実施「価格.com 自動車保険」

価格.com 自動車保険 比較・見積もり価格.com 自動車保険 比較・見積もり
  • 最大18社から見積もりが取れる
  • 国内No.1の比較サイト価格.comが運営(※Nielsen Online 2016年4月調査)
  • 東証一部上場
  • 抽選で3ヶ月に一度20名に家電が当たるキャンペーンを実施

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

一目で分かる!自動車保険一括見積もりの比較表

また、各サイトに加盟する保険会社とサイトの基本情報を整理してみました。

確認項目インズウェブ保険スクエアBang!価格.com
上場上場(SBIホールディングス)非上場(ウェブクルー)上場
サービス開始2000年1998年不明
利用料無料無料無料
一括見積入力時間5分5分5分
保険会社オリコン満足度ランキング最大20社最大19社最大18社
イーデザイン損保1位
セゾン自動車火災2位
ソニー損保3位
チューリッヒ4位
アクサダイレクト5位
AIU保険6位
三井ダイレクト損保7位
富士火災海上8位
SBI損保9位
日新火災海上10位
東京海上日動火災11位
損保ジャパン日本興亜12位
朝日火災海上13位
三井住友海上火災14位
そんぽ2415位
共栄火災海上16位
あいおいニッセイ同和17位
チャブ保険
セコム損保
ゼネラリ
全労済

※2019年11月時点の情報です。
※入力時間は筆者が実際に試した実績ですので、目安として参考ください。

この表を見ても、上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang!、価格.com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。

正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。

そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「保険スクエアbang!」を筆者はオススメします。

※保険会社からの営業電話は一切ありません。

6.まとめ

以上、SBI損保に関する解説を終了しますが、最後に当ページの内容をまとめておきましょう。

  • SBI損保では8つもの保険商品を提供しており、中でも主力なのが自動車保険である
  • SBI損保の自動車保険は「通販型」に分類されており、保険料の安さと事故対応の安心感が両立されている
  • 実際の口コミでも保険料や事故対応に関する評判が大半を占めており、契約者にやさしい自動車保険ということができる
  • ただし安くて安心なのはSBI損保だけではないため、筆者としては「自動車保険一括見積もり」を利用して、複数社で保険料比較をするのがオススメ

【裏技】愛車を10円以上高く売る方法

車の乗り換え等で売却を考えている時、そのままディーラーに下取りしていませんか?

答えがYESな人は30秒時間をください。

10万円以上得するかもしれません!

ディーラーよりも高く売る方法・・・それは「楽天カーサービス」を使うことです。

楽天カーサービスを使うと、最大10社の査定額を比較できます。

各社が買取額を競ってくれるため高く売れるわけです。

もちろん、希望の売却額に届かなければ売らなくてもOK!

さらに、楽天カーサービスは申し込むだけで楽天ポイントがもらえます。申し込み直後に愛車の相場が分かるのも大変便利!

1分で完了!楽天カーサービスで最高額をチェック